-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-16 15:45 | カテゴリ:好きなもの
P1060577_convert_20090921092726.jpg

ん?
目の前の空から、何やら私の目に飛び込んできたものが・・・

「π」・・・パイ?
お~~~、懐かしい!!
数学の時間によくみた記号ですよね^^

そう、円周率を表すのに「π」という文字を使っていました。
「π」の語源はギリシア語で円周という意味の、περιμετρον(perimetron)の頭文字πをとったものだそうです。
円周率は無理数であるため、分数の形で表すことは出来ず、小数点以下無限に続くことも証明されています。これは1761年にハインリッヒ・ランベルトが証明したんだそうです。へぇ~~

また、円周率πは、いかなる有理数係数の有限次の方程式の解にならない(このような数を超越数という)ことも証明されています。これは1882年に、フェルディナント・リンデマンが証明しました。

ルドルフ・ファン・ケーレンという方は、一生のほとんどをかけて円周率を35桁まで計算したとか。
ドイツでは、彼に敬意を表して円周率を、「ルドルフ数」と呼んでいるのだそうです。
そりゃ~、ルドルフ氏の円周率への熱意をみちゃったら、敬意を示してあげたくもなりますよね^^;

知っていました?
3月14日は円周率の日および数学の日なんですって。
初めて知りました!

今日のsoraで、こんなに賢くなっちゃった私^^
いい子だ☆

P1060583_convert_20090921092758.jpg

平和な気分です^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/508-2dd52804
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。