-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-11 00:18 | カテゴリ:和風
P1100362_convert_20100528123821kakuni1.jpg

私の使っている圧力鍋は、アサヒ軽金属工業さんの「スーパー活力なべ」。
今は「ゼロ活力なべ」って商品に進化したようですが。
そう、私のスーパー活力なべは火にかけて重りが揺れ始めたら1分で火を消せるという「1分間料理」が売りだったのですが、さらにパワーアップして「0分料理」が可能になったそうなんです。
すごく画期的なことなんでしょうね。

私個人的には、煮込み料理をする場合、じっくり煮込む工程とか嫌いじゃないんです。
だからつい、ル・クルーゼとかを使っちゃうことが多いのですが・・・
時間がないときや、料理に気合が入らないときにはやっぱり圧力鍋系があると助かりますよね^^

今夜は味の濃いものが食べたかったので、活力なべを使った豚の角煮を作ることにしました。
甘辛い味付けって、ムショーに食べたくなるときってありますよね^^

【豚の角煮】
・豚ばらブロック・・・700~800g
・しょうが・・・1片(薄切り)
・長ネギの青いところ・・・1~2本分
・だし昆布・・・1枚
○下茹で用
・お水・・・2カップ
・お酒・・・1/2カップ

○煮汁用
・お砂糖・・・大1
・お酒・・・1/2カップ
・みりん・・・大1~1.5
・おしょうゆ・・・大2
・お水・・・1/2カップ

(作り方)
1.活力なべに、豚バラブロック肉、お酒・お水、しょうが、長ネギを入れて、蓋をして重り(H)にセットし、強火にかけます。※お水は肉がかぶるくらいのに入れた方が、豚肉がしっとりとします。
2.沸騰してオモリが振れ始めたら、弱火にして20分加熱し、火を止めて圧が下がるまで余熱調理(できれば30分以上)します。※時間に余裕がある場合は、一晩置くといいようです
3.お肉を取り出して食べやすい大きさに切ります。注1)茹で汁は別の容器に移して冷ましておきます。
4.活力なべにお肉を戻し、○煮汁用の調味料を入れて蓋を開けたまま弱火で煮つめます。
5.器に盛り付け、青みのものとからしを添えます。
はい、できあがり!

P1100364_convert_20100528123846kakuni2.jpg

柔らかく煮えてて美味しい^^
からしをたっぷりつけて、ご飯と共に頬張ると・・・ツンとからしが効く効く^^
あ~、日本人でよかった!

P1100365_convert_20100528123904supe.jpg
茹で汁で作った「大根としょうが・長ネギのスープ」

注1)の茹で汁はそのまま冷ますか、冷蔵庫で冷やすと、表面に脂分(ラード)が固まります。
ラードは水分を切って炒め物などに利用できますし、茹で汁はお野菜などを入れて味を調えればスープにアレンジできます。一石二鳥か三鳥になりますよね^^私はラードは使わないので一石二鳥^^)v

ごちそうさま♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/852-1eff2513
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。