-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-08 01:17 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1060857_convert_20091008082344satsumaage3.jpg

今日で3回目となる「さつま揚げ」作り^^
今回は、尾赤アジを使ってドッシリとした田舎風のさつま揚げにしてみようと思います。

先日、スーパーに行ったら鹿児島産の天然尾赤アジが売っていたんです。
お~、そろそろさつま揚げもなくなるし、真アジで作ろうと思ってたけど、尾赤の方がデカいからいっぱい作れそう♪と・・・尾赤アジはサバ?っていうくらい大きいんですよね。

色々、試行錯誤しながらコレ!という私好みのさつま揚げに行き着くまで、がんばりますよ~^^
なんせ、お弁当にもおつまみにも便利なので重宝するんです。

【尾赤アジ入りさつま揚げ】
・尾赤アジ・・・2尾
・真ダラ・・・1.5尾
・はんぺん・・・1枚
・干しえび・・・5~8gくらい(残っていた1/4袋使用)
・大和芋・・・70~80g
・にんじん・・・2/3本(太めの千切り)
・きくらげ・・・6枚(戻してから千切り)
・ごぼう・・・1本(ささがきして酢水につけておきます)
・卵・・・1個
・片栗粉・・・大2
白だし(もしくは薄口しょうゆ)・・・大1
合わせ薬味・・・たっぷり
うまかだし・・・1袋(中身をふりかけました)
・みりん・・・大1
・お砂糖・・・小1くらい
・おしょうゆ・・・小2くらい

(作り方)
1.はんぺんは包丁の面ですりつぶし、大和芋はすりおろします。アジとタラはフードプロセッサーにかけます。
2.小鍋にお湯を沸かし沸騰したらにんじんときくらげ、ごぼうを入れて軽く火を通し、ざるに上げて冷ましておきます。
3.すり鉢にはんぺんを入れてなめらかになるまですり、アジ、タラ、大和芋を入れてさらにすり合わせます。
4.片栗粉、卵、白だし、うまかだしを加え、材料を入れるごとに、その都度よく混ぜ合わせます。。
5.、にんじん、きくらげ、干しえび、合わせ薬味を加え、ゴムべらなどでさっくりと混ぜ合わせます。
P1060851_convert_20091008081923satsumaage1.jpg
アジを入れると赤茶っぽいような色になっちゃいした。
6.鍋にオイルを熱し(160℃程度の低温)スプーンで一口大にまとめて表面がキツネ色になるまで揚げます。
P1060855_convert_20091008082011satsumaage2.jpg
今回は50~60個できたかな
はい、できあがり!

P1060859_convert_20091008082414satsumaage4.jpg

歯ごたえあるぅ~~~
干しえびとごぼうの風味がいいですね^^からし醤油が合います。

今回ははんぺんを1枚にしてその分をお魚にしたのですが、はんぺんの味ってかなり影響していたんですね。
もう少しお砂糖を入れればよかったかな~
大和芋も100gくらい入れてOKだったかも・・・などなど課題は残りましたが、これはこれで素朴なかんじです^^;

本場鹿児島のさつま揚げは、歯ごたえがよく、そして程よい甘みがあります。
もう少し研究してがんばってみようっと!


今回の台風、最大級のものらしいですね。
雨も怖いですが、風の強いのもかなり怖いものがあります。

私の地元鹿児島は「台風の台所」と言われていたため、毎年夏から秋にかけていくつもの台風が上陸したり通過していました。

どこの家庭にも雨戸があり、夜中にその雨戸にドーン!とぶつかる音が聞こえるんです。
どこからか飛ばされてきた太い木の枝などがぶつかる音なんですね。

そう言えば、2階で寝ていると強風でかなり揺れるのを感じます。
柱とか壁が強風に必死に耐えてるってかんじが伝わってくるんです^^
がんばって!と心でつぶやいたものでした。

今日実家に電話をしてみたら、かなりの強風で歩けないくらいと言っていました。
妹の職場がお休みになるくらいですから、かなりひどかったんでしょうね。
明日は関東直撃とか・・・大丈夫かしら?

なんと言っても心配なのが、ベランダにある大切なバラちゃんたち。
蕾をいくつもつけてくれているのに・・・強風に負けずに乗り切って欲しいものです。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/538-1b79fbde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。