-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-31 01:08 | カテゴリ:和風
P1080692_convert_20100126080739nimono1.jpg

今日、フラメンコのレッスンで幼稚園の先生をしているTちゃんが
「芋ほり遠足のお芋がおうちにゴロゴロしているの~。さつま芋ご飯も作ったし、お味噌汁にも入れたし・・・ほかにどうして食べよう」

わかるわかる^^さつま芋って美味しいんだけど、レパートリーに困ることってありますよね。
そんな時!これいいよぉ~と言ったのがこのレシピ。
「切干大根と煮るの!?」ってビックリしていたTちゃんでしたが、
「うん、いいかも~早速試してみるね」
料理上手な彼女のことだからきっと美味しい含め煮を作るんだろうな♪

秋らしい1品。
ほっこりと心まで温まるような1品です。

【さつま芋と厚揚げと切干大根の含め煮】
・厚揚げ・・・1枚(たて半分に切って7mm幅に切ります)
・さつま芋・・・中2本(皮ごと1cmくらいの輪切りにして水につけてアク抜き)
・切干大根・・・30g(水に20分くらいつけて戻します)
・にんじん・・・小1本(5mm幅のいちょう切りに)
※このほかに干ししいたけやダシを取ったあとのダシ昆布を細切りにして入れても美味しいです。
○煮汁
・だし汁・・・3カップくらい
・お酒・・・大2
・みりん・・・大2
・白だし・・・大1
・おしょうゆ・・・大1
・お砂糖・・・少々(甘さはお好みで)

お好みで
・ごま油・・・小1~2

(作り方)
1.厚揚げは軽く油抜きをして、それから切り分けます。
2.お鍋にオイルを熱し、水気をきった切干大根とにんじんを入れて炒めます。
3.だし汁を入れて厚揚げを加えて弱~中火で5分くらい煮ます。
4.3.にさつま芋を入れて弱火で7~8分煮ます。
5.煮汁の調味料を加えて味を調整して落し蓋をして7~8分煮ます。※煮含めるのであまり味付けは濃すぎないように
お好みで最後にごま油を回し入れて火を止めます。
はい、できあがり!

P1080697_convert_20100126080759nimono2.jpg

切干大根と厚揚げ、さつま芋がお互いに旨みを出し合ってて美味!
厚揚げを入れることでコクが出てその旨みを切干大根がジュワ~~~っと吸い込んでますからね^^
さつま芋も甘くてほっこり^^

ご飯との相性もよく、新米の美味しいこの時期にピッタリ☆
炊き立てのご飯をはふはふ言いながら含め煮と一緒にペロリと食べちゃいます。

今夜のお米は新潟産コシヒカリ。
レシピブログさんの、「美味しい『新潟米』にあう、極上ごはんのおともレシピ」のモニターでいただいたもの。
炊きたてはピッカピカでふっくらとしたきれいな粒で、お米好きの私にはたまらない♪
やっぱり日本人っていいなぁ~と思える至福のときでした。

美味しい新潟米にあう、極上ごはんのおともレシピモニター参加中!

ごちそうさまでした!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



スポンサーサイト
2010-10-27 20:41 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1120394_convert_20101211182335age3.jpg

スーパーで見つけちゃったんです。
コレ↓
P1120390_convert_20101211182246age1.jpg
栃尾あぶらあげ
すごいでしょ!!こんなデカくて厚い油揚げは初めてみました。
厚揚げじゃないんです、れっきとした油揚げなんです。

こういうものを見ると買いたくなっちゃう性分の私。
買ったはいいけど・・・どうやって食べようかな?

よく、普通の油揚げを巾着のように切り開いて納豆を詰めて焼いて食べたりしているので今回はサンドにしてみることに。

P1120391_convert_20101211182315age2.jpg
チラリ。
納豆は軽く包丁で叩いてひきわり風に。
それにたっぷりの万能ねぎ、納豆のタレ、練からしをよく混ぜ、切込みを入れた油揚げに入れます。
あとは魚焼きグリルでこんがり焼き目がつくまで焼きます。
食べやすい大きさに切り分けます。
はい、できあがり!

P1120397_convert_20101211182353age4.jpg

中はふっくら、表面はカリっと仕上がって美味しい♪
食べ応えあります^^
私はこれに自家製ポン酢をかけていただきました。

それにしても日本全国には色々と面白い名産があるもんですね~
東京に居ながらにして各地の名産を味わえるなんて便利な世の中です^^

おとなりに添えてあるのはおかひじきとササミフレークの炒め物。
おかひじき大好きなんです^^
これもね、鹿児島に住んでいることは知らなかったお野菜。
なんせ山形や長野が産地ですものね。
今はどうなんだろう?輸送技術もかなり進んだだろうし、今では鹿児島の八百屋さんでも売っているのかしら?

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-10-25 23:57 | カテゴリ:パスタ
P1120371_convert_20101212083741pasta1.jpg

インゲンって夏のイメージがあったのですが・・・
最近、スーパーで鹿児島産のインゲンがお買い得品でよく出ます。しかも、量も多いの!

ちょっと調べてみると、インゲンにはつるありとつるなしがあるのですが、つるなしインゲンは春の種まきのみなのですが、つるありは春と夏の2回種まきできるそう。
多分、今出回っているインゲンは夏に種まきしたつるありインゲンだってことですね^^納得。

インゲンとくれば・・・じゃがいもと一緒にジャノベーゼが最高♪
今夜は塩豚も加えてガツンといただきます!


【塩豚とインゲンとじゃがいものジェノベーゼ】
塩豚・・・50~80g(細切り)
・ジェノバペースト・・・80~100cc
・じゃがいも・・・1個(1cm幅にいちょう切りして固茹でします)
・いんげん・・・10本(5cmの長さに切り、固茹でします)
・パルミジャーノチーズ・・・大4
・塩、コショウ・・・少々
・鷹の爪・・・1本(輪切り)

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.じゃがいも、インゲンを下茹でしておきます。
3.フライパンにオイルと鷹の爪を熱し、塩豚を炒めます。
4.3.にジェノバペーストとパスタの茹で汁を少々入れてソースを作ります。
5.茹で上がったパスタとじゃがいも、いんげんを入れてよく混ぜ合わせます。
6.パルミジャーノチーズとオイル(大2くらい)を入れて絡め、味が足りないようなら塩、コショウで味を調えます。
はい、できあがり!

P1120375_convert_20101212083802pasta2.jpg

インゲン美味しい!茹で具合がちょうど良かったみたい^^甘みとシャキシャキとした歯ごたえ最高です♪
ベーコンを使うと脂がけっこうでるのでジェノベーゼに使うとちょっと油っぽくなりやすいので注意が必要ですが、塩豚を使うとそんな心配もご無用!

ふっくらとした歯ごたえの塩豚とほっこりとしたじゃがいも。
なんだかとっても楽しいパスタになりました^^

今夜もごちそうさま♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-10-09 16:56 | カテゴリ:etc
皆さま、本当にご無沙汰しております。
書かなきゃ書かなきゃと思っていると、なかなか書き出せなくなり・・・
気がつけば1ヶ月以上分ためてしまいました。

これからこっそりと日にちをくだって書いていきますので、過去記事も読んでくださいねm(_ _)m

↓       ↓       ↓       ↓       ↓

がんばって更新中!!

2010-10-09 11:10 | カテゴリ:洋風
P1120138_convert_20101009171127morning2.jpg

今朝はワンプレートモーニングに紅茶。
目玉焼きにするときはベーコンが多いのですが、今日はめずらしくハムエッグ。
先週、Oisixさんから届いた鎌倉ハムさんのロースハム
化学合成添加物を一切使っていないハム、ソーセージってなかなか見当たらないですよね。
味わいはシンプルでソフト。
焼いて食べるにはもったいない気がしたけど・・・やっぱり美味しい^^

あ、でもね、今朝のメインはハムじゃないんです^^;
メインはこちら↓

P1120135_convert_20101009171101morning1.jpg
自家製レタス&ルッコラ

今朝、収穫したレタスとルッコラです^^)v
これがね、シャキシャキしてるわ、味もしっかりしているわで美味しいんです♪

どちらも虫がつきやすいので毎朝のチェックが大変です。
涼しくなったとは言え、まだまだ青虫くんは活動的。ヒッソリコッソリと忍び寄り、ちゃっかり元気に食べまくりますからね~
青虫くんなんかに負けてはいられません!
マメに摘んではお弁当に入れたりサラダに加えたりしています。

こうやって、少しでもベランダで作って摘みたてを食べれるのって幸せです。
あ~~~、広いお庭か広いルーフバルコニーでいろんなお野菜やハーブを育てて半自給自足の生活がしたいもんだなぁ~><
このね、半自給自足ってところがミソ。
何でもバランスが肝心ですから^^無理しちゃ~いけません。
楽しみながら続けるってのが大事。
うんうん^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-10-07 01:49 | カテゴリ:洋風
P1120130_convert_20101009175328hanbagu1.jpg

今日はわが家の記念日のひとつ、初めて知り合った記念日。
あははははは^^
まだそんなことやっているのかぁ~と思われそうですが、お祝い好きな私ですからね。
それに、初心忘れるべからずでもありますし^^;

そんな今夜のメニューはハンバーグ。
もちろん、彼ちゃんからのリクエストです。
平日の夜、仕事から帰ってハンバーグを作るのって結構面倒ですね^^;
玉ねぎをあめ色になるまで炒めて冷まして捏ねて・・・ふぅ~疲れた。
彼ちゃんだけは美味しそうにライスまでお替りして頬張っていましたけど!

P1120134_convert_20101009175402hanbagu2.jpg

いくつになっても男性ってお子様ランチ風メニューが大好きですね。

もう一品。
「記念日だし、シャンパン(と言っても買うのはスパークリングワインですけどね^^;)でも買って帰ろうか?」と彼ちゃんからメールがあったので前菜に作ったサーモンのカルパッチョ。

P1120120_convert_20101009175107smaon1.jpg

サーモンと相性のいいディルとケイパー、ブラックオリーブにオニオンスライスを添えたカルパッチョ。
ソースは、オリーブオイルにレモン、塩、コショウにマヨネーズを少し入れてマイルドにしてみました^^

P1120126_convert_20101009175131smaon2.jpg

キンキンに冷やした辛口のスパークリングワインにサーモンのカルパッチョが合う合う!!
・・・結局、スパークリングワインを買ったのは私でしたけどね><
ってどんなオチなんでしょ!!

この日まで数日間、口を利いていなかった私たち(あ、いつものよーに私が怒っていただけですけど)。
ちゃんと乾杯の時に彼ちゃんのごめんなさいで仲直りして無事、記念日を祝うことができました^^
こうして、あと何回何十回一緒にお祝いしていけるんだろう。
どんなに年数が経とうがこうして出会えたことや今に感謝し、乾杯していきたいと思います。
スパークリングワインが、シャンパンになる日を願って・・・今夜も乾杯!!

これからも仲良くケンカしながら楽しく過ごしていこうねぇ~♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-10-05 01:19 | カテゴリ:和風
P1120112_convert_20101009182123sanma3.jpg

さんまの美味しい時期です。
スーパーでも結構お安く出回っていますね。
夏のニュースでは今年は不漁だって言われていたのに・・・ホッ♪

焼き秋刀魚もいいですが、今夜は前から気になっていて試したかったサンマロール焼きにトライ!
私が大好きでよく見ているブログ「小太郎のまんぷく日記」でよく出てくるメニューなんです。
小太郎さんのお料理は、ノンベーらしいメニューが多いのですが、そのどれもがプロのよう。
和を中心としたメニューはどれも美味しそうなので、どうして書籍にならないのか不思議です。

今夜は小太郎さんのをそのままパクっ・・・もとい、参考にして^^作ってみました。

【サンマロール焼き】
・サンマ・・・3匹(三枚に下ろして小骨を抜きます)
・明太子・・・半腹(ほぐしておきます)
・青じそ・・・4枚(たて半分に切ります)
・粒マスタード・・・適量
・お塩・・・適量
・小麦粉・・・適量

(作り方)
1.さんまの皮面に巻きやすくするために、浅い切れ込みを入れます。(小太郎さん5mm間隔と書いてました】
2.さんまの身の方に軽く塩をふって10分ほどおきます。
3.魚の身がうっすら汗をかいたら水気をキッチンペーパーでふき取ります。
4.茶漉しで身の面に薄く小麦粉をまぶします。
5.4.に半分に切ったシソの葉をのせ、ほぐした明太子を薄く広げて尾の方からクルクルっと巻き、巻き終わりに串を刺します。側面にも軽く茶漉しで小麦粉をふりかけます。
6.4.に粒マスタードを全体的に薄く伸ばして尾の方からクルクルっと巻き、巻き終わりに串を刺します。側面にも軽く茶漉しで小麦粉をふりかけます。
P1120108_convert_20101009182024sanma1.jpg
私は横着して切れ目を1cm間隔で入れちゃいました
P1120110_convert_20101009182058sanma2.jpg
粒マスタードを塗りすぎると横からはみ出しちゃうので注意
7.テフロン加工のフライパンを温め、油を使わず渦の面を下にしてこんがり焼き、裏返したら蓋をして中まで火を通します。
8.最後に串から外して、側面を軽く焼き目がつくくらい焼きつけます。
はい、できあがり!

P1120118_convert_20101009182201sanma5.jpg
しそ明太
P1120117_convert_20101009182142sanma4.jpg
粒マスタード

美味しい~~~!!!
まったく手間はかかっていないのに、めちゃくちゃ手が込んだお料理に見えるところもいい^^
ふっくらとしたサンマの身と、焼き付けた皮目がいいですね~

しそ明太ももちろん美味しいんですが、粒マスタードはなかなか!
ただ塗っただけなのに、なんとも美味しい。
あんまり塗りすぎちゃうと焦げやすくなっちゃいますが、これ、オススメです。
食べる時にレモンとかゆず、カボスなんかを絞っても美味しいと思います。
もちろん、このままで十分美味しい♪

めったにご飯をお替りすることがない女性並の食欲の彼ちゃんもイソイソとお替りしに行っていましたからね~
これはなかなかのヒットでした!
さすが、私の大好きな小太郎さんレシピだっ!!

次回は梅しそとか柚子コショウとかでも試してみようかな^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-10-02 01:48 | カテゴリ:パスタ
P1120100_convert_20101010065924pasta1.jpg

今日10月1日は、私の両親の結婚記念日。
この日は幼い頃から毎年欠かさずにお祝いしています^^
父は毎年バラの花束を買ってきて(そのほかにもお互いにプレゼントを買ってあげていましたが)
「今年も結婚しててくれてありがとう」と言いながら渡していましたっけ。
母は「どーいたしまして!今年も結婚しててあげました」と冗談っぽく笑顔で受け取っていました。

子供ながらにこの恒例行事と恒例の言葉がとっても嬉しく幸せな気分だったのを覚えています。
この日があったからこそ、今の私や妹が存在するんですものね~
考えてみるとすごいことなんだなぁと思います^^

そして今夜も遠く離れた東京でお祝い^^
ぐふふふ(^m^)今夜は彼ちゃんが飲み会でいないんです~♪
だ・か・ら♪
大好きなウニのパスタを食べちゃうぞぉ~~~

【ウニのクリームパスタ】1人前
・うに・・・1盛(小さめの木枠のサイズの入れ物1パックを使いました)
・にんにく・・・1片(包丁の腹でつぶしておきます)
・ホールトマト・・・1個分くらい(つぶします)
・白ワイン・・・大1
・アンチョビ(フィレ)・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々(お塩は入れないでもいいくらいですので、味見をしてからにしてください)
・バター・・・10g
・生クリーム・・・50cc(濃厚なのが好きなら牛乳を使わず100ccで)
・牛乳・・・50cc
・あさつき・・・適量

(作り方)
1.麺を茹でます。
2.フライパンにオイルとつぶしたにんにくを入れ、弱火で薄く色づいて香りが出るまで炒め、フライパンから取り出します。
3.アンチョビを入れて溶かすようにして、ホールトマトと白ワインを入れてゆすりながら水分をとばします。このときに決して焦がさないように弱火で気をつけてください。
4.火から下ろして生クリーム(牛乳)を入れ、弱火でゆすりながら2/3の量まで煮詰めます。
5.オイルを入れ、パスタの茹で汁を大2ほど入れてトロリとなるようになじませ、塩、コショウで味を調えます。
6.茹で上がったパスタとバターを入れて手早く合え全体をなじませ、火から下ろします。
7.フォークでつぶしたウニを混ぜます。
8.お皿に盛り付け、飾り用のウニを盛り付け、あさつきをトッピングします。
はい、できあがり!

P1120104_convert_20101010065944pasta2.jpg

最高~~~♪
とろけちゃいます^^

このレシピは、落合シェフのレシピを適当にして作っています。
ポイントはホールトマト。
トマトを入れることで、クリームのまったりしたくどさを和らげてくれています。
そして、味がしまるんですよね^^
さすがだな~と毎回作るたびに思います。
それと、このパスタはウニはケチらない方が美味しいです。
まぁ、当然と言えば当然ですけどね^^;

今夜はひとりでウニを全部使おうか悩みましたが・・・
ウニのパスタは好きじゃないけど、ウニ好きの彼ちゃんのために3~4切れ残してあげました。
私ってえらすぎ><

お祝いの電話を実家にしたら、あちらはあちらで豪勢にお祝いディナーしてましたよぉ~
お刺身にローストビーフにケーキにと・・・私も食べたかったT_T
わが家もうちの実家のように、毎年盛大にお祝いしたいものです。
多分ね、こういうイベントを欠かさず続けることが夫婦生活をいい距離感を持ちつつ上手く続けるコツなんだろうなって最近思う私です^^;

結婚記念日おめでとう&ありがとう♪
今夜は幸せ気分で眠れそうですzzz

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。