-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-14 02:02 | カテゴリ:洋風(イタリアン系)
P1070440_convert_20091118094000ragu4.jpg

今日は午後からラグー作りを^^
ラグーとは、具材を細かく刻んだ煮込み料理のことを言い、代表的なものがミートソースです。
他にも魚介類や鴨、マッシュルームなどのお野菜でも作ります。
イタリアンでよく見られるのですが・・・ラグーってフランス語らしいんですよね^^;なんで?

私の場合、牛肉で作るラグー(ミートソース)を作るには気合がいります。
よし!っと思わないとなかなか作れないんですよね~
ただ、作ってしまえば冷凍保存もできるので、後が超~楽チンですけど^^

13日の金曜日、ヨッシャーっと頑張っちゃいました!!

【自家製ラグー(ミートソース)】
・挽き肉・・・300グラム、
・にんじん・・・1本
・セロリ・・・1本
・タマネギ・・・1個
・ベーコン・・・3~4枚
・赤ワイン・・・100ccくらい
・ホールトマト・・・2缶
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・ローリエ・・・1枚
・コンソメ・・・1個
・塩、コショウ・・・少々
・ウスターソース・・・お好みで
・おしょうゆ・・・少々
・スパイス・・・お好みで(私はナツメグ、シナモン、オールスパイを気分で入れました)

(作り方)
1.野菜はすべてみじん切りにします。
2.ベーコンを5ミリくらいの角切りにし、お鍋を熱し、弱火で炒め脂をよ~く溶かし出します。
3.ベーコンの脂が出てきたら、野菜のみじん切りを入れ炒めます。野菜それぞれの香りがなくなり、ひとつの香りになるまで、弱火でじっくりと優しく炒めます。
P1070429_convert_20091118093807ragu1.jpg
4.野菜の香りが変わったら、挽き肉とお塩を適量入れ、強火で手早く炒めます。
※決してかき混ぜすぎないこと。炒めると言うよりは焼きつけるようにするかんじ(でも、焦がさないように)
P1070431_convert_20091118093834ragu2.jpg
5.挽き肉に火が通ったら、赤ワインを入れアルコールが飛び肉の香りになるまで強火で、その後はやや弱火で煮込みます。
※ワインの分量は材料全体に水分がゆきわたる程度なので、結構たっぷり入れちゃいます。
6.ワインの香りがしなくなったら、ホールトマトとローリエ、コンソメ、スパイスを加えます(トマトソースがある人はトマトソースがベスト)。ホールトマトは材料がかぶるくらいが適量です。
P1070432_convert_20091118093904ragu3.jpg
7.ときどきかき混ぜながら焦げ付かないように弱火で1~2時間煮込みます。
P1070436_convert_20091118093935ragu4.jpg
8.最後に塩、コショウ、ウスターソースなどで味を調えます。
はい、できあがり!

P1070447_convert_20091118094031ragu5.jpg

いい香りです^^
作りたてをすぐに食べてもいいのですが、一晩寝かしたほうがさらに美味しくなります。
そう、明日はフラメンコのレッスンなんで明日のディナーにいただく予定です^^

この量で6~7人分のラグーが出来ました。
明日、小分けにして冷凍庫へ。
ラザニアやグラタンなどに応用できるので便利ですよ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/591-2f08bb82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。