-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-03 01:59 | カテゴリ:アジアン系
P1100254_convert_20100518124548kanitama1.jpg

今日は私がフラメンコを師事している岡本倫子先生のお手伝いをさせていただくことになり、ANAインターコンチネンタルホテル東京に行ってきました。

岡本倫子先生のお父様は大東流合気柔術六法会の宗師で武道の世界では超カリスマとして知られる岡本正剛氏。
倫子先生もすごい方ですが、やっぱりお父様の血を受け継いでいらっしゃるのですね!

今日はその六法会30周年記念パーティーが催されたのです。
パーティーの最後に、実際にステージで正剛先生が道着を着た4人のお弟子さんを四隅に置いて、技を見せてくださいました。
それが本当にすごい!!

正剛先生は膝を痛めていらっしゃるので袴姿(羽織はもちろん脱がれて)のままステージにあぐらの片足を伸ばして状態で座っていらっしゃいます。
そこにすごい勢いでお弟子さんが突進して先生に掴みかかるやいなや、先生が手首をひょいと一瞬回すように動かされた瞬間、ドテーーーーーン!とものすごい音で倒れてしまいます。

先生は「いやぁ、これはね~、見たくらいじゃわからんのですよ」と穏やかに涼しげな風に解説。
たまに冗談を交えながら、とてもユニークで明るい方からは想像がつかない技の数々・・・会場は和やかな雰囲気の中、熱気も溢れていました。

「ウリャー!」「あらよっ」「ドテーーーン」の応酬が30分くらい続きましたが、本当にすごい迫力で感動しました!
しかも、85歳の先生はまったくお疲れのご様子もなく・・・力技ではないってことですね。
さすが、本物の武道家です。

そんな素晴らしい貴重な経験をさせていただいた日に・・・かにカマを使った料理ってのもどうかと思うのですが^^;
かにカマと目が合ったので、私もあらよっ!っと技をかけてみましたぁ~

【かにカマ玉丼】
・かにカマ・・・4~5本(細く裂いておきます)
・卵・・・4個
・えのき・・・1/2~1袋
・しょうが・・・1片(千切り)
・お水・・・2カップ
・ホタテだし(もしくはトリガラスープの素)・・・大1
・オイスターソース・・・大1
・おしょうゆ・・・少々
・ごま油・・・大1
・万能ねぎ・・・4本くらい(小口切り)
・水溶き片栗粉・・・適量

(作り方)
1.ボールに卵とかにカマを入れて混ぜます。
2.餡を作ります。
1)お鍋にごま油としょうがの千切りを入れて熱し、えのきを軽く炒めます。
2)水を入れて沸騰したらホタテだし、オイスターソース、おしょうゆ、を入れて味を調整し、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
3.フライパンにオイルを熱し、1.の卵液の1/2量を入れて軽くかき混ぜ、火を止めます。
4.器にご飯も盛りつけ3.の半熟状の卵を乗せ、2.の餡をかけて、ねぎをちらします。
はい、できあがり!

P1100259_convert_20100518124610kanitama2.jpg

うん、ほどよいトロトロ感♪
ホタテだしって優しいお味にあるので好きなんです^^

あんかけって、ボリュームがけっこう出るのですが、餡と味つけを軽めにすると胃への負担も少ないです。
だから、ホタテだしが合うんです。

今日はアッサリ系の味つけで食感を色々変えたかったので、えのきを入れたりしょうがを千切りにしたりしましたが、おろししょうがにして餡と味つけをしっかりめにしても美味しいですね。

ふぅ~卵のとろとろに癒されましたぁ~^^

そうそう、正剛先生の実際の映像を見ることが出来ます。
YouTubeで「岡本正剛」もしくは「大東流合気柔術六法会」で検索をかけると色々な動画が見られます。
また、実際に先生ご自身が道場で練習をされていらっしゃるようなので、武道を極めたい方はぜひ^^

85歳になられた今も、全国各地、世界各地の支部に稽古に出向かれている姿勢も素晴らしいなと感服しました。
しかも、今でも毎晩晩酌されているという頼もしい&嬉しいエピソードも聞け、これは私も負けてられない!と心新たに毎晩の晩酌を大切にしていこうと思いました^^)v

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/842-a95713e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。