-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-13 14:56 | カテゴリ:洋風(イタリアン系)
P1060493_convert_20090914113308rizotto1.jpg

今日は、夕方から友人の結婚式で外出するので、それまではバタバタ。
鶏ハムを作る下準備や、スモークチキンにチャレンジするための下準備、お洗濯・・・キャー><ってかんじです。

そんな日に限ってね、冷凍ごはんとかのストックがなかったりするんですT_T
昨夜もパスタだったし、、、お互いにごはん系が食べたい気分だろうなと思い、何を血迷ったかリゾットを作っちゃいました。

ま、手抜きではあるのですが、ご飯炊いたほうが楽だったのかなーと作りながら思っちゃいました。

【なすとベーコンのトマトリゾット】
・なす・・・1本(角切り)
・ベーコン・・・30gくらい(細切り)
・アスパラ・・・5本(2cmくらいにザク切り)
・じゃがいも・・・1個(角切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・たまねぎ・・・1/4個(みじん切り)
・ホールトマト・・・1/2缶
・お米・・・100g
・白ワイン・・・大1
・コンソメスープ・・・500cc~(お好み)
・ローリエ・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々
・昆布粉末・・・少々
・パルミジャーノチーズ(すりおろし)・・・適量
・イタリアンパセリ・・・適量(みじん切り)

(作り方)
1.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪とイタリアンパセリの茎のみじん切りを熱しベーコンをじっくりと炒めます。
2.たまねぎを入れて透明になるまで炒め、なす、じゃがいも、アスパラの芯の方を入れて炒めます。
3.ある程度火が通ってきたら、アスパラの穂の方とお米を入れてお米が透明になるまで炒めます。
4.白ワイン、つぶしておいたホールトマト、ローリエとブイヨンをひたひたにあるくらいまで入れて中火くらいで煮ます。
5.水分が減ったらブイヨンを足して煮るのを数回繰り返します。
6.お米がアルデンテになる直前に塩、コショウ、粉末昆布などで味を調えます。
7.すりおろしたパルミジャーノチーズをたっぷりと6.へ入れて軽く絡ませ、オイルを回し入れて火を止めます。
8.お皿に盛り付けイタリアンパセリをふりかけます。
はい、できあがり!

P1060495_convert_20090914113333rizotto2.jpg

この前作ったベーコンを入れたで、めちゃくちゃいいお味^^
あり合わせの材料で作ったわりには、味にまとまりがあり大満足!

私が本格的なリゾットを初めて食べたのは新高輪プリンスホテルだったと思います。
リゾット=洋風雑炊であまったご飯で作るものなんだろうと思っていたんですね。
初めてリゾットを頼み20分強待たされて出てきたトマト味のリゾットを食べた瞬間、あまりの美味しさにノックアウトされたのを覚えています^^

あの頃は、20歳くらいでイタリアンのことなんてまったく知識がなかったので仕方ないですが、あの衝撃はいいものでした。

ですから、自宅でリゾットを作る際もほとんどお米から作っています。
だって、やっぱり美味しさがまったく違いますからね^^

忙しいときに限って、こんなブランチしている私。
もう少し、ゆっくりと味わいたかった><

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/503-6acb50eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。