-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-30 15:26 | カテゴリ:好きなもの
P1110155_convert_20100630150423sora1.jpg

今日の東京の天気予報は、曇り/雨。
でも、青空が広がっています^^

慌てて洗濯機を回して、干しました♪
気持ちのいいお天気ってやっぱり嬉しいですね。

P1110158_convert_20100630150501sora3.jpg
東のsora
風に流れる雲と葉っぱをヒラヒラと踊らせる木々。
爽快な気分になりますよね~

P1110157_convert_20100630150442sora2.jpg
西のsora
ん!?なにやら怪しげな雲が遠くの方から・・・
お願い!お洗濯物がちゃんと乾くまで待って><

あ、そういえば今日は水曜日。
月・水・金は、近所の無人野菜屋さんの開店日。
先日買ったトマトが美味しかったので、ちょっとのぞきに行こう!

P1110159_convert_20100630151027tomato.jpg
完熟トマトときゃべつをゲット

真っ赤なトマト、美味しそうでしょ^^
しかも大きいです!
ちょうど、お野菜を作っているおじさんが作業をされていました。
「トマトはね、今が一番大きいんだよ。これからはどんどんサイズが小さくなるから、大きいのが欲しくても買えないよ」とのこと。
なるほどね。

たまに会うこのおじさん。
いつもにこやかに色々と話をしてくれます。
このおじさんが丹精込めて作ってくださったお野菜、だから美味しいんだな~

きゃべつも可愛い虫食い跡が^^
虫も食べないお野菜なんか食べたくないですものね。
私は、美味しい証拠だと嬉しくなります♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



スポンサーサイト
2010-06-30 02:51 | カテゴリ:洋風(イタリアン系)
P1110145_convert_20100630103815fokaccha1.jpg

ワールドカップ「日本VSパラグアイ」戦、終わってしまいました。
残念ながらベスト8に進出することは叶いませんでしたが、彼らの功績は素晴らしいものだと思います。
まさか、PK戦にまでなるとは思いませんでしたが^^;

何度か得点につながりそうなチャンスもあったように思いますが・・・なんとなくデンマーク戦より動きというかタイミングが合っていなかったような。
でも、ボールへの執着やシュートに対する前向きな強気は十分感じました。
本当にありがとう!&お疲れ様!!

そして、岡田監督に敬意を表したい。
あんなに酷評され、人格否定的な報道までされて・・・本当に気持ちを強く持った人物じゃないと乗り越えられなかったと思います。

私自身、ワールドカップが始まったとたんにコロッと態度の変わったマスコミやマスコミに踊らされていた人々が簡単に言う「岡ちゃん、ごめん」という言葉には本当にムカついたし傷つきました。
私は身勝手な人間が嫌い。また、自分のウップンのはけ口に人を攻撃したり傷つけたりする人も嫌い。
なんか、今回はそういう嫌な面を見てしまった気がします。

勝負の世界では結果がハッキリでるので、どうしても攻撃されやすいですが、
人格を否定したり、簡単に態度を変えたり、自分の発言をごまかしてみたり(サッカー関係者など)・・・君らこそ責任取れ!顔を洗って出直して来い!!って言いたい。

パラグアイ戦の前に会見した岡田監督は、自身に対する評価が一変したことを尋ねられ、こう答えたそうです。「これだけ変わるということは、また変わる。一喜一憂していられない。バッシングを受けても進むべき道を進む。褒められても進むべき道を進む」

カッコいい☆これこそ、真のリーダーですよね。

今夜はパラグアイ戦に臨むため、おつまみ感覚の簡単なお夕飯にしようと思ったんですが・・・
かえって手間がかかったような^^;

今夜のフォカッチャは、ピザのようなお惣菜パンのようなイメージで作ってみました♪

【ベーコンとチーズ入りフォカッチャ ごま風味】
・強力粉・・・280g
・お砂糖・・・8g
・お塩・・・5g
・オイル・・・大1
・お水・・・180cc
・ドライイースト・・・2.7g
・白ゴマ・・・大1~2
・黒ゴマ・・・大0.5~1

・ピザ用チーズ(ゴーダ、モッツァレラのWで)・・・適量
・ベーコン・・・1~2枚(細切り)
・玉ねぎ・・・少々(みじん切り)

(作り方)
1.HBに生地用の材料を入れて、生地を作ります。
2.生地を取り出し、1/3はひとつに丸め、もう2/3分は4~6等分にそれぞれの生地をきれいに丸め、かたくしぼったふりんを被せて10分間休ませます。
3.まず、4~6等分にした方を使ってチーズフォカッチャを作ります。※1/3の丸めた方はラップしてしばし冷蔵庫へ。
1)ベンチタイム終了後、きれいにに丸めなおして生地に軽く霧吹きをします。
2)オーブンの発酵機能を使い30~35℃で40~50分ほど二次発酵させます。
3)二次発酵後、生地のトップにキッチンバサミか包丁でで十字の切れ目を入れ、ピザ用チーズ、玉ねぎ、ベーコンをトッピングします。※ベーコンと玉ねぎは一緒に混ぜ合わせて軽く塩、コショウしました。
4)再度生地に軽く霧吹きし、180~200℃に温めておいたオーブンで約15分焼きます。
はい、できあがり!

P1110147_convert_20100630103833fokaccha2.jpg

美味しい!
ごまの風味に、チーズとベーコンの風味もプラスされてとっても美味しいです。
フォカッチャもふんわりモチモチに焼きあがっていてgood!

今夜はこのほかに、
手羽先のグリル
・具だくさんポテトサラダ&グリーンサラダ
・ミネストローネ

これでお腹いっぱい^^

「このパンどうしたん!?」とフォカッチャを見て驚いた彼ちゃん。
「ん?フォカッチャね。作ったの」と涼しい顔で言うと
「すごい^^美味しいね!」と、とてもお喜びいただきました。
次回は、大好きなソーセージでも入れて差し上げますかね^^

今回のワールドカップ、ほんとによかったなぁ~
チームがまとまっていたような気がします。誰が中心になったのかわからないけど、ベテラン組のサポートや若手のストレートでピュアなエネルギーが上手くまとまったんでしょうね^^

今回、私が特に素晴らしいと思った選手(勝手なセレクトなんでお許しを^^)
・本田くん
・遠藤くん
・松井くん
・長谷部くん
・川島くん
・大久保くん

あ、書き出したらキリがないことがわかった^^;
そうだ、みんながんばってたんだ!
みんな素晴らしかったんだぁ~!
次回のワールドカップが今から楽しみです♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-29 01:37 | カテゴリ:パスタ
P1110136_convert_20100630103737pasta1.jpg

蒸し暑い日が続いています。
お昼にリビングに置いてある温度湿度計を見たら・・・気温31℃湿度74%。
うふぇ~~~っ!考えられない><
見た瞬間にジト~~~ッと汗が出て肌がベタついている気がしてきました^^;
ほんと、単純な私です。

実家の鹿児島では、既にエアコンがフル回転で稼動しているようです。
なんでも、新しいエコタイプでお掃除いらずのエアコン(LDの広さ対応)は全然効かず、リビングの隣にある和室の25年強もののレアなエアコン(冷房のみの6~8畳用)のパワーでなんとかLDを冷やしていると言っていました。
すごいですね^^;

鹿児島は桜島の火山灰が降るため、窓を開けっぱなしにできないんです。
そのため、各ご家庭のエアコン普及率は高いと思います。
まぁ、尋常じゃない暑さですから、火山灰が降らずとも生き抜くためにはエアコンが必需品です。

北海道や東北の寒い地方は、極寒の冬を生き抜くために、企業によって「暖房手当」が支給されるとか(調べるまでは自治体からの支給だと思っていましたが)。
鹿児島でも夏には「冷房手当」の支給を検討してあげて欲しいものです。
ほんと、キーーーーーンと意識が遠のくほどの日差しと蒸し暑さですから^^;
ただ・・・鹿児島は貧乏県なので、そんなことする企業なんてないでしょうけどね><

今夜は、「トマト系のパスタ」というリクエストがあり・・・
暑いので冷製パスタにしようかとも思ったのですが・・・今からそれ食べていると8月は氷をかじっていなきゃいけなくなりそうなので、ガマンしました^^;

その代わり、たっぷりと玉ねぎを使ったアマトリチャーナに♪
彼ちゃんも大好物ですしね。

【アマトリチャーナ】
・豚ばら肉・・・70~100g(一口サイズに切ります)
・ベーコン・・・4枚(1.5~2cm幅に切ります)
・たまねぎ・・・1個(薄切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・トマト・・・大1個or中2個(湯むきして角切りに)
・ホールトマト・・・1/2缶(つぶしておきます)
・白ワイン・・・大3
・塩、コショウ・・・少々
・コンソメ・・・1個
・ローリエ・・・1枚
・粉末昆布・・・少々
・パルミジャーノチーズ(すりおろし)・・・お好みで
・パセリのみじん切り・・・適量

(作り方)
1.フライパンにオイルを熱し、にんにくと鷹の爪、ベーコンと豚バラ肉を入れてじっくり炒めます。
2.たまねぎを入れ、トロ~と透明になるまで炒めます。
3.白ワインを入れて強火にしてアルコール分を飛ばします。
4.ホールトマト、コンソメ、ローリエを入れて煮詰めます。
5.パスタを茹で始めます。
6.4.を塩、コショウ、粉末昆布で味を調え茹で上がったパスタを入れて混ぜ合わせます。
7.オイル(大1くらい)を回し入れて火を止めます。
8.お皿に盛り付けイタリアンパセリを刻んだものを乗せます。
お好みでパルミジャーノチーズを削りかけます。
はい、できあがり!

P1110139_convert_20100630103759pasta1.jpg

うん、美味しい^^
やっぱり豚ばら肉が美味しい。
フレッシュトマトと玉ねぎの自然な甘みに、豚ばら肉の深みのあるコクがプラスされ、全体的にまろやかな美味しさになります。
今夜は豚ばら肉が少し量が少なかったので、ベーコンをプラス。
W使いもなかなかいいですね~ベーコンの旨みもプラスされてより深みのあるコクが出ていました。

トマトって癒されるし元気が出ます。
まさに頼もしい味方ってかんじですね♪
今夜のトマトは、近くにある無人野菜屋さんのもの。
真っ赤に色づいた完熟トマトでとっても美味しかったです^^

今夜もごちそうさま~☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-28 00:59 | カテゴリ:和風
P1110128_convert_20100628110813okonomi1.jpg

今日は午後から肉体労働。
肉体労働!?と思われますよね。
厳密には肉体労働ではないのですが・・・

私はベランダでバラの苗を7鉢育てているのですが、そのうちの2鉢の葉がどんどん枯れて落ち始めたんです。
最近では、幹がグラグラ動くようになり・・・
これは、完璧に根が弱っている証拠。
ただ、植替えの時期ではないため数日間悩みました。

が、植替え時期まで待つのはかえって酷だと思い、午後から植替え作業を行うことに。
広いお庭での植替えと違い、狭ーーい東京のマンションのベランダですから、土を広げる場所を確保するのも大変。
一人では到底できそうにないので助手として彼ちゃんにも手伝ってもらいました。

1鉢目のバラちゃんを鉢から出そうとすると簡単にスポッと抜けちゃいました><
ガーーーーーン!根がこんなにショボショボに。
そして、やっぱり見つけました!!!
根きり虫。いわゆるコガネムシ・カブトムシなどの幼虫です。
丸々と太った幼虫が8~10匹!
どこかの国では美味しそうに食べていらっしゃいますが、これも栄養満点でさぞかし美味しいと思います。

コンニャローーー!!!
私の大事なバラちゃんの根を食い物にしやがって><
もう、言葉もベラメー調になっちゃう私。

可哀想に・・・ゴメンね。ここまで放っておいてT_T
もう1鉢も同じでした。
これはもしかして、他の鉢にも・・・と不安になり、
この際、一旦、根っこに酸素を入れてあげようと思い、全部の鉢を植替えしました。
ただ、今の時期は花目もあり根をいじられるのはバラちゃんもとても嫌がるだろうと思い、マッサージするようなイメージで、優しく様子とご機嫌を伺いながら、慎重に行いました^^

もう、腕も足もトゲで引っ掻かれて傷だらけ&泥だらけ。
おでこからはポタポタと汗も滴り落ちながらの作業でした。
私のあまりの姿に、彼ちゃんの口元がニヤけているというか・・・ほくそ笑んでいるような気が。
バカにしやがってぇー
でも、いいもん。バラちゃんさえ元気になってくれれば^^

疲れましたぁ~
土って何気に重いので重労働。
腕が腱鞘炎のようになり、力が入りません^^;

今夜は餃子作りをする予定だったのですが・・・
「今夜の餃子作りはやめとき。その腕じゃ100個近くも包めないでしょ」
と彼ちゃんからの優しいお言葉もあったのであきらめることに。

ただ、餃子作り用に大量のきゃべつを洗っていたので・・・
「じゃ、お好み焼きにしよう!」
お~~~、今夜の彼ちゃんは機転が利くね!!サンキュ~♪

というわけで、長々と前置きを書きましたが・・・
今夜のお好み焼きはこういうことがあってのものでした^^

【大和芋100%♪わが家の粉なしお好み焼き】
・キャベツ・・・1/2~2/3玉
・大和芋or自然薯・・・300~400g
・豚ばら肉・・・好きなだけ
・エビ・・・好きなだけ
・いか・・・好きなだけ
・卵・・・5個
・ピザ用チーズ・・・ひとつかみ
・白ゴマ(お好みで)

・塩・コショウ・・・少々
・バター・・・10gくらい
・お酒・・・少々
うまかだし・・・1袋
・生クリーム・・・大1~2くらい
・白だし・・・少々

・お好みソース
・マヨネーズ
・青海苔
・削り節

(作り方)
1.フライパンにバターを熱し、エビといかを炒めます。軽く塩・コショウし、お酒と白だしを入れ一煮立ちしたら火を止め、冷まします。
2.大和芋の皮をむき、酢水にしばらくつけてから、すりおろします。
3.キャベツは50~100切り(千切りの細さを1000として^^)くらいに切ります。
4.大きいボールに、キャベツ・大和芋・卵を入れ、よく混ぜ合わせます。
5.ダシ・生クリーム・チーズ・白ゴマを入れて混ぜます。生クリームは、その時の混ぜ具合で入れる量を調整します。
6.ホットプレートをオイルと入れて熱し、豚ばら肉を並べます。その上にボールの具をのせ、両面焼き上げます。
7.お好みでソースとマヨネーズ、青海苔・削り節をトッピングします。(私は一味唐辛子をさらにトッピング)
はい、できあがり!

P1110131_convert_20100628110827okonomi2.jpg

美味しい!
もう粉ありなんて食べれない(ほんとか?)
厚みは、優に2.5cmくらいはあるでしょうか^^
キャベツが少し食感が残る程度の幅に切られているのでボリュームが出ます。
しかも、しっとりした生地は大和芋100%ですからね♪
あ~幸せ☆

粉なしお好み焼きをぶ厚くしっかりと仕上げるコツは、なんと言ってもキャベツと大和芋。
これらをこれでもか~~~ってたっぷり入れるのが成功のカギですね^^
わが家のキャベツの量はこれくらい→コチラ

彼ちゃんから
「今日はなんか機嫌もよくて元気やな」と。

「当ったり前じゃん!充実した1日だったもん♪達成感もあるしね」
と言いながら
「ほんと、そうだな~充実した生き方って大事なことなんだ」
と改めて思いました。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-27 13:02 | カテゴリ:ラーメン
P1110124_convert_20100628110740ramen3.jpg

棒ラーメンでおなじみの味のマルタイ
福岡の会社のようですが、東京のスーパーのインスタントラーメンの売り場にも置いてあります。
少し前から気になっていたので、先週の買出しの際に買っておきました。

P1110120_convert_20100628110647ramen1.jpg
私のふるさと、鹿児島の棒ラーメンをチョイス。
とりあえず、ここから試してみないとね~^^

中身を取り出してみると

P1110122_convert_20100628110722ramen2.jpg
棒状のノンフライ麺と粉末スープ、調味油・・・そして鹿児島ラーメンと言えば、焦がしネギ!!
お~、ポイントはちゃんと押さえていますね^^

今日は、
・茹できゃべつ
・きくらげの細切り
・塩豚の網焼き
・合わせ薬味
を入れました。

P1110127_convert_20100628110757ramen4.jpg
豚骨スープに焦がしネギが^^

ほぉ~~~、なかなか美味しいじゃないですか!
なかなかバランスの良いラーメンです。

スープは見た目よりあっさり目。焦がしネギがいいアクセントになっています。
次回はおろしにんにくを入れてもう少しパンチを効かせようっと。
麺はストレートの中太って感じかな。小麦臭さも粉っぽさもなく、インスタントラーメンとしては上々^^

2人前入って、定価200円は安いですよね~
(私はスーパーでは140円くらいで買ったような・・・定かじゃないですが)
コスパから言ってもこれはかなりクオリティー高いかも。

私の中で、インスタントラーメンの1位はダントツcoopさんの味一番(コチラは白湯味ですがその他もラーメンのカテゴリーで見ることができます。よろしければ^^)ですが、マルタイさんの棒ラーメンは、2位にランクインかも。

これは、他の地域のラーメンも試してみる価値あり。
早速、買っちゃおうーっと。

さて、今から肉体労働をしま~す。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-27 01:32 | カテゴリ:パスタ
P1110110_convert_20100628110607pasta1.jpg

今日は満月。しかも地域によっては部分月食が見れる日だったのに・・・
今夜も厚い雲にさえぎられ、お月さまを見ることができませんでしたT_T
もう3ヶ月くらい、満月を見ていません。

今日も朝から自主練、昼から2レッスン。
今日のレッスンは当日演奏してくださるミュージシャンの方々との音合わせ。
何度も何度も合わせをしていただくので・・・踊りっぱなし。
最後の方には、足の動きが疲労で動かなくなっていました^^;情けない><

やっぱり、ギターさんやカンテさん(歌う人)が入ると、気持ちもグ~ンと引き締まり、感情移入しやすくなります。
フラメンコの発表会やライヴでは、大体生演奏で踊るんです。贅沢ですよね~♪
音合わせの際にはi-podに録音し、移動の時や車の中、家事をしながら聞き込みます。
電車の中では、聞きながらブラソ(手の動き)やタイミングを図っている自分にハッと気づく時があります^^;
まぁ~、みんな同じだと思いますけどね。

今夜も簡単なパスタに。
アボカドとえびのペペロンティーノにトマトを加えました。
トマトにとろみがついて、味にまとまりが出る気がします。

【えびとアボカドのトマト入りペペロンティーノ】
・えび・・・中~大なら10~15尾、小~中なら20~30尾
・アボカド・・・1個(1.5cmくらいの角切り)
・トマト・・・1個(皮を湯むきして1.5cmくらいの角切りに)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1~2本(輪切り)
・塩、コショウ・・・少々
・アンチョビフィレ・・・1~2枚(粗みじん切り)
・白ワイン・・・大1

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪、アンチョビを熱、しえびをじっくりと炒めます。
3.白ワインを回し入れてトマトを入れて軽く炒め、アボカド、茹で上がったパスタと茹で汁を入れてよく絡めます。
4.塩、コショウで味を調えます。
5.オイルを回し入れて火を止めます。
はい、できあがり!

P1110114_convert_20100628110624pasta2.jpg

あ~美味しい。
アボカドのまったりとした食感にプリッとしたえびの食感がたまりません^^
トマトが個々の良さを引き出して、まとめてくれているかんじ♪
アボカドとえびだけのペペロンティーノも美味しいですが、トマトを入れた方が好みかも。
アボカドを入れたら火を入れすぎないよう手早く作業することがポイントです。

ふぅ~。
何度も窓からお月さまが出ていないかチェックしましたが・・・顔を合わすことはありませんでした。
来月こそは、きれいまん丸お月さまを見たいものです☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-26 01:04 | カテゴリ:洋風
P1110101_convert_20100628110513gote1.jpg

先日おつまみで作った手羽先のグリル
出来上がりの味つけが、超~私たち好み(鹿児島のデパート山形屋のゴテ焼き風)!
今夜は鶏肉料理が食べたかったので、迷うことなく決定^^

本当なら骨付きもも肉で作りたいところなのですが・・・冷凍庫に普通の鶏もも肉があったので、今夜のところはこれを使って^^;

早く骨付きもも肉をガッツリ頬張りたいものです~♪
今度美味しそうな骨付きを見つけたら、即、ゲットするつもりです^^)v

【チキングリル】
・鶏もも肉・・・1枚(余分な脂肪を取り除き2つに切り分けます)
・塩、コショウ・・・少々
○漬けダレ(マリネ液)
・お酢・・・大1~2
・ヨーグルト・・・大1(なくてOK)
・はちみつ・・・大1
・お酒・・・大1
・オイスターソース・・・大1
・おしょうゆ・・・大1
・おろしにんにく・・・1片
・オイル・・・大1~2

(作り方)
1.鶏もも肉は、厚みを均等にし、味が染みやすいようにフォークで何箇所か刺しておき、軽く塩、コショウをします。
2.ビニール袋に手羽先を入れ○漬けダレ(マリネ液)を入れて絡め手でもみこみます。空気を抜いて口を縛りときどき返しながら30分以上置きます。※時間がなければ手でよくもみこんで味を染み込ませてください。
3.天板にクッキングシートを敷いて、皮を上にして並べます。
4.250~300℃に温めたオーブンに入れて、15~20分ぐらい香ばしく焼き目がつくまで焼きます。
5.食べやすいように、いくつかに切リ分け、お皿に盛りつけます。
はい、できあがり!

P1110104_convert_20100628110536gote2.jpg

うん、やっぱり美味しい~♪
骨があった方がよりジューシーなかんじですが、これでも十分。

玉ねぎの輪切りも一緒にグリルして、チキンの下に敷きました。
これが甘くて美味しい^^
塩、コショウ、オリーブオイルのみなのに、どうしてこんなに甘くて美味しいんだろう~

付け合せには、水菜とトマトがたっぷりの玉子サラダにしました。
この組み合わせも何気に好きです^^

今日は結局、1日中ナチュラルハイなままでしたね~
あんまり眠くもならず、30分くらい転寝した程度。夕方、熱を測ったら・・・37.3℃。
これは体調っていうより、東京の蒸し暑さで体温が上昇しているとしか思えない><

なんか、あんまりまとまった雨が降りませんね、東京。
ここ数年、空梅雨気味ですが・・・東京砂漠化!?
大雨でも困るし、かといって全く降らないのも困る。

う~ん。
梅雨前線さん、夜中から明け方まで降るというのは・・・いかがでしょう?
わがまますぎます!?^^;

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-26 00:17 | カテゴリ:etc
先日、友人のTwitterで知って感動したデンマーク選手とある少年の話
これを読んで私は泣いてしまいました。そして、色々な気づきを持ち、ぜひ、これをココにきてくださる皆さんにも共有したいと思って掲載させていただきました。

このお話、掲載後に知ったのですが、すべてがノンフィクションではないようです。
私は「そうなのか~」と思いましたが、それによって自分の感動や今日気づきを持ったことに何の変わりもないので気になりませんでした。
以前、日本でブームとなった、「一杯のかけそば」のお話と同じようなものかもな~と思ったくらい。

しかし、人によっては全く違う考え方になります。
「なんだ!この話は本当の話だけじゃないのか。損をした。こんなことを書く奴は許せない」とか
「デンマークの売名行為か!」とか
「うわ~、感動した私がバカだった。やっぱりこんな美談なんて信じちゃいけないわ」とか・・・

それもひとつの感情の表れなので、私はそのこと自体をどうこう言おうとは思いません。
ただ、それだけで終わらせちゃもったいないと思うんです。

このお話で大切なことは、デンマークの選手や監督が素晴らしいということではありません。(それももちろん、素晴らしいですけどね^^)

彼らが和歌山に行って住民と交流を持ったり、食事の際に日本の食文化を取り入れたり・・・
何気ない行動ですが、ちょっとした気持ちの余裕や他を認める心の広さが、いかに大きな(多くの)信頼や感動につながるかってことや、

トマソン選手が手話をできるということが大事なわけではなく、彼が少年に言った
「君の試練はあなたにとって辛いことだと思いますが
君と同じようにあなたの家族も、その試練を共有しています
君は一人ぼっちじゃないという事を理解していますか?」

「神様は君に試練を与えたけど、君にも
必ずゴールを決めるチャンスを神様はくれるはずです・・・
そのチャンスを君は逃さず、ちゃんとゴールを決めてください」

こういう言葉の深い意味が大切なんだと思います。

私たちはひとりで生きているわけではありません。
皆で支えあって、協力しあって共存しています。それは人間だけでなく、自然や社会ともそうです。

そして、私たちは皆、ゴールを決めるチャンスがあること。
そのチャンスを逃さないように日々の生活を大切に、注意深く、そして楽しむことが大事なんじゃないかと思います。

これは私の所見です。
私が感じ、気づきをもったことの一部です。

よく仕事で「目的(目標)を明確にすること」と教え込まれますよね。
マーケティングの仕事をしていた頃、「お客様のニーズは何か、その奥にあるウォンツをしっかりブレることなくつかめ」と言われ続けました。

そのおかげで、物事の表面だけにとらわれず、その奥になる本当の意味を感じ取ろうと思うようになりました。

なんかまた、ダラダラ語ってしまいました。
スミマセン。
えらそうなことが言いたいわけじゃないんです。
でも、なんとなく書きたかったので書いちゃいました。
お許しを^^;


↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-25 11:47 | カテゴリ:etc
今朝方行われたワールドカップ 日本VSデンマーク。
その試合で後半35分にPKで1点決めたトマソン選手。
彼にまつわる素敵な話を知ったのでここでご紹介しようと思います。

ヨン ダール トマソン
ヨン ダール トマソン選手

これは、あるスポーツ新聞の記者(皐月パパ)が、自分のサイトに載せた日記の内容です。
この文章を書いた(2002年7月)後、下記の文を載せたページも「転載はご自由に」という告知後数日で削除されてしまいました。
しかし、あまりにいい話なので、ネット上で伝説的なお話となり、多くのサイトやメルマガ等で紹介され語り継がれているようです。(私は今日知りましたが^^;)

とても長い文章ですが、本当に感動します。
ハンカチのご用意を忘れずに・・・^^

=======================================================

『7月10日 デンマーク』

あのワールドカップという宴が終わり、はや数日
皆さんも一度は見たと思う、いや必ず見たと思う

その中で、皆さんが印象に残ったことは何ですか?
ブラジルの優勝ですか?
お隣・韓国のベスト4という躍進ぶりですか?
『青の戦士』たちの16強の活躍ぶりですか?

誤審のひどさばかりが印象に残った」という人もいるでしょうが、
この件に関しては後日語りましょう・・・

かく言う私が印象に残ったこととは、あの国のことである

デンマーク、皆さんはこの国をご存知ですか?

まずは簡単にデンマークという国の紹介をしましょう

デンマーク・・・
正式国名「デンマーク王国」
北欧の端に位置し、面積は43000平方キロメートル、北海道の半分ぐらい
首都はコペンハーゲン、人口は531万人
いたって小さな国である
言語は通常語はデンマーク語、英語でもほぼ通用する

これはボクの経験なんですが・・・デンマークをはじめとした北欧の国々は異様なほどに税金が高いんですよ。
まずは日本でいう消費税が最低20%はかかる『サービス税』なんてものも含めるとたいてい30%~40%近くの税金が課税されるですからね・・・北欧に旅行に行ってショッピングしようと思うならアメリカとかの感覚で行くと『えらい目』に合いますから^^;

ま~~税金高い分いい面も、もちろんあります
これらの国は福祉の充実度が世界トップレベルなんですよ
税金高いのは福祉のためなんでしょう
老後に住むにはこれ以上ない環境の国ばかり^^;

余談を入れちゃいました・・・・話をデンマークに戻そう・・・(・。・)

かのデンマーク、サッカーについては他の欧州国に遅れをとったデンマークサッカー自体の歴史は古いのだ・・・
世界に躍進しだしのは、つい最近のことである

欧州選手権に84年初出場、ワールドカップ初出場は86年
この80年代から、世界がデンマークのサッカーを認めだした

このころから、彼らの躍進ぶりとスタイルから世界のサッカーファンは彼らのことをダニッシュ・ダイナマイトと呼びはじめたのである

そんな彼らが今大会、2002年日韓ワールドカップに出場することとなった

2大会連続、3回目の出場を決めたデンマーク
(↑ボクのデータですから・・・間違えてたらゴメンです^^;)

そして、このデンマークが今大会のキャンプ地を和歌山県に決めた
キャンプ地の説明は今ここではしませんよ^-^;
テレビでキャンプ地のことは何度か流れていたと思うし・・・
例を上げれば・・・そうですね

遅れてばかりで有名になったカメルーンと中津江村
ベッカムフィーバーでわいたイングランドと淡路島
これらが有名でしょう・・・

そして、和歌山県であるが・・・他の立候補地と同様に和歌山県側も誘致に必死であった
デンマークへ何度も訪れた。この苦労が実りキャンプ地決定の知らせを受けた
この一報に和歌山県の関係者は涙したという

和歌山に決めた理由は「日本のほぼ中心地であり、関空に近いから」という
それだけの理由だった・・・(・。・)

お茶らけはこれぐらにして、ここからは少しまじめに語ります

デンマークと和歌山県民の交流をまじめに語りましょう

それらを見てきた皐月パパの感想なり、想いを入れて書きたいと思う
ですから・・・今日は『落ち無し!』で参ります♪^-^;
では!真剣に書いていきましょう

読者の方々でもデンマークってどんな国?と普通は思いますよね?
「どこにあるの?」「デンマークのサッカー選手で有名な人は?」と思うでしょう・・・これが普通ですよ^^;

アメリカ、イングランド、イタリア、スペインほど日本に名前通ってないし
デンマークという国の存在自体は知っていてもどんな国民性なのか?どのような人種なのか?って普通は誰も知らないものです

もちろん、これは和歌山県民のほとんどが同じであった

和歌山の街中ではこんな会話が交わされたという

「今度のワールドカップでデンマークって国が来るらしいけど知ってた?」
「それは知ってるけど・・・誰か有名な人いるの? イングランドのベッカムとかイタリアの男前集団みたいに有名な人いるの?」

「う~~ん・・・知らない。だけど世界で有名なんやったら、一度は練習見に行こうか?」

デンマークの練習を訪れた人は『この手の会話』がきっかけとなった人たちばかりであった
最初、いわゆる『野次馬』的な人が多かったのは事実である

最初の見学者は数百人程度であった、しかしこの数字が日々増えていった
この数字が増えた理由には以下のことが一番大きかったと思う

ワールドカップ出場国のキャンプ地での練習というものは
非公式、非公開が通例であるが、デンマークは違った
(イングランド、イタリア、スペイン、ブラジルといった強豪国はほとんど非公開でしたね^^;)

練習初日からデンマークチームの意向で全ての練習を公開した
さらに練習後には見学に来ていた地元サッカー少年たちを招きいれ
一緒にミニサッカーを行ったりもした

この評判を聞きつけ、デンマークというチームが
「むちゃくちゃフレンドリーで気さくな人たちばかりやで!」という口コミも相当あったという

そして、この翌日から見学に訪れる人が徐々に増えていった
初日はわずか数百人だった見学者が翌日には2000人
その翌日には2500人、そのまた翌日には3000人が訪れた

練習後には気軽にサインに答える選手たち

監督も練習後にはサッカー少年たちを招きいれ練習を指導したりもした

この監督にある記者が聞いた

「他国は練習を公開しないで、試合に備えていますけど
デンマークはこれでいいのですか?」と聞いた

すると、このデンマーク・オルセン監督はこの記者にこう答えた

「我々の強さは練習を秘密にしたところで変わらない
絶対的な自信をもって試合にのぞむだけだ
何より、キャンプ地を提供してくれた和歌山の人たちが
喜んでくれることはどんどんするべきなんだ・・・
試合も大事だが、この交流も大事にしたいと選手全員も言っている」

このオルセン監督、この発言だけでも『いい人』をかもしだしているのだが
彼のエピソードをもう一つ語ろう

ホテル入り初日のことである

デンマークチームが来日し、ホテルでの歓迎セレモニーを受けた後
再度、宿泊先のホテルの支配人と料理担当のコック長が監督の部屋へ挨拶に訪れた

「これからの数日よろしくお願いします」という言葉とともに
彼ら、支配人とコック長にはもう一つ言っておきたい・・聞いておきたいことがあった
彼らにはもう一つ『心配のタネ』があった・・・

それは食事の問題であった

ホテル側も選手たちには万全の状態で試合に臨んでほしかった
食事が口に合わない・・・それが原因ということだけは避けたかった

他国の宿泊先ホテルに連絡をすると、食事でかなりもめたという事を聞いていた
「口に合わない」「母国の材料で調理してくれ!」といった文句を
言われたという事を彼らは聞いていた・・・

デンマークが宿泊したホテルの支配人はこう言った

こういったトラブルだけは「どうしても避けたかったんですよ」と
それゆえ「最初に監督さんに聞いて、チームの意向を聞こうと思って
挨拶にいったんですよね」と言っていた

その想いから、支配人とコック長は監督の部屋を訪れた

そして通訳を介し、監督に聞いた

「食事で何かご要望とかはございますか?」と支配人は聞いた

するとオルセン監督はこう答えた

「一切お任せします そちらが用意される料理を我々はご馳走になります」と・・・

この言葉に驚いた支配人とコック長

「いや・・やはり母国デンマークの食事の方がいいんじゃないでしょうか?」

「こちら和歌山をキャンプ地に決めたときから、食事も
そちらにお任せしようと私と選手たちは言っていた。選手も理解している
全てをあなたたちにお任せします」

「あの~~他の国とかのホテルにお聞きすると・・・
食事はやはり母国のほうが好まれると聞いたものでして・・・」

この言葉にオルセン監督はこう言った

「他国は他国、我々は我々です」

この言葉に支配人は
「あの言葉で本当にホッとしましたよ・・・滞在中は無事に過ごせていただけると
あれで思いましたね」と言っていた

さらに、オルセン監督はコック長に向きなおし、言い出したという

「我々は料理をあなたに全てお任せします。よろしくお願いします」

緊張しながらも「はい!こちらこそよろしくお願いします」と答えるコック長

そして、コック長に聞くオルセン監督

「和歌山で有名な食材は何ですか?」と彼は聞いた

この質問の真意がわからずもコック長は監督に答えた

「和歌山では魚が有名です、カツオという魚が特に有名です」と・・・

するとオルセン監督は微笑みながらコック長に言った

「それでは、そのおいしいカツオを我々に食べさせてください
あなたが腕をふるって、おいしいカツオを選手たちに食べさせてやってください」と言った

この言葉にコック長は大変感激した

「世界の代表監督が、あんないい人だったからね~~
いっぺんでデンマークのファンになりましたよ!」と言っていた

この食事に対する『良き姿勢』は監督だけではなった
選手たちも同様だった

最初の食事を迎えた時、ある選手が通訳に聞いた

「デンマークでは食事するとき神への祈りをするのだが
日本では食事始める時に何かするんですか?」と聞いた

デンマークは国民の9割がプロテスタントである
神への祈りを終えてから食事を始める

この選手は日本ではこれの代わりに何かするのか?と聞きたかったのである
これに答える通訳

「日本でもキリスト信者は神に祈ってから食べるけど
たいていは手を合わせて『いただきます』と言ってから食べます」と答えた

すると彼は・・・
「こうやるの?」と通訳に聞きつつ、手を胸の前で合わせた
これに通訳は「そうそう!その両手をもう少し上に上げて!」と言った

その言葉に彼は顔の前まで手を上げる
「そうそう!」と答える通訳

そして彼はその姿のまま、コック長の方へ向き頭を下げた
それを見ていた他の選手たちも彼にならい、手を顔の前で合わせた
この時から、食事のたびに手を合わせる選手たち

コック長は言った
「今の日本人でも『いただきます』『ごちそうさま』言えないヤツが多いのに
外国の人にあんなことされたらね~~むちゃくちゃ嬉しかったですよ」と・・・

この最初に手を合わせた選手の名を・・・

トマソンといった

このトマソン選手・・・今大会では4得点をあげ
デンマークを決勝トーナメントに進出させた立役者である
あの日本代表・小野選手と同じオランダ・フェイエノールトに所属することでも有名な彼

彼は少し神経質の面を持ちあわせているのだが、非常に心優しい青年だ

トマソン、彼の優しき一面をもう一つ語りたい

それはある握手会でのことである

デンマークというチームは前述したように
練習を公開し、和歌山県民との交流を積極的に行った

練習後は地元サッカー少年たちとミニサッカーを行い
握手会、サイン会もたびたび行った

そのひとコマの話である

あの日も、いつものごとくサイン会が行われた
気さくなデンマークの選手たちを県民も大好きになった

あの日もデンマーク選手たちのサインを求め長蛇の列が出来上がっていた
気軽にサインをするデンマーク選手たち
もちろんトマソンもその中にいた

その最中のことである

トマソンの前にある少年が立った

彼はトマソンの前に立ちつつも・・・少しモジモジしていた

後ろに立っていた母親らしき人が彼を促す
「ほら!早くしなさい!」と彼に言っていた

トマソンも少し「変だな」と思ったのでしょう
通訳を通じ「どうしたの?」と彼に聞いた

意を決した少年はポケットから一枚の紙切れを出し、トマソン選手に渡した
それは学校の英語の先生に書いてもらったものだという
英語で書いた、その紙切れにはこう書いてあった

「ボクは小さいころに、病気にかかって
口と耳が不自由です・・・耳は聞こえません、話せません・・・
だけどサッカーだけはずっと見てきました、大好きです
デンマークのサンド選手とトマソン選手が好きです
頑張ってください」と・・・

その手紙に通訳も・・・その場にいた我々記者も驚いた
言葉が出なかった・・・

だが、トマソン選手はニッコリと微笑み少年に・・・
「それなら君は手話はできますか?」と・・・

手話で語りかけた

その『言葉』に驚く少年と母親

再度聞くトマソン・・・

「手話はわかりませんか?」と・・・

それを見ていた皐月パパはトマソンに英語で言った

「ミスタートマソン、手話は言語と同じで各国で違うんですよ」と彼に言った

手話を万国共通と思う人が多いのだが
国によって違う、ましてや日本国内でも地方によって違う

「そうだったのか・・・」という顔をしたトマソン

そして彼は通訳にこう言った

「ボクは彼と紙で、文字を通して話をしたいのですが手伝ってください」と言った
微笑んで「わかりました」と答える通訳

トマソンは「後ろの人たちにも彼と話す時間をボクにくださいと言っておいてください」とも言った

後ろで順番を待つ人たちは何も文句を言わなかった・・・一言も文句を言わなかった・・・
彼らに「2人の時間」をあげたいと他の人たちも思ったのでしょう

そして通訳を介し、少年とトマソンの『会話』が始まった

「君はサッカーが好きですか?」

「はい。大好きです」

「そうですか。デンマークを応援してくださいね」

「はい。あの聞いていいですか」

「いいですよ。何でも聞いてください」

「トマソン選手はどうして手話ができるんですか?正直、ビックリしました」

この少年の質問に彼は答える

「ボクにも君と同じ試練を持っている姉がいます
その彼女のためにボクは手話を覚えたんですよ」と・・・

その彼の言葉をじっくりと読む少年
そしてトマソンは少年に言った

「君の試練はあなたにとって辛いことだと思いますが
君と同じようにあなたの家族も、その試練を共有しています
君は一人ぼっちじゃないという事を理解していますか?」

この言葉に黙ってうなずく少年

「わかっているなら、オーケー!
誰にも辛いことはあります。君にもボクにも
そして君のお母さんにも辛いことはあるのです
それを乗り越える勇気を持ってください」とトマソンは言った

このやり取りに涙が止まらない母親

この光景を見ていた我々記者も涙した
その場にいた人たち、その2人を見ていた人たちも涙した

そして、トマソンは最後に少年にこう言った

「ボクは今大会で1点は必ず獲ります
その姿を見て、君がこれからの人生を頑張れるように
ボクは祈っておきます」

この言葉に・・・この少年は初めて笑顔を浮かべた

「はい!応援しますから、頑張ってください」と少年は言った
そして、サインをもらい、その場をあとにする少年と母親

ボクの取材に母親は目に涙を浮かべて言った

「あんなことされたらデンマークを応援しないわけにはいかないですよ
日本と試合することになっても、私らはデンマークを応援しますよ」と
涙を流し、笑いながら言った・・・・

そして、このトマソン・・・少年との約束を守り、得点を決めた
1点どころか、彼は4得点という大活躍だった

こんなトマソン、デンマークを見た皐月パパも
いっぺんにファンになってしまった^^;

1次リーグ、フランスという前回覇者と同組だったデンマーク
彼らをボクは応援した・・・

もちろん和歌山県民も応援に訪れた
試合が韓国であろうとも彼ら和歌山県民は応援に駆けつけた

オルセン監督は言った
「試合会場が韓国であっても、和歌山の応援はわかった
あれが我々の力になった」と・・・

和歌山県民の応援も実ったのであろう
フランスと同組のA組みながらデンマークは2勝1分け
見事1位通過を決めたのである

そして、向かえた決勝トーナメント1回戦
場所は新潟スタジアム、相手はあのイングランドであった

スタンドからは「ベッカム!!!!」という声が至るところから響いていた

その声に皐月パパは叫ぶ

「ダニッシュ・ダイナマイトで・・・にわかイングランドファンを黙らせろ!」
「ベッカムがなんぼのもんじゃ!頼むぞ!デンマーク」と叫んでいた^^;

だが・・・この応援も届かなかった
和歌山県民の想いも通じなかった

デンマークはイングランドに0-3という予想外のスコアで敗れてしまった
その日の和歌山県には雨が降ったという

県民の涙雨だったのかもしれない・・・・

負けはしたが、和歌山県民はデンマークというチームを誇りに思っていた
「よく頑張った!」「後は快く母国に帰ってもらおう!」という言葉が彼らの合言葉になった・・・

だから、彼らは行なった

デンマークお疲れさま!会なるものが宿泊先のホテルによって仕切られた
そこに駆けつける多数の県民
会場にはあふれんばかりの県民が駆けつけた

その催しに「ありがたいことだ」と言ったオルセン監督
もちろん選手たちも全員出席した。あのトマソンもその場にいた

そこでトマソンは見つけた・・・『あの少年』を見つけた

少年と母親もその会に出席していた
少年と母親の元に、通訳を携え近寄るトマソン
トマソンの姿に気づいた母親は頭を下げる
少年はトマソンへ笑顔を向ける

そして、トマソンは少年にこう語りかけた

「せっかく応援してくれたのに負けてゴメンね」と『紙』で語りかけた

これに少年は答える

「お疲れ様でした。負けたけどカッコよかったです
それに約束どおり点獲ってくれたからボクは嬉しかったです」と・・・・

「ありがとう」と言うトマソン

そして、この少年にトマソンは言った

「ボクから君に言える言葉はこれが最後です。よく聞いてください」

「はい」

「君には前にも言ったとおり、試練が与えられている
それは神様が決めたことであり、今からは変えられない
ボクが言いたいことわかりますか?」

「はい」

「神様は君に試練を与えたけど、君にも
必ずゴールを決めるチャンスを神様はくれるはずです・・・
そのチャンスを君は逃さず、ちゃんとゴールを決めてください」とトマソンは言った

この言葉に少年は笑顔満面の顔でトマソンに「はい」と言った

そして2人は・・・

「さようなら」

「頑張って」

という言葉を残し彼らは別れを告げた

最後に2人は仲良く写真におさまった
飛びっきりの笑顔を浮かべファインダーにおさまる2人

この写真は少年の宝物になることだろう

トマソンに出会ったことによって少年は『前へ進む』に違いない・・・
彼の転機になることを皐月パパは祈ってやまない

小さな少年、心優しきトマソンに
これからも栄光あれ。。。

=======================================================

いかがでしたか?
心から、デンマークの選手&監督に敬意を称したいと思います。

本来、オリンピックやワールドカップは、勝ち負けの勝負と同様、平和や友好、文化交流、夢や希望といったものも大切な目的とされています。

彼らはその大切なものをきちんと理解し、実行されている素晴らしい方々なんだと感動し、私も勇気をもらった気がします。
そして、清々しい気持ちになりました。

この記事を書いてくださった皐月パパさんにも感謝します。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-25 07:41 | カテゴリ:パスタ
P1110094_convert_20100625084237pasta1.jpg

ついに、やりましたぁ~~~!
ワールドカップ日本代表が決勝に進出ですっ^^

4年前を思い出します・・・予選敗退を決定づけた試合後、私の愛するヒデ(中田くん)がグランドに仰向けになり天を仰いでいたあのシーン。忘れもしません><
あの悔しさが、少しだけ報われた気がします。あれがあったから、今がある。
ヒデたちやそれ以前の選手たちが築いてきた日本のサッカー。
これからですね^^

あ~、昨夜から寝ていないのでナチュラルハイの状態です^^)v
寝ないで観てよかった!
本田くんの精神力は素晴らしい。若きエースのこれからが本当に楽しみになりました。
ぐふふ(^m^)私のサッカー人生、復活のよ・か・ん♪(ヒデ引退後、私のサッカー人生は終わったと思っていたんですけど^^;)

遠藤のフリーキック、本当に見事!素晴らしかった!!
そして、岡崎にゴールを決めさせる余裕まであった本田くん、やっぱラヴ
そして、宮本選手に代わるさわやかboyとして長谷部くんを後任として決めたので、これからは本田くんと長谷部くんラヴでイキます。あ、遠藤のサッカーセンスもラヴですよ、もちろん^^

来週火曜日のパラグアイ戦がドキドキですが、気合入れて応援します!

さて、昨夜のお夕飯ネタを。
昨夜はカルボナーラが食べたくなり・・・彼ちゃんをいかにダマすかな~と思って、ほうれん草を入れてみました。
これがね、なかなかイケます^^
もちろん今回も、ローマ風のカルボナーラ(生クリームなし)にしました。

【ほうれん草入りカルボナーラ】
・ほうれん草・・・1束(ザク切り)
・塩豚・・・50~80g(細切りに)
・ベーコン・・・3枚(細切りに)
・卵・・・4個(全卵2個・卵黄2個)
・白ワイン・・・大2
・パルミジャーノチーズ(すりおろし)・・・大4
・粗挽きコショウ・・・少々

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。ボールに卵とパルミジャーノチーズ、コショウを入れて混ぜておきます。
2.フライパンにオイルを熱し、ベーコンを入れて弱火でじっくりと炒めます。
3.火を強めにしてから塩豚を入れて更に炒め、白ワインを入れてアルコール分を飛ばします。
4.塩豚に火が通ったら、ほうれん草を入れて軽く炒め、茹で汁と茹で上がったパスタを入れて混ぜ合わせ、火を止めます。
5.1.の卵液を4.に流し入れて手早く和え、卵がトロ~リとなったら器に盛りつけます。※オイルを最後に少し回し入れると馴染みが良くなります。
6.粗挽きコショウをふりかけます。
はい、できあがり!

P1110098_convert_20100625084254pasta2.jpg

美味しい~♪
卵液の絡まり具合もいいかんじ!
横着して二人分を一気にひとつのボールで混ぜ合わせたものだから、一瞬、卵がボソボソに固まりそうになったのですが、パスタの茹で汁を少し入れて渾身の力で混ぜ混ぜしたら、大丈夫でした^^;
最後にオイルを回しかけたのも良かったかな♪

「これ、美味しいよっ!」と彼ちゃん。
お~~~、ローマ風&ほうれん草がよかったみたい^^ヤッター!

私もこのタイミングを逃しちゃイカンとすかさず、
「そうでしょう~、この卵だけのカルボナーラが本場なんだよ。これならこれから作ってもご機嫌よくイケそうだね!」
「うん」
ヨッシャ~♪
昨夜から今朝方にかけて、ガッツポーズづいている私でした^^

さて、これから少し寝ちゃおうか、このまま起きていようか・・・悩むとこだなぁ~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-24 01:21 | カテゴリ:アジアン系
P1110085_convert_20100624102016nasu1.jpg

これから秋にむけ、なすが美味しくなりますよね~
暑い夏には特に美味しく感じます^^

なすは「成す」「生す」という言葉を連想させてか、昔から縁起のよい野菜と言われています。
よく、初夢の決まり文句「一富士、二鷹、三なすび」って言いますよね。
・・・私の初夢には一度も出てきたことありませんけどね><

今夜はそんな夏にピッタリの炒め物を。
しかも、電子レンジで下茹でしちゃうので、あっという間にできちゃいます^^
だって、夏は暑いので、あんまり火のそばに長時間いたくないですからね。

体を冷やす作用が強く、体のほてりやのぼせに効果があるなすは、微熱のある今日の私にもってこい。
これで、スッキリするかな!?

【えびとなすの中華風塩炒め】
・なす・・・3本
・えび・・・15尾(大きめのなら8~10尾)
・しめじ・・・1房(小分けに)
・にんにく・・・1/2片(みじん切り)
・しょうが・・・1/2片(みじん切り)
・中華スープ・・・50ccくらい(お水50cc+鶏がらスープの素小1/2)
・塩、コショウ・・・少々
・片栗粉・・・適量(大1くらい)
・お酒・・・小1+大1
・ごま油・・・小1

(作り方)
1.なすはピーラーで皮をむいてラップし、電子レンジで2~3分チンし、そのまま冷水で冷まします。たて4等分に切り、お好みで長さを半分に切ります。
2.えびは塩、コショウ、お酒(小1)をふり片栗粉をまぶします。
3.中華鍋もしくはフライパンにオイルとにんにく、しょうがを熱し、香りが出てきたらえびとしめじを入れて炒めます。
4.しめじがしんなりしてきたら1.のなすを加えて炒めます。
5.お酒(大1)と中華スープを加え、水分を飛ばすように炒めて塩、コショウで味を調えます。少量のおしょうゆを入れても美味しいです。
6.最後に香りづけにごま油を入れて火を止めます。
はい、できあがり!

P1110089_convert_20100624102037nasu2.jpg

しょうがとにんにくが効いてて美味しい^^
なすとえびの組み合わせも大好きです。
あっさりして見えるのですが、なすが旨みを吸っている分、一口食べると美味しさがジワ~~~ッと広がります。
これがね、ご飯が進むんです!

冬とかならこの塩炒めをとろみをつけたスープ煮にしています。
こちらは→なすと豚を使ったバリエション
スープの量を増やして、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけるだけです^^

あ~美味しかった♪
これで明日は元気かな!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-24 00:18 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1110075_convert_20100624101939potato1.jpg

朝からなんとなく体が重いというか、ダルい気がしていたんです。
テンションも低めで・・・元気になるタイミングを自分なりに図っていました。
ついにはベッドに倒れこみゴロゴロ。

「とりあえず熱でも測ってみようかな~」と測ってみたら37.3℃。
あら、微熱が出ているじゃないですかぁーっ
そりゃ~ダルダルだよぉ、acoちゃん!
これは思いっきりダルダル~ダラダラ~~ゴロ~ンゴロンしなくっちゃ!!
慌てて思う存分ダルい気分を満喫してやりました^^アハハハハッハハ

こうするとね、なにげに元気が湧いてくるんです。
中途半端じゃダメなんです。思いっきりってところがポイント^^)!
おかげで少し元気になったような。

今夜のおつまみ兼サラダは粉ふきいもにしたじゃがいものポテトサラダに。
ゴロゴロと食べ応えも十分^^

【明太子ポテトサラダ】
・明太子・・・1腹(薄皮をとってほぐしておきます)
・じゃがいも・・・中2~3個(皮をむいて一口サイズにカットし水にさらしておきます)
・玉ねぎ・・・1/4個(薄くスライスし塩水につけておきます)
・きゅうり・・・1本(ピーラーで皮を縞目にむき、3~4mmの厚みに輪切りにして塩水につけておきます)
・おろしにんにく・・・ティースプーン1/2ぐらい
・コショウ・・・少々
・白ワイン・・・大1
・マヨネーズ・・・大2~3
・レモン汁・・・大1
・生クリーム(もしくは牛乳)・・・大1

(作り方)
1.じゃがいもはやわらかくなるまで茹でたら湯きりをしてお鍋を揺すって粉ふき状態にします。※じゃがいもを茹でる際、少量のコンソメを入れてもOK。私はしいたけ&ほたてのだしの素を入れました。
2.1.をボールに移し、熱いうちにおろしにんにくとコショウをふって混ぜ合わせ、冷ましておきます。
3.ほぐした明太子に白ワインを混ぜて2.へ。
4.玉ねぎときゅうりはしんなりなったら水気をしっかりと絞り2.へ。
5.マヨネーズ、レモン汁、生クリームを加えて和えます。
はい、できあがり!

P1110079_convert_20100624101958potato2.jpg

しっとりしていて美味しい♪
今夜は、じゃがいももきゅうりも存在感を持たせたポテサラにしてみましたが、たまにはこういうのもいいですね~
明太子が入るだけでグッと美味しさがアップ^^
色合いもきれいです。

ゴロゴロ存在感があるポテサラだったせいか、
「コレが今夜のおかず!?」って彼ちゃんに聞かれました^^;
「まさか~おつまみ&サラダだよぉ」
「あっ、そっか。なんだぁ~」
と言いながらキンキンに冷やしてあげたビールと一緒にテレビを観ながらパクパク食べていました。
この時間が一番、ホッとするんだろうな~(お疲れさま!)

私の熱もビールで冷めたかしら!?

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-23 01:17 | カテゴリ:アジアン系
P1110068_convert_20100623101209kajiki1.jpg

ここ数日、雨が降りそうで降らない微妙なお天気が続いています。
賭けでお洗濯物を干したり、それが見事濡れることなく乾いてくれてガッツポーズしてみたり^^
バジルやパセリの植替えをしてみたり・・・梅雨の合間に色々とやっています。

ただ、地域によっては大変なことになっているようです。
特に、私の実家がある鹿児島の大雨は大変らしく・・・心配です。
「ものすごいわよ」って母が言っていましたが、ほんと、それ以上の表現がないほど、ものすごいんだと思います。
でも、地域性ですかね~鹿児島は人も行政ものんびりしているというか・・・マイペース。
大雨で川の水位がギリギリでも、白いワンピースに傘さして普通に歩いている女性の画像が出ていて、思わず苦笑してしまいました。
まぁ、これくらいで通行止めや非難してては生活にならないのが鹿児島ですからね。
ただ、十分に気をつけてほしいと思います。

もし、東京で同じような大雨が降ったら・・大パニックでしょうね。
交通機関はすべてストップするでしょうから、通勤、通学もできないでしょう。
それこそ、クール・ビズ(←しつこい?その記事はコチラ^^;)どころじゃないでしょうね^^

今日は簡単スピード激うま料理です^^
コウケンテツさんが紹介されていたコチュマヨ和えを私風にほんの少しアレンジしたもの。
このタレが素晴らしいんです。
野菜スティックのディップとしても最高に美味しいですよん♪

【カジキマグロのコチュマヨ和え】
・カジギマグロ・・・2切れ(食べやすい大きさに削ぎ切り)
・塩、コショウ・・・少々
・ごま油・・・適量

○タレ
・コチュジャン・・・大0.5
・マヨネーズ・・・大3
・テンメンジャン・・・小1
・おろししょうが・・・1片

(作り方)
1.カジキマグロの両面に軽く塩、コショウをします。
2.ボールに○タレの材料を合わせておきます。
3.フライパンにオイルとごま油を熱し、1.のカジキマグロをソテーします。
4.きれいな焼き色がついたらフライパンから取り出し、熱いうちに2.の○タレに入れてよく絡めます。
はい、できあがり!

P1110073_convert_20100623101227kajiki2.jpg

久しぶりに作りましたが、何度食べても美味しい♪
しかも、めちゃくちゃ簡単であっという間にできちゃうんです。
ご飯も進みますが、お野菜もムシャムシャいくらでも食べれちゃいます^^
彼ちゃんはご飯をお替りしていましたから!

コチュジャンって、ビビンバ以外にあまり使わない調味料じゃないですか?
私の場合、美味しいんだけどなかなか料理への応用ができずにいたんです。(どうしても豆板醤やXO醤などの頻度が多くなりがちで)
でも、このタレを活用すれば、色々と使えそうですよね。

今回はカジキを使いましたが、鶏肉やサーモンなどでも美味しいかと思います。
あ、冷やし中華とかパスタなんかにも使えるかも♪
この夏は、何かと活躍しそうな予感のコチュジャンです^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-22 01:25 | カテゴリ:和風
P1110060_convert_20100623101136don1.jpg

「目には青葉山ほととぎす初鰹」と俳人、山口素堂の句に詠まれているとおり、5月が初鰹の季節。
「女房を質に入れても食べたい初鰹」なんて今じゃ考えられないような言葉もあったほど、江戸時代の初鰹は江戸の初夏を代表する食べ物だったようです。
もう6月半ば過ぎたけど・・・初鰹って言っちゃっていいものかな?

今日買った鰹は宮城産。
宮城産の鰹は、初鰹でも脂が乗っているらしいんです。
北上から南下するからのようですが・・・なんかこれって戻り鰹みたい!?
でも、脂が乗っている方が好きなので、即お買い上げ~♪

鰹だと、田崎真也さんのレシピで作った「かつおキムチ丼」もかな~り美味しかったけど、今夜はシンプルに^^
今、マイブームの柚子コショウを使って♪

【初鰹の漬け丼 柚子コショウ風味】
・鰹・・・1柵
・きゅうり・・・1本(たて半分に切り種を取り除き、斜め薄切り)
合わせ薬味(もしくは青じそや万能ネギなど)・・・適量
・炒りゴマ・・・適量

○漬けダレ
香味醤油(もしくはおしょうゆ)・・・大3
・お酒・・・大1
・みりん・・・大1
・柚子コショウ・・・小1

(作り方)
1.鰹をお刺身の要領で削ぎ切りにします。
2.○漬けダレを作ります。※アルコールに弱い方はお酒とみりんを煮切りした方がいいです。
3.バットかお皿、ボールに1.の鰹を並べて○漬けタレを2/3量かけ、ラップをして冷蔵庫で冷やします。出来れば2時間ほど。時間がなければ30分でも。
4.丼にご飯をよそって、きゅうりを乗せ、漬けた鰹を並べ、○漬けダレの残り1/3をスプーンでかけます。
5.合わせ薬味をのせ、白ゴマをふりかけます。お好みで刻み海苔を乗せても美味しいかと。
はい、できあがり!

P1110065_convert_20100623101152don2.jpg

お~~~、柚子コショウが美味しい!
お刺身系にも合うんですね^^素晴らしい♪

またね、きゅうりがなんともいいんです!
水っぽくなるって言う方もいますが、私はおしょうゆの尖ったしょっぱさを緩和してくれ、後味がスッキリするので大好きです。
きゅうりは、90%以上が水分と言われあまり栄養価のあるお野菜ではありませんが、カリウム、カロチン、ビタミンCなどを含んでいます。カリウムは塩分の排出を助け利尿作用があり、むくみに効果がありますから、漬け丼にはもってこいの食材です^^)v

鰹も脂が乗っていました♪
美味しいものを食べている時ってほんと、幸せな気分です^^
遅くまでお仕事だった彼ちゃん。暑さと疲労で冴えないご機嫌でしたが・・・
さっぱりとした漬け丼を食べて、ようやく落ち着いたようです。
よかったよかった^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-21 19:48 | カテゴリ:好きなもの
P1110057_convert_20100623101101sora1.jpg

夕方、キッチンで洗い物をしていると、オレンジ色の光がまぶしいくらいに射しているのを感じました。
強い光ではないのですが、その色がすごくまぶしく感じたんです。

急いで手を拭いて、いつものデジカメちゃんを持って玄関を出てみると・・・
なんと美しい夕日!!

今日は夏至なんですよね~
一年で一番昼が長く夜が短い日。
この写真も19時を過ぎてから写したものです。ほんとに日が長いんだな~と実感。

P1110058_convert_20100623101120sora2.jpg
オレンジや紫・・・なんともいえない美しい色。

あ・・・一眼レフで画素数の高いデジカメで撮ったらもっと美しいだろうにT_T
ごめんね、夕日さん。
でも、すご~~~く嬉しいプレゼントをもらった気がしました。

私の少し落ちていたモチベーションをグ~~~~ンと上げてくれた自然の力に感謝!
本当にありがとう!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-21 01:40 | カテゴリ:洋風
P1110049_convert_20100622103147jyanbaraya1.jpg

先週、体調を崩して寝込んだ彼ちゃん。
その時、青白い顔でボソリと
「カレーが食べたい」って言ってたんです。

カレーかぁ・・・今はあんまり食べたくないなと思った私。
でも、少し気になっていたんです。(エライぞ、acoちゃん!)
そして、週の中ごろに・・・フッと食べたくなったもの。
そう、ジャンバラヤ!
スパイシーなかんじがたまりませんよね~

私・・・今まで知らなかったのですが、ジャンバラヤってアメリカの料理だったんですね!
アメリカ料理って分類自体があまりピンとこない私。・・・ジャンクフードのイメージが根強くて(スミマセン)

ジャンバラヤはアメリカ風炊き込みご飯。
ベースとなっているのはスペインのパエリヤと言われています。そして、ジャンバラヤにとてもよく使われるハムやソーセージはドイツ系の移民が持ち込んだもの。アメリカの多国籍ぶりがわかるお料理ですね。

ジャンバラヤのルーツはフランス系アメリカ人により作り上げられた「ケイジャン料理(庶民派料理)」。
カナダ東部からミシシッピ川を下りアメリカ(現在のニューオリンズあたり)に流れ着いたフランス系移民やその食や音楽などを総称して「ケイジャン」と呼び、地元で獲れた材料を使い、スパイスを効かせた料理の事を指して「ケイジャン料理」と呼んでいます。
ちなみに、スペイン文化やフランス文化をそのまま受け継いできた人々を「クリオール」と呼び、フランス料理がベースになった料理を「クリオール料理(富裕層料理?)」と言うんだそうです。
ケイジャン料理とクリオール料理の総称がルイジアナ料理ってことかな?

料理ひとつにも、歴史あり!ですね^^

【パエリアパンdeジャンバラヤ】
・お米・・・1.25合(アハハ、わが家ではこれがベストなんです)
・鶏もも肉・・・1/2枚(1~1.5cmの角切り)
・ソーセージ・・・4本(斜め切り)
・ピーマン・・・1個(角切り)
・パプリカ・・・1/2~1個(角切り)
・玉ねぎ・・・1/4個(みじん切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・しめじ・・・1/2房(小分けに)
・なす・・・1本(ゼブラ柄に皮をむいてたて半分に切り斜め切りに)
そのほか、お好みで
(セロリやにんじん、コーン、マッシュルーム、エビ、イカなど)
・ホールトマト・・・1/3缶(つぶしておきます)
・お水・・・300~400cc(ホールトマトやそのほかの材料を見ながら調整してください)
・コンソメ・・・1個(砕いておきます)
・ローリエ・・・1枚
・白ワイン・・・大1~2
・カレー粉・・・大1
・スパイス(ガラムパサラ、カイエンペッパー、クミン、オールスパイス、パプリカパウダー)・・・お好みの配合で^^
・ケチャップ・・・大1
・タバスコ・・・お好み
・レモン・・・1/2個(くし切りに)
・卵・・・2個
※スパイスは、タコ・シーズニングミックスがあれば、味つけが簡単で美味しいと思います。

(作り方)
1.パエリアパンにオイルとにんにく、玉ねぎを入れて炒めます。
2.鶏肉、ソーセージを入れて炒め、なす、しめじ、ピーマン等を入れて軽く炒めます。※鶏肉は少し焼き色がつくくらいが美味しくなります。
3.ホールトマト、白ワイン、お水、カレー粉、スパイス、ローリエを加え、塩、コショウで味を調えます。
4.パエリアパンに蓋(アルミホイルなど)をして中火~弱火で15~20分炊きます。※焦げやすいので注意!
5.蓋を開けて様子をみて、OKなら一瞬火を強めてから火を止め、もう一度蓋をして5~10分蒸らします。
※蓋を開けた際、お米に芯がある様なら少し水を加えてください。また、逆に水分が多い様なら、蓋をせず水分をを飛ばしてください。
6.半熟目玉焼きを作ります。
7.6.の目玉焼きを乗せ、レモンを添え、食べる時に絞りかけていただきます。
はい、できあがり!

P1110051_convert_20100622103205jyanbaraya2.jpg

美味しい~~~♪
スパイシーです^^
クミンが好きなので少し多めに入れました。

レモンをかけることで、スッキリとしたまとまりのあるお味に。
ケチャップとタバスコも入れているのでサルサソースがあればそちらで代用できそうです。

ジャンバラヤって色々な作り方がありますよね~
炊飯器で炊いたり、フライパンで炊いたり、ナシゴレンなどのように炊いたご飯で炒めたり。
色々な作り方が可能なのも面白いですね^^

今度はシーフードも入れてみようかな♪

今日は父の日でした。
母の日ほどの人気はないようですが、だいぶ浸透してきたようですね。
目の前の幼稚園でも父の日参観がありました。
私も大好きな父に電話をして、たわいもないおしゃべりをしました^^
これからもずっとイキイキと元気で、心から喜び溢れる楽しい充実した人生を送ってほしいと願っています。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-20 00:59 | カテゴリ:パスタ
P1110042_convert_20100622103108pasta1.jpg

今日はワールドカップ、日本VSオランダ。
応援するためにフラメンコのレッスンから急いで帰り、おつまみ作り&食事の支度&お風呂をダッシュでこなしました。

時間がないのでメインはチャチャっと出来ちゃうものに。
こういうときは明太子パスタ系に限ります。
ある程度の味つけが前もってボールの中でできるので、作りながら慌てることもありません。

もしも、試合が始まっちゃったとしても、パスタを茹でて和えるだけなら気が楽ですからね^^
今夜は明太子パスタにするぞぉ!とレッスン中から決めていました。
しかも、この卵黄入り明太子パスタはなかなかイケるんです^^)v

【薬味が効いてる卵入り和風明太子パスタ】
・明太子・・・1腹(薄皮をはいでほぐします)
・卵黄・・・2個
合わせ薬味・・・一掴み(もしくは、みょうが1~2本、青じそ5~10枚(千切りで)
・三つ葉・・・1束(ザク切り)
・バター・・・20g(サッパリと仕上げたい場合はなしでもOK。)
・オイル・・・大2弱
・粉末昆布・・・少々(昆布茶などに入っているスプーン1杯分ってかんじ)
・白だし・・・小2
・粗挽きコショウ・・・少々
・白ゴマ・・・お好みで

(作り方)
1.薬味は切って氷水につけておきます。
2.パスタを茹で始めます。
3.ボールに、明太子・卵黄・バター・オイル・粉末昆布・白だしを入れて混ぜ合わせておきます。
4.茹で上がったパスタと薬味(トッピング用を残して)を入れて混ぜ合わせます。
5.お皿に盛り付け、残りの薬味を乗せ、粗挽きコショウと白ゴマをふりかけます。
はい、できあがり!

P1110047_convert_20100622103129pasta2.jpg

美味しい~♪
夏にピッタリなパスタです。薬味がシャキシャキしてるのがこれまたいいんですよね~^^
あっという間にペロっと食べちゃいます。

はぁ・・・いい試合だったけど、負けちゃいましたね><
なんだろうな~、ゴール前でのプレーが急に慌てるというか、子供っぽく見えるんですよね。
ゴールに対する執着や闘争心に欠けるのかもねと彼ちゃんと話したのですが、
もっとゴールを積極的に狙ってもいいのでは?
パスで回しながら攻めていくのも大事ですが、日本はシュート率が低いと思うんですよね。
最後の0.1mmまでゴールをあきらめずに狙って攻める姿をもう少し見たいよね~と素人ふたりで勝手に盛り上がりました。

今回、大久保が積極的に何度かシュートをしていたのは、いいことだなと思いました。
まぁ、FWですからね^^;
個人的には、遠藤の職人的安定したプレーが好きなのと、長谷部がカッコイイな♪
本田、うーん、まだ若い^^;私のヒデ(中田)の域にはまだまだってところかな。でも、素質はあり!
そして、岡田監督にもエールを送りたい。私は好きです^^

さぁ、デンマーク戦はガツンと一発気持ちのいいシュートを決めて決勝進出してほしいですね!!
ただね、夜中の3時から応援できるかなぁ・・・

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-19 01:25 | カテゴリ:洋風
P1110031_convert_20100622103031samon1.jpg

大体、金曜日はパスタの日~♪なのですが・・・
フラメンコの自主練が始まり、ランチを食べる時間がないので、おにぎりを作って途中で食べるようにしています。
だからね、今夜はご飯を多めに炊いて、明日のおにぎり用にしよう!という魂胆^^;

ほんと、おにぎり大好きです。
小さい頃から甘いものが苦手だったので、おやつにはおにぎりを作ってもらっていました。
母の作るおにぎりは程よい大きさと握り方で本当に絶品。
いまだにそれを越えることはできません^^
人生最後の食事は何がいい?と聞かれたら、母の握ってくれたおにぎりにするか、ウニの軍艦巻きか・・・迷うくらいですもの。

今夜は先日買っておいたキングサーモンをムニエルに。
脂が乗ってて美味しいんですよね♪

【キングサーモンのムニエル焼きトマト添え レモンバターソース】
・サーモン・・・2切れ
・塩、コショウ・・・少々
・小麦粉・・・少々

・トマト・・・中1個(皮を湯むきして1cmくらいの輪切りに)

・バター・・・20g
・レモン・・・1/4個(絞っておきます)
・ドライパセリ(もちろんフレッシュでも)・・・少々
・おしょうゆ・・・少々


(作り方)
1.サーモンには塩、コショウをふり、小麦粉を薄くつけます。
2.フライパンにオイルを熱し、皮目を下にして焼き、ひっくり返したら蓋をして蒸し焼きにします。
3.別のフライパンにオイルを熱し、トマトを両面焼き目がつくまで焼き、お皿に盛りつけておきます。
4.2.のサーモンに火が通ったら余分な油をキッチンペーパーでふき取り、バターとレモン汁、おしょうゆ、ドライパセリを少々入れてサーモンに絡めます。
5.3.の焼きトマトの上にサーモンを乗せ、ソースをかけます。
はい、できあがり!

P1110036_convert_20100622103050samon2.jpg

焼きトマトとサーモンの組み合わせ、いい!!
美味しいです♪

ちょっとね・・・見た目が汚くなっちゃいましたが><
やっぱり、脂の多いサーモンはソースを一緒に作っちゃダメですね。
いっつも後悔するくせに・・・横着しちゃうんですよね。
でももう、しません!・・・多分、はい^^;

ふたりともペロリって食べちゃいました。
サーモン好きなふたりなんで^^
新じゃがとローズマリーのソテーも美味しかった^^
じゃがいもを電子レンジでかためにチンして一口サイズにカットし、フライパンにオイルを熱してローズマリーと共に軽くソテーして塩、コショウで味付けするだけ。
オーブンでグリルしなくても、ホクホクで美味しい付け合せがあっという間に作れちゃいます♪

さぁ、明日もがんばろっ!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-18 01:28 | カテゴリ:パスタ
P1110024_convert_20100622102952pasta1.jpg

なんだか毎日蒸し暑いです、東京。
湿度が高いので不快指数はかなりのものでしょうね~><

今では夏の風物詩となった、首都圏の「COOL BIZ」。
私はこのキャンペーンが好きじゃありません。
皆が環境問題について興味を持ち、一人一人が意識していくことは必要だと思いますが、あのノーネクタイでYシャツのボタンを1~2個はずして疲れきった顔のサラリーマンを見ると・・・環境問題どころか、景気回復も無理だな~と思っちゃいます。
ただ、だらしなく不健康になるだけな気が・・・。

日本建築学会のデータでは、室温が25℃から1℃上がるごとに作業効率が2%ずつ低下し、冷房温度を28℃とした場合、冷房の設定が25℃の場合と比べ、オフィス1平方メートルあたり約1万3000円の損失が出るという試算が発表されています。

また、オフィスでは冷房温度を28℃に設定すると、OA機器の排熱等により室温30℃超になる場合もあり、健康面での不安へもつながります。

調べてビックリしたのが、ウォーム・ビズではクール・ビズの4倍以上の二酸化炭素削減効果があるらしいんです!
なのに、ウォーム・ビズは大して力入っていませんよね。
もう少しさ、ちゃーんと考えましょうよ^^;

環境問題はとても大事。私もそれには大いに賛同します。
しかし、それによって体調を崩したり、やる気をそがれたり、生産性が下がったり、身だしなみに無頓着になりON/OFFの切り替えもなくだらしなくなるのは、なぁーんの意味もないと思います。
薄着をしたからって、問題解決にはならないってことを・・・環境省やその関係機関の皆さんは考えてほしい。

6月のこの時期になると、彼ちゃんの機嫌もめっぽう悪くなります。
暑くて暑くてたまらないらしく、行き帰りの電車の中だけがオアシスだと言っていました。
彼もついにノーネクタイ、ノージャケットでお仕事に。
あ~~~、嫌だ><

私が思うに、人間らしい生活習慣に日本も変わればいいのに。
オフィスには夜遅くまで電気がついて、皆さん残業しています。これ、これをまずはなくしましょうよ。
必要な分だけ生産し、消費していけば、こんなに無駄なエネルギーを使わずに済むんじゃないのかな?
24時間営業のコンビニは非常に便利だけど、なければないなりに暮らせるものです。
朝から夕方まで働いて、それからはおうちで家族や自分の時間を大切に過ごす。
そうすれば、社会問題から家庭内問題まで・・・色々な問題がクリアされると思うのですが。

はっ、つい熱くなっちゃいました><
イカンイカン。こんなことで熱くなっちゃ~それこそエネルギーの無駄遣いですね^^;
皆さん、水分補給したり、ビタミン補給しながら暑い夏のオフィスを乗り切ってください!

そんな暑さで参っている彼ちゃんのために、大好きなカニのトマトクリームパスタを作ってあげました。
ふふふ^^カニ缶を1個見つけたからなのですが、これくらいでご機嫌とやる気が出てくれるといいのですが・・・
無理かな^^;

【カニのトマトクリームパスタ】
・かにの缶詰・・・1缶(ランクはお財布と、一緒に食べる人へのその時の気持ちで決めましょう^^)
・トマトソース・・・適量(私はホールトマト1/2缶、フレッシュトマト1個、にんにく1片、たまねぎ1/2個で作りました)
・アンチョビ(カニ味噌があればぜひ、そちらを!)・・・1~2切れ(みじん切り)
・ブランデー(白ワインでもOK)・・・大2
・塩、コショウ・・・少々
・生クリーム・・・70~100cc
・フレッシュバジル・・・適量(みじん切り)

(作り方)
1.トマトソースを作っておきます。もしくはトマトソースの缶を用意します。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンにオイルとアンチョビのみじん切りを入れて熱し溶かすようなかんじになじませます。
4.カニを入れ、アンチョビソースとなじませます。
5.ブランデーを入れてアルコール分も飛ばします。※気をつけないと蟹がはじくのでやけど注意。
6.トマトソースを入れ、蟹となじませ味を調えます。
7.茹で上がったパスタと生クリームを入れ、よくからませます。
8.お皿に盛り付けバジルをトッピングします。
はい、できあがり!

P1110028_convert_20100622103013pasta2.jpg

あ~~~美味しい^^
ほんと、このパスタに失敗はありません。
「あ~~、久しぶりやなぁ~このパスタ」と彼ちゃんも満足そうに食べていました♪

今夜もこのパスタをレタスと一緒にいただきました。
このソースはパンにつけて食べたり、ソースをレタスで巻いて食べたり・・・色々楽しめます^^

レシピにはアンチョビを入れていますが、もともとカニみその代用で入れているだけなので、もしも、カニみそなんかがあれば、最高に美味しくなります^^

あ~~~、カニみそ食べたいなぁ!
小さい頃から好きだったんですよね~こういう珍味系。

やっぱり、美味しいものを食べると幸せな気持ちになれますね♪
ごちそうさま!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-17 01:45 | カテゴリ:アジアン系
P1110019_convert_20100621121920daikonmochi1.jpg

台湾料理屋さんでよく見かける大根餅。
これ、美味しいですよね♪
香港や台湾ではお正月料理の主役なんだそうです。
日本で言うお雑煮感覚でしょうか!?

大根餅は好きなのですが、本格的な作り方は上新粉を使って蒸したりしないといけないので・・・ちょっと作るのは面倒臭いな思っていたのですが・・・
今夜は、私のお得意「なんちゃってバージョン」でチャレンジしてみました^^

まぁ、やっぱりなんちゃってバージョンなりですが、なかなかモッチリ作れたかも。
もう少し研究は必要ですが、なかなかイケるものになるかもしれません。

【なんちゃって大根餅】
・大根・・・7cmくらい(大体300gくらいかなと)(すりおろします)
・桜えび・・・一掴み
・きくらげ・・・大1枚(ぬるま湯で戻して千切り)
・合わせ薬味(もしくは三つ葉や青じその香味野菜)・・・適量
・片栗粉・・・大3~4

○つけダレ※配合はお好みで
・おしょうゆ・・・大1~1.5
・みりん・・・大1
・オイスターソース・・・小1~2
・マヨネーズ・・・大1

1.おろし大根をざるに乗せて水分を切っておきます。
2.ボールに1.と片栗粉、桜えび、合わせ薬味(香味野菜)を入れ混ぜ合わせます。
3.フライパンにオイルとゴマ油を熱し、丸く成型して焼きます。
4.両面焼き色がついたら、○つけダレを両面に何度もしっかりとハケで塗るorそのままフライパンに○つけダレを入れて絡めてます。
5.お皿に盛りつけ、いりゴマをふりかけます。
はい、できあがり!

P1110023_convert_20100621121938daikonmochi2.jpg

お~~~、モッチモチ^^
美味しいです♪
大根は鬼おろし粗めにすったのですが、もう少し食感が欲しいような・・・
次回は、半分くらい千切りか粗みじん切りにして入れようかな^^
干ししいたけなんかも入れたら美味しそうです。

干しえびをしらすやベーコン、イカにしたり、にんじんを入れたり、あ、オイスターソースをXO醤にしても美味しいかもしれませんね。
これは組み合わせはいろいろとできそうですね^^

もう少し粉を減らしながら食感も楽しめる、なんちゃって大根餅にしたいなぁ~
次回は、彼ちゃんのいる時にするのをお願いして作ろうと思います。大根おろしって何気に腕が疲れますものね><

今夜は中華な夜だったなぁ~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-17 00:49 | カテゴリ:アジアン系
P1110014_convert_20100621121842aona1.jpg

今夜は中華な気分。
青梗菜が野菜室にあるのを見たからかしら?

青梗菜を好きになったのはいつ頃だろう・・・。
多分、子供の頃はこういうお野菜が苦手だったはず。
お夕飯が八宝菜の日って、子供ながらにブルー入っていましたもんね~
ただ、わが家は母がお茶の先生をしていたのもあり、しつけが少しだけ厳しかったんですね。
一期一会の教えで、作る側も食べる側も真心と感謝の気持ちを持たねばならなかったので、
「え~~~、今夜は八宝菜!?これ、嫌いだから食べたくないな」
なぁーんて言えませんでした。ただ、心の中だけは・・・ついね^^;

食の好みって変わりますよね~(あ、男の趣味もそうだけど^^)
今では大好きですもの。

ただ、青梗菜の難点は、芯のところの泥落とし。
しっかり洗わないと、隙間にしぶとく残っている場合がありますからね!

今夜は、かにかまを使ったあんかけ風に。
画像は毒々しい色合いに見えますが・・・現物はもう少しきれいだったんですけどね^^;

【青梗菜とかにかまの中華風あんかけ】
・青梗菜・・・2束(よく洗ってたてに4~6等分に)
・かにかま・・・3~4本(軽くほぐしておきます)
・きくらげ・・・2~3枚(ぬるま湯で戻して千切りに)
・しょうが・・・1/2片(千切り)
・中華スープ・・・1カップ(私はウェイパー小1+お水)
・お酒・・・大1~2
・塩、コショウ・・・少々
・オイスターソース・・・小1
・水溶き片栗粉・・・適量

1.中華鍋にお湯を沸かし、お塩、鶏がらスープの素を少量入れて青梗菜を茹で、茹で上がったらお皿に盛りつけます。※少し置いてからじゃないと熱いですから注意!
2.中華鍋に中華スープ、お酒、しょうがの千切りを煮立てて、きくらげ、かにかま、オイスターソース、塩、コショウを入れて味を調えます。
3.水溶き片栗粉を回し入れて、混ぜながらとろみをつけます。
4.1.の青梗菜の上から餡をかけます。
はい、できあがり!

P1110015_convert_20100621121859aona2.jpg

美味しい^^
青梗菜のシャキっとした甘みのある茎、柔らかな葉は餡がとろ~り絡みます。
ちょっときくらげ入れすぎたかな・・・^^;大好きなんでつい、、、大きめのを4枚も使っちゃいました。
適量って大事だとわかってるのに、繊細さに欠ける私。

青梗菜を1枚ずつはいでザク切りにして作れば、中華丼としても食べれそう。
その時はもう少し味を濃い目にした方が良さそうですね^^
しかも、あっという間に出来ちゃうので、これは時間のないときなどに超便利かも!

最近、かにかまを買うことが増えました。
以前は全然買わなかったんですけどね~使い始めるとなかなか色々とアレンジできるので重宝します。
まぁーね、本物のカニの脚を豪快に料理できたらそれにこしたことはないですが^^;
いつか、それが何気なく自然な豊かな生活ができるといいなぁ♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-16 01:34 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1110001_convert_20100621121721pasta1.jpg

先日のじっくりお出汁を取って作ったそばつゆと出し殻(この言い方あんまり好きじゃないけど)の昆布といりこでおつまみ&お弁当用のおかずを^^

P1110003_convert_20100621121740nimono2.jpg
じわぁ~~~っと味が染みた大根と油揚げの美味しかったこと><
「あ~~~美味しいねぇ」とシミジミ食べてた彼ちゃん。
ほんと、シミジミ思うよ^^煮物って美味しい!

P1100908_convert_20100618094217tsukudani.jpg
だし昆布といりこの佃煮
昆布といりこをしょうがの千切りとお酒、みりん、おしょうゆで簡単な佃煮に^^
最後に少量のごま油といりゴマをふりかけるのですが、これがなんとも美味しいんです。
無駄にはしませんよぉ~
美味しいから、出し殻なんて言わせない^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-16 01:13 | カテゴリ:パスタ
P1110007_convert_20100621121802pasta1.jpg

そろそろ彼ちゃんはパスタが食べたい頃かなぁ~と思ったら案の定
「今夜はパスタがいい」とのリクエストが^^

この数日間、体調不良でさっぱりとしたノンオイル系の食事しかさせていなかったので、パスタが食べたいってことは元気になった証拠ですね。
よかったよかった。

魚介のラグートマトソースが食べたかったのですが、えびもイカもストックがさほどなく・・・
そうだ^^彼ちゃんの大好きなソーセージとベーコンの旨みを活かしたラグーパスタに^^
水菜を使ってあっさり目に仕上げてみようっかな。

急にハードなパスタにしすぎても胃腸がビックリするでしょうから^^

【ベーコンとソーセージのラグー水菜のトマトソース】
・ベーコン・・・3枚(粗みじん切り)
・ソーセージ・・・4本(粗みじん切り)
・トマト・・・中2個もしくは大1個(皮むきして角切りに)
・ホールトマト・・・1/3缶(つぶしておきます)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本
・水菜・・・1束(3~4cmのザク切りに)
・白ワイン・・・70~100cc
・コンソメ・・・1個
・ローリエ・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々
・粉末昆布・・・少々
※玉ねぎやセロリのみじん切りをベーコンなどの前に炒めて加えても美味しいです^^

(作り方)
1.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を熱しベーコンとソーセージをじっくりと炒め、白ワインを回し入れます。
2.トマトとホールトマト、コンソメ、ローリエを入れて煮詰めます。
3.パスタを茹で始めます。
4.2.が2/3くらいまで煮詰まったら塩、コショウ、粉末昆布で味を調えます。
5.茹で上がったパスタを入れてよく絡ませ、水菜(飾り用を残して)オリーブオイルを入れて軽く混ぜ火を止めます。※ソースが煮詰まりすぎたら茹で汁で伸ばしてください。
6.お皿に盛り付け、水菜を乗せます。
はい、できあがり!

P1110008_convert_20100621121819pasta2.jpg

お、美味しい^^
思ったよりベーコンとソーセージの旨みが出ているのにびっくり!
フレッシュトマトと水菜は程よいさっぱり感を出しているし、なんか面白いお味~

なんて表現すればいいのかな~
青春のさわやかさもありつつ、ちょっと色気も出始めた、20代前半~半ばの女の子みたいなぁ・・・
なんか、かえって例えがわかりづらく変ですね^^;
ボキャブラリーが乏しいな・・・私><

ま、美味しくいただけました♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-15 01:08 | カテゴリ:和風
P1100911_convert_20100618094316shabushabu1.jpg

月曜から仕事を休むのは抵抗がある彼ちゃん。
私も働いている頃はそうでしたが、なんか自己管理ができていない気がして嫌ですよね。
でも、そういう目先のことよりも今日しっかりと静養して明日からを元気に働いてもらうためにも、仕事を休ませました。

めずらしく、彼ちゃんも素直に応じてお休みしました。
よっぽど体がダルいのかな~
ただ、なんとなくいつもより治そうという気合が足りない気がしたので
「治すのは私でもお薬でもなく、自分だからね!今日1日で気合入れて治しなさい」と活を入れました^^

お昼過ぎには熱も下がり、だいぶ顔色も良くなってきました。
ホォ~っ。
食欲も出てきたので、今夜は長ネギをたぁ~~~っぷり使って、そばつゆでいただくしゃぶしゃぶをすることに。

これ、ずっと食べたかったものなんです^^
以前、銀座の「羅豚」で食べたしゃぶしゃぶがあまりにも美味しくて、おうちでも試したかったんです。
やっと実現!
そのために昨夜から出し汁の仕込みをしちゃったもんね^^)v
(昨夜から今夜はこれにしよう!って密かに計画してたんです♪)

【ねぎたぁ~っぷりの豚しゃぶ】
・豚肉しゃぶしゃぶ用(肩ロース、ロース、バラスライスなど)・・・300gくらい
・長ねぎ・・・2本(薄く斜め切り)
・だし昆布・・・1枚
そのほかお好みの具を
・絹ごし豆腐
・きのこ
・ほうれん草や水菜など

○そばつゆ
・だし昆布・・・1枚
・かつお節・・・2つかみくらい(大体30~50gかな?)
・煮干し・・・1つかみくらい(頭と内臓は取り除きます)
・お酒・・・50cc
・みりん・・・100cc
・薄口しょうゆ・・・100cc(私は薄口しょうゆと白だしを混ぜて使いました)

・柚子胡椒・・・適量

(作り方)
1.○そばつゆを作ります。
1)お水700ccに煮干、昆布を入れて一晩冷蔵庫に入れておきます。(朝早くからでもOK)
2)お鍋に1)を移して火にかけ一煮立ちさせ煮干、昆布を引き上げます。
3)かつお節を入れて2~3分煮立たせます。
4)ザルにキッチンペーパーかふきんをおいて漉します。
5)お鍋にお酒とみりんを入れて火にかけ、沸騰させてアルコール分を飛ばします。
6)薄口醤油を入れて馴染ませ、味の調整をします。
2.しゃぶしゃぶ鍋もしくはお鍋や土鍋に水とだし昆布を入れて沸騰させ、長ねぎを全て入れます。
3.その上に豚肉を広げて並べて、しゃぶしゃぶと両面に火が通ったら、そばつゆでいただきます。※このとき、柚子コショウをそばつゆに加えて食べると最高に美味しいです。
柚子胡椒をつゆに加えて召し上がってください。
4.最後におそばを茹でていただきます。
はい、できあがり!

P1100924_convert_20100618094710shabushabu5.jpg
たぁ~~っぷりの長ネギに豚肉のピンク色がきれい^^

P1100914_convert_20100618094403chabuchabu2.jpg
今夜のお肉たち
肩ロースが好きな私ですが、売り切れていたのでロースとバラスライスを。
このしゃぶしゃぶにはバラがメチャクチャ合います!!
脂が乗ったお肉がオススメ^^

P1100916_convert_20100618094501shabushabu3.jpg
長ネギ2本分
2本しかなかったので仕方ないのですが、もっとあった方がいいです。
2人で3~4本はあっという間にイケちゃいます!

P1100922_convert_20100618094612shabushabu4.jpg
そばつゆ
お~~~、お出汁の香りがとても効いてて美味しい^^
関西風のつゆを作り、少しだけ甘めにしました。(羅豚が少し甘めのつゆだったんで^^)
おつゆはもちろん残りますから、煮物やおうどん、そばつゆ用に^^

とっても美味しかったです^^
長ネギは3~4本食べちゃいますね。
2本しかなかったのがとっても残念><
お蕎麦まで食べれるかな~と言っていた彼ちゃんもペロリ♪
ご飯も1膳食べましたから、体が回復に向かった証拠ですね。

長ネギって風邪に有効なお野菜として知られていますよね。
それは、長ネギのツンとした臭いに含まれる硫化アリル(アリシン)という成分が、体を温め、発汗させるといった作用、喉の痛みを抑えるといった働きがあり、風邪の一般的な症状に有効です。
更に、ネギの香りには鎮静作用もあり、安眠を促すという効果もあります。

強い殺菌力を持つアリシンは、体内に侵入した細菌や風邪のウイルスを殺したり、食中毒を招きかねない細菌を消滅させる働きを持ちます。

また、アリシンには糖質を効率的にエネルギーに変えてくれるビタミンB1の吸収を高める作用も持つため、血行を良くし、疲労の原因ともなる乳酸を分解するといった働きがあるそうです。ビタミンB1を含む豚肉やレバー、納豆などと一緒に食べのが有効とのこと。

お~~~、まさに今夜のメニューは彼ちゃんや看病疲れの私にピッタリだ☆
これで、明日から元気ハツラツだぁ!

毎回思うことですが・・・
健康で楽しく過ごすには、食べ物と休養(睡眠)、そして思いやりが大切ですね。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-14 00:29 | カテゴリ:パスタ
P1100888_convert_20100618094115pasta1.jpg

昨夜からず~~~っと看病しています。
私が寝込んでも放置のくせに、自分が寝込むと弱りきったおじいちゃんか赤ちゃんのように手がかかります。
まったく!
とは言っても、具合が悪い時の気持ちはわかるので、優しい私はちゃーんとケアしてあげますよ^^
熱が出たせいで、内臓機能も低下気味。

今日はお粥だなぁ~。
普通のお粥にしようかと思ったのですが、吐き気はないようなので、野菜粥に。
胃腸にいいキャベツとにんじん、じゃがいもとお米をだし昆布とかつお節で取っただし汁でトロトロと煮込んで作りました。
味つけは少量のお塩のみ。天然のお出汁は味つけいらないくらいしっかりとしたお味と優しい風味がありますから野菜粥にちょうどいいんです♪

何気に手間と時間のかかるお粥。それだけに胃腸にも優しくそして美味しい♪
私はお粥が大好きなので、気を入れて作ってあげました。
ということで、自分の分はチャチャっとできるパスタに^^;
常備菜を使った簡単スピーディーな和風パスタです♪

【ソーセージときのこの和風パスタ】
・ソーセージ・・・2本(斜め切り)
・なす・・・小1本(皮をゼブラ柄にむいてたて二つに切り、斜め切りにし、水にさらしてあく抜きします)
きのこのおかか煮・・・適量
・三つ葉・・・1/2束(ザク切り)
・みりん・・・少々
香味醤油(もしくはおしょうゆ)・・・少々
合わせ薬味・・・適量

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにオイルを熱し、なすを炒めて一旦お皿に上げておきます。
3.フライパンにオイルを熱し、ソーセージを炒め、1.のなすときのこのおかか煮を入れて軽く混ぜ合わせます。
4.茹で上がったパスタと茹で汁を少々入れてソースと馴染ませ、味が足りないようならみりん、おしょうゆで味を調えます。
5.三つ葉を入れてサッと混ぜ合わせて火を止めます。
6.お皿に盛りつけ、合わせ薬味を乗せます。
はい、できあがり!

P1100892_convert_20100618094143pasta2.jpg

お~~~美味しい^^
きのことなすがトロ~っとした食感で、甘みを感じる美味しさ。
ソーセージがいいアクセントになっており、個々を引き立ててくれたかんじがしますね。

「美味しそうだな~~~」とか弱い声でお皿を覗き込む彼ちゃん。朝からお粥しか食べていないですからね^^;
「まだ、ダメー。今夜までは油っぽいものはがまんして胃腸を休ませなさい」と言ったけど、
「お願い、ソーセージ1個だけ・・・」ほんと、子供みたい^^;
しょうがないので、1個だけ食べさせてあげました。

私もうつっちゃうかな~と思ったのですが、なんとか大丈夫そうです。
日頃から毎晩欠かさずアルコール消毒しているおかげでしょうか!?
おほほほほほぉ~^^

彼ちゃんの熱はまだ下がりません。
熱は、細菌を殺すために出るといいます。だから、ある程度までは出させてあげた方がいいんですよね。
でも、なんの菌が悪さしているんだろう?
この分だと、明日は仕事を休ませないといけないな~。
めずらしく完治に3日かかりそうな彼ちゃんでした。
明日も・・・看病かぁ><

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-13 01:38 | カテゴリ:パスタ
P1100882_convert_20100618093935pasta1.jpg

発表会の自主練と2レッスン終了後、麗しき乙女4人は1杯だけビール飲んで帰ろうということになり、池袋西口公園近くにあるプロントへ。
ここは、ちょっと1杯だけ飲んで帰るのにちょうどいい^^

なんと、ドリンク1杯+1おつまみ630円(税込)というのがあるじゃないですかぁ!
やっぱり、みんな考えることは一緒なのねん♪
早速、注文。
いやぁ~~~、レッスン後のビールは旨いっ!
みんなで労を労いながら(!?)しばし談笑^^

さて、帰ってみると彼ちゃんの具合がイマイチのご様子。
微熱37.3℃出たらしく、ボーカルのレッスン後ずっと寝ていたらしい。
ほらね~、今までの誘惑に負けて転寝&夜更かししていたタタリだよぉ!

頭痛と微熱だけというので、早めに食べさせて寝かすのが1番だね~
「簡単なパスタでいいよ」とのことだったので、お言葉に甘えてすぐに出来るパスタに^^
まぁ、これで頭痛が治るってことはないけど、いいよね。

【ツナとコーンのマヨクリームパスタ】
・ツナ・・・1缶(オイル漬けならオイルを捨てます)
・コーン・・・お好みの量
・たまねぎ・・・1/2個(薄くスライス)
・白だし・・・小2くらい
・マヨネーズ・・・大1.5
・生クリーム・・・50~70cc
・粗挽きコショウ・・・お好み
・パセリ・・・適量

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにオイルを熱し、たまねぎをゆっくりと炒めます。
3.透明にとろみが出てきたらツナとコーンを入れて軽く炒めます。
4.茹で上がったパスタと茹で汁を入れてよく混ぜ合わせ、白だしで味付けし、マヨネーズ、生クリームを入れて絡めたら火を止めます。
5.お皿に盛り付け粗挽きコショウ、パセリをふりかけます。

P1100885_convert_20100618094040pasta2.jpg

うん^^美味しい♪
今日は、ペンネを使ったので少し食べやすくするために生クリームを追加してみました。
普通のスパゲティーニで作ったら→こんな感じ

ペンネ好きな彼ちゃんなので、生クリームが入っていてもさほど気にならなかったみたいで、
「こういうパスタの時にペンネ使うのもいいね」と言っていました。
そうだね~、今までペンネはトマトベースですか使っていなかったもんね^^

食べ終わって一息ついた彼ちゃんは、静かにベッドへ。
しばらく寝かせた後に様子を見に行ってみると・・・熱い。
そっと熱を測ってみると・・・
あーーーーーーーーぁ!出ちゃったよ、38.6℃。
熱に弱い人なので、彼ちゃんには内緒にしとこ。

まぁ、熱が上がった方が治りも早かったりするので、よしとしなきゃ。
寝る前に起こして葛根湯を飲ませとこう。
やれやれ、今夜から大きな子の看病が始まりそうです><

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-12 01:46 | カテゴリ:パスタ
P1100873_convert_20100617103430pasta1.jpg

もうだいぶ暑くなっているというのに・・・こんな温まるパスタなんかを^^;
でも、だからこそ、美味しいんです♪
気温や体温は高めでも、胃の辺りやおへその辺り、お尻って冷たかったりしませんか?
あ、男性の方は少ないかもしれませんが、女性の方だとけっこういらっしゃるかもしれません。

ジトジトするこの季節って、あっさりしたものや、カラッと揚がった揚げ物、簡単な炒め物や焼き物が多くなりがち。というか、そういうものを口が欲しがるんですが。
気がつくと、温野菜や根菜類の摂取が少なくなっていたりしますよね。

そういうとき、私は筑前煮を作るか、カポナータやラタトゥイユ、このミネストローネを作ることにしています。
カポナータやラタトゥイユは冷やして美味しいですしね^^

今夜はミネストローネにフッジリ(パスタ)を入れてメインに。

【具だくさんミネストローネのスープパスタ】
・ソーセージ・・・4本(1cmくらいに輪切り)
・きゃべつ・・・3~5枚(芯はスライス、葉は手でちぎって)
・たまねぎ・・・1個(1~1.5cmの角切り)
・セロリ・・・1/2~1本(筋を取って、1~1.5cmサイズに)
・にんじん・・・1本(1~1.5cmの角切り)
・なす・・・1本(1~1.5cmの角切り)
・じゃがいも・・・1個(1~1.5cmの角切り)
・冷凍カボチャ・・・4個(1.5~2cmの角切り)
・にんにく・・・1~2片(スライスor粗みじん切り)
・ホールトマト・・・1/2~1缶(今回は1/2缶濃厚なスープがいいときは1缶使います)
・コンソメ・・・1個
・ローリエ・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々
・白だし・・・少々
・粉末昆布・・・少々
・パルミジャーノチーズ(すりおろし)・・・お好み
・イタリアンパセリのみじん切り・・・適量

(作り方)
1.お鍋にオイルとニンニクを熱し、ソーセージを炒めます。
2.にんじん、たまねぎ、セロリを加えて炒め、ほんの気持ちお塩を入れます。※甘みがグッと出ます
3.たまねぎが半透明になってきたらなす(ズッキーニなど)を入れて炒め、キャベツを入れてしんなりするまで炒めます。
4.白ワインを回し入れ、ホールトマト、具材がひたひたになるくらいのお水、ローリエ、コンソメを加えしばらく煮込みます。大体10~15分くらい。
5.次にじゃがいも、5分後くらいに冷凍カボチャを入れて10~15分くらい煮込みます。※じゃいがいもが煮崩れない程度
6.塩、コショウ、白だし、粉末昆布などで味を調えます。
お皿に盛りつけ、パルミジャーノチーズをすりおろし、パセリを散らします。お好みでオイルを回し入れても美味しいです。
※パスタについて※
そのまま一緒にお鍋で茹でる場合は、出来上がりから逆算して入れてください。
私は、5.の段階くらいから別のお鍋でパスタを茹で始めて茹で上がってからお鍋もしくは盛りつけのお皿にパスタを入れています。スープが残る場合があるので、多めに作るときは別に茹でた方が無難です。
はい、できあがり!

P1100877_convert_20100617103454pasta2.jpg

あ~、美味しい。
体が喜んでいるかんじです^^
胃の奥がジンワ~リと温まるのがわかりますもの!
冷えてたんだなぁ~と思いながら・・・やめられない、お風呂上りのキンキンに冷やしたビール。
アハハハハハ^^;

彼ちゃんも、ちょっと暑さ負けしかけの様子だったので喜んで食べていました。
こういうメインになる具だくさんスープ系、好きなんですよね~私も彼ちゃんも。
まぁー、年齢もあるのかもしれないけど、体が喜ぶのがわかるんですね♪

さぁ、明日も朝から自主練&2レッスン。そろそろ気合いを入れなければ!
そして明日は新月。
この日は、新しく何かを始めるのにとてもいいタイミング。
月のパワーが後押ししてくれる、そんなステキなときです。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-11 14:30 | カテゴリ:和風
P1100865_convert_20100617103339okonomifu1.jpg

今朝もお寝坊しちゃった彼ちゃん。
最近、お夕飯を食べた後の転寝が尋常じゃないほど長く・・・午前3時くらいまで起きないんです。
それからお片づけしたりお風呂を洗ったり(あ、わが家ではお夕飯後の洗い物とお風呂掃除は彼ちゃんの担当なんです)すると、目が冴えちゃうらしく・・・1時間くらいネットやギターの練習をしていたりするんですね。
その後、明け方になってゴソゴソとベッドに入って仮眠(?)をするものだから、朝がお辛いよーで。

毎晩のように、優しく・・・そのうちだんだんドスをきかせて起こすんですけどね、起きようとしません。
起きる気がないんですね。まったくっ!><
そうこうしているうちに・・・私も寝ちゃっています^^;

そして毎朝のように後悔するんです。絶対に今夜は寝ないと・・・。
それの繰り返しの日々。
誘惑にめっぽう弱いようです、うちの彼ちゃん!

と長~い前置きになりましたが^^;
今日のランチ用ご飯の大半は彼ちゃんの朝食用のおにぎりに持って行かせちゃったので私の分は少し。
「今日もパスタにしちゃうかな」と一瞬思ったのですが、せっかくなので少ししかないご飯を活用して何かを作ろうっと!
それで思いついたのが、お好み焼き風。
見た目はなかなかのボリュームです^^

【残りご飯deお好み焼き風】
・ご飯・・・小さなお茶碗1/2膳
・卵・・・1個
・きゃべつ・・・2枚(千切りもしくはみじん切りに)
・ベーコン(具は豚肉、桜えび、ソーセージなどお好きなもので)・・・2枚(細切り)
・ピザ用チーズ(お好みで)・・・適量
・お塩・・・少々
あればいいかも
・山芋・・・適量

・お好みソース
・マヨネーズ
・かつおぶし
・青のり

(作り方)
1.ボールに、すべての材料(ソース系以外)を入れて混ぜ合わせます。
2.フライパンにオイルを熱し、1.をお好み焼きを焼く要領で両面焼き色がつくまで焼きます。
3.お皿に盛りつけ、ソース、マヨネーズ、かつおぶし、青のり等をかけます。
はい、できあがり!

P1100870_convert_20100617103358okonomifu2.jpg

お~~~、もっちりしたお好み焼きってかんじ^^
美味しい♪
キャベツもたっぷり入っているのでヘルシー!&美味しい!!

今回はなかったので山芋を入れていませんが、あれば絶対に入れたほうが美味しいと思います。
また、つなぎが少なくてバラバラになりそうだったら、小麦粉を少し混ぜると焼きやすくなると思います。
私はお粉を入れずに作りたかったので、小さめに成形して作りました。
これだと、つなぎが少なめでも裏返しやすいです^^)v

キャベツチャーハンもかな~り気に入ったけど、このお好み焼き風もいいですね!
いつか休日のランチにでも作ってあげよう♪

お腹いっぱい^^
ごちそうさま~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-10 15:01 | カテゴリ:パスタ
P1100860_convert_20100617103238pasta1.jpg

今日のランチはなんだかムショーにパスタが食べたくなり・・・どれだけ好きなんだ^^;
しかもね、トマトクリームっぽいのが食べたかったんです。
パスタ好きの彼ちゃんは、トマト系は大好きですが、トマトクリームはあんまり好きなないんですね~
どうも、生クリームが苦手なのか・・・あんなにケーキとか甘いものは好きなくせに><

ヨシヨシ、せっかくだから食べたいものを食べよう!
すぐにランチ用に残しておいたご飯は冷凍保存へ。
こういうときだけは、腰も軽くテキパキ敏速な動きの私^^ゲンキンですね~

【ソーセージとしめじのトマトクリームパスタ】
・ソーセージ・・・2本(斜め切り)
・たまねぎ・・・1/4個(薄くスライス)
・しめじ・・・1/4房(小分けに)
・トマト・・・1個(皮を湯むきして角切りに)
・にんにく・・・1/2片(みじん切り)
・白ワイン・・・大1~2
・生クリーム・・・30cc
・牛乳・・・20cc
・塩、コショウ・・・少々
・パセリ・・・適量

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにオイルとにんにくを熱し、香りが出てきたらたまねぎとソーセージを炒めます。
3.たまねぎが透明になってきたらしめじとトマトを入れて軽く炒めます。
4.白ワインを回し入れてアルコール分を飛ばし、生クリームと牛乳を入れて少し煮詰めます。
5.茹で上がったパスタと茹で汁を少々入れてよく絡ませ、塩、コショウで味を調えます。
6.お皿に盛りつけ、パセリをふりかけます。
はい、できあがり!

P1100862_convert_20100617103301pasta2.jpg

美味しい♪
生クリームと牛乳を通常の半分にしたあっさりとしたトマトクリーム、なかなかイケます。
これなら彼ちゃんも大丈夫そうだな^^

パスタもアルデンテでとっても美味しい!
やっぱりね~、パスタって一人分を作るのが一番美味しく作れます。

私はパスタの茹で時間を、表示時間のマイナス2分にしています。
それくらいが、ちょうどお店で食べるパスタの茹で加減と同じに仕上がります。
だって、ソースと絡めたり、盛りつけたり・・・テーブルに運んだりする時間を考えると、数分かかりますからね^^

幸せな気分の昼下がり♪
なんだか眠くなってきたようなぁ・・・このまったりとろ~んとしたかんじも幸せな気分^^
ふぅ~ごちそうさま!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-06-09 01:25 | カテゴリ:パスタ
P1100853_convert_20100617103152pasta1.jpg

最近、お気に入りの柚子コショウ。
使い始めると、色々なお料理の隠し味に使えて便利です^^

それならいっそ、柚子コショウを作ってみようかな~と色々調べてみました!
そして・・・即、あきらめました^^;
いやいや、大変そうで・・・。
柚子コショウは、素直に市販のものをありがた~く使わせていただくことにしました。

最近、水菜がなんだかお安くないですか?
うちのご近所のスーパーでは、ここ最近いつも水菜がお買い得になっています。
個人的には、もっときゃべつとかインゲン、ブロッコリーなどもお買い得になるとありがたいんだけど^^;

まぁ、結局は行く度に水菜を買っちゃっているわけですが・・・誘惑に負けやすい私^^)v
ジャンジャン消費しなきゃいけないので、今夜はパスタに。

先日、三つ葉やみょうがなどの薬味を使った柚子コショウ風味のパスタを水菜でアレンジしてみました。

【鶏肉と水菜のパスタ柚子コショウ風味】
・鶏もも肉・・・1枚(余分な脂肪を取り除いておきます)
・水菜・・・1束(3cmくらいにザク切り)
・しめじ・・・1房(小分けに)
・にんにく・・・1片(みじん切りもしくは薄くスライス)
・バター・・・15~20g
・塩、コショウ・・・少々
・白だし・・・小1くらい
・おしょうゆ・・・小1/2~1くらい(白だしがなければおしょうゆ小2くらいにトリガラスープの素やコンソメなどを少し入れて。もしくはめんつゆを使うと楽チンかも^^その場合は分量を調整してください)
・お酒・・・大1
・柚子コショウ・・・小1~2(お好みで)

(作り方)
1.鶏肉はしっかりめに塩、コショウをします。フライパンにオイルを熱し、鶏肉を皮面を下に焼きます。皮をカリッとしたいので中火強でしっかりと。焼き目がしっかりついたら裏返して焼き、取り出して一口大に切ります。
2.パスタを茹で始めます。
3.1.のフライパンにバターとにんにくを追加して熱し、しめじを炒め、鶏肉を入れて軽く炒めます。
4.パスタの茹で汁、柚子コショウ、白だし、おしょうゆを入れてソースを乳化させ、茹で上がったパスタを入れて絡めます。
5.火を止める直前に水菜を入れて軽く混ぜ合わせます。※オイルを少々回し入れてもOK
6.お皿にパスタを盛りつけ、粗挽きコショウをふります。
はい、できあがり!

P1100855_convert_20100617103214pasta2.jpg

美味しい^^
ほんとに柚子コショウと鶏肉の相性っていいですね~♪

水菜のシャキシャキ感が残るよう、火を止める直前に入れたも正解。
しめじの旨みもよ~く出ています。

今回は、水菜としめじの風味を損なわないよう、薬味を入れませんでした。
味つけは同じようでも、出来上がりは全然違うものになりますね~^^
今日の方が少しまったりした深みのあるお味に感じました。
薬味バージョンはとにかく、スッキリシャキシャキした夏パスタって感じでしたから。
次回は青梗菜を使って少し中華っぽくしてみようかなぁ~

彼ちゃんは、和風パスタはあまりお好みではないのですが、この柚子コショウ風味は気に入ってくれているようです。
私と暮らすようになって、だいぶ食の好みも変わってきましたね~
大人になってきたってことかな^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。