-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-24 09:50 | カテゴリ:アジアン系
P1040499_convert_20090524090018chasyu4.jpg

はなまるマーケットで、ネット上で大反響の「鶏チャーシュー」を特集していました。検索ヒット件数がなんと、4,200,000件もあるんですって!!
すごいですねぇ~
ふーん、そこまで美味しいんだったら早速試しちゃおうと思います。

レシピを紹介されていたシェフの方は「茹で鶏」も紹介した四川料理の方だったのでかなりピリ辛な分量だったので、私なりにちょっとアレンジしちゃいました。

【鶏チャーシュー】
・鶏もも肉・・・2枚
・水・・・4カップ
・お味噌・・・大2
・豆板醤・・・大1or小2くらい(辛いのがお好きな方は大2でもOKですよ)
・テンメンジャン・・・大1
・しょう油・・・大2
・酒・・・じ2
・みりん・・・大3 (お砂糖でもOK)
・オイスターソース・・・大2
・ショウガ・・・2片 (包丁の腹で潰しておきます)
・ニンニク・・・2片 (包丁の腹で潰しておきます)
※お好みでお酢を入れても美味しいと思います^^テリが出て辛さが和らぎます。

(作り方)
1.鶏肉は皮目を下にして、まんべんなくフォークで刺し、味が染み込みやすくしておきます。
P1040491_convert_20090524085721chasyu1.jpg
2.フライパンにお味噌、豆板醤を入れ、強火でさっと炒めます。
P1040493_convert_20090524085838chasyu2.jpg
3.2.にお水、お酒、みりん(お砂糖)、テンメンジャン、オイスターソース、おしょうゆ、ショウガ、ニンニクを加え、鶏もも肉は皮目を上にして入れ、 沸騰するまで強火にします。
P1040496_convert_20090524085919chasyu3.jpg
4.沸騰したら中火にして15分くらいじっくりと煮ます。
※15分経ったところで、煮汁を約400ccお玉ですくって別の容器にとっておきます。 煮汁はほかのお料理などのタレに使用できます。私は瓶に入れておき、冷めてから冷蔵庫保存しました。
5.煮汁を取り出してから鶏肉を返して皮目を下にし、中火から強火にしたら煮汁をかけながら5分~10分ほど煮詰めます。
はい、できあがり!
P1040501_convert_20090524090107chasyu5.jpg

ただ、調味料と鶏肉を入れて煮詰めただけなのに、しっかりと味が染みてます^^
ごはんが進みますよ~~~
これはいいです。30分もあれば出来ちゃいますからね。煮込んでいる間にもう1品作れちゃいますから時間のないときにでも失敗なく、美味しいメインが作れるってかんじです。

今日は煮詰めたものをそのまま食べましたけど、チャーシューなので、煮詰めたあとを網焼きしたりオーブンでグリルしてもいいですね^^

もっともっと美味しくなりそうです^^

鶏チャーシューですが、1枚分食べて、もう1枚は煮詰めたタレとともにタッパーに入れて冷蔵庫に保存しました。2~3日は保存がきくそうです。

残りの1枚は、次回混ぜご飯にしてみようと考えてます^^またそのときはご報告しますね☆

今回、キャベツの千切りをたっぷり作って一緒にいただきましたが、
このキャベツの千切りをたっぷりいただけるために、ちょっとしたコツがあるんです^^

キャベツだけだと、モソモソというかボソボソして食べ飽きちゃいますよね。歯ごたえとみずみずしさを加えるといっくらでも食べれちゃうんです^^

その魔法の食材は・・・レタスです!
レタスを全体量の3割くらい混ぜるだけ。

本当に、いくらでも食べれちゃいます。これ、絶対のおすすめです^^
生野菜は栄養価が・・・って思っていたのですが、生野菜も摂取する必要があるそうです。
生の野菜や果物をたくさん摂れば摂るほど、健康増進と病気の回復に有利であるそうなんです!

新鮮な生野菜や果物の中には消化酵素をはじめ多くの酵素が含まれているため、体内で酵素を作り出すエネルギーは不要なので、その分のエネルギーは体内に満ち、日常の活動で使い切ってしまわなければ、余裕のエネルギーは体の修復に使われます。
だから、元気になるんですね^^

下記に良さをまとめてあるものを見つけたので、ご紹介してきますね。

1. 高品質の栄養を早く吸収できる
2. エネルギッシュになる
3. 健康が増進する
4. 体の修復機能が存分に働くことができる
5. 頭脳明晰になる
6. 疲労感がない
7. 解毒作用が高まる
8. ジュースにも繊維を含くまれており、体が無理なく処理できる繊維がとれる
9. コレステロールを下げる
10. 免疫力が高まる
11.骨が強くなる

だそうです!!なんかすごいですね~

理想は、食事全体の6割程度を生のもので摂取することだそうです。実際の問題として6割を生食で摂るのは難しい場合があるので、絞りたてのジュースを活用することが無難でしょうね^^;

やっぱり新鮮な野菜、果物などをいただくってことが一番なんですね^^
あ~~~、やっぱり畑が欲しい><

ん!?生食ってことはお刺身もってことかな!?ぐふふ(^m^)

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/299-0ccaeffe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。