-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-02 17:56 | カテゴリ:アジアン系
P1030656_convert_20090402172921gyudon1.jpg

牛丼、男性は大好きですよね~~~
吉野家、松屋、すき屋・・・皆さんお好みがあるようですが、私も吉野家さんは食べたことあります^^
しかし、、、あまり私の好みではないようでした^^;

先日、彼ちゃんが牛丼を食べたいようなことを言っていたので、大サービスで作りました。丼物は手早くできるので作るほうも楽ですよね!

【中華風牛丼】
・牛肉(肩ロース)・・・150gくらい
・たまねぎ・・・1/2個
・まいたけ・・・1パック
・しょうが・・・1片
・万能ねぎ・・・3~4本
・XO醤・・・小3
・ウエイパァー・・・少々
・紹興酒・・・大2
・オイスターソース・・・大1
・塩、コショウ・・・少々
・オイル
・ごま油
お好みで
・半熟卵or温泉卵
・豆板醤
を追加してください

(作り方)
1.牛肉、まいたけは食べやすい大きさに切り分け、たまねぎは1cmくらいにスライスします。しょうがは千切りに、万能ねぎは小口切りにします。
2.フライパンにオイルとごま油を入れて熱し(ごま油だけでもOK)、たまねぎを炒めます。
3.透明になってきたらしょうがと牛肉を入れて炒め、まいたけも入れてさらに炒めます。
4.紹興酒を入れ、ウエイパァー、XO醤、オイスターソースを入れて混ぜ合わせます。
5.塩、コショウで味を調えます。
6.丼にご飯を盛り、5.を盛り付け白ゴマ、万能ねぎをトッピングします。
はい、できあがり!
P1030658_convert_20090402173009gyudon2.jpg

私は、これに豆板醤と五香粉(ウーシャンフェン)を追加して使いました。
五香粉は、独特な香りなので、好き嫌いが分かれます。私は大好き、彼ちゃん苦手、実家も父と妹が苦手でした^^
あ、彼ちゃん苦手なのに・・・私が作るんですから、私の最良の味が優先です^^)v

ちなみに、五香粉とは、一般的に桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、花椒(サンショウ)、小茴(フェンネル、ウイキョウ)、大茴(八角)などの粉末を混ぜ合わせたもので、お肉なんかの臭み消しや、香り付けに使われます。
これをちょっと使うだけで、グッと本場っぽく(って中国に行ったことはないですか^^;)
八角が大丈夫な方はぜひ、使ってみてください~

それと、XO醤!これもぜひぜひ!!私は常に冷蔵庫にストックしてあります。これは本当に美味しいです。これだけで、ほかの調味料はいらないほど、素晴らしい!!

XOとはブランデーの最高級を意味するエクストラオールド(eXtra Old)からとられたようで、中華の「最高の調味料」と言われています。考案者はペニンシュラホテルの料理長ですって。

なんと、日本でXO醤を広めたのはあの、鉄人、周富徳さんらしいですよ^^

主な材料は、干しエビ・干し貝柱・金華ハム・生姜・唐辛子・ニンニク らしいですが、
日本で一般的に購入できるXO醤は本場香港のそれと比べ格段に味が落ちるそうですT_T
これは一般家庭でも気軽に購入出来るように材料費などが抑えられているためらしいのですが、そんな味が落ちるらしいXO醤を使っても、めちゃくちゃ美味しいです。

・・・ってことは本場香港ものを食べたら、どうなっちゃうのかしら~~~

これを家に作ったらどんなかんじでしょうね^^ちょっと調べて、簡単に作れそうだったら・・・試してみようかな☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

秘密

トラックバックURL
→http://hanahibi.blog99.fc2.com/tb.php/223-8d87481c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。