-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-31 01:29 | カテゴリ:パスタ
P1090761_convert_20100416121756pasta1.jpg

今夜は満月。
そう、今年2回目のブルームーン。
ブルームーンとは、実際に神秘的な日、もしくは青い月というあり得ないことを意味するのですが、「1月に2度ある満月」をブルームーンと呼びます。
1回目は今年の1月でしたね~^^

地球上のすべて(人間を含め)に大きく満月パワーによって影響されます。
満月の日前後は、血液や内臓、脳、細胞すべてが満月のパワーに引っ張られ、私たち自身のオーラまでもが満月パワーに引っ張られるらしいです。

そういえば満月の時に喜怒哀楽が激しくなるような・・・
良い意味でも悪い意味でも、満月には相当なパワーがあるってことですね。
いいパワーやエネルギーをできるだけ取り込めるよう、今回ももちろん、月光浴も楽しみましたよん♪
静かにお月さまを感じる時間や空間が、私にとってとっても癒しとなり、エネルギーチャージにもなります。

そんな今年最後のブルームーンのディナーは、かぐや姫にちなんで・・・
旬でもある筍を使ったパスタに^^

【筍とオイルサーディンのパスタ】
・茹でたけのこ・・・100~150g(穂先は6~8つ割りに、残りは薄切りに)
・オイルサーディン・・・1缶(油は切っておきます)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1~2本(輪切り)
・白ワイン・・・大1~2
ドライトマトのオイル漬け・・・大2くらい
・コショウ・・・少々
・万能ネギ・・・3~4本(小口切り)

■筍の茹で方■
1.穂先を斜めに切り落とし、火が通りやすくするために、切り口に縦に切り込みを入れます。
2.外側の竹皮を2~3枚、はぎ取ります。
3.大きいサイズの鍋にたけのこ、米ぬか、たけのこが浸るくらいのお水をを入れ火にかけます。※水から茹でます。
茹で時間は新物のたけのこなら30分ぐらいが目安でm竹串がスーと通れば茹で上がりです。             (時間の経っているたけのこは、堅くてえぐみもありますので、赤唐辛子も入れて1時間ぐらいコトコトと茹でたほうがいいようです)
4.茹で終ったら、そのまま蓋をして茹で汁が冷めるまで1日くらい放置します。※竹の子のまろみが出てきます。
5.水洗いをして皮をむきます。
はい、できあがり!

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を熱し、たけのこを炒め(少し焼き色がつくくらいが美味しいかな)、オイルサーディンを入れて軽く混ぜ合わせ白ワインを回し入れます。
3.茹で上がったパスタと茹で汁、ドライトマトのオイル漬けを入れて絡めます。
4.コショウで味を調え火を止めます。※オイルサーディン、オイル漬けの塩気によって味は調整してください。(バターやおしょうゆなどで)
5.お皿に盛り付け、万能ネギをトッピングします。
はい、できあがり!

P1090764_convert_20100416121828pasta2.jpg

美味しい~~~
やっぱり、生から茹でた筍をは美味しい!!
香りにしろ、味にしろ、食感にしろ、水煮されたパックの筍とは断然違います。当たり前か^^;
今しか食べれない、本当に旬の食材が減った現代ですが、筍やたらの芽、ふきのとうなど・・・旬を味わえる貴重な食べ物ですよね。

オイルサーディンとの相性もバッチリ☆
春らしい美味しいパスタでした。

なんか、おうちゴハンって久しぶりな気がします。
京都でのお料理も美味しくて大好きだけど、やっぱりおうちゴハンはホッとしますね^^
ブルームーンをみながら、ゆったりとしたディナータイムを過ごしました。
ごちそうさま☆

そういえば、筍を茹でると節の隙き間に白いものが入っているのは見たことはありますか?
それがチロシンといって脳を活性化させ、やる気や集中力に関わるアミノ酸の一種が結晶化したものなんだそうです。
チロシンが増えると、脳が活性化することで集中力が高まるり、やる気も沸いてくるそうです。
チロシンは筍の他にも、大豆、卵の黄身、チーズなどにも多く含まれています。

心身ともにストレスが溜まる・・・やる気が沸いてこない・・・という現代ストレス社会で頑張っている皆さん、
旬の筍などを食べてストレスを吹き飛ばしましょう!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/804-2d01afe7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。