-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-10 02:04 | カテゴリ:和風
P1060419_convert_20090910100901butadon3.jpg

知っていました?
今日は2009年9月9日、「999」ゾロ目の日でした^^
「三重苦」と解釈して嫌な日だなぁ~と思う人もいるだろうし、
「サンキュ~」と読んで感謝の気持ちを持ちつつ、いい日だなぁ~と思う人もいらっしゃるでしょう。

ほんと、人それぞれ感じ方、生き方、趣味趣向は違いますよね。
決して「絶対にこう感じるもの」とか「こう思うのが当たり前」なんてないんだと思います。

十人十色とはよく言ったもので、個々の感じ方、ポリシー、生き方は「違って当たり前」なんですよね。
これに気づいたのは、ほんと最近のことだと思います。

今でも、
「え~~~!なんでそんなこと思うかな!?」とか
「当たり前のことなのに信じられない!」とか、、、
思ってしまうことはあります。

でも、そこでその人を判断したり、人と違うことで自分を責めたり不安になったり落ち込んだりすることが減ってきました(なかなかね、半人前なんですぐに完璧にとはいかないものです^^;)

考え方を変えてみると、今までより視野が広がるのを感じます。
そして、楽になります。
空の青さや風の心地良さ、洗濯したてのお日様の香りまで新鮮に感じてしまいます。
面白いものですよね^^
と言うことは、すべて自分次第なんだなぁと思いました。
私の「999」はそんなことを感じた1日でした^^

今日は簡単な豚丼。
常備菜2つであっという間に豪勢な豚丼が出来上がりました~

【豚肉とオクラのきのこおかか煮丼】
・豚肩ローススライス・・・6枚(2等分に切り分けて軽く塩、コショウをしておきます)
・オクラ・・・5本(軽く茹でて斜め切りに)
きのこのおかか煮・・・適量
合わせ薬味・・・適量
・塩、コショウ・・・少々(豚肉の下味用)
・お酒・・・大1
・みりん・・・大1
・おしょうゆ・・・大1
・ごま油・・・小1~2

(作り方)
1.フライパンにオイルを熱し、豚肉を両面焼きます。
P1060416_convert_20090910100658butadon1.jpg
2.余分な脂をキッチンペーパーなどで吸い取り、きのこのおかか煮とオクラを入れて軽く混ぜ合わせます。
P1060418_convert_20090910100757butadon2.jpg
3.お酒、みりん、おしょうゆを入れて味を調えます。(味が十分についているようなら入れる必要はありません)
4.ごま油を回し入れて火を止めます。
5.丼にご飯をよそって、4.をかけます。
6.合わせ薬味を上にたっぷりと乗せます。
はい、できあがり!

P1060424_convert_20090910100927butadon4.jpg

文句なし!美味しい~~~
豚肉の甘みとごま油の香り、そしてシャキっとした薬味たち。

オクラはなければわざわざ入れることはないですが、中途半端に残っていたんで。でも、きのこのツルツルにオクラのツルツルが合って美味しいでした^^

常備菜って、作るときは面倒臭く感じるかもしれませんが、その何倍も助かります^^
ちょっとの手間は惜しまず、大きく楽して美味しくいただくのが、料理の基本!(個人的に^^)
決して手抜きには見えない、この豚丼、ぜひお試しください^^)v

今日もお腹いっぱい^^
ごちそうさま~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/494-73ab840c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。