-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-22 17:19 | カテゴリ:好きなもの
P1080594_convert_20100122171146sora1.jpg
南のsora

久しぶりにsoraを撮ってみました。
年が明けてから初めてかしら!?

なんかね、
毎日眺めてはいるのですが、なかなかいい雲や空の色に出会えなくて。
今日もどうかな~って感じだったのですが、なんとなく撮ってみました^^;

P1080596_convert_20100122171204sora2.jpg
西のsora
やっぱり、冬は太陽が西に傾くのが早いなーって改めてわかりますね。
これ、午後1時すぎでこんなかんじ。

そして1時間後の同じ場所を撮ってみると

P1080601_convert_20100122171222sora3.jpg
南のsora
さっきよりのんびりしたかんじですね~
なんか、雲もポヘェ~~っと流れているかんじ^^

P1080602_convert_20100122171239sora4.jpg
西のsora
太陽を覆い隠す雲が焼却炉の煙突をも飲み込みそうな勢い。

いつもいつも書いちゃいますが・・・
目の前の幼稚園のアンテナくん、ほんとに出たがりです^^;
ここまでくると、アンテナを写し続けようと思います。

しかしね~、経営的に今の幼稚園は大変でしょうが、そろそろ外壁の塗装を白く塗り直していただけると嬉しいかな。
なんか昭和40年代の公営住宅を思わせる外壁で、フォークな気分になってきます。

ふっと、以前見学して感動した自由学園を思い出しました。
あそこは、今でも木造の校舎で授業が行われています。
古き良き日本の木造建築です。

あーそういうことかぁ~と思いました。
外国などは、何百年物の建物が多くみられ、そこに今でもたくさんの方々が生活されています。
建築物でも素晴らしい建物は、何世にも渡りその時代に合った良さを私たちに感じさせてくれています。
京都や奈良の神社仏閣などもそうですよね^^
まさに芸術作品と言える素晴らしいものです。

しかし、高度成長期以降の日本では、目先のデザインや利益、コストに重きが置かれ、数十年で寿命となる建物が主流になってしまいました。(大体、木造の耐久年数が20~30年、RC(鉄筋コンクリ)で50年ほどと言われています)
日本の技術は素晴らしいものですが、誇りや創造性、芸術性というものを忘れかけているような気がしました。

あ、これはあくまでも私個人の考えです。
素人の意見なので、プロの彼ちゃんや業界の方がご覧になったら「違う!」というご意見もあるかもしれません。
その際はすみませんm(_ _)m

でも、うちの彼ちゃんには、次世代にも誇れる建築物を設計してもらいたいなと願っています^^
アハハハ^^最後はそっちかっ!ってかんじでしたね^^;

でも、こういうことを考えさせてくれる幼稚園の建物。
これはこれでいいのかもな~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/698-aca62ec7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。