-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-10 02:23 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1070383_convert_20091110090600ninjin3.jpg

にんじんが10本もあるんです・・・
間違ってダブり買いしてしまったからなのですが、どうにか早めに使い切りたいなと。
で、にんじん料理を色々探していたら・・・こんな可愛いお名前のお料理が!

「しりしり」アハッハ^^
もちろん、お尻じゃありませんよぉ~。でも、この名前を気に入って作ってみたんですけどね^^
(しりしりの由来は、スライサーで削る音が「しりしり」していることからこの名前になったとのこと)

これが大正解!!
いやぁ~、ビックリするほど簡単にできちゃうのにメチャクチャ美味しいです。
おつまみはもちろん、お弁当にもOKだし、もう一品って時にもベストな一品です^^

【にんじんのしりしり】
・にんじん・・・2本(千切り)
・ツナ缶・・・1缶(小さめの十分)
・溶き卵・・・2個(1個でもOKなかんじです)
・お酒、みりん・・・各少々
・塩、コショウ・・・少々
・粉末かつお(粉末だし)・・・少々
・香味醤油(おしょうゆ)・・・小2くらい(お好みに)
■香味醤油の作り方■
・しょうゆ・・・カップ1
・生姜・・・1片
・にんにく・・・2~3片
・大葉・・・10枚
1.生姜とにんにくはうす切りします。
2.容器に1.を入れます。大葉はそのまま切らずに水気をしっかり切ってから容器へ。
3.2.の食材がかぶるくらいにおしょうゆを入れます。半日以上置けばできあがります。
※漬けたしょうがやにんにく、大葉は色々な料理に刻んで使えます。また、各材料を注ぎ足しながら冷蔵庫で保存できます。

(作り方)
1.フライパンにオイルを熱し、にんじんを炒めます。
P1070379_convert_20091110090427ninjin1.jpg
2.油がまわったらツナ缶を入れて軽く炒め、お酒とみりんをふりかけ、粉末かつおと塩、コショウ、香味醤油(おしょうゆ)で味を調えます。
P1070381_convert_20091110090507ninjin2.jpg
3.溶き卵を回し入れて火を止め、余熱で炒り卵状にします。
はい、できあがり!

P1070385_convert_20091110090630ninjin4.jpg

ほんとに美味しい!
まったくにんじん臭さがなく、にんじんの自然な甘みとツナとかつおの風味がとてもいい^^
すごいのは卵ですね~
これらの味をひとつの美味しさにまとめてくれています。

いや~、ここまで美味しいと思わなかった^^
これ、ハマりました。私も彼ちゃんも。しばらくは毎晩作るつもりです。
彼ちゃんからもそうして欲しいと言われたくらいですからすごいでしょ^^
ツナをささみに変えたり、だしを変えてみたりしながら色々試してみようと思います。

にんじんはβカロチンが豊富。βカロチンは抗酸化作用を発揮して活性酸素のよる害を防ぐだけではなく、体内で必要な量だけビタミンAに変わって、皮膚や粘膜を健康に保つはたらきがあります。
αカロチンも豊富で、がん予防に効果が期待されているそう。

他にも、食物繊維、ビタミンB1、B2、Cのほか鉄分やカリウム、カルシウムなどのミネラルも多く含みますから、便通を良くし、高血圧や動脈硬化を予防します。鉄は造血を促し、血行をよくするので、貧血はもちろん、虚弱体質や疲労回復にも役立ちます。カリウムは体内のナトリウムを排泄して血圧を下げる作用があります。また、目の粘膜(ねんまく)を強くするので、疲れ目や夜盲症、結膜炎を予防します。
まとめると、
・抗がん作用
・抗酸化作用
・疲れ眼に
・肌のカサつき、風邪の予防
・高血圧症
・冷え性
・整腸作用
などに効果があるそうです。

実は・・・
先日観ていたTV「お試しかっ!」の企画で、タカトシのタカさんがにんじんを食べて血糖値が120→80に下がったのを観てビックリしたり、
世界一の美女になるダイエット( Erica Angyal著)」という本で、化粧品より効果があるのが抗酸化成分の入った食べ物をしっかり食べることということで、にんじんが上げられていたのをチェックして、にんじんに興味が出ていたんです^^

いやぁ~、私もこれで美人になれるかな!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/587-f9419288
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。