-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-07 01:23 | カテゴリ:パスタ
P1060845_convert_20091007082507pasta1.jpg

今日は、彼ちゃんと私が知り合った記念日。
多分、7年になるんだと思います・・・違ったかなぁ・・;)
ヒョェ~~~そんなに経ったんですねー

これから、この何倍一緒にいられるのかわかりませんが、お互いを尊重し合いながらゆる~~~く過ごしていきたいと思います^^

「これからもよろしく~」と乾杯しました^^

さて、今日は彼ちゃんがギターレッスンで再来週ある発表会の曲を初披露するらしく・・・かなり緊張してそうだったので、彼ちゃんの好きなパスタを作ってあげることにしました。

案の定、帰るメールで
「全くダメだった~家でやったときよりひどかった」
とかなり凹んだかんじ。

結構、意外だったんですよね~
超マイペースな彼ちゃん。人は人、自分は自分ってタイプで動じないタイプなんだと思っていたのですが、ギターを習い始めてからそうでもないらしいことが判明。

昨年の初発表会の時も、かなりアガってました。
大勢の人の前で話したり表現したりするのに慣れてないからでしょうが、繊細な部分を知ることができたのは、私にとってよい発見でした^^

私は4歳の頃からモダンバレエを習っていたこともあり、人前に立つこと自体はさほど緊張しません(いや、少しはしますけどね)。
彼ちゃんが本番の日までに少しでも緊張がほぐれ落ち着いて150%の力を出せるようにサポートしたいと思います。

【かぶとひき肉のパスタ】
・かぶ・・・大きめの1個
・豚ひき肉・・・100g
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・白ワイン・・・少々
・ブイヨン・・・1個
・お水・・・1カップくらい
・パルミジャーノチーズ(すりおろし)・・・大2
・塩、コショウ・・・適量
・フッジリ(パスタ)・・・適量
・オイル

(作り方)
1.かぶの茎と葉っぱは、細かめに刻んで塩もみします。その後、水にさらして下さい。かぶ本体は、5mmくらいの角切りにします。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンにオイル、にんにくと鷹の爪を入れて、香りが出たらひき肉を入れて炒めます。
3.ひき肉の色が変わったら、かぶ(角切りの方)を入れて炒めます。このときに、肉の旨みをかぶに染ませるような気持ちで炒めてください。
4.白ワインをふりかけアルコール分を飛ばしたらお水とブイヨンを入れてかぶがやわらかくなるまで煮つめてください。
5.よく絞ったかぶの茎と葉っぱと茹でたてのパスタを入れ、なじませます。
6.塩、コショウで味を調え、パルミジャーノチーズとEXバージンオイルを入れて混ぜ合わせます。
はい、できあがり!

P1060848_convert_20091007082534pasta2.jpg

かぶがブイヨンとお肉の旨みを吸い込んでて美味しい^^
実も美味しいんだけど、葉っぱがこれまた美味しいんです。
あんまりにも美味しいから、ほかのかぶの葉っぱも全部使っちゃったこともあるくらい^^;
あ、今日は1個分だけですよ。

鹿児島のわらべ歌に「なこかい、とぼかい」というものがあります。
♪なこかい、とぼかい、なこよっかひっとべ~!
泣こうか、飛ぼうか、泣くよりは飛んでしまえ!(くよくよ迷っていないでチャレンジしなさい!っていう意味合いだと思います)

このわらべ歌、歌も歌詞も大好きでした。
「なこかい、とぼかい」は、自分の目の前にある恐怖という壁に、背を向けず目を背けずに己を信じて元気よく乗り越えよう!という私にとっての応援歌です^^

まさに、今の彼ちゃんに贈りたい言葉。
もちろん、やる気と直向さは人一倍あると思うのですが「よぉーし、やってやるぜ!」という強いエネルギーがまだ足りないような・・・
まずはこれ以上無理~てくらい練習をして、本番は思いっきり楽しんで欲しいと思います。
その後の達成感は、何物にも変えがたい喜びだからね^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/537-8b3ad9dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。