-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-18 02:11 | カテゴリ:アジアン系
P1080011_convert_20091220192951mushidori1.jpg

昨日のタイ料理に引き続き、今夜もなんだかアジアンな気分を引きずっております^^
うーん、何にしよう。。。
こうやって考えて、すぐに閃く場合と産みの苦しみ~ってくらいになかなか閃かない日がありますよね。

今日はわりと早く閃きました。
いや、厳密に言うと・・・すぐに閃いたけど何度かそれは置いておいてほかのぉ~って思ってたが、結局そこに行き着いた、これが正しいかな^^;

以前にも書いたかと思うのですが、わが家では鶏の脂肪をできる限り取り除いてから調理するため、時間と根気がかなりいります^^;
だったら胸肉使えばいいじゃんと思われるでしょうが、やっぱりねー、あのジュ~シ~さは外せないんですよね><

ジュ~シ~な蒸し鶏を食べていることを想像しながらモクモクと脂肪を取り除き・・・
その後は、あっという間の簡単レシピなので、鼻歌をフンフフフフ~ン♪と歌いながらご機嫌で作っちゃいました。

多分ねー、胸肉でもジュ~シ~に調理できる方法があるんでしょうが・・・
ラブリ~☆もも肉ってことで^^

【蒸し鶏のネギソースがけ】
・鶏もも肉・・・1枚
・長ネギ・・・1/2本(粗みじん切り)
・しょうが・・・1片(みじん切り)
・ごま油・・・大1~2
・お塩・・・小1/2
・煎りごま・・・大1
・コショウ・・・少々
・ぽん酢・・・大1~1.5
・蒸し鶏の煮汁・・・大3(残りはもったいないのでスープなどに入れてください)

○蒸し用下味
・お酒・・・大1強
・長ネギの青い部分(適当にザク切りします)
・しょうがの皮
・塩、コショウ・・・少々

(作り方)
1.鶏もも肉は、皮目にフォーク等で数箇所か刺し、身の厚いところは包丁で切り目を入れ、厚みを均等にします。
2.鶏肉は耐熱皿に入れ○蒸し用下味を揉み込み、10~20分くらい馴染ませておきます。(時間がなければ5分でも)その間に、フライパンにオイル(分量外)を少々熱し、しょうがと長ネギに軽く火を通し、香りが出たら火を止めて小鉢などに移して冷ましておきます。
3.もも肉に軽くラップをして電子レンジで片面3分ずつ(3分経ったら裏返します)計6分ぐらいチンし、粗熱が取れるまでは無理に出さずに冷ましておきます。その間に、先ほど炒めたしょうがと長ネギにごま油、お塩、コショウ、ぽん酢、鶏の煮汁、煎りごまを入れて混ぜます。味をみてお好みで調整してください。
4.もも肉は食べやすい大きさに切り分けお皿に盛り付けます。
5.ネギソースをかけます。
はい、できあがり!

P1080012_convert_20091220193011mushidori2.jpg

やっぱり美味しい~~~っ
しっとりとしたお肉はほどよくジュ~シ~^^
一緒に添えた蒸しきゃべつとカットトマトもネギソースとバッチリ相性で美味しいです。
特に蒸しきゃべつはきゃべつの美味しさが倍増しますよね!

このネギソースにお砂糖かはちみつを加えて、鶏のから揚げにかけても美味しいです。
いわゆる即席の油淋鶏(ユーリンチー)ってやつですね^^
私は甘酸っぱいのでも酸味を少し効かせた方が好きなので、ネギソースに少量のはちみつ、ポン酢、大根おろし、合わせ薬味を加えたものをから揚げにかけるのが好きです。

仕事でお疲れの彼ちゃんも
「これ、美味しいねんなぁ」と嬉しそうに食べていました。
これで明日もお仕事がんばれるかな!?

やっぱり蒸し鶏にしてよかった^^
満足満足☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/636-fa9ed7e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。