-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-31 21:38 | カテゴリ:和風
P1120731_convert_20110109104525don1.jpg

大晦日。
朝から大鍋2つ分のお煮しめを作ったり、有頭大海老やお刺身類の支度、塩イクラを醤油漬けしたり。
ふぅ~、なんとか夕方までには準備完了。お煮しめの味もちゃんと染みているようです^^)v

今夜は23時55分くらいから年越しそばも食べなきゃいけないので、軽めのお夕飯。
今朝から漬けておいたイクラちゃん。
夕方にはプチュンプチュンと弾けんばかり!
よぉ~し、やっぱりこれ、食べちゃおう♪

ただのいくら丼じゃちょっと芸がないので、スモークサーモンと大和芋を合わせてとろろ丼に。
色合いもよく、なんだかめでたい感じ!!

P1120733_convert_20110109104545don2.jpg

想像通り、美味しい!!
スモークサーモンがまた、合います。

作り方はいたってカンタン。
とろろの方に少し味つけ(出し汁とおしょうゆ、卵の黄身、わざびなど)しただけ。
あとは、丼にご飯→とろろ→きゅうりのスライス→イクラ&スモークサーモン→青じそを乗っけるだけ。
味が足りない場合は、わざび醤油をお好みでかけていただけばgood!

カンタン美味しいが1番ですね。
大晦日も手抜き料理で〆てしまったなぁ~^^;

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-12-30 23:54 | カテゴリ:パスタ
P1120718_convert_20110109104441pasta1.jpg

やっとオレキエッテを手に入れました♪ワーイワーイ^^
ずっと探していたディチェコのオレキエッテ。
ある日から店頭にまったく並ばなくなったんです・・・。なんでだろう?
ペンネやフッジリの方がメジャーなので使いやすいのかもしれませんが、このオレキエッテこそ、使い始めたら病み付きになるショートパスタなんですけどね。

でも、ついに見つけ、今日、届きました。

P1120795_convert_20110110100037pasta.jpg
ジャ~~~ン!
ダンボール箱いっぱいのパスタたち^^
しかも、直輸入の通販ショップで買ったのでびっくりするほど安かったんです!
そのショップはコチラ⇒「トスカーニ」
ルンルンルン♪これでしばらくはパスタ三昧してもOK!

そして、早速オレキエッテを使ったパスタを。
このパスタも落合シェフのレシピを参考に、生ソーセージを豚挽き肉に代えて作っていますから、美味しいですよ^^

【豚挽き肉とブロッコリーのオレキエッテ】
・豚挽き肉・・・80~100g
・ブロッコリー 1/3~1/2株
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・白ワイン・・・大2
・パルミジャーノ・・・大4
・塩、コショウ
・ナツメグ、クミン・・・少々(入れなくてOK)
1. 豚挽き肉に塩、コショウ、ナツメグ、クミンを少々ふりかけて混ぜ合わせておきます。
2. ブロッコリーは小房に切り分けます。
3. パスタとブロッコリーの半量茹で始めます。残り半量はパスタが茹で上がる1~2分前に入れます。※ブロッコリーは2回に分けて茹でると、先に入れた方が煮崩れてソースっぽくなるので美味しさがアップします。
4. フライパンにオイルとにんにく鷹の爪を熱し、1.の挽き肉を入れてほぐしながらじっくり炒めます。
6. お肉の色が変わったら白ワインを加え、水分を飛ばします。
7. パスタの茹で汁を加えオイルと茹で汁を混ぜ、とろりとさせます。
8. 茹で上がったパスタとブロッコリーを入れ、パルミジャーノ、オリーブオイルを加えてよく混ぜ合わせます。
はい、できあがり!

P1120728_convert_20110109104459pasta2.jpg

美味しい♪
久しぶりの至福のときです。
彼ちゃんとも「やっぱりこのパスタ美味しいね~」と言っていました。

これから冬本番になるのでスープパスタにとこれから色々オレキエッテも活躍しそうです。
あ~嬉しいな♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-12-30 21:16 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1120708_convert_20110109104352gobo1.jpg

あ~~~、やっと仕事納めできました!
なんか開放感からか、おつまみも作っちゃいました。
しかも揚げ物!!

しかーし、これはヤミツキになりますよ^^

【ゴボウの素揚げ】
・ごぼう・・・1本(2本でも3本でも食べれちゃいそうです)
・酢水・・・適量
・塩、コショウ・・・少々
・揚げ油・・・適量

(作り方)
1.ごぼうは皮をむいて、10~15cmくらいの長さに切ってから、ピーラーで薄くスライスし、酢水に浸けてアク抜きをします。
2.ごぼうの水気をしっかり切ります。(キッチンペーパーなどで)
3.160℃くらいに熱した油でカリッと揚げます。ごぼうが少し色づいてきたら、とりだし、バットにあげます。
4.塩、コショウをふりかけ、器に盛りつけます。※塩は少量でも十分です。また、昆布茶などをふりかけても美味しいと思います。
はい、できあがり!

P1120712_convert_20110109104416gobo2.jpg

美味しい~~~♪
ごぼうの甘みを感じます^^
次回はにんじんやさつまいもなんかもしてみようかな。

ピーラーでスライスするのは大変ですが、何にも考えずに黙々とできる作業もたまにはいいものです。
その後が必ず至福の味と食感を堪能できますから!
ビールがすすみますよぉ!
あ、野菜嫌いのお子さんにもいいかもしれませんね♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-12-29 23:46 | カテゴリ:パスタ
P1120702_convert_20110109104304pasta1.jpg

年の瀬、12月29日。
大半の方は今日くらいからお正月休みに入られたと思います。
朝の電車がかなり空いていましたもの・・・そう、私は明日まで出勤。(銀行なんで仕方ないですね^^;)
30日まで働くなんて初めてのことなので「なんか寂しいなぁ~」と思ったのですが、金融歴の長い人でもやっぱり年末の空いた電車は寂しい気分になるそうです。
そりゃそーだよね^^;

ってことで、今年の大掃除は・・・年越しすることにしました><
多分、「掃除=掃除機をかける」の彼ちゃん一人では大掃除は無理かなとも思うので。

はぁ、お正月用のお料理も今年は31日にお煮しめを作るくらいが精一杯でしょうね。
今は1日くらいからお店も開いているのでわざわざ色々お買い物して作っておく必要もないんでしょうが、やっぱり私は年末年始くらい、お正月らしいお料理や過ごし方をしたいんです。ダラ~~~っとねっ!

さぁ、疲れた私がチャチャッと苦なく作るとなると・・・やっぱりパスタ!
今夜はジェノベーゼの気分なんで残っていた塩豚を使って^^

【塩豚とトマトのジェノベーゼ】
・塩豚・・・50~80g(細切り)
・ジェノバペースト・・・80~100cc
・プチトマト・・・10個(ヘタを取って半分に切ります)
・パルミジャーノチーズ・・・大2
・塩、コショウ・・・少々

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにオイルを熱し、塩豚を炒め塩豚に火が通ったらプチトマトを入れて軽く炒めます。
3.2.にジェノバペーストとパスタの茹で汁を少々入れてソースを作ります。
5.茹で上がったパスタを入れてよく混ぜ合わせます。
6.パルミジャーノチーズとオイル(大2くらい)を入れて絡め、味が足りないようなら塩、コショウで味を調えます。
はい、できあがり!

P1120703_convert_20110109104324pasta2.jpg

これ、大好き☆
フレッシュトマトを入れると最後は少し飽きてきそうなコッテリジェノベーゼもスッキリとあっという間に食べてしまいます。

またね、塩豚のやわらかさがいい!
ベーコンとはまったく違う食感で、最近ではベーコンやパンチェッタの代わりに塩豚を使う頻度が上がったと思います。

この塩豚を常備しておくと本当に便利です^^
わが家は週に1度は作って、パスタや野菜炒め、網焼きにしてお弁当に入れたりビールのおつまみにしたりしています。

あー、美味しかった^^
さて、明日も出勤なのでそろそろ寝ますかね。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-12-26 15:58 | カテゴリ:好きなもの
ここ最近、忙しいといいながら手作り化粧品を作って使っています。
今の職場でアロマのプロだった友人がいて、彼女の話を聞いてて作りたくなったんです。

難しいのかなと思ったんですが、作ってみるとカンタン!
今は、化粧水、ジェル、クリームを作ってます。
いずれ、そちらもご紹介させていただきますね。

今日はアロエ化粧水のご紹介。
これは、やっぱり職場でご一緒だった方のお母様が作られている化粧水。
以前、手荒れがひどい時に彼女がつけさせてくれ、ビックリするほど潤って良くなったんです。
それで、レシピを伺って私も作ることに!
その前に、アロエを育てなきゃと慌ててアロエの鉢を購入して育てるところから始めましたけど^^;

材料:
・焼酎1.8L(私はお肌にいいかなと思い、米焼酎を使用)
・アロエベラ 1kg
・グリセリン 500mg

(作り方)    
アロエは水でよく皮の部分を洗って適当な大きさにカットしてください。
大きさは適当でいいのですが、大切なことはアロエの果肉の中のエキスがしっかりと焼酎に染み出さなくてははならないこと!
ですから、皮ごと切りますが、ところどころ、端に切り目を入れたり、斜めにカットして果肉が常に、液体に触れているようにしてくださいね♪
その後、グリセリンを容器にどぼどぼいれてください☆
45日後に完成ですっ♪♪♪

まず、漬けたその日。

P1120482_convert_20110109104207aroe1.jpg

そして・・・45日後。

P1120693_convert_20110109104236aroe2.jpg
いかにも効きそうです!

手や足などはこのままで使用しますが、顔や体のやわらかそうなところ(?)には少し強そうなので、化粧水やお水で薄めて使うといいみたいです。

アロエの効能:
アロエは、世界中で古くから民間療法として外用や内服などで利用されてきました。
殺菌や抗菌、毒素を中和したり、美白効果など様々な薬効があることで使われていましたが、
特に戦後アロエの抗がん効果がわかってからは、さらに一般に広まり利用されるようになったようです。
ただ、アロエは即効性はないようですが、根気強く利用を続けると、がんの進行を防いだり、がんの防止にはなるそうです。
アロエの抗酸化作用や免疫力向上作用、細胞の修復作用などは、色々な病気に対して効果的のようです。
・肌の疾患:やけど、しもやけ、にきび、虫さされ、水虫、アトピー性皮膚炎など
・胃腸の疾患:便秘、胃炎、胃潰瘍、肝臓病、痔など
・循環器の疾患:高血圧、動脈硬化、心臓病など
・呼吸器の疾患:気管支炎、気管支喘息、結核など
・泌尿器の疾患:膀胱炎、尿道炎、腎炎など
・耳鼻咽頭の疾患:鼻炎、口内炎、咽頭炎、花粉症など
・美容効果:美肌、美白、痩身、アンチエイジングなど
・その他:抗がん、抗菌、免疫力向上、細胞の活性化、新陳代謝促進、通風、打ち身、抜け毛、肩こり、、車酔い、二日酔いなど

なんか、すごいですね~
美肌、美白♪いい響きです^^

やけどなどにも効くようなので、キッチンに置いておこうと思います。
なんせ、ちょっとしたやけどや油はねはしょっちゅう(おかげで手にシミが・・・)なので、これがあればシュっと一吹きですね!

次回作るまでにアロエが育つといいのですが・・・
1kg使ったら葉が2本しか残らなかったんです><
がんばって大きくなってね、アロエくん!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。