-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-31 01:29 | カテゴリ:パスタ
P1090761_convert_20100416121756pasta1.jpg

今夜は満月。
そう、今年2回目のブルームーン。
ブルームーンとは、実際に神秘的な日、もしくは青い月というあり得ないことを意味するのですが、「1月に2度ある満月」をブルームーンと呼びます。
1回目は今年の1月でしたね~^^

地球上のすべて(人間を含め)に大きく満月パワーによって影響されます。
満月の日前後は、血液や内臓、脳、細胞すべてが満月のパワーに引っ張られ、私たち自身のオーラまでもが満月パワーに引っ張られるらしいです。

そういえば満月の時に喜怒哀楽が激しくなるような・・・
良い意味でも悪い意味でも、満月には相当なパワーがあるってことですね。
いいパワーやエネルギーをできるだけ取り込めるよう、今回ももちろん、月光浴も楽しみましたよん♪
静かにお月さまを感じる時間や空間が、私にとってとっても癒しとなり、エネルギーチャージにもなります。

そんな今年最後のブルームーンのディナーは、かぐや姫にちなんで・・・
旬でもある筍を使ったパスタに^^

【筍とオイルサーディンのパスタ】
・茹でたけのこ・・・100~150g(穂先は6~8つ割りに、残りは薄切りに)
・オイルサーディン・・・1缶(油は切っておきます)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1~2本(輪切り)
・白ワイン・・・大1~2
ドライトマトのオイル漬け・・・大2くらい
・コショウ・・・少々
・万能ネギ・・・3~4本(小口切り)

■筍の茹で方■
1.穂先を斜めに切り落とし、火が通りやすくするために、切り口に縦に切り込みを入れます。
2.外側の竹皮を2~3枚、はぎ取ります。
3.大きいサイズの鍋にたけのこ、米ぬか、たけのこが浸るくらいのお水をを入れ火にかけます。※水から茹でます。
茹で時間は新物のたけのこなら30分ぐらいが目安でm竹串がスーと通れば茹で上がりです。             (時間の経っているたけのこは、堅くてえぐみもありますので、赤唐辛子も入れて1時間ぐらいコトコトと茹でたほうがいいようです)
4.茹で終ったら、そのまま蓋をして茹で汁が冷めるまで1日くらい放置します。※竹の子のまろみが出てきます。
5.水洗いをして皮をむきます。
はい、できあがり!

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を熱し、たけのこを炒め(少し焼き色がつくくらいが美味しいかな)、オイルサーディンを入れて軽く混ぜ合わせ白ワインを回し入れます。
3.茹で上がったパスタと茹で汁、ドライトマトのオイル漬けを入れて絡めます。
4.コショウで味を調え火を止めます。※オイルサーディン、オイル漬けの塩気によって味は調整してください。(バターやおしょうゆなどで)
5.お皿に盛り付け、万能ネギをトッピングします。
はい、できあがり!

P1090764_convert_20100416121828pasta2.jpg

美味しい~~~
やっぱり、生から茹でた筍をは美味しい!!
香りにしろ、味にしろ、食感にしろ、水煮されたパックの筍とは断然違います。当たり前か^^;
今しか食べれない、本当に旬の食材が減った現代ですが、筍やたらの芽、ふきのとうなど・・・旬を味わえる貴重な食べ物ですよね。

オイルサーディンとの相性もバッチリ☆
春らしい美味しいパスタでした。

なんか、おうちゴハンって久しぶりな気がします。
京都でのお料理も美味しくて大好きだけど、やっぱりおうちゴハンはホッとしますね^^
ブルームーンをみながら、ゆったりとしたディナータイムを過ごしました。
ごちそうさま☆

そういえば、筍を茹でると節の隙き間に白いものが入っているのは見たことはありますか?
それがチロシンといって脳を活性化させ、やる気や集中力に関わるアミノ酸の一種が結晶化したものなんだそうです。
チロシンが増えると、脳が活性化することで集中力が高まるり、やる気も沸いてくるそうです。
チロシンは筍の他にも、大豆、卵の黄身、チーズなどにも多く含まれています。

心身ともにストレスが溜まる・・・やる気が沸いてこない・・・という現代ストレス社会で頑張っている皆さん、
旬の筍などを食べてストレスを吹き飛ばしましょう!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



スポンサーサイト
2010-03-30 00:23 | カテゴリ:好きなもの
P1090755_convert_20100413121040kyoto3.jpg

ほんの数時間前まで、金閣寺~龍安寺へ向かう途中でみぞれまじりの雪が降っていたとは思えないようなきれいなsoraと清々しい雲です^^

京都でもこんなにきれいで気持ちのいいsoraがみれるなんて、なんだか嬉しいなぁ~。

P1090756_convert_20100413121107kyoto4.jpg
モクモクとした雲、手を伸ばせば届きそうな気がしちゃう^^

P1090751_convert_20100413120922kyoto1.jpg
JR京都駅大階段
駅に直結している伊勢丹と隣接している大階段は段数171段、高低差は11階建てビルに相当する35m、全長70m。
大階段ではコンサートや、毎年2月の「JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会」(主催:KBS京都)というイベントまであるらしい^^;

DSCF1655_convert_20100413121301kyoto6.jpg
大階段から見下ろした京都駅(建築設計:原 広司氏)

しっかし、斬新なデザインですよね~
京都のイメージとは程遠い気がしますが、10年以上経った現在でもいまだこの建物に対しては賛否両論あるらしいですけどね。それって飽きられてないってことだから、いいことでもあるんじゃないかしら?
私はアリな気がします。

DSCF1656_convert_20100413121344kyoto7.jpg
京都駅の天井
見上げたことありますか?
高さを最大限に活かした中央コンコースは、4000枚のガラスを使用した正面と大屋根で覆う広々とした吹き抜けで空間を表現しています。
この京都駅ビルは7人の建築家(安藤忠雄や故黒川紀章など)による国際指名コンペによって原氏が選ばれました。選定理由は原氏の案は7人の中で建物の最高高さが最も低い60mを下回るものだったからといいます。
すごいですね~こんなに高くて広い空間なのに!
調べてみると、何気ない建物ひとつにもドラマがあって面白いものです。
余談ですが、原氏の作品ではこの京都駅が一番低いらしい^^
ほかの作品で有名なもののひとつには、大阪の梅田スカイビルがあります。空中庭園で有名なとこです^^

P1090754_convert_20100413120951kyoto2.jpg
大階段を下りたとこから見えた京都タワー
何でもない1枚なんだけど、なんかこういう見え方好きだなぁ~

さて、そろそろ新幹線の時間。
この3日間、本当に充実した楽しい時間でした^^
なんか、京都を離れるのが寂しいな~

P1090760_convert_20100413121139kyoto5.jpg
新幹線の中で見たお月さま

そうかぁ~明日は満月だもんね。
さぁ、東京へと帰ろう!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-29 17:11 | カテゴリ:好きなもの
DSCF1572_convert_20100413112527kinkaku2.jpg
金閣(舎利殿)。
鏡湖池に臨む三層の楼閣は二層・三層に金箔をはった室町期楼閣建築の代表的例。


京都旅行3日目。
今回の旅も今日でおしまい。なんだかあっという間ですね^^;

さて、どこに行こうか~と考えたのですが・・・両親たちの飛行機の時間もあったり、5才の姪っ子ちゃんでも楽しめるものでないといけないし。
びっくりしたことに、私の家族(私と彼ちゃん以外)は金閣寺をまだ観たことがないらしい^^;(他はちょくちょく観ているようなのに不思議ですよね)
それじゃ~ということで、ベタではありますが金閣寺へ。

金閣寺は、正式名鹿苑寺(ろくおんじ)といい、1994年い世界文化遺産に登録されました。
金閣寺の歴史を振り返ると古くは鎌倉時代に藤原一族の藤原公経(西園寺公経がこの地に西園寺を建立しました。
鎌倉幕府滅亡後、足利義満が譲り受け「北山殿」と呼ばれる大規模な邸宅を造営しました。御所に匹敵する大規模な邸宅で、義満はここで政治の実権を握りました。
足利義満の死後、遺言により北山山荘は舎利殿(金閣)を残して解体され禅寺となりました。禅寺の名前は義満の法名鹿苑院殿から二文字をとって鹿苑寺と名付けられました。


金閣以外は解体されていたんですね~
もったいないというか・・・観たかった><
なんせ、北山文化を代表する建築と言われているものですからね。

では、境内をご案内~♪

DSCF1570_convert_20100413112436kinkaku1.jpg
鐘楼(総門を入った左手にあります)
この鐘は鎌倉時代のころくらい古い時代に作られたとされており、文化財となっているそうです。
鐘の前に行列が・・・1撞き200円で鐘が撞けるということだそーです。う~ん、、、あんまりこういうの観光っぽすぎて好きじゃないけど^^;まぁ、余計なお世話ですね。

DSCF1591_convert_20100413112807kinkaku4.jpg
松の緑に金が映えて美しい!大好き☆

P1090743_convert_20100413120626kinkaku8.jpg
ん?鳳凰が屋根の上から降りてきた!?
多分、サギですよね^^;あ~びっくりした。きみ、いいとこに住んでるね~

写真を撮ったりしているうちに両親はトコトコ先に行ってしまっていましたが・・・
あ、追いついた!と思ったらなんだか人だかりが。
ん?何を真剣に見入ってるのかな?

DSCF1598_convert_20100413112935kinkaku5.jpg
白蛇の塚
真ん中の石の前にお椀があり、そこにお賽銭が入れば幸せになるんだか願いが叶うらしく・・・
両親とも真剣な顔で何度もトライ。
父はお祭りの射的でもしているようにニコニコしながら楽しんでて
「ダメだー70円も使ったけど全然ダメだったぁ^^」と。
無邪気だなぁ~^^そういうとこ大好きだよ♪
私は・・・30円だけしましたけどね^^;

DSCF1607_convert_20100413113604kinkaku7.jpg
夕佳亭(せっかてい)
江戸時代の茶道家金森宗和が建てた数寄屋造りの茶室。
夕佳亭は小高い位置にあり、夕暮れ時にここから眺める金閣(舎利殿)が夕日に映えて殊の外美しいことから、夕日に佳い茶室夕佳亭と名付けられました。


丸や三角の下地窓がなんだか遊び心があっていいですね~
侘び寂びを重んじるお茶室ですが、私たち凡人が作ればこんな斬新なことしないだろうなぁ。
昔の方はセンスがいい!

DSCF1604_convert_20100413113438kinkaku6.jpg
夕佳亭の正面
こちらの床の間にある床柱は有名な「南天の床柱」。
お茶室に南天が使われるのは珍しいということから有名になりました。
左側に細く少しくねったかんじの柱なんですが・・・この画像じゃわかりませんね^^;

やっぱり金閣寺はすごい人でした~半分以上は外国の方と言っても過言じゃないくらい。
今日のお天気は小雨まじりの冴えないお天気でしたが、金閣寺では時折晴れ間も出るほど。
よかったよかった^^

まだ、時間がありそうなので、ちょっと足を延ばして石庭で有名な龍安寺へ。
彼ちゃん曰く、歩いても10~15分で着くらしいということなので皆で歩くことに。
が、これが試練の始まりだった><

だって~山越えかっ!ってかんじに続く坂道。途中から雨が降り始め、次第にみぞれのような雪になり・・・寒い><
途中、立命館大学(はとこのGoの母校)なんかがあって「へぇーこんなとこに通ってたんだな」とか思いながら健気に歩くけど・・・歩いても歩いてもなかなか着かない、っと思った頃に無事到着!
なんか、修行明けの僧侶みたいな気分^^

DSCF1632_convert_20100413113931ryuan1.jpg
龍安寺 石庭
龍安寺石庭の最大の特徴は、なんと言ってもその簡素さにあります。枯山水はそもそも砂や石で山水を表現するものですが、庭内は一木一草も用いず、地表に白砂を敷き15個の自然石を配し、見る人によって自由な解釈や連想を欲しいままにさせる庭だけに秘められた魅力は大きく、言い知れぬ簡素な落ち着きと心の宇宙を発見するとともに見る人に深い感動を起こさせる庭だともいえます。

DSCF1639_convert_20100413114725ryuan3.jpg DSCF1638_convert_20100413114624ryuan2.jpg
15個の石は5個、2個、3個、2個、3個という5つのグループに分かれていて、各グループの配置は一見バラバラです。これらの石の配置については、さまざまな説が唱えられ「虎の子渡しの庭」という話があります。
大河を渡ろうとする母虎と3匹の子虎。3匹のうち1匹は獰猛で子虎だけにしておくと他の子を食べてしまうため、母虎はその子虎を他の子と2匹だけにしないよう苦心して渡すという話で、石庭はこの有り様を表しているというのです。

また、どこから見ても15個の石の内1個が他の石に隠れるというものなど、作者がこの石を配置した意図については実にさまざまな想像がなされてきました。
ほんと、どこから見て数えても、必ず14個しか見えませんでした^^;

ある方のサイトでは、こんな解釈をなさっていらっしゃいます。

日本人は極めて優れたバランス感覚を持つ民族です。日本の書や画を見ると、余白というのがとても重要な役割を担っていることが分かります。日本人ほど余白の美にこだわる民族は少ないのではないかと思いますが、これこそ空間のバランス感覚が優れている証拠です。
その優れたバランス感覚で石庭を見ると、石の配置とその“余白”である白砂が大きな意味を持ちます。我々にとって、心地よい空間バランスというものが確かにあるのです。龍安寺の石庭の石の配置は、私たちのバランス感覚を刺激し、満足させる絶妙なものであり、だからこそ誰もが縁側に坐り、石以外に何もない庭を飽かずに眺めてしまうのだと私は思います。
五百年以上にわたって日本人を魅了し続けてきた龍安寺の石庭。それは単なる庭というより、日本人の文化的資質の象徴なのかもしれません。


すごいですね~
この石庭の謎については多くの方が研究されているみたいですが、謎はほんとは謎じゃなかったりして・・・
もっと、禅の心のようにシンプルなものだったりして。

私は、大海原とそこに浮かぶ島々のように見え、人生そのものだなと思いました。
島々は私たちの困難や試練みたいなもの。ただ、それも長い人生の中では取るに足りないちっぽけなものであり、それがあるからこそ味のある美しい人生なんだと感じました。
そう考えると、私たちひとりひとりの人生そのものも美であり作品なのかもしれませんね^^

DSCF1640_convert_20100413114823ryuan4.jpg

DSCF1641_convert_20100413114919ryuan5.jpg
方丈の間 龍の襖絵 (非公開らしい)
なぜか観ることが出来ました^^
私、龍の絵が大好きなんです!まるで生きていて、今にも飛び出てきそうなすごい迫力♪
こちらは日本画家の皐月鶴年(鶴翁)が1950年代に描いたもの。

ひゃ~~~、龍安寺までの移動時間に思いのほか時間を取られてしまい、じっくりと境内を堪能するまでにはいきませんでした。
こちらのお寺は、石庭で有名ですが、別名「花の寺」とよばれるほど、四季折々の花木を楽しむことが出来ます。また、次の機会にでもそれを家族で楽しめたらと思います^^

タクシーを飛ばして京都駅へ。
そしてダッシュで姪っ子ちゃんの本日のスケジュールに組み込まれていた「おうどんを食べる」も無事こなし、空港行きのリムジンバスへ。

間に合ったぁ~!
これこそ本当の珍道中^^
もうなんだか楽しくなっちゃいました。後で聞いたらほかの家族もみんなそうおもったみたい。

こうして両親と妹親子は一足先に家路へと。
気をつけて鹿児島まで帰ってね~おうちに帰り着くまでが遠足です^^

さて、私たちは新幹線の時間までしばらく時間をつぶさなきゃね。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-29 00:02 | カテゴリ:外ごはん
P1090706_convert_20100412110807saikontan1.jpg

2日目のディナーは家族水入らずで(あ、もちろん彼ちゃんも^^)
京懐石にお豆腐にフレンチ(両親のみ)に~とそろそろ胃もお疲れかなと思い、京野菜をたっぷり使った中華のお店をセレクト。
その名も「菜根譚蛸薬師(サイコンタンタコヤクシ)」さん。
京都の台所で有名な錦市場近くの築100年の古い京町家で、京野菜たっぷりの中華料理が楽しめると人気のお店。
前もって予約をしておきました^^

P1090708_convert_20100412110950saikontan3.jpg
玄関を入るとまず目に入るのがかまど。おくどさんと言うんだそうです。
ガスらしいですが、今も現役で活躍しているそうです。

P1090709_convert_20100412111023saikontan4.jpg P1090710_convert_20100412111116saikontan5.jpg
店内。
ほんとに奥に長いんですね~町家造りって!

P1090711_convert_20100412111150saikontan6.jpg
お部屋の前の坪庭。
やっぱりいいですよね~こういうの。
もしも1軒家を建てるなら、パティオとか坪庭とか欲しいです、私^^

P1090712-2_convert_20100412111234saikontan7.jpg
お部屋の中。
テーブルはなく、ひとりずつお膳でいただくように演出されています。面白いですよね^^
上座にチョコンとお座りなのが私の母ですぅ。
お部屋の中に入ってまず驚いたのが明かり。(このときはフラッシュ対応で撮りました)
すごく暗いんです!「あ~、江戸時代とかこんなかんじだったのかな」と皆で話したぐらい。
DSCF1550_convert_20100412112122saikontan21.jpg
これが明かり。間接照明しか置いてありません。
最初は暗さに慣れず、演出しすぎじゃない?と不信にもなりましたが・・・これがなかなか落ち着くんです。
本来、こうあるべきなのかもな~と思いました^^

P1090713_convert_20100412111304saikontan8.jpg
前菜の盛り合わせ(くらげ香油和え・棒々鶏・海老のゼリー寄せ・筍の海老子和え)
どれも美味しいですが、棒々鶏のゴマダレがまろやかでとっても美味しいです。
あ、でも1番はやっぱり筍だったかな~^^

P1090714_convert_20100412111335saikontan9.jpg
京菜ハリハリサラダ
やっぱり美味しいですね~水菜!
ほかにも赤大根(多分)やねぎ、ビーンズなど色々と入っていました。
「あ~体の中がスッキリと喜んでいる気がするわ」と母。
旅行中はやっぱり野菜不足になりがちですからね、嬉しい1品です。

P1090716_convert_20100412111403saikontan10.jpg
北京餃子
これがメチャクチャ大きいんです!優に10cm強はあるんじゃないかしら!?
大きなお口を開けて頑張って美味しそうに食べていました、姪っ子ちゃん^^

P1090717_convert_20100412111425saikontan11.jpg
海鮮春巻き
海老などのすり身で作られた春巻き。
油っこくなく、上品なお味でした。

P1090720_convert_20100412111614saikontan14.jpg
イカとセロリ、黄ニラの炒め物
これがまた美味しかった~
私たち家族が好きな中華はまさにこの感じ^^
黄ニラ(わが家はニラが苦手なんですが)、臭いもなく甘くて美味しかったです。

P1090721_convert_20100412111643saikontan15.jpg P1090722_convert_20100412111701saikontan16.jpg
大海老 マヨネーズ炒め
大好きな1品なんだけど・・・
ちょっと甘さが強すぎだったなぁー残念><

P1090725_convert_20100412111732saikontan17.jpg
油淋鶏
骨付き鶏肉は香ばしく、香味ダレも美味しい^^
素揚げのナスも美味しかったぁ!

P1090727_convert_20100412111753saikontan18.jpg
坦々麺(白)
最初は黒を頼もうとしたのですが、お店の方に「かなり辛いですが大丈夫ですか?」と訊かれ、皆のことを考えて白を注文。
辛いと言うよりビリビリ系。山椒がとても効いています。
これなら私は黒でも大丈夫かもしれない・・・多分。どうだろ?

P1090729_convert_20100412111819saikontan19.jpg
鶏と高菜の炒飯
これがまた美味しかった!
高菜炒飯大好きです^^鶏挽き肉と合わすといいんだな~とひとつお勉強♪

P1090730_convert_20100412111839saikontan20.jpg
芒果布丁(マンゴープリン)
姪っ子ちゃんのメインディッシュ!?
マンゴーの果実たっぷりのとってもジューシ~なプリン。まさに私好み^^
姪っ子ちゃんもペロリ♪
ご満悦のご様子でした^^

このほかにも、「菜根譚農民麺」というのを姪っ子ちゃん用に注文したのですが、これもかなり美味しかったです!
名前だけ見て、勝手に東北地方にありそうな醤油仕立ての甘じょっぱい田舎風を想像していたのですが・・・
良かった!やっぱり関西と言うか京都です!鶏ベースの澄んだスープにたっぷりの九条ネギ。麺も細麺で上品^^
本当に体にも優しく美味しい麺です。
それなのに!!画像撮り忘れT_T

落ち着いた空間で食事を楽しみながら家族団らんでき、とてもいい時間でした。
BGMのないのもいいものですね。静かな中に聞こえてくる音を感じながら心からくつろぐことができました。
両親も妹親子もとても喜んで楽しんでくれていました。

「東京と鹿児島で離れているけれど、こうやってたまに京都で落ち合って一緒に色々なことを楽しむっていうのもいいわね」と。
ほんと、そうだな~
色々共有できるし、一緒にワクワクしながら知らない所で楽しむってのもステキな関係だなと。
やっぱり家族っていいですね^^

P1090707_convert_20100412112750saikontan21.jpg
菜根譚蛸薬師(サイコンタンタコヤクシ)」
〒604-8113 京都府京都市中京区柳馬場蛸薬師上ル井筒屋町417
TEL:075-254-1472
営業時間: 11:30~14:00(L.O.)17:00~22:00(L.O.)

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-28 17:39 | カテゴリ:好きなもの
DSCF1458-2_convert_20100412082409shimogamo1.jpg
下鴨神社楼門

京都2日目。
今日ははとこのYちゃんの結婚式。下鴨神社で行われました。
私たちはお呼ばれしていませんでしたが、白無垢姿を見に他のはとこたちと集合。

下鴨神社って世界遺産だったんですね~
わりとコンパクトにまとまった神社でしたが、観光の方や結婚式に参列される方などけっこういらっしゃいました。

DSCF1465_convert_20100412090230simogamo.jpg
若いふたり^^
学生時代からのお付き合いでこの春ゴールイン。お幸せに♪

DSCF1444_convert_20100412082624shimogamo2.jpg
牛車
そういえば、下鴨神社は葵祭で知られていますよね。
この牛車もそのときに使われているのかしら!?
☆葵祭とは、京都三大祭のひとつで、わが国の祭のうち最も優雅で古趣に富んだ祭として知られています。平安朝の優雅な古典行列は平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かうお祭です。
このお祭の特徴は、平安時代以来、国家的な行事として行われてきたので、わが国の祭のなかでも数少ない王朝風俗の伝統が残されていることです。


DSCF1446_convert_20100412082657shimogamo3.jpg
舞殿
目を引く場所に建てられています。
奉納舞とかよく聞きますが、平安の頃から舞いというものは神様に奉げるとても大切なものだったんでしょうね。
現存の「舞殿」は寛永5年(1628年)に建て替えられたものとされ、重要文化財に指定されているそうです。

DSCF1468_convert_20100412082820shimogamo4.jpg
なかなかいい1枚^^
雅な感じ出てますよね。

そういえば、「御手洗社(みたらししゃ)」っていうのが有名だったんだけど・・・お参りしなかったなぁと思っていたら!(あとで調べたみたら)姪っ子ちゃんたちが走り回って遊んでた場所でした^^;
ガーン、写真も撮ってないっ><
御手洗社は井戸の上に建てられていることから「井上社」とも呼ばれるそうです。
社の前の池は「みたらしの池」とよばれ、毎年7月の土用丑の日には多くの人がこの池に足を入れ厄除け、病除けを祈るという「足つけ行事」が行われます。
また、この池に湧く水の泡を人の形にかたどったのが「みたらし団子」。そう、ここが「みたらし団子」発祥の地なんだそうです!^^

DSCF1477_convert_20100412082857shimogamo5.jpg
鳥居

ってことで下鴨神社をあとにし、大人4名子供4名でお散歩がてらの~んびり歩くことに。

DSCF1497_convert_20100412083803kamogawa6.jpg
キャ~~っ!一気に3人の子持ち状態です><
信号ひとつ渡るもの大変!
子供たちは、へっちゃらな顔して余裕でキャーキャー楽しそうにしてましたが^^;

まずは腹ごしらえということで、ランチする場所を探し。
これも大変だって初めて知りました!
子供がいると、お店も限定されてくるものなんですね^^;
でも!はとこのGoがお店を見つけてくれてひと安心。ホッ♪

P1090677_convert_20100412084350kamogawa10.jpg
天ぷら定食
立派なエビがついてる♪っと思ったら姪っ子に1本盗られちゃいましたT_T
このボリュームで1,000円しないなんて・・・東京じゃ考えられない。

DSCF1539_convert_20100412083848kamogawa7.jpg
気持ちのいい鴨川河川敷
鴨川と賀茂川ってどう違うの?ってことで調べました^^
出町柳の下鴨神社より下流が鴨川と呼ばれ、その上流は賀茂川と呼ばれるそうです。
ちなみに・・・
P1090668_convert_20100412100544kamogawa.jpg
こちらが賀茂川

DSCF1509_convert_20100412083313kamogawa2.jpg DSCF1514_convert_20100412083351kamogawa3.jpg DSCF1515_convert_20100412083428kamogawa4.jpg
サギや鴨もまったりの~んびり泳いでました^^

DSCF1520_convert_20100412083519kamogawa5.jpg
荒神橋そばの飛び石
ここには亀石があるんですね~^^
もう、子供たちは大はしゃぎ!
Goの手をつかんで一気に川へと。
がんばれ~パパ!

P1090673_convert_20100412084021kamogawa8.jpg
躊躇することなくダイナミックにジャンプする姪っ子。
ママ(私の妹)は慎重タイプ。親子でもこんなに違うものなのか~
しかし、京都の皆さんは飛び石を普通に使っていらっしゃるんですね^^
元気な姪っ子たちと引っ張られているGoのせいで軽く渋滞に・・・スミマセン

P1090675_convert_20100412084114kamogawa9.jpg
末っ子のRくんは鳩を追いかけて・・・逃げられちゃったねぇ~
ふたりのお姉ちゃんに可愛がられながら強くがんばってます。
ママのMちゃんも可愛くて仕方ないってかんじ^^

DSCF1499_convert_20100412083012kamogawa1.jpg
鴨川にも枝垂桜が

最後にイタリアンカフェでティータイム。

P1090690_convert_20100412084602kamogawa11.jpg
桜のジェラード(姪っ子注文)
みんなで違う種類のジェラードを注文して一口ずつ交換。
小さくても、女の子たちはチャッカリしっかりしてますね^^

しっかし、よく歩きました。
なんと、下鴨神社から京都市役所近くまで歩いたんですから!
大人だけならまだしも・・・子供4人も。
パワフルな子供たちとは対照的に疲れた私^^;
3児のパパママ(Go&Mちゃん)もケロッとしてました。さすがっ!
あ、もちろん、うちの彼ちゃんはこんな時でもマイペースに気の向くままに景色を楽しみ、写真を撮ったりしながら楽しんでおられました^^;

楽しいお散歩だったなぁ~。
こういう風に、京都を楽しむのもいいものですね^^
Go&Mちゃん、色々つきあってくれてありがとう!!
次回はゆっくり飲みながら楽しく過ごしましょ☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-28 00:41 | カテゴリ:外ごはん
P1090657_convert_20100409122617tofu3.jpg

この日の夜は明日、下鴨神社で結婚式をするYちゃんの式に参列する親戚が集まっての食事会。
お店は「豆水楼 木屋町本店」さん。
こちらはお豆腐の専門店らしく、お豆腐懐石をいただきました。
大正初期に建てられた築100年の町家とあって、人気のお店らしいです。
風情ある空間で湯豆腐をいただけるなんて!楽しみです^^

お豆腐懐石「雅」5,512円

P1090656_convert_20100409122545tofu2.jpg
前菜の盛り合わせ
蛸煮は姪っ子ちゃんに食べられちゃった^^;

P1090658_convert_20100409122756tofu4.jpg
お造り
みょうがや紫蘇の花実が添えてあるのは嬉しい^^

P1090660_convert_20100409122836tofu5.jpg
おぼろ湯豆腐
小皿に取り分けたとこ。
他にはお麩(ひとり1個)とほうれん草が入っています。
薬味と一緒にいただきましたが、濃厚ではなくさっぱりとしたお豆腐でした。

P1090661_convert_20100409122914tofu5.jpg
椀物
すっきりとしたお吸い物

P1090662_convert_20100409122942tofu7.jpg
焼き物
青魚は苦手だけど鰆なら大丈夫ですと話したのに・・・お豆腐とお麩の田楽オンリーにされちゃったT_T
せっかくお豆腐以外のものが食べれると思ったのにぃ~残念

P1090663_convert_20100409123015tofu8.jpg
炊き合わせ
おから団子と筍。
筍が美味しい季節でよかった^^

P1090664_convert_20100409123041tofu9.jpg
揚げ物
なすとオクラ、湯葉巻き(中はなんだったんだろう)

P1090666_convert_20100409123125touf11.jpg
酢の物
湯葉の酢の物
何気にそら豆が美味しかったりして・・・^^;

これに、京揚げと筍の炊き込み、赤出し、デザートがつきました。

お腹いっぱい!
このおぼろ湯豆腐は上に掲載した木のお風呂みたいなのに3回くらいはお替りできるらしいんです。
でも、こんなに色々出てくると早々お替りなんかできませんねぇー
お腹をいっぱい減らしていくか、品数の少ないコースにされるとお替りできるかも^^

こちらの木屋町本店は夏になると鴨川納涼床席が用意され、東山の借景を愛でながら豆腐会席を楽しむことが出来るそうです。
京都の夏の風物詩ですものね~

私、貴船の川床と鴨川の納涼床を一度は楽しんでみたいと思っています。
やっぱり夏の京都の醍醐味ですものね^^
ただ・・・暑っい夏にわざわざ京都に行くかが問題で、まだ経験も予定もなし^^;

久しぶりに会う親戚との楽しい時間。
とても楽しく懐かしい時間でした。

両親と妹親子と別れ、私たちはホテルへ。今回は別々のホテルでの宿泊なんです^^;
彼ちゃんと歩いているとあっ!

P1090667_convert_20100409123203hiiragiya.jpg
柊家旅館
いつかは泊まってみたい憧れの宿。
あの川端康成もこよなく愛していた宿としても有名ですよね。
やはり、こちらのホスピタリティーとお料理は最高らしいです。
せめてと思い、記念の1枚^^
いつかきっと、楽しめる日がくるさ♪

こうして・・・
どうなるだろう!?と心配した京都1日目も無事に終わろうとしています。


P1090654_convert_20100409122503tofu1.jpg
豆水楼 木屋町本店
京都府京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町517-3
電話:075-251-1600
営業時間:月曜から土曜=昼11時30分~14時 夜17時~21時30分 日・祝=12時~20時30分

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-27 17:15 | カテゴリ:外ごはん
P1090628_convert_20100408205406hyoki1.jpg

両家のお食事会は、京都市中京区にある「懐石 瓢樹」さんで。
こちらは、南禅寺にある老舗の高級店「瓢亭」さんの暖簾わけのお店です。

建物は、明治の日本画家「今尾景年」が贅を尽くした邸宅だったそうで、2008年の春に日本重要文化財になったとのこと。
お部屋のひとつには、明治天皇から贈られた床柱のある由緒あるお茶室もあるそうです。
これだけでも私、ワクワクです^^

まずは

P1090647_convert_20100408205854hyoki9.jpg
打ち水されたお玄関から、美しい生け花に出迎えられ
あ、その前にちゃんと番頭さんに出迎えられていますけどね^^;

中に入ると

DSCF1431_convert_20100408210117hyoki12.jpg
長い廊下 青いじゅうたんがきれい^^

個室に案内していただきました。

P1090638_convert_20100408205723hyoki6.jpg
床の間には春らしい生け花と書の掛け軸が

DSCF1427_convert_20100408205951hyoki10.jpg
お部屋から眺めるお庭

なんともいいじゃないですか~^^
既に彼ちゃんのご両親&弟さん家族(・・・が、弟さんは先日足を骨折してギブス生活のため、安静にということで本日泣く泣くご欠席。可哀想にT_T)がいらしていたので、しばし歓談。
私の両親&妹親子は、飛行機の遅れと伊丹からの大渋滞(高速はいっつも混んでますよねー)で30分ほど遅れるとのこと・・・ありゃりゃ・・;)困ったわぁ

しばらくすると、廊下をイソイソとした足音が聞こえ
「遅くなってすみませ~~~ん!」やっと両親&妹親子の登場^^
私もホッとしました。
京都に土地勘があるわけではないので、タクシーでちゃんと辿り着けるか心配だったんです^^;

さて、お決まりのごあいさつをササッと済ませ、皆でホォ~~。
それを見計らったように、お店の方々が食事やビールを運んできてくださいました。

「両家のウンンチャラカンチャラ・・・・・乾杯~~♪」で乾いたのどをビールで癒し、さぁ!お待ちかねのお食事^^。

瓢樹さんは、良心的なお値段でお料理を楽しむことが出来ます。
どのコースにしようかと悩んだのですが、大食いがいないことと、わが家は夜にも親戚での会食を控えていたため、程よいボリュームの膳に。子供たちはもっと食べないので、ワンプレートのお料理に。

花遊膳4,620円(昼のみ)

P1090629_convert_20100408205447hyoki2.jpg
灯篭のような可愛らしい入れ物に入れられてお料理が出てきます。
こういう演出だけでもワクワクしちゃう、単純な私^^;

P1090632_convert_20100408205522hyoki3.jpg
お重が三段。そしてお造り。
お造りは、しまあじの昆布〆。これが絶品でした!
昆布〆はこうあるもの!と改めて味わあせていただいたかんじ。
私の昆布〆は・・・修行し直しだぁ><

P1090636_convert_20100408205620hyoki4.jpg
お重を広げると、なんとも華やか!
一つ一つ丁寧に作られていて、受け継がれてきた伝統を感じます。
八寸・揚げ物・炊き合わせ・和え物・焼物
どれもこれも美味しいの一言。
揚げ物には私の大好きな抹茶塩が添えてありました^^

P1090639_convert_20100408205742hyoki7.jpg
これが瓢亭名物「瓢亭玉子」!
単なる半熟玉子とは違って、白身にはちゃんと火が通っているのに黄身は驚くほどトロ~リとしていて柔らか。
一口でペロリ!といっちゃうのがオススメ^^

P1090640_convert_20100408205802hyoki8.jpg
お吸い物・ご飯
お吸い物は、旬の筍とわかめに木の芽。
ご飯は・・・私の苦手な豆ご飯><
っが!!!
食べれたんですぅ^^)v
まったく青臭さがなく、グリンピースもプリプリで甘くて上品なお味。
蒸篭に入っているからでしょうか・・・
母も妹も同じく苦手なのですが、目を丸くして「美味しい」と食べていました^^
やっぱり、料理の仕方ひとつなんですね。
料理の奥深さを実感。

そして子供たちのいただいた
樹(いつき)点心3,465円(昼のみ)

P1090637_convert_20100408205654hyoki5.jpg
おにぎり3種に八寸・揚げ物・炊き合わせ・和え物・焼物・・・そして瓢亭玉子まで。
彩りもよく、子供たちも嬉しそう^^
特に、弟さんのお子さん(CちゃんとAくん)は食べず嫌いなところがあり、弟さん夫婦も今日のお料理を食べれるのか心配していたのですが、そんな心配ご無用でした!
これには私もびっくりしたくらい。
ワンプレートがよかったのかも。そして、オシャレして趣きあるお部屋での食事で彼女たちのお箸もすすんだかな^^

DSCF1430_convert_20100408210040hyoki11.jpg
ほかにもこんなお庭や

DSCF1432_convert_20100408210143hyoki13.jpg
箱庭など


お料理はどれも季節感があって目にも食べても美味しいお料理です。器も素敵で、瓢箪の形の箸置きなどもありました。この価格で正統派の京懐石をいただけるなんてと、感動&感謝の気持ちになりました。
そして何よりも、温かなもてなしの心を強く感じ、とても癒されました。

これは多分、瓢樹さんが大切にされている「五味調和」の心、
旬の素材が持つ芳醇な味わい(五味)を引き出し、組み合わせ、その繊細な調和と器の一つ一つ、盛りつけ一箸一箸にも四季のうつろいを巧みに取り入れ、一期一会の心を込めた温かいおもてなしを伝えていきたいという茶の湯の心が基本になっているだと思います。

いやぁ~、本当に素晴らしい名店でした。
こちらはミシュラン☆らしいのですが、私には☆☆あってもいいのでは?と思えました(ちなみに瓢亭は☆☆☆)。
まぁ、あまり☆は関係ないですね^^

必ずまた訪れたいお店となりました。
次回は・・・夜でもいいなぁ~

そして!!
私たちは余韻にひたりながらも両家総勢11名で次に向かった先は・・・
そう、天皇、皇后両陛下へのお手振り!!
時間ギリギリだったのでダッシュしましたよ^^大人も子供も。

P1090648_convert_20100409095404michikosama.jpg
美智子皇后陛下

間に合いました!
みーんなでお手振り^^
お帰りの際はギャラリーの数が半端なくて、残念ながらお車は止まることなくゆっくりと徐行されてしまいましたが、最前列でお手振りができ、皆、喜んでいました。
私も、今回はパチリ☆(ブレちゃったけど)できたのでラッキーでした^^

お食事会の〆にふさわしい思い出深いひとときとなりました。

懐石「瓢樹」(かいせき ひょうき)
京都市中京区六角通新町西入ル北側
電話:075-211-5551
営業時間:11:00~14:30、17:00~21:00
定休日:水曜・第3火曜

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-27 11:14 | カテゴリ:好きなもの
DSCF1403_convert_20100408123704toji2.jpg
東寺境内にある小さな池のそばの枝垂桜

ふぅ~、こんなにあせった旅行前夜(というよりも明け方)はなかったかもぉ~。
案の定、彼ちゃんは午前様ではなかったものの酔っ払ってご帰宅。
たま~にあるんです。仕事関係の飲み会(特に全体での飲み会と言うかオヤジ率が高い場合)で悪酔いするパターン。
なんと、よりによって昨夜がその悪酔いに当たってしまい><
お風呂も入らずにリビングでバタンキューzzz
どんなに揺すっても怒鳴りつけても・・・シーン。聞こえるのはイビキだけT_T
参りましたね~
覚悟しましたもの。京都での食事会は私ひとりで行こうと・・・。

4時前くらいにやっと起きた彼ちゃん。
死にそうな感じでハァ~~~ハァ~とため息なのか呼吸すら必死なのかというかんじでゴソゴソと荷造りを。
が、まったくはかどらない様子。
見かねて起き、私がギャーギャー言いながら支度してあげました。

支度してあげてる間にお風呂に入らせたら・・・時間もないのにまたまた・・・シーン。
支度の合間にお風呂のドアを開けて「時間ないんだからサッサとしなさーい!」と言いに行き、ポカリスエットの粉末を水に溶かした飲み物を用意したり。
はぁ~疲れた。

P1090616_convert_20100408125809shinagawa.jpg

・・・間に合った。よかったぁ~><
彼ちゃんは本当に行けないかもしれないと思ったらしく、「あ~、本当に来れてよかった」と心の底から安堵していました。
ほんと、この掲示板をふたりで見れるとは思わなかったと安堵している私の隣にいるはずの彼ちゃんは・・・
新幹線の写真を撮ろうと頑張っていました。
ほんとーにマイペースな坊ちゃんです。

新幹線の中で梅干入りのおにぎりを食べてぐっすりと寝た彼ちゃんは無事に復活!
9時に降り立った京都駅が、いつもより感動的に感じたのは・・・私たちだけかもしれません^^;

12時からの食事会までまだ時間はあるけど、あまり遠くへは行けないということで、今まで行ったことのない東寺に行くことにしました。
東寺って、新幹線の中から見える五重塔だけだと思って期待していなかったのですが・・・
この後、驚くべき感動が私たちに!!

京都駅から東寺へとゆっくり国道を歩いていると、なんだか警察関係の方々の姿がアチコチに。
彼ちゃんと「何だろうね~」と気になりながら歩いていると、その警官さんにおばあさんが何かを尋ねているので、盗み聞きすると
おばあさん「あとどれぐらいでお出ましになりますか?(←これを京都弁で)」
警官「あと10~15分くらいでこちらを通過される予定です」

誰かいらっしゃるのかなぁ~と思いながらも先を歩いたのですが、ほんと2~3m毎に警官or警備の方々がいらっしゃるのでどうしても気になってしまい、近くにいた警官の方に尋ねると

「もう少ししますと天皇、皇后両陛下がこちらをお車で通過されます。ご覧になられるようなら、あちらの桜の木の下でお待ちください」と。

お~~~~~っ!これはなんとラッキーな☆
慌てて先ほどのおばあさん方がいらっしゃる桜の木(小学校の校門前)までダッシュで引き返しました。

待つこと数分。
あのですね、通過される5分前からカウントダウンのように
5分前は「5」3分前は「3」1分前には「1」の数字をつけたパトカーが通過するんです。
「1」のパトカーが通過した瞬間に胸がドキドキ!

いらっしゃいました!!黒塗りのお車が数台。
隣で色々と親切に説明くださった警護の方から「旗のついたお車に両陛下がお乗りですよ」と教えてもらったので、まばたきもせずに見つめていると・・・

私たちの目の前でお車が止まり
美智子皇后陛下とその横(と言うか奥に)から天皇陛下が優しいまなざしでお手を振ってくださいました!
感動というか、涙が出そうでした。
写真を撮りたいなぁーと思っていたのですが、2mくらいしか離れていない距離でしかも目の前。
そこでカメラを構えるのはあまりに失礼だと思い、笑顔で手を振り続けました^^
両殿下とも本当に素晴らしいオーラと慈愛に満ちたまなざし、改めて素晴らしい方々だと感動しました。

1分くらいすると静かにお車が動き出しました。
警護の方より「3時半ごろには反対車線をまた通過されますので、よろしければまたご覧にいらしてください」と。
なんとご親切な!お礼を言って興奮気味に歩き出した私たち。
そう、目指すは東寺

DSCF1380_convert_20100408123538toji1.jpg
見えてきましたぁ~東寺!
なんとも清々しい心地の良い雰囲気。波動が高いんでしょうね~

DSCF1406_convert_20100408123742toji3.jpg
下から見上げた 国宝・五重塔
826年に弘法大師によって創建され、幾度の災火いみまわれ、4回も焼失したんだそうです。
現在の塔は1644年に徳川家光の寄進によって竣工した日本最高の塔だそうです。

DSCF1409_convert_20100408123925toji4.jpg
国宝・金堂 桃山時代創建
この中は自由に見学が出来ます(撮影禁止)
重要文化財の薬師三尊、十二神将がいらっしゃいました。
素晴らしかったぁ~

DSCF1410_convert_20100408124043toji5.jpg
国宝・講堂 室町時代創建
こちらも自由に見学できます。(もちろん撮影禁止)
重要文化財・大日如来を中心に国宝・梵天、国宝・帝釈天、国宝・不動明王など、国宝が16軀、重文が5軀の計21軀が安置されています。
すごいですよね!
博物館で催される特別展みたいでしたよ~
とっても落ち着いた静かな空間でゆっくりと見ることができます。
東寺で使用されているお香の香りがとても良く、上品ですごく気に入りました。
なのに、買うの忘れちゃったんです><
ぜひ、東寺に行かれたらお香の香りも楽しんでください^^

本当ならもっとゆっくりじ~~っくりと見学したかったのですが、先ほどのお手振りで余り時間が少なかったので泣く泣く東寺をあとに。

DSCF1421_convert_20100408124239toji6.jpg
最後に枝垂桜と五重塔を・・・と思ったら家族連れが記念撮影。
どくのを待ったのですが、これがなかなかどいてくれなくて観念しました><

DSCF1424_convert_20100408124846toji7.jpg
東門前での五重塔
この風景がなんとも気に入ったので最後にもう1枚^^

いやぁ~、東寺は良かった!
いままでどうして来なかったんだろう><と後悔したくらいです。
また、季節の良い頃にゆっくりと訪れたいと思います。

さぁ!ダッシュで今度は烏丸御池へ!
なんか、楽しい旅になりそうです♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-26 23:00 | カテゴリ:パスタ
P1090609_convert_20100405120053pasta1.jpg

今夜はひとりパスタ♪
とは言え明日から3日間、家を空けるので野菜室に残っているお野菜を使ったパスタに。
ふふふ^^生クリームはちゃーんと残してあるのでクリーム系のパスタにはしますけどね!

3日間も家を空ける!?
実は、京都へチョコリっと旅行しに行ってきます。
旅行と言っても、今回の第一の目的は・・・
両家(私と彼ちゃんの)顔合わせ。

えっ!?今頃???って思われそうですが、そうなんです^^;
昨年の7月に急遽入籍をしたのですが、夏の暑い頃は体調を崩しやすいこともあるし、急がずとも長いお付き合いになるだろうからと、顔合わせの時期を伺っていました。
今回、私の両親が親戚の結婚式で京都に(私たちでなく申し訳ない)行くことになったので、皆で落ち合うことにしました。

私と彼ちゃんはお互いの実家を何度も行き来しているので打ち溶け合っているのですが、両親たちは初めてなので緊張するでしょうね。
少しでも緊張がほぐれるよう、そして雅な京都の風情を楽しめるよう、食事会のお店はその辺を考慮して選びました。
きっと、楽しいお食事会になると思うので、今から楽しみです(私が一番楽しみにしてたりして^^)

そんなこんなで明日は早朝6時台の新幹線に乗る予定なのですが・・・
彼ちゃんはお仕事関係の飲み会だそーです。
なーんの用意もしていない彼ちゃんなので、朝、くれぐれも酔っ払って遅くならないようにと釘を刺しておきましたが、まぁー無理でしょうね><

【えびとスナップエンドウとトマトのクリームパスタ】(1人分)
・えび・・・7尾(背わたを取っておきます)
・スナップエンドウ・・・7本(そのままor二等分に)
・プチトマト・・・5~7個(二等分に)
・生クリーム・・・80cc
・牛乳・・・20~30cc
・白ワイン・・・大1~2
・コンソメ・・・少々
・塩、コショウ・・・少々
・アンチョヴィペースト・・・少々

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。茹で上げ時間の40秒~1分前にスナップエンドウを入れて一緒に茹でます。
2.フライパンにオイルとアンチョヴィペーストを熱し、えびをソテーします。
3.赤く色づいてきたらプチトマトを入れて軽く炒め、白ワインを回し入れます。
4.生クリームと牛乳、コンソメを入れて2/3の量くらいまで煮詰めて塩、コショウで味を調えます。※沸騰しすぎないように
5.茹で上がったパスタとスナップエンドウを入れて絡めます。
はい、できあがり!

P1090610_convert_20100405120119pasta2.jpg

美味しい^^
えびのプリプリ感とスナップエンドウの甘みとシャキシャキとした食感がたまりません♪
トマトのおかげでクリームソースのまったり感もさわやかに仕上がります。

私はグリーンピースと絹さやえんどうが苦手なのですが、スナップエンドウは割と好んで食べています^^
このシャキシャキとした歯ざわりと程よい甘みがいいんでしょうか。
そのうち、グリーンピースなんかも食べれるようになるのかなぁ~

ひとりでビール&おつまみ、ワイン&パスタを食べてお片づけして・・・
まだ彼ちゃんは帰ってきません。
もちろん、私の旅支度は終了!
はぁ~、また夜中にバタバタと私が支度してあげなきゃいけないのかなー><
やれやれ。
帰ってくるまではまぁ~~ったり♪としとこ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-25 02:26 | カテゴリ:外ごはん
P1090577_convert_20100405115825taruichi4.jpg
ゴボウの天ぷら
これがメチャクチャ美味しいんです^^


今日は冷たい雨。春とは思えない冬の冷たい雨ってかんじでしたね~T_T
そういえば・・・ン十ン年前の今日、小学校の卒業式だったなぁ。
なんで小学校の卒業日だけ覚えているかと言うと・・・
先生が作った歯の浮くような「お別れの言葉」を卒業生がひとりずつ大きな声で言うってのがあったんですが、練習しているうちに全部覚えちゃうんですよね。
その中に「昭和○○年3月24日、この晴れやかな日に、第70回の卒業生として、私たち221名は、今ここに、小学校時代を終わろうとしています」ってフレーズがあったんです。
「、」ごとに違う人が言うんですが、その声の感じもいまだに覚えています。懐かしいなぁ~^^

おっと、本題からどんどんズレちゃいましたが^^;

今夜は、来月4月より海外赴任される飲み友D氏とサシ飲みに^^
職場でも大人気のD氏。毎晩のようにあらゆる方々から壮行会を催されているようで、ちょっとお疲れなかんじですが、それもこれも彼の人柄、人徳ですね^^

そんな私は、
日々の壮行会ではキレイなお店が多いだろうと思い、日本をしばし離れるD氏をコッテコテの居酒屋にご招待。
その名は「酒蔵 樽一 新宿店」。
このお店、知る人ぞ知る名店で旬の肴に各地の日本酒を楽しめる他、今色々と話題の鯨料理も置いてあります。
歌舞伎町の古い雑居ビルに入っているのですが、財界人なども訪れる通好みのお店なんです。
冷たい雨の中でも満員でしたねー。(予約していてよかった><)

案の定、D氏は昭和下町風の小汚い店内に最初は少し戸惑った感じでしたが、すぐに馴染んで楽しんでくれていました。
アハハハハ^^期待を大きく裏切るのが樽一の良さ!見た目だけで判断しちゃーいけないってことをココで学べるわけです。

さておつまみ。

P1090573_convert_20100405115651taruichi1.jpg
付だし
さっぱりとしたお味の白和え

P1090575_convert_20100405115725taruichi2.jpg
ハリハリサラダ
器からはみ出さんばかりの水菜^^
上にトッピングされた素揚げの麺がパリパリ香ばしくて、いいアクセントに。
このサラダははずせません^^

P1090576_convert_20100405115847taruichi2.jpg
ホヤ貝のお刺身
人生初のホヤ貝!
磯の香りがフワ~っとしてクセもなく食べれました^^
D氏「これはすごく新鮮!いいね!!」と絶賛されていました。
そう、店構え的に、鮮度が気になるのも無理がありませんが、本当にこのお店は新鮮!

P1090579_convert_20100405115909taruichi5.jpg
タコの唐揚げ
ふたりで「デカッ!!」と言ってしまったタコちゃん^^
やわらかくて美味しかったぁ~

P1090580_convert_20100405120014taruichi6.jpg
鯨の大和煮
懐かしい~お味。
私の小学校の頃は、給食に出ていた記憶が・・・。

まずは生ビールで乾杯し、その後は日本酒へ。
日本酒の鮮度にもかなり気を使われているので、どれも美味しかった~♪

途中、店長の佐藤さんがこっそりおつまみを持ってきてくれました。
レーズンバターならぬ、梅バター。
板さんが試しに作ってみたということでしたが、これがなかなか美味しかった!
しかーし・・・画像を撮るの忘れちゃって><
佐藤さん、ごちそうさまでした~~~

今夜も楽しい時間でした。
D氏は博学な方で、私が疑問に思うことを聞くと必ず答えてくれるんです。
私の良き師^^
あーこんな、なんでもない日常がしばらくなくなるのかなーと思うと寂しいです。
「気のおけない」数少ない友人(と言っては失礼かもしれませんが、いいよね^^)のひとりですからねー。

どうぞ、新天地でもお元気でご活躍ください。
一時帰国されるときは必ず!ご連絡くださいね!!
私たちも必ず遊びに行きますね♪

はぁ~、春は新しい門出のとき。
ほんとに寂しいけど、D氏に乾杯!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-24 02:07 | カテゴリ:和風
P1090569_convert_20100330112324nimono1.jpg

今日、3月23日は私の幼なじみであり、尊敬していた弁護士、左近允寛久の命日でした。
昨年の今日、彼はこの世を去りました。
志半ばでの急死だったので、色々と無念もあったと思いますが、彼が心血を注いで頑張ってきた弁護活動は、とても大きな功績だったと思います。
本当に惜しい素晴らしい人を失いました。

お昼のランチでは、ビールをキンキンに冷やして、空の彼に向かって乾杯しました。
なんて乾杯すればいいのかな・・・と一瞬思いましたが、
「左近、元気にしてる?ちゃんと楽しくやってんの?今までの君と、今の君と、こうしてコッチで今も頑張っている私たち仲間みんなに乾杯!!」
と流れる雲を見ながらグラスを天にむけ乾杯しました。

1年が経ち、悲しみは少しだけ癒えてきましたが、やっぱり寂しいものです。
改めて、1日1日を大切に生きていこうと、その責任があるんだってことを感じました。

今夜は、そんな彼を偲んで、思い出のお料理に。
彼が司法修習生で最後の試験(それに受かって初めて弁護士になれるらしい)直前に、うちに呼んで妹とふたりで決起会みたいなことをしてあげたんです。
その時に作った1品がこの煮物。
とっても美味しいと言ってくれたので、残りをタッパーに入れて持って帰らせました。
そのおかげで!?無事に弁護士になれたという縁起のいい煮物^^

これを食べて私と彼ちゃんにも縁起のいいことあるかしら!

【里芋と豚ばら肉の煮物】
・里芋・・・1袋
・豚ばら肉・・・500~600gくらい
○煮汁
・だし汁・・・3カップくらい
・お酒・・・大3
・お砂糖・・・大1
・みりん・・・大2※(そのうち大1は後で入れるます)
・おしょうゆ・・・大3※(そのうち大1は後で入れるます)

・三つ葉やせりなど・・・適量

(作り方)
1.豚ばら肉は熱したフライパンに脂身の方から下にして入れ、こんがりと焼けたら裏返しながら全面に焼き目をつけ、取り出して水洗いし、3~4cmくらいの食べやすい大きさに切ります。
2.お鍋に1.のお肉と○煮汁(※みりん、おしょうゆは各大1ずつは後で入れるので減らして)を入れて火にかけ、弱火で30分ほど煮ます。※アクが出ますからきれいに取りましょう。私はアク取りシートにおまかせ~♪
3.里芋は皮をむいて塩もみをしてぬめりを取り、水洗いします。里芋は大きいものは半分に切った方がいいです。
4.お鍋に里芋とさといもがかぶるくらいのお水を入れて火にかけ、7~8分下茹でします。
5.2.のお肉が柔らかく煮えてきたら(竹串を刺してス~ッと通るくらい)里芋を入れて落し蓋をして弱火で煮詰めます。
6.煮汁が煮詰まってきたら※各大1ずつのみりんとおしょうゆを入れてお鍋をゆるりながら味を絡めます。
7.器に盛り付け、青みを添えます。食べる時には、お好みで辛子を添えると美味しいです。
はい、できあがり!

P1090571_convert_20100330112346nimono2.jpg

美味しい♪
里芋って本当に美味しくて大好き^^
豚ばら肉もじっくりと煮込んでいるので、とろけちゃいます。

これは彼ちゃんも大好きで、すごい勢いで食べていました^^;
ほんと、わかりやすい人だなぁ~

ホッとできる素朴な煮物。
やっぱり日本人でよかった~っと思う瞬間ですね^^

そして・・・
千の風になって、自由に羽ばたき心地良く過ごしているだろう左近允寛久よ、
私も自分らしく楽しく全力でこの生を全うするから、君も心地良い風になって自由に飛びまわれ!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-23 01:57 | カテゴリ:アジアン系
P1090561_convert_20100330112212bibinba.jpg

なんかあっという間の3連休最終日。
習い事だ~~美容院だ~~~アレやコレや~~~とやっているうちに終わっちゃうんですよね、いつも^^;

今日は私がお昼から用事があって出かけてたのですが、終わった後にちょっと新宿で寄り道。
週末から京都に行くので、その時履いて行ける靴を見たかったんです。
彼ちゃんはジョギングシューズを見たいってことで、わざわざ夕方に新宿まで出てきて待ち合わせ。

私のお目当ては「ABC MART」。
HAWKINSのパンプススニーカーが欲しかったんです^^
このシリーズは軽くて楽チンでお手軽価格なので、旅行などに便利なんです。
もう少し、デザインがいいといいんだけど・・・なかなかすべてを備えたものってないですね><
私のほかにも何人もの女性が同じものをお買い上げでした。
「あー、こんな人ともお揃いになっちゃうのかぁ・・・」と、一瞬買うのを躊躇したりもしましたけど、それは内緒!(爆)

彼ちゃんのジョギングシューズを見たのですが、あまりの人の多さに気合負けしちゃったのか、お買い上げ~♪とまでは行きませんでした。
まぁ、下調べはできたから、無駄ではなかったかな?

そんなこんなだったので、今夜のお夕飯は簡単スピードメニューに。
なんかこのフレーズ、よく使っている気がしますが・・・普段は簡単スピーディーなお料理でチャチャっと済ませたいですものね^^

わが家ではいつもビビンバのお肉はカルビーかステーキ肉を軽く炙ってガッツリいくのですが、今夜は軽めに肉味噌を作ってみました。

【石焼ビビンバ】
・合挽き肉(牛肉7:豚肉3)・・・100~150g
・ショウガみじん切り・・・1/2片
・にんにくみじん切り・・・1/2片
・豆板醤・・・小2
・テンメン醤・・・大1
・ほうれん草・・・1束
・豆もやし・・・1袋
・卵・・・人数分
・キムチ・・・好きなだけ
・コチュジャン・・・好きなだけ
・ごま油・・・適量
・ごま・・・好きなだけ(たっぷりがおすすめ)
・塩・・・適量
・おしょうゆ・・・少々

(肉味噌の作り方)
1.中華鍋にオイルとショウガ、にんにくのみじん切りを熱し、香りが出てきたら挽き肉を入れてパラパラになるまでしっかりと炒めます。
2.そこへ豆板醤とテンメン醤を入れて絡めるように炒め、お好みでウーシャンフェンやオイスターソース、ラー油をかけて火を止めます。
はい、できあがり!

(ナムルの作り方)
1.ほうれん草ともやしをそれぞれ茹で、よく水を切ります。
2.ほうれん草を3~5cmくらいに切り、もやしとともにボールに入れます。
(別々に作ってもいいのですが、ほうれん草は味が染みやすいのですが、もやしは水っぽくて味のしみが悪いので私は、一緒に混ぜて作っています。その方が塩分を抑えられますからねん。)
3.ごま油(小1~2くらいから調整してください)と塩、ごま、おしょうゆを少々入れて混ぜます。
はい、できあがり!

(作り方)
1.ビビンバ鍋を火にかけます。煙が出てきたらごま油を大1入れます。
2.再び煙が出てきたらご飯を入れます。このときに、前もっとお茶碗にご飯を入れておき、それを裏返すように入れるとあわてる事もないし、きれいです。
3.お好みの具を乗せ、真ん中に卵の黄身をポンと。
4.ご飯をお箸で持ち上げてみておこげがおいしそうにできていたら、ふたたび、ごま油を小1~2鍋肌から回し入れます。
5.パチパチといい音がしたところで火から下ろし、テーブルの鍋敷きにおきます。かなりお鍋は熱いので決して触らないよーに気をつけましょう!
はい、できあがり!

(アップ画像は、湯気で全滅だったので今回はナシ)

美味しい^^
石焼きにすると、おこげがきれいにできるので香ばしくて本当に美味しいんです。
ふたりともペロッと食べちゃいました。

このセラミック製のビビンバ鍋も、年季が入ってきました。
何年くらい使っているんだろう・・・
彼ちゃんと一緒に住みだしてすぐに買ったので、6~7年でしょうか。

お~~~!
ってことは、私たちもこんな風に年季が入ってきたのかしら・・・フクザツゥ~^^;
まぁ、きれいにお手入れしながらこれからも大事に使っていきましょうかね、アレもコレも。

ごちそうさま~♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-21 18:13 | カテゴリ:スィーツ
P1090549_convert_20100330111918syu1.jpg

今日は彼ちゃんとふたりでいつもお世話になっている美容院「Supreme」へ。
春らしくスッキリ♪してきましたぁ~。
いつも担当してくださる代表の伊藤さん、やっぱりステキ☆
気分もルンルンになれます^^

今日はめずらしく車ではなくて電車でお出かけ。
まぁ~風は強かったものの寒くなかったので文句も言わず、ちゃーんとイイコにおうちから駅まで歩きました^^

美容院の帰りに彼ちゃんがご褒美かな?
いえいえ、実際にはご自分が食べたくて近所にある「Atelier Yoroizuka」へ。
そう、私の大好きな「Toshi Yoroizuka」のアトリエです。

今日のお目当てはシュークリーム。
ふたりで仲良く1個ずつ買って帰りました。
そう、ここで色々と買わないのがわが家。
私がスィーツ好きじゃないのもありますが、食べ過ぎないコツでもあります^^

おうちに帰って、コーヒーを入れていざ!

P1090550_convert_20100330111947syu2.jpg
撮影用に真ん中から手で割ったらクリームがゴソっと出てしまい・・・慌てて口に頬張ってしまったのでコチラはクリームが少なくなっちゃいました><
でも、それくらいたっぷりと入っています^^

美味しい~~~♪
シューはサクっとアーモンドが香ばしく中からはバニラビーンズの効いた上品なカスタードクリームが^^
こちらでは、シュークリームを注文するとその場でクリームを入れてくれるんです。
そういうのも嬉しいですよね。

いやぁ~、ほんと大好き。鎧塚さんのスィーツ。
甘すぎず、決して胃もたれしない。
最高です^^

至福のひとときでした~♪
彼ちゃん、ごちそうさま^^また買ってね!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-21 01:12 | カテゴリ:パスタ
P1090540_convert_20100330111518pasta1.jpg

春きゃべつ、美味しいですよね~♪
葉がむきやすいので、ついついたくさんむいちゃいます^^;
そして、いくらでも食べれちゃいます。
アハハハハハハ^^

今夜もフラメンコのレッスンだったので、簡単なパスタに。
神経を使ったといえば・・・温泉卵作りくらいかしら^^
色合いも春らしいパスタに仕上がりましたぁ~♪

P1090544_convert_20100330111631pasta3.jpg

【春キャベツとドライトマトのパスタ 温泉卵乗せ♪】
・キャベツ・・・5枚(手で食べやすい大きさくらいにちぎり、芯はスライスします)
ドライトマトのオイル漬け・・・大1.5~2(もしくは、戻したドライトマトとアンチョビフィレ、2~3枚、ブラックオリーブなどを刻んでください)
・鷹の爪・・・1本(輪切りもしくは2つに折って)
・にんにく・・・1片(みじん切りor輪切りなどお好みで)
・卵・・・2個
・塩、コショウ・・・(お塩はほとんどいりません。コショウはお好みで)

(作り方)
1.温泉卵を作ります。
※卵は、できれば室温の状態にしておきます。
1-卵が浸かるくらいに、たっぷりお湯を沸かし、お湯が沸いたらお塩を大1程度加え火を止めます。
2-火を止めたら、素早く卵を入れ、蓋をします。
3-蓋をしたまま、10~12分おきます。
4-時間が経ったら鍋から取り出し、冷水でしっかり冷まします。

2.パスタを茹で始めます。
3.耐熱皿にキャベツを並べ、ラップをしないで電子レンジで1分ほどチンします。もしくは茹で上がる1分~30秒前にパスタ鍋の中に入れて一緒に茹でてもOK。
4.フライパンに少量オイルとにんにく、鷹の爪を熱し、香りが出てきたらドライトマトのオイル漬け(オイルも一緒に)を入れて馴染ませます。
5.茹で上がったパスタとキャベツ、茹で汁を入れて絡めてソースを乳化させます。
6.塩、コショウで味を調えます。
7.お皿に盛り付け、上から温泉卵を割り落とします。
はい、できあがり!

P1090543_convert_20100330111605pasta2.jpg

P1090545_convert_20100330111652pasta4.jpg

美味しいぃ~~~♪
温泉卵がトロ~っとまろやかにパスタと馴染んで美味しいソースに^^
キャベツのシャキシャキ感ともいい具合に絡まっています。

黄色とか若葉の色って春らしいですよね。
ドライトマトの赤がアクセントになっててきれい^^
お味でもいいアクセントになっているんです。

温泉卵さえ、きれいにできれば後は楽チン♪パスタです!
これはいい^^
彼ちゃんもかなり気に入ってくれました。
卵、好きだしね!

うん^^疲れも吹っ飛びましたぁ~
明日はいよいよ春分の日。
ステキな1日になりますように☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-20 00:43 | カテゴリ:洋風(イタリアン系)
P1090527_convert_20100319122207maitake4.jpg

まいたけが2パック。パセリもたっぷりある。
ん!?ってことは例のアレのリベンジが出来ちゃうかしら~♪

私がいつも参考にさせていただいている、イタリアンの素晴らしいブログがあります。
ここにもたまに応援に来てくださるryuji_s1さんのブログ「イタリア料理 パスタ イタリア料理レシピ」。
こちらでは、毎日ステキな本格的イタリアンレシピが紹介されています。

前回作った時には、あるはずのパン粉が少ししか残っておらず・・・ちょっと残念な思いをしたのですが、今夜はパン粉もたっぷりあります!

しかーし!
そのまま作るのもなんだし、おつまみというよりメイン料理にしたいなぁと思ったので、ちょっとアレンジさせていただきました^^
なんか、コチョコチョ小細工したがるのが・・・悪いクセです^^;

【まいたけとエビ・イカ・じゃがいものパン粉焼き】
・まいたけ・・・2パック(食べやすく小分けにしておきます)
・えび・・・10尾(背わたを取り除いておきます)
・冷凍イカリング・・・50~80g
・じゃがいも・・・2個(下茹でして皮をむき、7mmくらいのいちょう切りに)
・パセリ・・・3本(みじん切り)
・にんにく・・・2片(みじん切り)
・パン粉・・・100g(できるだけ細かくしておきます)
・オイル(もちろんEXバージン)・・・100cc
・塩、コショウ(粗挽き)・・・適量
○魚介の下味
・塩、コショウ・・・少々
・白ワイン・・・少々
・白だし・・・少々(なしでもOK)

(作り方)
1.えび、イカを下味につけておきます。
2.ボールにパン粉、にんにく、パセリを入れてよく混ぜ合わせます。オイルを入れながら混ぜ合わせ、塩、コショウで味を調えます。※塩、コショウはしっかりめにした方が美味しいです。
P1090521_convert_20100319122102maitake1.jpg
3.耐熱容器にオイルを塗り、じゃがいも、マイタケ、えび、イカを並べて上から2.をたっぷり乗せてます。
P1090523_convert_20100319122123maitake2.jpg

P1090526_convert_20100319122142maitake3.jpg
4.250℃のオーブンに入れてパン粉が色づくまでこんがりと焼きます。
はい、できあがり!

P1090528_convert_20100319122226maitake5.jpg

サクサク~~~♪
えびはプリプリ、じゃがいもホクホク、まいたけしっとり!
食べ応え十分です^^
じゃがいもを入れたのがgood。全体をひとつにまとめてくれている感じです。
えらいぞ、じゃがちゃん!

金曜の夜にパスタじゃないのって・・・久しぶりな感じです^^;
まぁ、だからなんだと言うこともないのですが、一人で新鮮な気分になってみました☆

明日から3連休ですね~
今年は春分の日と言っても・・・なんだか寒そうな気がしますが、気持ちだけでも春爛漫といきたいな♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-19 17:38 | カテゴリ:好きなもの
P1090509_convert_20100318204727miso3.jpg

自家製味噌を仕込んで1ヶ月。最初の仕込みの模様は→~その1~
今日は切り返しという作業を行います。

蓋を開けて中をチェックするのが楽しみでもあり、ドキドキもします。
発酵食品なので、カビが発生する場合があるからです。
まぁ、表面のカビはその部分を取り除けばいいので大丈夫なんですけどね^^

さて、どうかな~

P1090506_convert_20100318204633miso1.jpg
あ~、蓋を開けるこの瞬間がドキドキ☆

P1090508_convert_20100318204708miso2.jpg
ジャ~ン。
ん?パッと見、大丈夫そうなかんじだけど・・・

P1090510_convert_20100318204811miso4.jpg
ヤッタァー!
カビもまったく生えてないし、なめらかにイイ感じに発酵してくれています^^

P1090511_convert_20100318204831miso5.jpg
焼酎で消毒した手をブスッっとお味噌に突っ込んで、下のお味噌を上に持ち上げるように混ぜます。
これが切り返し。

P1090512_convert_20100318204849miso6.jpg
ジャ~~~ン!
まだ若いお味噌なんで白っぽいですよね~
これが熟成して茶色になっていくんです。お味噌屋さんにある3年とか6年もののお味噌なんか真っ黒ですものね。

P1090515_convert_20100318204908miso7.jpg
切り返しが終わったら空気が入らないように全体をならします。
軽くお塩と焼酎をふりかけます(カビ防止)。

P1090518_convert_20100318204930miso8.jpg
表面にラップをしてお味噌が出来るだけ空気に触れないようにします。

P1090519_convert_20100318204950miso9.jpg
蓋をして、外に出ているラップを空気が入らないようにピッタリと容器に貼り付けます。

P1090520_convert_20100318205009miso10.jpg
最後にアルミホイル被せて、蓋の隙間から埃などが入らないようにします。

はい、これで1ヶ月目の切り返しの作業は終了です。
グフフフフ(^m^)カビも生えず、なめらかに順調に発酵してくれていますね♪
こうやって、大豆と麹を漬け込んでお味噌になっていく過程を見ていくのがとても嬉しくて大好きです。
感謝の気持ちって言うのかなぁ。

次回はまた、1ヶ月後にでも^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-19 01:51 | カテゴリ:etc
P1090530_convert_20100319122249teba1.jpg

わが家は手羽先が大好き(まぁ、私が特にですが)。
いつもは、塩、コショウ、タイムパウダーをふってグリルで焼いて食べることが多いのですが、今日はスパイシーな味付けにしたいな~と。

なんだか最近、スパイシーなものを欲する私。
夏ならまだしも、春なのに不思議です^^;
スパイスは体にいい薬効もあるので、きっと今、私の体に必要なんでしょうね。

普通のスパイシーな唐揚げにしようかな~と思ったのですが、一瞬、フッと甘辛いタレの香りがしたので、コレだぁ!!と甘辛いタレに漬け込んだ名古屋風の唐揚げにすることにしました。

【スパイシー手羽先揚げ 名古屋風】
・手羽先・・・6本
・塩、コショウ・・・少々
・片栗粉・・・大2くらい

○つけダレ
・お酒・・・大1~1.5
・みりん・・・大2
・おしょうゆ・・・大2
・白ごま・・・大1
・粗挽きコショウ・・・たっぷり

(作り方)
1.手羽先は骨に沿って切り込みを入れ、塩、コショウをして揉みこみます。
2.ビニール袋に手羽先を入れ、片栗粉を入れてシャッフルします。こうした方が無駄なくきれいに粉がつきます。
3.170℃くらいの揚げ油で7分ほどしっかりと揚げます。またはフライパンに多めのオイルを熱し、中火で両面を焦がさないようにじっくり焼き揚げてもOK。
4.揚げている間にに、○つけダレを作ります。白ごまはそのままでもいいですが、私は半分くらいはすりごまにしました。
5.揚がった手羽先に粗挽きコショウをふり、熱いうちにつけダレに1本ずつタレを絡めます。
6.お好みで七味唐辛子をふりかけます。
はい、できあがり!

P1090532_convert_20100319122305teba2.jpg

お~~~、名古屋風だぁ^^
甘辛いタレにピリリッと粗挽きコショウが効いてて美味しい♪
ごまの風味もバッチリ。

粗挽きコショウは、あんまりふりすぎると彼ちゃんには刺激が強いので彼ちゃんに合わせました。
辛いのがお好きな方はたっぷりとふりかけた方が美味しいです^^
甘辛いタレを絡ませるので、結構ふりかけても大丈夫!

食べる時は、お箸じゃなく両手でガブッと食らいつくのがベスト^^
手は後で洗えばいいので、そうして食べた方が食べやすいし美味しいです。

彼ちゃんも「お~~~、うまいなぁ!!」と目を輝かせ
「ゴメン、手が離せないからカチューシャしてくれへんかな」っと。

美容院に行く前の前髪が長くなっててじゃまらしく、おうちではカチューシャしているんですよ^^アハハ
「ほいほい」と夢中で食べている彼ちゃんの頭にカチューシャを。
あっという間に食べつくしてしまいました。

よかったよかった^^
今度はもう少し多めに揚げようかな♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-18 02:21 | カテゴリ:アジアン系
P1090502_convert_20100318204522muneniku1.jpg

わが家では鶏胸肉は鶏ハムかチキンナゲットを作る時にしか使っていません。
通常のお料理には、絶対、必ず、どんなことがあっても鶏もも肉を使う私。
よく、ジューシー!とか柔らかくて鶏もも肉には負けません!とかお料理サイトで言っていますが・・・
やっぱり鶏もも肉の柔らかプリッとジューシーさには叶いません。

でも・・・
なんか今夜はチェレンジしてみたい衝動に駆られ^^;
皆さんが色々と試されている下処理の方法を参考にして、ソースをコッテリ系にして試してみました!

【鶏胸肉のマヨ豆板醤和え】
・鶏胸肉・・・1枚
・長ネギ・・・1/2本(みじん切り)
・塩、コショウ・・・少々
・片栗粉・・・大1

○下処理用
・おろしショウガ・・・1片
・お酒・・・大2
・お砂糖・・・小1

○合わせソース
・マヨネーズ・・・大3
・レモン汁・・・大1
・生クリーム・・・大1
・豆板醤・・・小1
・テンメン醤・・・小1/2~1
・オイスターソース・・・小1

(作り方)
1.鶏肉は皮をはがして2口サイズくらいの大きさに削ぎ切りします。※繊維を絶つように切ります。
2.ビニール袋に鶏肉と、下処理用の材料を入れてよく揉みこみ、30分~置きます。
3.合わせソースを作っておきます。
4.2.に塩、コショウをふり、片栗粉を入れて揉みこみます。
5.フライパンにオイルを熱し、長ネギを入れて軽く混ぜたら、すぐに4.の鶏肉を1枚ずつ並べて焼きます。
6.裏返したら蓋をして蒸し焼きにします。※長ネギが焦げないように気をつけながら焼きます。
7.焼きあがったら火を止め、3.の合わせソースを入れて和えます。
はい、できあがり!

P1090503_convert_20100318204542muneniku2.jpg

お、柔らかい!
ソースが美味しい~~~♪
サラダ菜で巻いて食べるとこれまた美味しい^^
彼ちゃんは「お~~~、デリシャース!」と言ってくれました^^アハハハハハハ

お砂糖とお酒がお肉を柔らかくしっとりとさせてくれるんだそうです。おろしたまねぎを使う方法もあるようですが、すっているうちに目が痛くなっちゃいそうなんで、その方法はやめました^^;

片栗粉をまぶして焼いたのでプリンとした食感になり、マヨネーズのまったり感とよく合います。
今夜は豆板醤とテンメン醤を使いましたが、コチュジャンで作っても美味しいかも!

なかなか気に入りましたが、やっぱりもも肉とは違いますね^^
でも、胸肉だからこそ、このソースが合うんだと思うので、たまーにはこういう使い方で胸肉も食べてみようと思います。
あと何パターンか胸肉使った美味しいお料理をレパートリーに入れたいな。
なんか、やる気が出たゾォ~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-18 01:32 | カテゴリ:アジアン系
P1090497_convert_20100318204437moyashi1.jpg

先日、作って好評だったもやしのカレー炒め
その時は、もやし1袋使ってビールのおつまみとして食べたのですが、今夜はお野菜のおかずとして作ることにしました。

「もっと食べたい~~」って彼ちゃんが言っていたので
思い切って2袋のもやしを使ってガッツリと食べてもらっちゃいます!!

【もやしとお野菜ののカレー炒め】
・もやし・・・2袋(洗ってできればヒゲを取っておくと口当たりがいいです)
・ピーマン・・・2個(細切り)
・じゃがいも・・・1個(千切り)
・にんじん・・・1本(千切り)
・カレー粉・・・小2~2.5
・スパイス・・・(なくてもOK)お好みで^^今回は、ガラムマサラ、オールスパイス、ターメリック、カルダモンを使用。
・お酒・・・大2(なくてもOKですが、もやし臭さが飛ぶので)
・コンソメ・・・少々(なくてもOK)
・塩、コショウ・・・少々
・おしょうゆ・・・数滴(香りづけに)

(作り方)
1.フライパンにオイルを熱し、じゃがいも、にんじん→もやし、ピーマンの順に炒めます。
2.お酒をふりかけ、コンソメを入れてサッと混ぜます。
3.塩、コショウ、カレー粉、スパイスで味を調え、おしょうゆを数滴かけて火を止めます。
はい、できあがり!

P1090499_convert_20100318204500moyashi2.jpg

やっぱり美味しいな~
もやしのシャキシャキとじゃがいものシャキシャキ、文字で書くと同じですが、食感は全然違って、それが食べていてとても楽しいです^^

大きなフライパンにてんこ盛り状態で作り出したのですが、出来上がってみれば大したこともなく^^;
お弁当用に少し取り置いて、残りはふたりでペロリと食べちゃいました。

もやしは水分が多いので、量は多そうに見えても結構な量を食べれちゃうんですよね^^
このカレー炒めをお気に召した彼ちゃんは、取り皿に取ってはモクモクと食べていました。
これ、ほんとに食べ飽きないんですよね~
今回のようにじゃがいもやにんじんなど、違った食感のお野菜やベーコン、ハムなどと一緒に炒めて食べる方がより、楽しめると思います。

そういえば最近、カレー粉をよく使っているなぁ~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-17 02:18 | カテゴリ:和風
P1090490_convert_20100317082050nodoguro1.jpg

のど黒。
和名 「赤むつ」と言って、のどの奥が黒いところから日本海側では「のど黒」と呼ばれています。
少しお魚にこだわったお店などでは高級魚として食べることが出来ますが・・・お高いですよね~^^;

でも、なぜわが家にあるの?
毎週注文しているOisixさん。先週の注文分にホッケのしょうゆ干しなどと一緒に入っていたんです。
私が意識を失っている間に妖精ちゃんが注文してしまったのか、指が私の心理を察知して気を利かせて注文してしまったのか・・・どちらにしても、注文していたようです。

コレ、1匹で950円もします>< ギャ~~~、ちょっとした牛肉が買えちゃうじゃないですかっ!
なぁーんて、一瞬ケチ臭いこと考えちゃいましたが・・・
こんなことがない限り、なんでもないときに「のど黒」なんか注文することなんてないので、ラッキー☆と思って楽しまなきゃね^^

P1090492_convert_20100317082108nodoguro2.jpg
あ~~~、美しいまでの白身の焼き上がり^^
プリンとした身がたまりません。

「のど黒」は白身の魚で、皮と身の間にとろけるような脂があり、脂の乗り具合がほかの魚とは全く違います。
身は柔かく、しっとりとしているので、一度食べたらもう、お箸が止まらない!って美味しさです。
彼ちゃんとふたり、ありがた~~~く美味しくいただきました^^

今夜のメニューは純和風。
・のど黒の開き
・大和芋のとろろご飯
ゴボウとにんじんの煮物
・お野菜たっぷりのお吸い物仕立てのスープ

大和芋を使ったとろろは、粘りもすごいですが、だし汁と混ぜ合わせるとキメの細かいふんわりとして仕上がりで、口当たりもよく、とても美味しいです。

今夜もお腹いっぱいです^^
なかなかヘルシーな和食のメニューでしたが、地味な献立の割りには贅沢なお夕飯でした♪
こういう小さなところにも幸せを感じられる自分って好き☆
その積み重ねが日々の喜びや幸せ、明るい未来を作っていくんだと思うから!
アハハハハ^^今夜のことろは「のど黒」様様かな。

ごちそうさま~♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-17 00:42 | カテゴリ:和風
P1090493_convert_20100317082126nimono1.jpg

ゴボウが中途半端に残っているのが気になり・・・
ゴボウサラダにしようかとも思ったのですが、今夜は純和風なお食事にしようと思ったので簡単な煮物を作ってみました。
ゴボウは牛肉と一緒に煮るのが一番美味しいんですけどね~
今夜はお野菜だけで素朴な煮物を^^

【ゴボウとにんじんの煮物】
・ゴボウ・・・1本(たわしでよく洗って7mm幅の斜め切りに)
・にんじん・・・1本(乱切りに)
・しめじ・・・1房(食べやすく小分けに)
・だし汁・・・2カップ
・お酒・・・大2~3
・みりん・・・大2
・お砂糖・・・小2
・おしょうゆ・・・大2
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・かつおぶし・・・1/2~1パック(なくてもOK。使いかけが残ってたので・・・^^;)

(作り方)
1.お鍋にだし汁とゴボウ、にんじんを入れて火にかけ、煮立ったら調味料と鷹の爪を入れます。
2.再度煮立ったら火を弱火にして煮詰め(大体2/3~1/2くらいまで)、しめじを入れて煮ます。
3.しめじが煮えたら、かつおぶしを入れて(なくてもOK)火を止めます。
はい、できあがり!

P1090495_convert_20100317082147nimono2.jpg

ピリッと唐辛子が効いた、甘辛い煮物。
特にゴボウとしめじが美味しい~~~

私は火を止める直前に、少しあまっていたかつおぶしをふりかけて風味をつけました。
これがなかなかいい香り^^

彼ちゃんも「ちょっと辛いけど、美味しいね」と言いながらパクパク食べていました。
以前、鷹の爪を輪切りにした既製品を使っていたのですが、最近は鷹の爪をその場で輪切りにして使用するので辛さが引き立つらしく、彼ちゃんにはピリッと強めらしい^^;
私は全然感じないけどなー
もう少し控えめに使うか、輪切りにしないで2つに割って使うかしてあげるかな~。

少し取り置いておいたのは、明日のお弁当に^^
この煮物は、お弁当にも便利な1品です。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-16 01:45 | カテゴリ:アジアン系
P1090484_convert_20100317082012curry1.jpg

今日は夕方からちょっと出かける用事があったので、その前にお夕飯の準備を。
もしも彼ちゃんが先に帰宅しても簡単に食べれるものにしとかないとねー。

先日、カレーにしようかなぁと思っていたりもしたんで、簡単ですぐに出来ちゃうキーマカレーを作ることにしました。
キーマカレーは、恵比寿の会社で働いていた頃、ランチで毎日のように行っていたカフェでよく食べていました。
そこのキーマカレーは辛さは控えめなんですが、食べ飽きないお味。トッピングに素揚げしたオニオンが乗っているのが美味しかったんですよね~甘くて^^

懐かしい。そのカフェも私が会社を辞める1年前くらいに閉店しちゃったんですよねー。わりとお客様も入っててシャレたお店だったのに・・・顔見知りというか常連になっていたお店がなくなるのって、なんだか寂しい気分ですね。

キーマカレーなら30~40分で簡単、しかも本格的なお味が楽しめますよ♪

【なすとピーマン入りキーマカレー】
・合挽きミンチ・・・300g
・たまねぎ・・・大1個(みじん切り)
・なす・・・2本(皮をゼブラにむき、たて半分に切ってから斜め切り)
・ピーマン・・・1~2個(細切りに)
・ホールトマト・・・1缶(つぶしておきます)
・おろしにんにく・・・1片
・おろししょうが・・・1片
・白ワイン・・・大2
・コンソメ・・・1個
・ローリエ・・・1枚
・カレー粉・・・大3~4
・ガラムマサラ・・・大1
・カイエンペッパー・・・大1
そのほか(オールスパイス・コリアンダー・クミン・シナモン・ナツメグ・ターメリック・カルダモン)を気分で入れたいだけ入れちゃいます。
・ウスターソース・・・大1
・おしょうゆ・・・大1
・ケチャップ・・・大1
・バター・・・20g
(作り方)
1.お鍋にバターと少量のオイルを熱っし、あめ色になるくらいまで(あくまで理想)じっくりと炒めます。
2.そこにおろしにんにく、おろししょうがを入れ、香りが出たらひき肉を入れてパラパラに色が変わるまで炒め白ワインを回し入れます。
3.なすとピーマンを加えて全体に油がまわるように炒めます。
4.ここにカレー粉、ガラムマサラ、カイエンペッパーを加えて炒めます。
5.香りが出てきたらホールトマトを入れ、コンソメとローリエを入れてしばらく煮詰めます。(大体15分くらい)
6.途中で、ケチャップ、ウスターソース、おしょうゆ、お好みのスパイスを入れ、さらに煮込みます。(10~15分)
7.最後に味を調えます。
はい、できあがり!

P1090487_convert_20100317082032curry2.jpg

美味しい♪
なすとピーマンを使ったので夏カレーっぽいですが、いつ食べても美味しいものは美味しい^^

用事を済ませて帰ろうと思ったら、彼ちゃんも早めに仕事が切りあがったようで^^
新宿の駅のホームでバッタリ☆
お~~~、グッドタイミングだね♪

おかげで一緒にカレーを食べることが出来ました。
いつもの通り、彼ちゃんはお替りを1杯して、ごちそうさま~。

少し前からずっと食べたかったカレーをやっと食べれて、ホッ^^
次はチキンかシュリンプカレーが食べたいなぁ~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-15 01:53 | カテゴリ:パスタ
P1090478_convert_20100315120004pasta1.jpg

お昼につけ麺を食べたのに・・・
当初の予定では、カレーかパエジャを作ろうと思っていたんですが、彼ちゃんがお昼のつけ麺でエンジンがかかっちゃったのか、ご飯を2杯も食べちゃったんです。

そーーーしたらーーーっ!
案の定、夕方になってもお腹が空かないと言い出しました。
そうでしょうよぉー。彼ちゃんは普通の男性よりは食が細いので、ガッツリ大食いってことはないんですよね。

そんな日にカレーをしても大して嬉しくも美味しくもないだろうと思い・・・
食べやすいパスタにしてあげました。

やれやれ。

【スモークサーモンとキャベツのパスタ】
・スモークサーモン・・・10切れ(半分~3等分に切ります)
・キャベツ・・・3~4枚(1cm幅に切ります)
・じゃがいも・・・1個(あらかじめ茹でて5mm幅のいちょう切りに)
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・アンチョビフィレ・・・3~4切れ(粗みじん切り)
・塩、コショウ・・・少々

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.キャベツは耐熱皿に乗せてラップをせずに電子レンジで50~1分チンします。
3.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪、アンチョビフィレを入れて熱し、香りが出てきたらじゃがいもを入れて軽く炒めます。
4.キャベツと茹で上がったパスタと茹で汁を入れてソースを乳化させるように混ぜ合わせます。
5.塩、コショウで味を調えます。※スモークサーモンの塩気もプラスされるのでお塩は控えめに。
6.スモークサーモンを入れて軽く混ぜ合わせたらすぐに火を止めます。
はい、できあがり!

P1090482_convert_20100315120021pasta2.jpg

うん、美味しい^^
これ、先日作った「スモークサーモンとキャベツのドライトマトパスタ」のアレンジ版です。

キャベツのシャキシャキ感にじゃがいものほっこり感。いいですね~♪
スモークサーモンの旨みがじゃがいもとバッチリ!あ、もちろんキャベツとも合います^^

彼ちゃんもペロリと食べちゃっていました。
やっぱりパスタ、好きだなんだね^^

そういえば今日はホワイトデーでしたね。
ん??なんで私がご飯作ってるんだ!?
後日、上乗せでなんか買ってもらわなくっちゃ♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-14 16:24 | カテゴリ:ラーメン
P1090470_convert_20100315115853tsukemen2.jpg

お昼前に食料品や日用品の買出しに出かけました。
ラーメンが食べたい気分だったのですが、荷物を置いてから食べに行くには時間的に中途半端。
大体、お昼の営業って14時くらいまでなんですよねー。
もちろん、大好きな風来居はずっと営業したままですが、13時過ぎちゃうと塩ラーメンは確実に売り切れ状態なんでアウト!

ってことで、スーパーの麺売り場をのぞいてみたんです。
そこで目についたつけ麺。
「ほぉ~、人気のつけ麺も色々販売されているんだね」
とふたりで感心しながら吟味し、2種類のセットを購入しました。

そのうちの1つを今日試食。

P1090466_convert_20100315115820tsukemen1.jpg
生一麺 濃厚とんこつ醤油味
なんでもチルドつけ麺では人気があるらしいです、この生一麺さん。
特に、サミット限定の「こだわりつけめん」はネットでも大絶賛。
あ・・・これと悩んだアレかぁ。(来週ゲットしよっと)

ま、気を取り直して^^
おうちに帰ってから、あり合わせのもので作ってみました。

P1090471_convert_20100315115915tsukemen3.jpg
太麺。
ストレートな麺でした。
なかなか麺が美味しいく、チルドとは思えないかも。

P1090472_convert_20100315115933tsukemen4.jpg
スープ。
あり合わせの具は、
・豚肉をごま油で炒めて香味醤油で味付けしたもの
・水菜
・半熟卵
・長ねぎ
トッピングに
・魚粉

美味しい~♪
彼ちゃんなんて・・・5分もかからずに完食!

この前、でつけ麺デビュー(遅すぎますが・・・)してからつけ麺もありかな~と思い始めた私。
ただね、やっぱりプロが作るラーメンは普通のスープの中に麺が入ったのが食べたい。
そっかぁ!これからはつけ麺はわが家で作ろう♪

なんだか楽しくなってきました^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-14 10:14 | カテゴリ:バラとベランダ菜園
P1090463_convert_20100315115601hana2.jpg

ジュリアン。
多年草らしく、わが家にきて3年目に入りました^^

昨年、ピンクや紫、赤いジュリアンは、ことごとく鳥に花をむしるように食べられて無残な姿になってしまい、紫は細々と今も生きてくれていますが、そのほかはダメでした・・・。
しかし、黄色だけは食べられなかったんですね~

以前、カラスが黄色を認識できないということでゴミ袋を黄色にしたらどうかという記事を読んだことがありますが・・・鳥全般として黄色を認識できないのかしら?

おかげで?
黄色は今年も伸び伸びとたくさんの花を咲かせてくれました^^

P1090461_convert_20100315115531hana1.jpg

そして、もうひとつ。

P1090465_convert_20100315115746hana4.jpg
万能ネギの花。
買ってきたネギの根っこを植えて再収穫している、わが家のエコ栽培のネギちゃんです^^

P1090464_convert_20100315115728hana3.jpg
綿帽子みたいで可愛いですよね~
万能ネギって中が空洞なのに、どうやってこんな花を咲かすんでしょう?
こんな小さなところにも神秘ってあるんですね^^

穏やかな日曜日の朝です。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-14 01:39 | カテゴリ:洋風
P1090453_convert_20100315115404gote1.jpg

私の実家である鹿児島にあるデパート、山形屋
とても大きな地域密着デパートで、大体の鹿児島市民はこのデパートを利用しています。
もう1店あった三越さんは・・・残念なことに昨年だかに閉店しちゃいました。
山形屋の社長は私の幼稚園、小学校の同級生で、なんと、私の初恋の人なんですね~^^
いやー、幼稚園の頃は見る目があったようです♪
(ん?今は・・・?多分・・・いいはず!きっと、これからどんどん立派になるはずだよね、彼ちゃん!)

このデパ地下食料品売り場には常に行列が出来ているところがあります。
そう、このゴテ焼き(若鶏のローストチキン)売り場なんです。
常に販売されているのではなく、焼き上がり時間が何回かあり、そのときだけ売り出されます。
でも、皆さん並んでいるのであっという間に売り切れ状態。
このご時世でもそうなんですから、すごいですよね^^

東京に出てきて、デパ地下で同じようなローストチキンを買ったりしますが・・・やっぱり違うんですよね~
お肉の柔らかさといいジューシ~さといい、まったく違います。
あ、お値段も東京の半値かそれ以下だと思います。

はぁ~、そんな美味しいゴテ焼き・・・
ストックしてあった最後を今日、食べちゃいました><
いつも、私の父がデパートの開店時間&焼き上がり時間を見計らって買いに行ってくれる愛情入りのゴテ焼き。

食べるのが嬉しいような悲しいような寂しいような・・・
彼ちゃんだけは、めちゃくちゃ喜んでニコニコ顔で食べていましたけどね><

P1090455_convert_20100315115433gote2.jpg
あ~~~、美味しそう!!!
プリッとしたのがたまりませんね^^

P1090456_convert_20100315115457gote3.jpg
水菜とトマトを入れた玉子サラダ 粒マスタード風味
シャキシャキした水菜とスッキリとした甘みのトマトでサラッとした玉子サラダに。
色合いもいいですよね♪

あ~~~美味しかった^^
今日もフラメンコのレッスンで程よく疲れた体が嬉しい♪と喜んでいるようです。
お疲れ様~

しばらくはこのゴテ焼きもお預け状態ですが、その分、次回食べる時の喜びも大きいものです。
もし、鹿児島に行かれることがあればぜひ、探してみてください。
ただ、店員さんの接客マナーはまったくと言っていただけません><
それだけが問題です・・・。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-13 01:59 | カテゴリ:パスタ
P1090449_convert_20100315115322pasta1.jpg

カレー餃子作りに気を入れすぎたせいか・・・メインを考える気力が・・・^^;

とりあえず、パスタでも作ろうとあり合わせで作ったオイル系パスタ。
パスタはオレキエッテ(小さな耳たぶ型のパスタ)が合うなぁと思ったのですが、最近、DE CECCO(ディ・チェコ)のオレキエッテがどこにも売っていないんです><
販売中止になったんでしょうか・・・
ほかのオレキエッテを使ってみたのですが、厚みが薄いのか茹でるとひび割れちゃったりして味もイマイチ。
ってことで、今日は仕方なくフッジリを使いました。
美味しいオレキエッテを探さないとなぁ~。

【スモークサーモンとブロッコリーのパスタ】
・ブロッコリー・・・1/2房(小さめに小分けにします)
・じゃがいも・・・1個(5mmくらいの厚みにいちょう切り)
・たまねぎ・・・1/4個(1cmくらいに角切りに)
・スモークサーモン・・・適量(お好みで)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・白ワイン・・・大2
・コンソメ(野菜風味)・・・1個
・ローリエ・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を熱し、たまねぎを炒めます。
3.たまねぎが透明になってきたらじゃがいもを入れてさらに炒めます。
4.じゃがいもに全体的にオイルがまわったらスモークサーモン(飾り用に1/3くらい残します)と白ワインを入れて軽く混ぜます。
5.材料がひたひたになるくらいお水を入れ、ブロッコリー、コンソメ、ローリエを入れて煮込みます。
6.じゃがいもが茹で上がったら茹で上がったパスタを入れて絡めるように軽く混ぜ、塩、コショウで味を調えます。
7.オイルを回し入れて軽く混ぜ、火を止めます。
9.お皿に盛り付け、残りのサーモンを飾ります。
はい、できあがり!

P1090452_convert_20100315115344pasta2.jpg

見た目よりは美味しいです。
スモークサーモンからいいおダシが出ているので、味付けはほんの少しでOK!
ただね、やっぱり・・・どうしてもパスタが合わないT_T
スープ仕立てというか、お野菜をクタクタに煮詰めてソース化しちゃうかんじのパスタにしたかったんですけどね~

なので、遅く帰ってきた彼ちゃんの分を作り際は、普通のスパゲティーニを使って作りました。
彼ちゃんは「美味しいよぉ~」ってペロッと食べてくれましたが^^
そう、味が良かったんですけどねー

やっぱり、オレキエッテの美味しいのを探そう!
もう、こんな残念な思いはしたくないもん><
なぁーんて思った金曜の夜でした^^;

どなたか、美味しくて手ごろなオレキエッテをご存知でしたら教えてください~♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-13 01:09 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1090445_convert_20100315115235gyouza1.jpg

冷蔵庫の中に餃子の皮が1袋残ったまま。
そろそろ使わないと賞味期限がきちゃうな~と数日思っていたのですが、なかなか作る気にならず^^;

しかーし、今日こそは作らないともうダメになっちゃうギリギリの日。
はぁー、なんでもそうですが、お尻に火がつかないと行動に移せないクセがあるんですよね><イカンイカン

でも、せっかくだから・・・ちょっと変わった餃子を作りたいなぁ~と思い、
じゃがいもとにんじんを使ったカレーコロッケ風餃子にしようと。
それから頭の中でシミュレーションして、いざ!

【カレー餃子】20~30個分
・豚挽き肉・・・50~80g
・じゃがいも・・・2個(1個は茹でてマッシュ、1個はそのままみじん切りに)
・たまねぎ・・・1/4個(みじん切り)
・にんじん・・・1/2本(みじん切り)
・キャベツ・・・2~3枚(みじん切り)
・パセリのみじん切り・・・大2くらい
・カレー粉・・・大1
・スパイス・・・お好みで(オールスパイス、ガラムマサラ、クミン、ナツメグ、ターメリック使用)
・卵・・・1個
・片栗粉・・・適量(大1~2 材料の混ざり具合で調整)
・バター・・・10g
・塩、コショウ・・・少々
・コンソメ・・・1/2個くらい
・ケチャップ・・・少々(隠し味程度)
・ソース・・・少々(隠し味程度)
・おしょうゆ・・・数滴
・牛乳・・・少々(マッシュしたじゃがいも用)

(作り方)
1.じゃがいも1個は茹でてマッシュし牛乳を少し入れて混ぜ、冷ましておきます。そのほかのお野菜はみじん切りに。
2.フライパンに少量のオイルとバターを熱し、たまねぎ→挽き肉→じゃがいも、にんじんの順に炒めてコンソメを入れて混ぜ、お皿に上げて冷ましておきます。
3.ボールにきゃべつ、パセリ、卵、1.のマッシュしたじゃがいも、2.を入れて混ぜます。
4.カレー粉、スパイス、塩、コショウ、ケチャップ、ソースで味を調えます。
5.片栗粉を入れて混ぜながら包みやすい餡に仕上げます。
6.餃子の皮で包みます。
あとは、いつもの餃子の焼き方で焼き上げます。
はい、できあがり!

P1090448_convert_20100315115254gyouza2.jpg

お~~~~っ!イケます!!
なんと、美味しいじゃないですか♪
ワーイワーイ!思っていた以上でしたぁ~^^

食感を楽しみたいと思って、じゃがいもをマッシュとみじん切りにしたのが大正解^^
キャベツとたまねぎも甘みを出しつつ、しっとりと程よい水分を出す役割をこなし、カレー粉とスパイスの香りやピリッとした辛みをうまく引き出してくれています。

つけダレをどうしようか・・・ちょっと悩んだのですが、
ケチャップとウスターソースにタバスコとタイムパウダーを少々入れて作ってみました。
これもバッチリ!
カレー味とケチャップがとてもいい相性で、さらに美味しくなりました^^

最初はどうなっちゃうかな~と思いながら作った変わり餃子。
グフフフフ(^m^)餃子って色々アレンジが楽しめるんですね~いい勉強になりました!

今日は20個中、10個をふたりのおつまみ用に焼いたので、残りは冷凍へ。
もう1回はこの餃子を楽しめます♪
餡が少し残ったので、明日のランチのチャーハンにでも使おうと思います。

いや~、満足満足♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-12 01:57 | カテゴリ:アジアン系
P1090439_convert_20100312124710mabo1.jpg

「ア~~~~~ァッ!!やっちまった!ウッソォ~~~ンT_T」

これ、今日のお夕飯の支度をしている最中に私が発した言葉です。
今夜は揚げ出し豆腐を作る予定で、絹ごし豆腐の水切りをしていたんですね。
で、切り分けて片栗粉をまぶそうとお豆腐を持ち上げた瞬間・・・

ポロッ・・・リ。
ん?え??どういうこと!?
お豆腐が無残に崩れてしまったんです><

揚げ出し豆腐ってたまに、ムショーに食べたくなる1品で、それに合う副菜とか用意していたのに・・・
はぁ~一瞬でも気を抜いた私のミスですね^^;
まぁ、こんな時もあるさ!!

急遽、崩れたお豆腐で何を作ろうか考え
・きのこの挽き肉で和風あんかけ風
・牛肉と長ネギなんかと一緒に煮込んだ肉豆腐
・ガツンと一気に真反対な麻婆豆腐
この3つが浮かんだのですが、ショックをかき消すにはパンチの効いた麻婆豆腐にしよう!ということで麻婆豆腐に。

ただ、今夜の麻婆にはトマトを入れてみました。
彼ちゃんの具合が本調子じゃないので、リコピンパワーを投入!ってかんじで^^

【トマト入り麻婆豆腐】
・お豆腐(絹or木綿)・・・1丁(水切りしておきます)
・豚こま切れ肉(もしくはひき肉)・・・80~100g
・トマト・・・1個(皮を湯むきしてくし切りか角切りに)
・長ネギ・・・1/3本(粗みじん切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・しょうが・・・1片(みじん切り)
・豆板醤・・・小2~ お好みで
・テンメンジャン・・・小2
・スープ・・・1カップ(トリガラスープの素小1もしくはウエイパー小1をお湯で溶きます)
・お酒(紹興酒)・・・大1
・おしょうゆ・・・大1
・オイスターソース・・・小1
・ごま油・・・小1
・水溶き片栗粉・・・適量
・山椒・・・お好み
・ラー油・・・お好み

(作り方)
1.お豆腐は厚さを半分にして2cmくらいの角切りか、ひし形切りにします。お肉はフードプロセッサーでミンチに。
2.中華なべにオイルを入れて熱し、ひき肉を中火でポロポロになるまで炒め、にんにく、しょうがをいれてさらに炒めます。
3.そこに豆板醤とテンメンジャンを入れて炒めながら味を絡めます。
4.スープと紹興酒(お酒)を入れて煮立ったら、お豆腐とトマトを入れてお鍋を回すようにして混ぜ、2~3分煮ます。
5.長ネギを散らして、おしょうゆ、オイスターソース(もしくはお砂糖を少々)を入れて味を調えます。
※オイスタソースを入れずにお砂糖を入れる場合は、おしょうゆの量を少し増やしてください。
6.水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げにごま油(お好みでラー油)を入れて香りをつけます。
7.お皿に盛り付け、山椒をふりかけます。
はい、できあがり!

P1090443_convert_20100312124727mabo2.jpg

スッキリまろやかな美味しさです^^
辛さが和らぐのでのどの痛い彼ちゃんにもいいかんじ。
唐辛子やショウガは体を温めるし、麻婆豆腐にしてよかったのかもしれません。

私は、ラー油と山椒をたっぷりかけ、食べている途中で一味をふったりもしちゃいましたが^^;
昔は一切辛いものが食べれなかった私ですが、慣れるものですね~
今では人並みちょこっとだけ以上に辛さがいけるように成長しました。

お豆腐、包丁で切らずに手でちぎって作ったのですが、これがなかなかいい^^
味が絡まりやすくなるからでしょうね。口当たりも良かった気が・・・。
見た目を考えなかったら、おうちで作る分には手でちぎってもいいのかもしれませんね。

いやー、一瞬ショックを受けましたが、結果オーライでよかったです^^;
人間、臨機応変に頭を切り替えてどんな場合も冷静に対応できなきゃいけませんからね。
アハハハハ^^失敗しようと自画自賛している私ってヤバいですね。でもね、自分くらいしか100%自分の味方はしてくれませんから、大切にしてあげないと♪

あ~、でも揚げ出し豆腐も食べたいなぁ~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-03-11 01:32 | カテゴリ:etc
P1090433_convert_20100311173144pasta1.jpg

今日は夕方から新宿にご出勤~♪
いえいえ、歌舞伎町じゃーござんせんよ^^;

今週はホワイトデー。
彼ちゃんがバレンタインデーでいただいた方々へのお返しを選ぶお手伝いに出動依頼がありまして^^
毎年、一緒に選んであげてます。ま、そういうの嫌いじゃないんです。

デパ地下には、彼ちゃんと同じ目的の男性陣がウロウロしていました。
皆さん、お疲れ様!

いつも、お菓子以外のものを買うのですが、念のためあるお店をのぞきに行きましたが・・・
案の定、すごい行列!即却下しました。
やっぱりね、わが家はお菓子以外にしろってことです^^
そのお店は、「ガトーフェスタ・ハラダ」。ここはラスクが大人気ですよね。
今の季節はホワイトチョコレートがかかったホワイトラスクが美味しいですが・・・1時間も並んでまではーボソボソゴニョゴニョ
皆さん、甘いものがお好きなんでしょうね^^

ってことで、お目当てのショップへ人混みをかき分け早足で。
彼ちゃんはチョコチョコ迷子にならないように私の後ろをしっかりついてきました^^
ふたりでジ~~~ッと吟味しながら可愛いものを無事にゲット。
喜んでいただけると嬉しいのですが・・・^^

彼ちゃんの具合もまだ本調子ではないので用事を済ませたらすぐに帰宅。
私が相棒の最終回を観たいってのもあったんですけどね^^;
ギリギリ、テレビの時間に間に合いホッ。

テレビの合間にチャチャッと作れるように、今夜はオイル系のパスタに。
これがなかなか美味しいんです♪

【フレッシュトマトとスモークサーモンのパスタ】
・スモークサーモン・・・適量(お好みで)
・トマト・・・2個
・たまねぎ・・・1/2個(薄~くスライス)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1~2本(輪切り)
・イタリアンパセリ・・・適量(みじん切り※多いくらいがちょうどいいです)
・白ワイン・・・大2
・塩、コショウ・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
・飾り用のイタリアンパセリ

(作り方)
1.トマトを湯むきして1口サイズにカットします。(気になるようなら種は除いてください)
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を熱し、たまねぎを炒めます。
4.たまねぎが透明になってきたらトマトを入れてさらに炒めます。
5.スモークサーモン(飾り用に1/3くらい残します)とイタリアンパセリ、白ワインを入れて軽く混ぜます。
6.パスタの茹で汁とパスタを入れて絡めるように軽く混ぜ、ソースを乳化させます。
7.塩、コショウで味を調え、香り付けにおしょうゆを数滴^^
8.オイルを回し入れて軽く混ぜ、火を止めます。
9.お皿に盛り付け、残りのサーモンをのせ、飾り用のイタリアンパセリをのせます。
はい、できあがり!

P1090434_convert_20100311173206pasta2.jpg

美味しい~♪
フレッシュトマトの甘みとスモークサーモンの塩気がメチャクチャ合ってます^^
これ、見た目以上に美味しいんです。

サラッとしているんですが、程よいとろみもあって、すごく口当たりがいいんです。
ふたりともペロッと食べちゃいました。

なかなか彼ちゃんの風邪気味(鼻水とのど・・・粘膜系ですね)はよくならず、くすぶっていますね~
食欲があるだけいいのかな^^
本人は、土曜のボーカルのレッスンまでに治したいようです。
そんなの気合と気の持ちよう!
グッスリよく寝て、バランス良い食事して、私に優しく接していれば大丈夫さぁ~
ん?なんか違うこと言いました?^^
最後は特に大事なポイントですよぉ♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。