-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-31 20:15 | カテゴリ:好きなもの
P1040618_convert_20090601124013mitsubachi.jpg

今年は、みつばちが少なくなっていて「みつばち泥棒」まで出現するほどとニュースになっていましたが、見つけました^^みつばちくん!

ここは、東京都東久留米市学園町。
初めて来ました^^;

今日は、うちの彼ちゃんのお供で「建築のまち 東京を開放する」というイベントで自由学園を見学しに来ました。

この学園町は、とても静かな住宅街で緑に囲まれていて、心地よい街でした。
自治会が中心となり、「豊かな自然と住環境」を守り、さらに「住み良いまち作り」を目指されています。
住民の方が「我がまち」として愛し、大切に育もうとされる志が素晴らしいなぁと思いました。

さて、シンポジューム会場は、自由学園の初等部食堂で行われました。
簡単にご紹介しますね^^詳しくは、そのうち彼ちゃんのブログ「カタチタチ」でご紹介すると思いますので、そちらをぜひ、ご覧ください。

P1040620_convert_20090601124246jiyugakuen1.jpg
初等部食堂 1931年

P1040631_convert_20090601124432jiyugakuen2.jpg
食堂の椅子
可愛いですよね^^。温もりを感じる木の感触、座り心地もとてもよかったのですが・・・やっぱり2時間も座っているとお尻がシビれました^^;

P1040635_convert_20090601124558jiyugakuen3.jpg
自由学園体育室 1934年
なんか、半円の舞台みたいですよね~
観客の方は目の前の芝生に座って見るのでしょうか^^

P1040646_convert_20090601124822jiyugakuen5.jpg
ん?学園内にゴルフ場!!!?
     ↓答えは
P1040638_convert_20090601124734jiyugakuen4.jpg
いえいえ、さっきの体育室の大芝生です。こんなに、広いんです!

P1040662_convert_20090601125037jiyugakuen7.jpg
授業を知らせる鐘でしょうか?
鳴らしたい衝動を必死で抑えました。(おっとなぁー)

P1040660_convert_20090601124954jiyugakuen6.jpg
女子部教室の廊下
懐かしい木の廊下。きれいに磨かれていました^^

P1040678_convert_20090601125221jiyugakuen8.jpg
女子部食堂 1934年
   ↓室内はこんなかんじ
P1040672_convert_20090601125403jiyugakuen9.jpg
天井は高く、以外にもフラットでした。

P1040670_convert_20090601125320jiyugakuen9.jpg
そして、暖炉。
やっぱり、似合いますよね!

P1040673_convert_20090601125453jiyugakuen10.jpg

P1040696_convert_20090601125644jiyugakuen11.jpg
初等部教室
昭和初期を描いた映画にでも出てきそう木枠の窓。

あんまり期待していなかったのですが・・・大満足でした。
とてもきれいに大切に使われていました。メンテナンスをすれば、いつまでも大切に使えるものなんだなぁと感心しました。

どのお部屋も、気持ちがいいんです。古い建物って保存されているだけの場合が多いので、カビ臭くて重い気を感じるのですが、こうして毎日子供たちに守られ、共に過ごしていると清々しいくらい居心地がいいんだなと思いました。

本当に素晴らしい。

帰りの環八では、

P1040697_convert_20090601125721jiyugakuen12.jpg
面白い竹を見つけました^^
1本だけ抜き出た竹が、提灯みたいにゆ~らゆらとイイカンジに抜けるかんじでしたね。
こうした、何でもない小さな発見とかあると楽しいですね^^

家に帰ったら、ドッと疲れが出て、眠くなっちゃいました。
はぁ~、でも、夕飯の支度しなきゃです><

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



スポンサーサイト
2009-05-31 01:37 | カテゴリ:アジアン系
P1040614_convert_20090531094354mabo1.jpg

今日も朝から夕方までフラメンコの自主練&レッスンしてきました~~~5時間。
スタミナ&体力を発表会までにつけなければならないので、今が苦しい時期です^^;
今朝は37.1℃の微熱も出たりなんかして・・・ありゃりゃ(・・;

毎年、スロースタートな私たちですが、今年は例年よりスローだなぁ~
モチベーション維持が大きな課題ですね!なんでも。

よぉ~~~し、それじゃ、今夜はピリッと熱くなってみるかぁぁぁぁあ!!!
・・・というかんじで、このメニューに^^

甘さの中に辛さがしっかり味わえる麻婆豆腐ですよ^^

【麻婆豆腐】
・お豆腐(絹or木綿)・・・1丁(水切りしておきます)
・豚こま切れ肉(ひき肉)・・・100~150g(フープロでミンチに)
・長ネギ・・・1/3本(粗みじん切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・しょうが・・・1片(みじん切り)
・豆板醤・・・小2
・テンメンジャン・・・小2
・スープ・・・1カップ(トリガラスープの素小1もしくはウエイパー小1をお湯で溶きます)
・お酒(紹興酒)・・・大1
・おしょうゆ・・・大1
・オイスターソース・・・小2
・ごま油・・・小1
・水溶き片栗粉・・・適量
・山椒・・・お好み
・ラー油・・・お好み

(作り方)
1.お豆腐は厚さを半分にして2cmくらいの角切りか、ひし形切りにします。
2.中華なべにオイルを入れて熱し、ひき肉を中火でポロポロになるまで炒め、にんにく、しょうがをいれてさらに炒めます。
3.そこに豆板醤とテンメンジャンを入れて炒めながら味を絡めます。
4.スープと紹興酒(お酒)を入れて煮立ったら、お豆腐を入れてお鍋を回すようにして混ぜ、2~3分煮ます。
5.長ネギを散らして、おしょうゆ、オイスターソース(もしくはお砂糖を少々)を入れて味を調えます。
※オイスタソースを入れずにお砂糖を入れる場合は、おしょうゆの量を少し増やしてください。
6.水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げにごま油(お好みでラー油)を入れて香りをつけます。
7.お皿に盛り付け、山椒をふりかけます。
はい、できあがり!
P1040617_convert_20090531094810mabo2.jpg

山椒のピリリとした刺激がいい!!
これだけで、まったく違います^^テンメンジャンとオイスターソースで優しい甘みが出るのを豆板醤とラー油がグググゥ~~~と辛さを後から味わわせてくれます。

あー、今日の疲れも吹っ飛びました^^
5時間も踊っているとTシャツがどれも(自主練1枚、レッスンで2枚の計3枚)汗で重たーくなります^^;
おかげで熱も下がり、美味しいビールも飲めましたぁ~!

来週は、この5時間にフォーメーションがあるので朝11時から夜8時までの長丁場となります。
ヒョェ~~~

来週は、うちの彼ちゃんにご飯を作ってもらおうと思います^^
レパートリーは少ないですが、私とは違う、優しい上品な味付けなんですよ^^
何作ってくれるかな♪楽しみ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-30 22:36 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1040610_convert_20090531094459dashimaki1.jpg

だし巻き卵が食べたくなり、だしを取るのは面倒だったので、白だしでなんちゃって風のだし巻きを作りました。

うーん、卵料理は集中力と体力のあるときにしなきゃだめね><
見た目が伊達巻風になっちゃいましたT_T

でも、体が欲しているものを食べる!ってのが私のポリシーなので今日は見た目は2の次で^^
だって、疲れた体にたんぱく質は必要ですもの。

なんと言っても、ビールにもとっても合いますし!!(やっぱりそっちかい!)

【なんちゃってだし巻き玉子】
・卵・・・4個
・白だし・・・大1
・お水・・・50ccくらい
・みりん・・・大1
・大根おろし・・・たっぷり^^

(作り方)
1.ボールに卵を割りほぐして調味料を入れて合わせて卵液作ります。このときにザルでこすときれいです。
2.卵焼き器に油少々を熱し、卵液を少量流し半熟状態になったら手前に巻いていきます。また油少々を加えて、同様の要領で卵を巻いていきます。
3.切り分けて器に盛り、大根おろし添えます。
はい、できあがり!
P1040611_convert_20090531094549dashimaki2.jpg

ホッとしますね。玉子焼きって^^
次回は必ず、「これこそ出し巻き玉子よぉ~~~!」というのを作ってリベンジアップしますね^^
ま、こういうときもあるってことを、ショージキに載せてみました。

それはそうと、漢字って難しいですよね。
卵と玉子の使い分け、どうしてますか?私は生の場合は「卵」火を通したり調理されたら「玉子」って使っています。
・・・これで正しいのかしら!?

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-30 01:55 | カテゴリ:洋風
P1040599_convert_20090530001935guratan2.jpg

野菜売り場にもとうもろこしが出回ってきましたね~
ここ2.3日肌寒いくらいの東京ですが、夏に向けて季節は移り変わっているのでしょうか。
お野菜や果物の生育に支障がないといいですよね。
・・・わが家のオクラやインゲンも心配です。

今日は、コーンが食べたい気分なので、ツナコーンとたまねぎでパスタにしようかと思ったのですが、今夜も彼ちゃんのお帰りが遅いらしい。

お腹いっぱいでほろ眠い(ほろ酔い)で再度パスタを作るのはちょっとイヤだなーと思い、マカロニグラタンにすることにしました。
これなら前もって用意しておいて、彼が帰ってお風呂に入っている間にオーブンで焼けばいいですからね^^

【ツナコーン入りマカロニポテトグラタン】
・コーン・・・好きなだけ
・ツナ・・・1缶
・たまねぎ・・・1個(薄くスライス)
・マッシュルーム・・・6個(スライス)
・じゃがいも・・・2個
・牛乳・・・200~250cc(5.で具材がかぶるくらいまで入れてください)
・生クリーム・・・50~80cc
・バター・・・15g
・小麦粉・・・大1(お好みで調整してください)
・白ワイン・・・大2
・コンソメ(トリガラ)・・・1/2個
・塩、コショウ・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
・タイムパウダー・・・少々
・ピザ用チーズ・・・適量
・マヨネーズ・・・適量
・ドライパセリ・・・適量
・パン粉・・・少々
・マカロニ・・・適量

(作り方)
1.じゃがいもは下茹でして1cmくらいの半月切りにします。
2.マカロニを固めに茹でて、水で〆ておきます。
3.フライパンにオイルと5gのバターを熱し、たまねぎを炒めます。
4.透明になったら、ツナとじゃがいも、マッシュルーム、コーンを入れて炒め、タイムとコンソメを入れて軽く混ぜます。
5.手抜きホワイトソースを作ります。白ワインを入れ、牛乳とバター10gを入れ、木ベラで混ぜながら小麦粉を茶こしでこしながら混ぜていきます。
6.小麦粉がダマにならないようにとろみがつくまで混ぜ、塩、コショウ、おしょうゆで味を調えます。
7.生クリームとマカロニを入れて一混ぜし火を止めます。
8.グラタン皿の内側にオイルorバターの塗り、7.を入れます。
P1040594_convert_20090530001622guratan1.jpg
9.チーズ→マヨネーズ→ドライパセリ→パン粉をトッピングします。
10.オーブンで焼き色がつくまで焼きます。
はい、できあがり!
P1040601_convert_20090530002021guratan3.jpg

コーンたっぷり^^コーンとツナってなんでここまでマッチしているんでしょうね~
コーンの甘みとツナの塩気が上手い具合にバランスを取り合ってます。そこに、ポテトの大将が加わると丸ぁるくなって飽きませんね・・・大人でも^^

トロトロ感もバッチリで、疲れも頭痛も癒されました。

ちょっと調べてみたら・・・
とうもろこしの成分の中にはマグネシウムがあり、心臓や血管の機能を正常にして血流を整えたり、過度なストレスなどの神経の安定にも役立つ重要なミネラルなんだそうです。
ビタミンEや不飽和脂肪酸も豊富なのでコレステロールを除去し動脈硬化などの予防や、食物繊維の働きでお腹もスッキリ!

ほぉ~~、ビタミンEって「若返りのビタミン」って言われてますよね^^抗酸化作用もあると言われてますし。こりゃ~いいじゃないですか^^

明日には私もキャピキャピギャルに若返って今年流行っているらしい、3段とか5段フリルのティアードミニスカートでも履いちゃおうかしら♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-29 21:29 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1040596_convert_20090530001756sarada1.jpg

レタスの韓国風サラダです。
5分で作れちゃいます^^

野菜系が足りないな~と思ったときなどにオススメです。
簡単なわりに美味しいのであっという間に食べちゃえますから、たっぷり作ることをオススメします。

【レタスとのりのサラダ】
・レタス・・・1/2玉
・やきのり・・・2枚(ガスレンジで炙ってください)
・白ごま・・・お好きなだけ
・ごま油・・・小2くらい
・お塩・・・小1(様子を見ながら入れた方が良いので、最初は半量入れてください)
・コショウ・・・少々
・おしょうゆ・・・小1/2
・めんつゆ・・・小1/2
・青じそ・・・4枚
・桜海老・・・お好みで

(作り方)
1.レタスは洗って水を切り、適当に手でちぎってボールに入れます。
2.焼きのりは、手でもみながらちぎって1.に入れます。
3.そのほかの食材、調味料をボールに入れて混ぜ合わせます。このとき、手で混ぜるのが一番いいです。
※お塩とおしょうゆは様子を見ながら入れた方がいいです。けっこう、少量でもしっかりとした味つけになります。
はい、できあがり!
P1040598_convert_20090530001847sarada2.jpg

あ~~~、シャキシャキ感がたまらない^^
これとビールでいくらでもいけちゃいます♪

今日は、桜海老をいれていますが、しらすなどを乾煎りして入れても美味しいですよね^^
あと、韓国のりや味付けのりを使用する場合は、めんつゆを入れる必要はないと思います。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-29 11:29 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1040589_convert_20090529103203agedashi1.jpg

揚げ出し豆腐って、たまにムショーに食べたくなりませんか???
まさに昨日はそんな日でした^^

でもね、揚げ油を用意して・・・って言うと億劫になりがちですよね。
そんなときは、フライパンでなんちゃって揚げをしちゃいます^^

結構カンタン楽チンに作れちゃいますよぉ。

【簡単揚げ出し豆腐】
・豆腐(木綿or絹ごし)・・・1丁
・大根・・・3cmくらい(摩り下ろして軽く水気を切っておきます)
・しょうが・・・1片(摩り下ろします)
・だし汁・・・2カップ
・みりん・・・大1強
・白だし・・・大1強
・おしょうゆ・・・大1/2
・水溶き片栗粉・・・適量

(作り方)
1.お豆腐は、キッチンペーパーに包んで電子レンジでチンし、さらにペーパーを取り替えて重しを乗せて水気を切ります。(こうすると時短で水切りできます)
2.4~6等分に切り、片栗粉をまぶします。
3.フライパンに多めのオイルをひいて、全面に焼き色をつけます。※表面の粉がカリッとした感じに焼ければOKです。焼けたらキッチンペーパーの上にあげて油切りします。
4.お鍋にだし汁と調味料を入れて煮立て、味をお好みに調えます。
5.水溶き片栗粉を入れてとろみをつけ、一煮立ちさせて火を止めます。
6.お鍋に大根おろしとしょうがの摩り下ろしを入れます。(別がよければ盛り付け後にお豆腐の上などに添えてください)
7.器にお豆腐を盛り付け、6.のだし汁(餡)をたっぷりとかけ、青じそなどの薬味をトッピングします。
はい、できあがり!
P1040591_convert_20090529103240agedashi2.jpg

あ~~~、これ、これですぅ^^
今回は木綿豆腐で作ったので(フライパンだったので木綿の方がひっくり返しやすくて)もっちりした感じが楽しめました。

これにしいたけやなす、しし唐の素揚げも添えられてたら言うことなしですね^^
ふふふ、ベランダ菜園のしし唐が実るのが楽しみです。

よく考えてみると、お豆腐の水切り時間を省くと10~15分でできちゃいますから、億劫がらずにドンドン作っちゃおうと思います。

餡も色々な食材を使うことでアレンジが楽しめますね。
次回は、きのこか・・・中華風か・・・迷うな^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-29 00:26 | カテゴリ:和風
P1040583_convert_20090529102957nasuni2.jpg

今日はなんか、肌寒い1日でしたね~
おうちの中でも靴下を履いていないと指先が冷たくなるほど・・・まぁ、換気のためにどこの窓も開けているからですかね^^;

そんな冷たい雨の降る日なのに・・・夏にピッタリの煮物を作っちゃいました。
寒いのになすをさっぱり系で食べたいなぁーと思い、おしょうゆとだし風味には牛肉ってどうなんだろう?と思い、作ってみました。

【牛肉となすのおしょうゆ煮】
・なす・・・4本
・牛肉・・・200g
・だし汁・・・2カップ
・お酒・・・大2
・みりん・・・大1
・白だし・・・大1
・おしょうゆ・・・小2
・お塩・・・少々
・鷹の爪・・・1~2本

(作り方)
1.なすは、ゼブラ柄に皮をむいて、たて半分にして2~3mmの幅で切れ目を入れます。
P1040580_convert_20090529102859nasuni1.jpg
2.牛肉はたべやすく切り分けます。(今回はすき焼き用の肩ロースを使ったので5~7cmくらいに切りました。1~2口で食べれるくらいがいいですね)
3.お鍋にだし汁と調味料を入れて火にかけ、煮立ったら牛肉を入れて火を通しアクをきれいに取り除いてからなすを入れます。
4.蓋をして中火~弱火でなすに味が染み込むまで煮ます。
はい、できあがり!

P1040584_convert_20090529103117nasuni3.jpg

なすに味が染みてて美味しい~~~!
なすとは、よく豚肉を使っているのですが・・・牛肉もありですね^^
牛肉の脂の旨みとおしょうゆベースのだし汁をなすが十分に吸い込んでいて見た目の何倍も美味しいです。

さっぱりしているのに、ご飯に合います!
鷹の爪を今回は1本にしたのですが、2本くらい入れても大丈夫そうです(うちの彼ちゃんがあまり辛いのがお得意ではないので)。

うわぁ~見直したなぁぁぁ牛肉ちゃん!
こんなに上品になってくれるなんて、ちょっと感激です^^

この煮物、これから秋くらいまでわが家では頻繁に作られそうな予感がします。
下準備を入れても20分くらいで作れちゃいますから、ぜひぜひ、お試しを!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-28 01:05 | カテゴリ:和風
P1040575_convert_20090528133434takikomi3.jpg

なんか今日は貧血っぽいような冴えない体調です。
私、どんよりとした曇り空のお天気だと、頭がクラクラしてしまうんですよねー。気圧の関係だと思うのですが、頭の中がどんよりとして不快ですT_T

そういう日って、なかなかやる気も出ないのですがそれでも、バラやハーブの水遣り&虫取りなども一応はこなし、彼ちゃんのワイシャツにもアイロンを3枚あててあげました。(エラすぎるT_T)

お夕飯は、おとといから決めていた、鶏チャーシューを使った混ぜご飯にしてみました。
考える手間が少し省けた分、楽でしたね~

一品決まると、それに添える副菜などは何とかなりますからね^^

【鶏チャーシューとたけのこの炊き込み混ぜご飯】
・米・・・3カップ
・ゆでたけのこ・・・1/2本
鶏チャーシュー・・・1枚
・にんじん・・・1/2本
・まいたけ・・・1パック
・だし汁・・・3カップくらい
・白だし・・・大2
・塩・・・小1/2くらい
・お酒・・・大2~3
・みりん・・・大1
・おしょうゆ・・・少々
・出し昆布・・・1枚

(作り方)
1.お米は炊く30分前に洗ってざるにあげておきます。
2.たけのこ、にんじんは2~3mmくらいの厚みの薄切りにします。
3.まいたけは食べやすく手で分けておきます。
4.炊飯器にお米を入れ、だし汁、白だし、塩、酒、みりん、おしょうゆを入れて味を調えます。
5.食材をを加え、出し昆布をのせて炊きます。
6.鶏チャーシューをお好きな大きさに刻んでトースターなどでローストします。
ロースト前
P1040572_convert_20090528133319takikomi1.jpg
               ↓
ロースト後
P1040573_convert_20090528133353takikomi2.jpg
7.ご飯が炊き上がったら、6.のローストした鶏チャーシューを炊飯器に入れ、充分に蒸らしてよく混ぜ合わせます。お好みで鶏チャーシューの煮汁を入れてもOKです。
はい、できあがり!

P1040579_convert_20090528133511takikomi4.jpg

思っていた通り、たけのこの炊き込みご飯にローストした鶏チャーシューがいいかんじ^^
しかも、中華風の炊き込みご飯じゃなくて、おだしベースの和風にしたところがコッテリしすぎず、バッチリでしたぁ~

炊き込みご飯が面倒な場合は、鶏チャーシューをローストしてご飯に乗っけてお丼にしてもいいですね^^そのときには、白髪ねぎとゴマに青じそをトッピングしたらいいかも♪

しばらくは色々なアレンジを楽しめそうです。

今日もごちそう様でした^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-27 17:30 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1040559_convert_20090527135504nitamago3.jpg

おととい作った手羽先と大根のさっぱり煮のだし汁で煮卵をしてみました。

もう、半熟具合がバッチリ!!
味もしっかりと染みてて最高のビールのおつまみになりました^^

半熟卵の作り方は、
1.お鍋に卵を入れて卵がかぶるくらいのお水を入れて火にかけます。
2.沸騰したら火を止めて蓋をして3分置きます。
3.3分経ったら、冷水で冷やします。
はい、できあがり!

半熟煮卵の作り方は、
1.漬ける用のだし汁を作り、冷ましておきます。漬け汁は、めんつゆを適度に水で薄めてもOKですし、お酒とおしょうゆ、みりんを適量のお水とだしでひと煮立ちださせて冷ましてもOKです。
※必ず漬け汁は冷ましてください!(そうじゃないと半熟がただのゆで卵になっちゃいますから)
2.半熟卵の殻をソ~~~ットむきます。
3.漬け汁に半熟卵を入れて、冷蔵庫で一晩寝かします。
はい、できあがり!
P1040560_convert_20090527135541nitamago4.jpg

ね^^簡単でしょ♪
豚の角煮などの甘辛い濃い目の煮汁料理の後など、煮汁を捨てずに半熟卵を漬ければ立派な一品になりますよ~^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-27 00:58 | カテゴリ:パスタ
P1040569_convert_20090527135622pasta1.jpg

今日でYOSA3回目。
夜、お風呂に入るまで内臓に温かい腹巻でも巻いているようなほんわか感。
これって、内臓が温まっているってことですよね^^あー、今まで本当に冷えてたんだなぁ~と思いました。

そんなほんわか感だとあんまり攻撃的にもならないため、コッテリお肉系!って食事の気分にはならないものですね~^^

タコのパスタが食べたいなと思い、今日はオイル系でタコのラグーにしました^^

【タコのラグードライトマト風ジェノベーゼ】
・ゆでだこ(お刺身用)・・・足3本くらい
ドライトマトのオイル漬け・・・大2~3
・バジルペースト・・・大1強
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・白ワイン・・・大3
・塩、コショウ・・・少々
・おしょうゆ(白だし)・・・お好みで

(作り方)
1.ゆでだこを小さく刻みます。その方がパスタに絡みやすいです。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンにオイルと鷹の爪を熱し、ゆでだことドライトマトのオイル漬けを入れて炒め、白ワインを回し入れます。
4.茹で上がったパスタと茹で汁を入れて軽く絡め、ソースを乳化させます。
5.塩、コショウ、おしょうゆ(白だし)などで味を調えます。
はい、できあがり!

P1040565_convert_20090527135702pasta2.jpg

いつもながらに、美味しい^^
このドライトマトのオイル漬けは本当に重宝します^^
それにバジルペースト(ジェノベーゼソース)が本当にバッチリな相性なのでそのほかにはたいして味付けをする必要もありません。

昨日は彼ちゃんがギターレッスンでお帰りが割りと早く、一緒に食べたのですが、私が半分食べるくらいにはペロリと平らげてました^^

タコのほかにイカやえびでも美味しいですよ^^

あー、今日でオイル漬けもなくなってしまったので、週末に成城石井でドライトマトとブラックオリーブを買ってたっぷり作らなきゃ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-26 19:43 | カテゴリ:わが家のお助け調味料
P1040531_convert_20090525164121katsuodashi.jpg

めんつゆって、便利ですよね~。
煮物なんかも、ちょっと全体的に味が締まらないときや、面倒臭いときなんかにすごい助っ人になってくれます。

この「鰹節のだし」は、京都の大原からお取り寄せしています。

昨年の春、桜を観に京都に行った際に足を延ばした大好きな大原で見つけたお店です。
けっこう有名なお店で、全国のデパートに期間限定で出店されるほどの人気^^
その名も、
ポン酢とドレッシングの専門店「京都大原 志野」さん。

ご主人のポリシーは、
「値段は高こうついても天然素材を使って美味しい味、おいしいドレッシングを作っていく。」
だそうです。
無添加商品を目指されながらのご苦労やジレンマの中、かなりがんばっていらっしゃいます。

「すでに何割かの商品は、化学調味料なしで完全な無添加になってるんですが、まだ恥かしながら、半分以上の商品が、完全な無添加ではありません。味を落とさんと完全な無添加にするのが、これからの志野の課題です。」
とおっしゃっています。ガンバレ~~~!

前回は、定番の「濃縮 うどんだし」を購入したのですが少し甘めだったので、今回は少しあっさり甘さ控えめの「鰹節のだし」にしました。
大正解^^

だしのなかにはキラキラと光るものが!
P1040533_convert_20090525164201katsuodashi2.jpg
わかりますか?
鰹節が粉末が入っているんです。だから、使うときにはよーく振ってから入れてます。

京都大原三千院へ向かうお土産屋さんの道沿いにありますから、観光などで行かれた時にでもお店を覗いてみてください。

私はこのお店でほかにも色々と取り寄せていますが、どれもこれもとっても美味しいです。
時間をみてご紹介していきますね^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-26 11:21 | カテゴリ:バラとベランダ菜園
P1040552_convert_20090526101427harb.jpg

わが家には、今、6種類のハーブちゃんがいます。
・バジル
・パセリ
・イタリアンパセリ
・アップルミント
・ローズマリー
・タイム

これだけあるととっても便利です。

売っているハーブのパックって、量が中途半端ですよね~
昔は何度も買っては1/3くらいをダメにさせていましたが、この時期はその無駄もなく、お料理をしながら使いたいときにベランダからプチプチっと収穫して使えますから、野菜室でズルズルに腐らす心配もありません^^

毎日、水遣りとアブラムシやアオムシなどの害虫がいないかのチェック(無農薬栽培なので)をしています。
ただ、これからの時期が虫との闘いです!

ちょっとでも気を抜いていると、あっという間に美味しいところを食べられちゃうので気が抜けません><
今年の夏は、絶対にあいつらに勝ってみせるぞぉ~~~!

さて、午前のチェックは終わったから午後からはフラメンコのお友だちとYOSAに行ってきます^^
P1040367_convert_20090514200634YOSA.jpg


↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-26 01:59 | カテゴリ:和風
P1040547_convert_20090526101219sapaparini2.jpg

この時期になってくると、お味がしっかりとして・・・でもさっぱりとしたものが食べたくなりますよね^^
なんだか今日は、偏頭痛気味で左側がしびれたかんじ。。。肩こりのせいかなぁー
こういうときこそ、きちんと美味しいもの食べなきゃね!

ってことで、久しぶりにさっぱり煮を作ってみました。
今日は、黒酢の代わりに大好きなバルサミコ酢を使かったさっぱり煮です。

【手羽先と大根のさっぱり煮~バルサミコ風味~】
・鶏手羽先 ・・・4本
・大根・・・1/2本
・しょうが・・・1片 (薄切り)
・小松菜・・・適量(軽く茹でて色取りに)
・しめじ・・・1房(なくてもOK。私が食べたかっただけ)
・バルサミコ酢・・・50~80cc
・お酒 ・・・大3
・みりんorはちみつorお砂糖・・・大3 (お好きな甘さに加減してください)
・しょうゆ・・・大3
・出し昆布・・・2枚
・お水・・・材料がかぶるくらい(3カップくらいかな)
めんつゆなどのかつおだし・・・味の様子をみて

(作り方)
1.手羽先をフライパンで両面焼き色をつけます。このとき、手羽先の関節部分からカットしてもいいですが、先っぽのほうにコラーゲンが豊富でいいダシが出ると聞いたことがあるので、私はこのまま^^
P1040544_convert_20090526101006sapparini1.jpg
2.大根は2cmくらいの厚さの半月切りにして面取りします。電子レンジでチンして下茹でします。
3.お鍋に出し昆布とお水を入れて火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し、大根と手羽先、しめじ、しょうがを入れます。
4.調味料を入れて味を調整します。足りないようならかつおだし(めんつゆなど)で調整すると簡単です。
5.落し蓋をして、大根に味が染みるまでじっくり煮詰めます。
はい、できあがり!
P1040549_convert_20090526101338sapparini3.jpg

私は、出し昆布も大きめにカットして一緒に煮込むのですが、何気にこれが美味しいんですよね~

手羽先はホロリと簡単に骨から外れるほどに良く煮えていました^^
それなのに、旨みが凝縮されていてちっともパサパサしていません。これが手羽元とかだと脂肪分が少ないから煮込み時間の調整が必要になりますが、手羽先は楽で美味しいから便利ですね~

大根もしっかりとお味が染みていて美味しいでした。
コラーゲンもいっぱい煮汁の中に入っているのでそれを大根やしめじが吸いこんでくれているはず!
これで明日の朝はプルップルのお肌になっているはず!!

なんか、元気が出てきた気がします^^
彼ちゃんも、夜中1時くらいのお夕飯時にこのさっぱり煮をいただきながら冷えたビールをグビグビと美味しそうに飲んでいました^^
-----今日もお疲れ様だったね^^これ食べて、元気出して明日もお仕事ガンバッテちょうだい!

ビールにも焼酎にもワインにも合う、美味しい煮物でした。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-25 19:18 | カテゴリ:バラとベランダ菜園
P1040536_convert_20090525190448ingen1.jpg

夕方、ベランダのバラちゃんやハーブ、山椒、しし唐にお水をやりました。
その際に、種まきをして発芽するまで紙袋を被せておいた「つるなしインゲン」をこっそり覗いてみたら・・・
ギャ~~~ッ!土日見てない間に芽が出てこんなに成長していました!!!
なんという生命力^^

P1040537_convert_20090525190526ingen2.jpg
「ボクは今から芽を出すんだよぉ~」

・・・ってことは「オクラ」も!?
慌てて紙袋を取ってみたら

P1040540_convert_20090525190607okura1.jpg
「ん?あ、ボクたちはマイペースなんで^^;」
あ、でも芽が出てる^^

いやいや、あんまりにもビックリして慌ててしまった&嬉しかったので勢いでアップしちゃいました^^

明日からはお日様の光をいっぱい浴びて元気で美味しく育ってね☆
るんるんるん♪

P1040543_convert_20090525190638okura2.jpg
「よいちょっ。やっと出れたよ、ボクも」

あ~、びっくりしちゃった^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-25 16:47 | カテゴリ:わが家のお助け調味料
P1040528_convert_20090525163925barusamiko.jpg

私は、バルサミコ酢が大好きで、よくお料理に使うのですが、
特に、片岡物産さんの「オルタッリ ブルー ラベル」というバルサミコ酢はイチオシです!

自然な甘みとしっかりとしたコクで本当にいいお味。なのに、安い!!

厳選された原料のみを使用し、伝統的な製法で丁寧に作られた、イタリア モデナ地方産の高品質バルサミコ醸造酢です。

以下、片岡物産HPより抜粋===============================
オルタッリは、長熟プレミアム タイプ並みの芳醇な香りと、贅沢に使用したブドウの濃度の高さが特長の高品質バルサミコ醸造酢。また、自然な甘みとしっかりとしたコクの絶妙なバランスが新鮮な食材を引き立て、サラダ ドレッシングやカルパッチョに最適です。

ネック ラベルが品質の証(モデナ バルサミコ生産者協会認定)!

モデナのバルサミコ生産者組合による厳格な製法規定をクリアした商品のみに付すことが許される、協会指定の品質表示ラベル。オルタッリはこのラベルによって高い品質を保証されている、由緒正しいバルサミコ酢です。

======================================================

バルサミコ酢はちょっと・・・って方も、このバルサミコ酢ならきっと大丈夫だと思います。
店頭で見かけることはなかなかないのですが、ココでゲットできます。

3,150円以上買い物すると送料が無料なので、ゴディバのチョコレートやトワイニングの紅茶なんかと一緒に買えばお得ですよ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-25 01:36 | カテゴリ:洋風(イタリアン系)
P1040519_convert_20090525054503nyokki8.jpg

小雨の降る昼下がり、男はポツリとつぶやいた。
「じゃがいものお団子みたいなイタリアンの・・・あれ何って言うたっけ?あれが久しぶりに食べたいな」
女は自主的に発せられた男の言葉を評価しつつも、アッサリと答えた。
「あ、ニョッキね」
う~~~ん、いつになったら覚えてくれるんだか^^;

まぁ、今日は彼ちゃん自主的に食べたいものをリクエストしてきたので許してやろう^^
ってことで、今夜のお夕飯はニョッキに決定。
冷蔵庫にそろそろやばくなりそうなほうれん草があったので、もちろん使っちゃいます!

【ほうれん草のニョッキ トマトソース】
・じゃがいも・・・3個
・ほうれん草・・・1束
・強力粉・・・50~80g(もちもち弾力を求めるなら、80g~100gでもOK)
・卵・・・1個
・コンソメ・・・1/2個
・塩・・・少々
・タイム(パウダー)・・・少々

・ホールトマト・・・1缶
・たまねぎ・・・1/2個(薄切りもしくはみじん切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本
・白ワイン・・・大2
・ローリエ・・・1枚
・コンソメ・・・1個
・塩、コショウ・・・少々
・粉末昆布・・・少々
・白だし・・・少々

(作り方)
1.じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切り、お鍋にじゃがいもと水とコンソメを入れて茹でます。
茹で汁は捨ててもいいですが、私はこれをベースにスープを作りました(だってもったいないもん^^)
P1040504_convert_20090525053720nyokki1.jpg
2.茹で上がったら、熱いうちにマッシュします。
P1040506_convert_20090525053758nyokki2.jpg
3.ほうれん草を茹でて細かく切るか、フードプロセッサーにかけ、水気を切ります。ほうれん草を細かくすればするほど、きれいな緑色になりますが、私は少し粗めにしたいので包丁で切りました。
4.ボールに2.と3.を入れ、卵と強力粉を入れて軽く混ぜます。このときに、自分の好きな固さになるように強力粉で調整してください。
5.タネを4等分くらいにして平らな台に打ち粉をして棒状にします。
P1040507_convert_20090525053842kyokki3.jpg
6.棒状のタネを包丁で一口サイズ(2~3cmくらい)にカットします。
P1040511_convert_20090525053925nyokki4.jpg
7.手に打ち粉をして軽く丸めます。お好みでカットしたままでもOKですし、自分の好きな形にしてください。
P1040514_convert_20090525054217nyokki5.jpg
こんなかんじ
P1040515_convert_20090525054415nyokki6.jpg
8.トマトソースを作ります。
・フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を熱し、たまねぎを炒めます。
・透明になりしなりとしたら、ホールトマトと白ワインを入れ、コンソメ、ローリエとともにしばらく煮詰めます。
・塩、コショウ、粉末昆布、白だし等で味を調えます。
9.お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、7.のニョッキを茹でます。浮き上がったら出来上がりです。
P1040518_convert_20090525054319nyokki7.jpg
10.9.を8.に入れて軽く絡め、オイルを回し入れて火を止めます。
11.お皿に盛り付け、たっぷりとパルメジャーノチーズを削りかけます。
はい、できあがり!
P1040522_convert_20090525054558nyokki9.jpg

あ~~~、じゃがいもの甘みとほうれん草の食感、いいんじゃなぁ~~~い^^
色合いも、イタリアの国旗みたいじゃないですか!?^^

彼ちゃんもパクパクとお召し上がりになり、パンまで焼いてあまったトマトソースをつけて召し上がっていました。最近、イタリアンにもこなれてきたわね^^

私は、あんまり粉を使いたくないので(50g弱)程よいモチモチ感でペロリといただけちゃいます。
それでも、食べ応えは十分にあるので、とってもヘルシーメニューだなと思います^^

残りは、バットに並べてラップして冷凍庫へ。凍ったらジップロックに詰めて保存します。
こうしておけば、食べたいときに冷凍のままお湯で茹でるだけ^^ね、楽チンでしょ!

スープに入れてもよし、クリーム系のソースでいただいてもよし、色々とアレンジが楽しめます。
次はお野菜をゴトゴトたっぷり入れて、フレッシュトマトで作ったあっさりトマトソースと一緒にいただこうかな^^

ふぅ~。今日もお腹いっぱい^^
ごちそうさまでした。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-24 19:52 | カテゴリ:ラーメン
200905241329000_convert_20090524183455daidaiya1.jpg

忘れた頃に食べに行く、割とご近所のラーメン屋さん「橙屋」。
しょうゆ系のラーメン屋さんではなかなか美味しいと思います。

前に行ったときには、閉まっていて・・・ご主人が交通事故にあわれて休業されていたようです。
今日はお元気そうでなにより^^おなかもポコリとちゃんと出ていましたキャハハハ><

昆布と鰹の利いたスープに濃口醤油がガツンと味わえる正統派東京ラーメンという感じです。
黄色のやや縮れ中細麺はコシが強いくてダレませんし、チャーシューはばら肉が、デ~~~ンと大きく1枚入っているのが特徴です。

トッピングの煮玉子は白身に味が良く染みていてしっかりと濃いお味です。それでいて黄身がトロトロ~~~とトロケてくれるのが嬉しいですね^^
私の大好きなメンマも水っぽくなく、シャキシャキとしたちょうどいいお味。

200905241330000_convert_20090524183641daidaiya2.jpg
ほら、透き通るほどのスープがいいかんじでしょ^^

200905241333000_convert_20090524183717daidaiya3.jpg
そして、煮玉子^^私の歯形つき!(爆)

久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しい!ここのラーメンは胃もたれしないのが嬉しいです。

店内はカウンターのみ7~8席。ご主人お一人で対応されていますが、厨房もきれいにされていて信頼度アップです^^
やっぱりね、厨房の汚いお店はダメです^^;(う、うちのキッチンは・・・別としてぇ><)

小雨の降る日曜のお昼にピッタリなラーメン、ごちそうさま~~~^^

200905241318000_convert_20090524184535daidaiya4.jpg
東京都世田谷区千歳台5-7-7
03-3484-8188
定休日:月曜・毎月9日
営業時間:11:30-15:00/18:00-21:00

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-24 09:50 | カテゴリ:アジアン系
P1040499_convert_20090524090018chasyu4.jpg

はなまるマーケットで、ネット上で大反響の「鶏チャーシュー」を特集していました。検索ヒット件数がなんと、4,200,000件もあるんですって!!
すごいですねぇ~
ふーん、そこまで美味しいんだったら早速試しちゃおうと思います。

レシピを紹介されていたシェフの方は「茹で鶏」も紹介した四川料理の方だったのでかなりピリ辛な分量だったので、私なりにちょっとアレンジしちゃいました。

【鶏チャーシュー】
・鶏もも肉・・・2枚
・水・・・4カップ
・お味噌・・・大2
・豆板醤・・・大1or小2くらい(辛いのがお好きな方は大2でもOKですよ)
・テンメンジャン・・・大1
・しょう油・・・大2
・酒・・・じ2
・みりん・・・大3 (お砂糖でもOK)
・オイスターソース・・・大2
・ショウガ・・・2片 (包丁の腹で潰しておきます)
・ニンニク・・・2片 (包丁の腹で潰しておきます)
※お好みでお酢を入れても美味しいと思います^^テリが出て辛さが和らぎます。

(作り方)
1.鶏肉は皮目を下にして、まんべんなくフォークで刺し、味が染み込みやすくしておきます。
P1040491_convert_20090524085721chasyu1.jpg
2.フライパンにお味噌、豆板醤を入れ、強火でさっと炒めます。
P1040493_convert_20090524085838chasyu2.jpg
3.2.にお水、お酒、みりん(お砂糖)、テンメンジャン、オイスターソース、おしょうゆ、ショウガ、ニンニクを加え、鶏もも肉は皮目を上にして入れ、 沸騰するまで強火にします。
P1040496_convert_20090524085919chasyu3.jpg
4.沸騰したら中火にして15分くらいじっくりと煮ます。
※15分経ったところで、煮汁を約400ccお玉ですくって別の容器にとっておきます。 煮汁はほかのお料理などのタレに使用できます。私は瓶に入れておき、冷めてから冷蔵庫保存しました。
5.煮汁を取り出してから鶏肉を返して皮目を下にし、中火から強火にしたら煮汁をかけながら5分~10分ほど煮詰めます。
はい、できあがり!
P1040501_convert_20090524090107chasyu5.jpg

ただ、調味料と鶏肉を入れて煮詰めただけなのに、しっかりと味が染みてます^^
ごはんが進みますよ~~~
これはいいです。30分もあれば出来ちゃいますからね。煮込んでいる間にもう1品作れちゃいますから時間のないときにでも失敗なく、美味しいメインが作れるってかんじです。

今日は煮詰めたものをそのまま食べましたけど、チャーシューなので、煮詰めたあとを網焼きしたりオーブンでグリルしてもいいですね^^

もっともっと美味しくなりそうです^^

鶏チャーシューですが、1枚分食べて、もう1枚は煮詰めたタレとともにタッパーに入れて冷蔵庫に保存しました。2~3日は保存がきくそうです。

残りの1枚は、次回混ぜご飯にしてみようと考えてます^^またそのときはご報告しますね☆

今回、キャベツの千切りをたっぷり作って一緒にいただきましたが、
このキャベツの千切りをたっぷりいただけるために、ちょっとしたコツがあるんです^^

キャベツだけだと、モソモソというかボソボソして食べ飽きちゃいますよね。歯ごたえとみずみずしさを加えるといっくらでも食べれちゃうんです^^

その魔法の食材は・・・レタスです!
レタスを全体量の3割くらい混ぜるだけ。

本当に、いくらでも食べれちゃいます。これ、絶対のおすすめです^^
生野菜は栄養価が・・・って思っていたのですが、生野菜も摂取する必要があるそうです。
生の野菜や果物をたくさん摂れば摂るほど、健康増進と病気の回復に有利であるそうなんです!

新鮮な生野菜や果物の中には消化酵素をはじめ多くの酵素が含まれているため、体内で酵素を作り出すエネルギーは不要なので、その分のエネルギーは体内に満ち、日常の活動で使い切ってしまわなければ、余裕のエネルギーは体の修復に使われます。
だから、元気になるんですね^^

下記に良さをまとめてあるものを見つけたので、ご紹介してきますね。

1. 高品質の栄養を早く吸収できる
2. エネルギッシュになる
3. 健康が増進する
4. 体の修復機能が存分に働くことができる
5. 頭脳明晰になる
6. 疲労感がない
7. 解毒作用が高まる
8. ジュースにも繊維を含くまれており、体が無理なく処理できる繊維がとれる
9. コレステロールを下げる
10. 免疫力が高まる
11.骨が強くなる

だそうです!!なんかすごいですね~

理想は、食事全体の6割程度を生のもので摂取することだそうです。実際の問題として6割を生食で摂るのは難しい場合があるので、絞りたてのジュースを活用することが無難でしょうね^^;

やっぱり新鮮な野菜、果物などをいただくってことが一番なんですね^^
あ~~~、やっぱり畑が欲しい><

ん!?生食ってことはお刺身もってことかな!?ぐふふ(^m^)

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-23 00:36 | カテゴリ:洋風
P1040477_convert_20090523190841pirafu1.jpg

数日前からえびピラフがムショーに食べたかったんです。
多分ね、CMの影響だと思います^^;

いつもはフライパンか土鍋で作るのですが、炊飯器だともっと簡単っぽいので、そちらで^^
なんせ、今日はスプブントゥットゥ(オックステールスープ)も作ったりなんかしちゃっているので・・・こういうところで手を抜かないと^^

【えびピラフ】
・えび・・・20尾(背わたをとります)
・お米・・・3合
・お水・・・3カップ弱(520ccとか)
・たまねぎ・・・中1個(みじん切り)
・にんじん・・・1/2本(大きめのみじん切り)
・マッシュルーム・・・6個(スライス)
・ピーマン・・・1個(大きめにみじん切り)
・コーン・・・お好きなだけ
・ベーコン・・・2枚(1cm角に切ります)
・白ワイン・・・大2
・コンソメ・・・2個
・塩、コショウ・・・適量
・白だし・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
・バター・・・20~30g
・ローリエ・・・1枚
・パセリ・・・適量

(作り方)
1.フライパンに少量のオイルと20gのバターを熱し、たまねぎをじっくり炒めます。
2.たまねぎが透明になったらベーコンを入れて炒め、お米を入れてバターとベーコンの脂を吸わせるように炒めます。
3.えび、にんじん、コーン、マッシュルームを順に入れて軽く炒めます。えびは炒め過ぎると硬くなっちゃうので軽くオイルでコーティングするくらいの気持ちに^^
4.炊飯器に3.とお水、白ワイン、コンソメを入れます。
5.塩、コショウ、白だし、おしょうゆなどで味を調えます。少し味が濃いくらいでちょうどいいです。
6.ローリエを入れて普通のように炊きます。
7.炊き上がったらピーマンを入れ、味が物足りないようならバターを10gとお塩を入れて軽く混ぜ、蓋をして蒸らします。
8.お皿に盛り付け、パセリを振ります。
はい、できあがり!
P1040481_convert_20090523190912pirafu2.jpg

う~~~ん♪
そうそう、この味!!このプリプリ感!!あ~シアワセぇ^^満足満足大満足ぅ~。

ピーマンは変色するので、炊き上がってから入れて蒸せば十分です。
バターが苦手な方は、分量を10gくらいにして、オイルで調整してください。

えび以外でもホタテやイカなどでも美味しいですよね。
イカを入れるか、私も悩んだんですが・・・、食べたかったのはえびピラフだったので、当初の思いを忠実に再現しました^^

えびピラフにスプブントゥットゥ(オックステールスープ)って・・・変な組み合わせですよね^^;
でも、食べたかったものなので、私は大満足☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-23 00:00 | カテゴリ:アジアン系
P1040482_convert_20090523190950teru1.jpg

急にオックステールスープが飲みたくなり、作ろうというパワーも出たので今日がチャンス!とばかりにがんばって作りました。
思ったほど面倒臭くはありませんでしたが・・・まだまだ、インドネシア料理屋さんで食べたあの味カンドーの味には修行が必要なようです。

でも、とっても体が喜ぶ美味しいスープに仕上がりました^^

【スプブントゥットゥ(オックステールスープ)】

・牛テール・・・1パック
・たまねぎ・・・1個
・にんじん・・・1本
・トマト・・・1個
・じゃがいも・・・1個
・セロリ・・・1本
・にんにく・・・1片
・しょうが・・・1片
・お水・・・2カップ


・もやし・・・1パック
・長ネギ・・・1/2本(斜め切り)
・しょうが・・・1/2片(千切り)
・パクチー・・・好きなだけ
・ナツメグ・・・小1/2
・塩、コショウ・・・適量(コショウは多めが美味しいです)
・ナンプラー・・・適量
・おしょうゆ・・・適量
・鷹の爪・・・お好みで
・お水・・・適量

(作り方)
1.牛テールをたっぷりのお水で茹でます。(すごいアクなのでこの茹で汁は捨てます)
2.スーパー活力なべに、茹でたテールとAのお野菜を適当に切って入れ、お水を2カップ入れて煮ます。活力なべの場合は、高圧で、圧がかかってから弱火で20~25分、普通のお鍋の場合は、材料がかぶるくらいのお水で4時間くらいじっくり煮てください。
3.牛テールは一旦お皿に身が壊れないように移し、お野菜をこしてスープだけにします。
4.こしたスープの中に牛テールを戻して火にかけ、Bのお野菜を入れて煮ます。(活力なべの場合は、足すお野菜の量によってお水を足してください)
5.4.のお野菜に火が通ったら、Bの調味料で味を調えます。
はい、できあがり!
P1040485_convert_20090523191023teru2.jpg

化学調味料を使わないコンソメベースのスープを2.の段階で作ったって感じです。
やっぱりね、優しいお味のコンソメになります。あ~~、コンソメもこうやって作ったらもっと普段のお料理も美味しいでしょうね^^・・・毎回はムリだな、、、やっぱり><

Aに使ったお野菜はご自分の好きなお野菜や、おうちにあるお野菜でいいと思います。ただ、たまねぎとセロリ、トマト、にんにく、しょうがはあった方がいいですね^^

お塩とコショウ、ナツメグを利かせるのがポイントです。
私はパクチーが大好きなのでたっぷり入れました^^シアワセ~~~

やっぱり、圧力鍋があると便利ですね~
4時間以上かかるお料理が1時間弱でできちゃうんですものね^^

また、色々なレシピを参考にしながら改良をしていきます。
でも、十分美味しいので、ぜひ、お試しを!

あー、またインドネシア料理を食べてこの舌で確認したいなぁぁぁあ!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-22 10:32 | カテゴリ:好きなもの
P1040467_convert_20090522094428sora2.jpg

リビングから空がよく見えます。
目の前には高い建物がない(目の前は2階建ての幼稚園なのですが、アンテナだけがちょっとネック。。。)ので、リビングの床に座ってボォ~~~っと雲の流れを見ているのが好きです。

今日も朝から風が強めで、曇ったり晴れ間がのぞいたりと雲の動きもどんどん変化しています。
手が届きそうに低い雲、飛行機と同じくらいに高い雲、もくもくな雲、うっすらな雲・・・。

あんまりにも気持ちがいいので、ちょっとだけ撮ってみました^^

これが南側
P1040465_convert_20090522094351sora1.jpg
なんか夏!ってかんじの清々しい空

10分後には・・・
P1040471_convert_20090522094611sora4.jpg
また全然違う表情になりました^^

西の空は
P1040468_convert_20090522094501sora3.jpg
黄昏そうな昔を思い出したくなるような空

そして、その雲の間から注がれるお日様を浴びて嬉しそうな
P1040469_convert_20090522094538shishito1.jpg
しし唐。
小さなつぼみらしきものが!!
おおお~ぉ^^

今日も自然の恵みに感謝!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。
2009-05-22 01:39 | カテゴリ:パスタ
P1040457_convert_20090522094027pasta1.jpg

今日は風の強い1日でしたねぇ~
木々が大きく揺れ、ベランダのバラやハーブたちも倒れてしまうんじゃないかしらって心配するくらいでした。
でも、なんか気持ちの良い風に感じたのは私だけ?
「風も・・・自然って生きてるんだなぁ」と感じました。なんだか、私の中のモヤモヤを吹き飛ばし、新しいエネルギーを吹き入れてくれるような、そういう印象でしたね~

バラちゃんもハーブちゃんたちもみんな無事でよかった^^

そろそろ、トマト系のパスタが食べたいころかな・・・と思ったら、やっぱりパスタのリクエストがありました^^
ってことで、私の大好きなプッタネスカになすを入れてみました。

【なす入りプッタネスカ】
【プッタネスカ】
・ホールトマト・・・1缶
・アンチョビフィレ・・・4~5枚
・シーチキン・・・1缶
・ブラックオリーブ・・・15粒くらい
・ケイパー・・・大1
・にんにく・・・1片
・鷹の爪・・・1本
・ローリエ・・・1枚
・白ワイン・・・大3
・粉末昆布・・・少々
・塩、コショウ・・・少々

(作り方)
1.フライパンにオイルを入れて、にんにくのみじん切りと鷹の爪、アンチョビのみじん切りを入れ、いい香りがするまで弱火でオイルに香りづけします。
2.アンチョビが溶けたら、なすを入れてしっかりと油を吸わせるように炒めます。
3.オリーブ(半分を粗みじん切り、もう半分を4等分くらいに輪切り)、ケイパーは(みじん切り)、シーチキンを1.に入れ軽く炒めます。
4.あらかじめ手でつぶしておいたホールトマトと白ワイン、ローリエを加え20分くらい煮詰めます。
5.塩、コショウ、昆布粉末(おしょうゆも入れちゃうけど)で味を調えます。
6.パスタを茹で始めます。
7.茹で上がったパスタを5.へ入れ、ソースが絡まりづらいようならパスタの茹で汁を入れてください。
はい、できあがり!

P1040464_convert_20090522094237pasta2.jpg

いつ食べても、プッタネスカは美味しい!!

私はアンチョビとブラックオリーブが大好きなんです。これとトマトの最強トリオのパスタが美味しくないわけがありません^^

彼ちゃんも好きなパスタのようですが、何度教えても「プッタネスカ」という名前を覚えてくれません。いえ、覚える気がないんですね~
ま、そこまで望むのは無理でしょうかね^^;

なんか、トマトソースのパスタを食べたら元気が出てきました^^(いつもだけど)
彼ちゃんのお顔も疲れ顔から、おっとり顔に戻っていました。・・・この顔になると、、、そのうちうたた寝開始しちゃうんですけどね。彼の至福の時間なので、少しだけそっとしておいてあげます。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-21 12:26 | カテゴリ:洋風
P1040448_convert_20090521120358doria4.jpg

カレーの翌日の定番と言ってもよいカレードリア。
わが家でも、もちろん定番です^^
違うといえば、翌日ではないこと・・・カレーは2日続けて食べれないんですよね~私><

でも、今日は食べる気マンマンです^^
簡単ですぐにできちゃうってとこもいいですよね。
今日のレシピはすべて適量です^^

【カレードリア】
・カレー・・・適量
・冷凍ご飯・・・一膳分
・生クリーム・・・大2くらい
・牛乳・・・少々(ご飯がふっくらなら必要ありません)
・バター10g
・マヨネーズ・・・適量
・卵・・・2個
・アスパラ・・・6本(固茹でしておきます)
・しめじ・・・お好みで(軽くソテー)
・ピザ用チーズ・・・適量
・ドライパセリ・・・適量
・パン粉・・・少々

(作り方)
1.グラタン皿にバターもしくはオイルを塗ります(分量外)
2.冷凍ご飯をチンして半量ずつお皿に入れ、カレーとバターを5gづつ生クリームと牛乳少量でよく混ぜ、馴染ませます。
3.混ぜたご飯の上にアスパラとしめじを乗せます。
P1040443_convert_20090521120050doria1.jpg
※真ん中には並べないようにしてください。
4.その上にカレーをガパァ~とかけます。
5.真ん中を少しくぼませ、卵を割り落とします。
P1040445_convert_20090521120228doria2.jpg
6.ピザ用のチーズをトッピングしマヨネーズをかけ、パン粉とドライパセリをふりかけます。
P1040446_convert_20090521120302doria3.jpg
7.オーブンで焼き色がつくまで焼きます。
はい、できあがり!
P1040452_convert_20090521120429doria5.jpg

チーズとカレーが合ってるぅ~~~美味しいデスッ!
熱々をフーフーしながら食べるこの幸せ^^

マヨネーズはなくてもOKですが、なんかドリアやグラタンの時ってかけちゃうんですよね^^;
あ、でも決してマヨラーではございません。

このドリアでなかなかいい働きをしているのが、アスパラと卵なんです^^
アスパラのみずみずしい甘さと食感が合うんです!そこにトロ~リと半熟な卵が・・・^^
ぜひ、入れてみてくださいね♪

ご飯の量はかなり少なめですので、パンとかを一緒にいただくとさらにgood!だと思います。
わが家は、お夕飯の時間がかな~~~り遅いので少なめに^^;
ま、アルコールもいただくので、ちょうどいいんですよね。アハハハ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-20 19:32 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1040439_convert_20090520201351moyashi1.jpg

不況になると売れるお野菜があるそうです。
そう、「もやし」なんですって。
最近では、不況とは関係なく「もやしダイエット」なぁーんて本もでていますよね。

ニュースで「安くて栄養価も高いもやし・・・・・」って言っているのを聞きながら
「そんなに栄養価高いのかしら?」と疑問に思ったのです。

ないとは思っていませんでしたが、水分がメインで食物繊維にあとはコチョコチョでしょと、勝手に決めつけている部分があったのですが、この際、調べてみようと思い、栄養価について調べました。

もやしは、大豆や緑豆等、ブラックマッペなどを発芽させたものが主で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維等の栄養成分が含まれています。

効果・効能的には、胃腸の調子を整えるアミラーゼが含まれていたり、腸内のビフィズス菌や善玉コレステロールを増やす働きが便秘や肥満の改善に効果があるんですって!

さらに、動脈硬化や高血圧、がん、糖尿病を予防する効果があり免疫力を高めてストレス緩和にも良いとのこと。また、肝機能を正常化させて、疲労を回復してくれる働きも・・・。

あら、すごいじゃないですか!!もやし様!!!

ってことで、単純な私は即、もやしゲット!
しかもですね、スーパーで9円って・・・ありえますか!??
皆さん、何袋も購入されていました。そりゃーそうでしょうね。わが家も2袋買っちゃいました^^)v

今日は家にあるピーマンなどと一緒に簡単な炒め物にしてみました。

P1040441_convert_20090520201424moyashi2.jpg

もやしの栄養成分は丈の短いもやしほどあるそうなので、買い物のときには、よ~~~く見て買ってくださいね!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-20 17:08 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1040422_convert_20090519074405renkon1.jpg

ちょっとしたおつまみにいいなと思って作ってみました。
れんこんと豚肉だとよく米酢を使ったさっぱり炒めを作るのですが、バルサミコ酢を使ってちょっと濃厚なかんじにしてみようかなと^^

ってことで、テキトーなかんじで作りましたが、意外にも!?イケます^^

【れんこんと豚肉のバルサミコ酢炒め】
・れんこん・・・1節(たて半分を3mmくらいにスライス)
・豚肉・・・100g(食べやすい大きさに切ります)
・しいたけ・・・2個(石ずきを取って5mmくらいにスライス)
・にんにく・・・小さいのを1片(摩り下ろします)
・バルサミコ酢・・・大1強
・バター・・・10g
・みりん・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
・塩、コショウ・・・少々
・鷹の爪・・・1/2本(輪切り)

(作り方)
1.れんこんは酢水(分量外)にさらしてアクを抜きます。
2.フライパンにオイルと鷹の爪を熱し、豚肉を炒めます。
3.火が通ったら、れんこん→しいたけの順に入れ、れんこんにシャキシャキ感が残る程度に炒めます。
4.バターとすりおろしたにんにく、バルサミコ酢、みりんを入れて絡ませながら軽く煮詰めます。
5.塩、コショウ、おしょうゆで味を調えます。
はい、できあがり!

P1040426_convert_20090519074537renkon2.jpg

焦がさないように手早くササッと作っちゃいましょう^^
れんこんもしいたけも火が通りやすい厚さにスライスしてありますから、豚肉に火が通れば、あとはバルサミコ酢がバターなどに馴染めばOKです^^

パッと見は和風に見えますが、バターとにんにく、そして芳醇なバルサミコ酢がしっかりと利いているのでアルコールがすすみます^^

おつまみとしていますが、もちろん!メインにだって十分です^^
れんこんのシャキシャキした歯ごたえって、止まらなくなりますよね♪
しいたけをエリンギにしても良さそう!

これから、冷えたビールが恋しい時期ですよね。
そんなとき、疲れた体にこのおつまみと枝豆があったなら・・・シ・ア・ワ・セ☆ですよね!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-19 14:00 | カテゴリ:バラとベランダ菜園
200905191018000.jpg

今朝、母から携帯に届いた画像です^^
これ、全部今朝採れたバラちゃんなんですって!

先週くらいまでは1日に20本くらい採れていたらしいですが、今週に入って少し落ち着いたらしいです^^;
うらやましいかぎり><

このバラちゃんも本当にステキで気品があり、美しく優しい感じが伝わってきますが、
一番すごいのは、この画像を母が携帯のカメラで撮影してメールに添付できたことなんです^^

ま、今の時代、いくらでもできる方はいらっしゃると思いますが、こんなにピントも合わせてきれいに写せるなんて!!さすがわが母^^

もともと母はセンスのある人ですし、頭の回転も速くて好奇心も旺盛なので教えなくてもそのうちに自分のものにするとは思っていましたが、なかなかです^^
携帯を持ち始めてさほど経っていないんですけどね、メールもいつもデコメ満載です^^

アハハハハハ^^身内自慢ですみません。
わが家は、お互いの良いところを褒め合って互いを成長させていくタイプなのでお許しを^^

この画像が送られている頃、私はミントとししとうの植え替え、つるなしインゲンとオクラの種まきをしていました^^;

親子でもえらい違いですね。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。
2009-05-19 13:32 | カテゴリ:etc
katachitachi_convert_20090519132407katachitachi.jpg

なんと、うちの彼ちゃんが5月1日よりブログを開始しました。
その名も「カタチタチ」。

彼は仕事柄、色々なカタチを創造しています。
自分のまわりにある色々なカタチをブログにしたいらしいです。

まだ、始めたばかりですし、日々の仕事は遅いのでなかなか更新はスムーズじゃないですが・・・ま、性格的なものもかなり大きいとは思いますけど^^

私とはまた違った観点で彼の人柄も上手に表現されています。

私のブログのリンクから飛ぶことができますので
ぜひ、そちらも覗いてあげてくださいm(_ _)m

以上、宣伝でしたぁ~^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。
2009-05-19 00:35 | カテゴリ:洋風
P1040433_convert_20090519073940curry1.jpg

日曜の夕方から煮込んだビーフカレー。
もちろん、市販のルゥーは使っていません^^
市販のルゥーを使うと、必ずと言ってよいほど、胃もたれを起こしちゃって、2.3日体調不良になるんですよね。多分、使用されている油が合わないんでしょうが・・・そんなことありませんか?

いつもは、キーマカレーやインドカレーを作ることが多いのですが(時短でできるのでいいんですよね)
今回は、彼ちゃんが「ビーフカレー」がいいとのこと。いわゆる欧風ってやつですね^^
どうも、彼ちゃんは、小さい頃から食べていたこの欧風カレーが簡単で美味しいと思っている気がします。そりゃ、美味しいですよ。かなり手間と時間かけるんだからさ~
とは思いましたが、たまにはじゃがいもやにんじんがゴトゴト入ったカレーもいいですよね^^

ゴトゴトお野菜を食べたいので、じゃがいもが溶けちゃわないようにするのが今回のミッションです。

【ビーフカレー】
・牛すね肉・・・500g(2口大くらいに切り分ける)
・じゃがいも・・・3個(4~6等分に)
・にんじん・・・1本(乱切りに)
・たまねぎ・・・3個(1個はみじん切り、後の2個は、薄切りとくし切りに)
・にんにく・・・1片(みじん切りorすりおろし)
・しょうが・・・1片(みじん切りorすりおろし)
・りんご・・・1/2個(すりおろし)
・ホールトマト・・・1缶(つぶしておきます)
・白ワインor赤ワイン・・・大4
・お水・・・500~700cc
・コンソメ・・・2個
・ローリエ・・・1枚
・カレー粉・・・大3
・小麦粉・・・大3~5(とろみを強くしたい場合は大5)
・チャツネ・・・大1
・バター・・・40g

スパイス
・ガラムマサラ
・オールスパイス
・カイエンペッパー
・コリアンダー
・クミン
・ターメリック
・カルダモン (これらをその日の気分でテキトーに入れちゃいます)
その他
・ソース
・バルサミコ酢
・おしょうゆ

(作り方)
1.あめたま&ルゥーを作ります。フライパンにオイルとバター15gを熱しみじん切りのたまねぎ、にんにく、しょうがをゆっくり炒め、あめ色にします。
P1040403_convert_20090518102207curry1.jpg
さらに、バターを10g足して小麦粉を入れて3~5分くらい満遍なく炒めます。そこにカレー粉を入れて香りが出てくるまで2~3分炒めます。
P1040407_convert_20090518102436250.jpg
2.すね肉を軽く塩、コショウし、お水200cc(分量外)とともにスーパー活力なべ(アサヒ軽金属工業)で茹でます。オモリは高圧で強火にかけ、圧がかかったら弱火にし10分加熱し火を止めます。
P1040404_convert_20090518102249curry2.jpg(出来上がりはこんなかんじ)
3.お鍋にオイルとバター15gを熱し、たまねぎをじっくり炒めます。
P1040406_convert_20090518102354curry3.jpg
4.たまねぎがトロッとなってきたら、じゃがいも、にんじんを入れてさらに炒めます。
5.ワインとすね肉の煮汁、お水とコンソメ、ローリエを入れて野菜に火が通るまで煮ます。
6.野菜が煮えたらホールトマトを入れて軽く混ぜ、あめたま&ルゥーを入れます。
P1040410_convert_20090518102546curry4.jpg
7.すりおろしたりんご、チャツネ、スパイスを入れ、じっくりと煮込みます。
8.味をみて、物足りないようなら、ソースやバルサミコ酢、おしょうゆなどで味を調えます。
はい、できあがり!
P1040434_convert_20090519074111curry2.jpg

りんごやチャツネ、たまねぎの甘みを感じつつ、ガラムマサラやカイエンペッパーの辛さが後からグググッとやってくる美味しさ^^

ミッションどおり、じゃがいももにんじんもゴトゴトしています!
今回は、スーパー活力なべとル・クルーゼちゃんの2大煮込み鍋を使用して作りました^^

そんなこととは露知らず、2杯も美味しそうに食べてた彼ちゃん。
今日改めて思ったのですが、うちの彼ちゃんって男性としては大食いではない方だな~と^^
ま、その方がメタボの心配も生活習慣病の心配も減るのでいいですね。

・・・とは言いつつ、まだ半分弱のカレーが残ってます。
明日は違うものにして、明後日アレンジして食べようかな^^

そして、カレーにはやっぱりサラダ。
さっぱりとそして、胃に優しく、カレーで半分使った残りを無駄なく使える

P1040428_convert_20090519074222sarada1.jpg
水菜とりんごのサラダ

作り方は簡単!
1.水菜は5cmくらいにザク切りし、りんごはスライスして細めの拍子木切りにします。
2.1.をボールに入れ、木の実(くるみがベストです。今日は切らしていたので松の実で代用)、オイル(エクストラバージンオリーブオイル)、レモン、塩、コショウ、マヨネーズ、おしゅうゆを少々入れて混ぜ合わせます。
はい、できあがり!
P1040431_convert_20090519074325sarada2.jpg

シャキシャキ&さっぱりします。そして、木の実がまろやかさを出してくれるし、歯ごたえと香ばしさがあって食べ飽きません。
あ~~~、なんでくるみを切らしていたのだろうT_T
松の実も美味しいですけどね、くるみの方がベストトリオです^^

余談ですけど、アサヒ軽金属工業さん、新作出しちゃったんですね。
ホームページみたらスーパー活力なべじゃなく、O(ゼロ)活力なべって商品が大々的に紹介されていました。あらら、、、進化しているのね。
そんなに機能は変わらないと思うけど(思いたい><)旧製品として名前くらい置いておいてよ~寂しいじゃんT_Tと思ってしまいました。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-18 00:57 | カテゴリ:和風
P1040415_convert_20090518102736taidukedon1.jpg

今日のお昼は久しぶりに(と言っても2週間ぶりくらいだけど)風来居へ。
やっぱり美味しいですね~塩ラーメン。ほんとにラブです^^
最近、日曜日も営業するようになり本当に嬉しい限りです☆

さて、今夜のお夕飯は・・・
ラーメンを食べに行く車中のラジオでカレーの話が出ていて、ちょっと前から彼ちゃんがカレーを欲していたのでカレーに即決。
16時過ぎから作り出したのですが・・・ラーメンを食べた後では、カレーモードがどこかへ><

ってことで、カレーは一晩置いたほうが美味しいからと、メニュー変更!
ビールのおつまみ用に買ってあった鯛の柵をメインに使うことにしました。
で、作ったのがこの鯛の漬け丼です^^

【鯛の漬け丼】
・鯛のお刺身・・・1柵
・青じそ・・・10枚
・あさつき・・・3~4本
・刻みのり・・・適量

つけダレ
・お酒・・・100cc
・みりん・・・80~100cc(甘めが好きなら100ccで)
・おしょうゆ・・・100cc
・出し昆布・・・1枚
・すりゴマ・・・たっぷり

(作り方)
1.小鍋にお酒とみりんを入れて火にかけ半分の量まで煮切り、おしょうゆと出し昆布を入れて沸騰したら火を止めて冷まします。冷めたらボールに移して冷蔵庫で冷やしておきます。
2.鯛を削ぎ切りにします。
3.1.のボールにすりゴマをこれでもか~~~と入れ、そこに2.の鯛を入れて冷蔵庫で30~1時間ほど漬けておきます。
4.食べたいだけご飯を盛り付け、青じその千切りを全体に散らし、そこへ漬けた鯛を並べます。あさつきの小口切りを散らして刻みのりを乗せます。
はい、できあがり!

P1040417_convert_20090518102844taidukedon2.jpg

う~~~ん、美味です^^
私はわさびをつけていただきました。やっぱり鯛は美味しい!何しても美味しい!!
まぐろやかつお、ブリもそれはそれで美味しいけど、やっぱり鯛ですね!
あ~~、これがひらめだったらどうなっちゃうのかしら~~~と思ったりしながらいただきました。

彼ちゃんも「本当に美味しい。鯛が一番やなぁ」
と子供のようにお丼に顔が入るような勢いで食べていました^^

この漬け丼、昆布でとっただし汁をかけてお茶漬けにしても美味しいと思います!
あ、今度はそれもしよっ。うんうん。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-05-17 00:44 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1040397_convert_20090518102026paeria2.jpg

そういえば、チルド室に黒豚ソーセージがあったんだ・・・
普通にボイルしてビールのおつまみにしようかなと思ったのですが、フラメンコのレッスン帰りだったせいか、パエジャが食べたくなったので、贅沢にパエジャにしちゃうことにしました^^

贅沢ってほどじゃないですけど、なんかいつものソーセージよりイイモノですからね^^
とは言っても、鶏のスペアリブもなすもない・・・いつもよりは質素めになっちゃいました。

うん、これでソーセージの旨みがよくわかるぞ!、、、きっとね(・・;)

【黒豚ソーセージのパエリア】
・黒豚ソーセージ・・・4本
・ベーコン・・・3~4枚
・マッシュルーム・・・6こ
・玉ねぎ・・・ 1/2個
・ピーマン・・・2個
・パプリカ ・・・1個(赤と黄色を半個ずつ)
ホールトマト・・・1/2缶強
・お米・・・1 カップと1/3 くらい

・水 380CC くらい(そのうち80~100CCはサフランを戻す用、残りはコンソメ用)
・コンソメ・・・1個
・サフラン 小1くらい(ケチっちゃダメ)
・にんにく・・・ 1片
・オリーブオイル 大3
・塩 コショウ・・・適量
・おしょうゆ・・・少々
・白ワイン ・・・30~50mCCくらい
・レモン ・・・1個

(作り方)
1.ボウルに水とサフランを入れ、色だしをします。
2.マッシュルームはたて4~5等分し、玉ねぎはみじん切りに、ピーマン、パプリカはそれぞれ輪切りに、にんにくはみじん切りにします。
3.パエリアパンにオリーブ油大さじ2を加え、にんにく・玉ねぎを炒めます。
4.玉ねぎが少し茶色になるまで炒めたら、そこにソーセージを加え炒め、さらにお米を研がずに加え炒めます。
5.1のサフラン入りの水とコンソメ、塩、コショウを加え、ベーコン、マッシュルームを入れます。ホールトマトをつぶして入れ、ワインを振り掛け、塩・コショウで味を調え、いつものようにちょっとだけおしょうゆを入れます。(レモンを後からかけるのでそれを考慮の上)
6.ピーマン、パプリカを彩りよく散らします。
7.パエリアパンにアルミホイルを蓋代わりに軽く張り、弱火~中火のあいだで約15~20分、水分がある程度なくなるまで煮込みます。
8.最後に中火~強火のあいだで一気に水分を飛ばし、ちょっとだけおこげができるようにします。
9.火を止めて、さっきのアルミホイルを被せ、少々蒸らします。
10.くし型切りにしたレモンを添えます。(食べるときにギュ~っと絞って食べてください)
はい、できあがり!
P1040400_convert_20090518102127paeria3.jpg

うんうん、美味しい!
ソーセージやベーコンって本当にいいダシが出るので、いいものを使うと違いがわかります^^
今夜はあえて海老もイカも入れなかったのですが、たまにはこういうシンプルなパエジャもいいものですね。

二人でペロリとあっという間にたいらげてしまったため、
「今日のパエリアは量が少なかったの?あっという間に食べちゃったね」
って彼ちゃんが驚くほどでした^^

お米の量は一緒なんですがなすやスペアリブ、魚介が入っていない分、全体量は少ないですものね。
そろそろイカスミも食べたい気分だなぁ。。。
そのときには、魚介でまとめますかね^^

ワインもスペインワインをチョイスしてみました。
うん、これも美味しい!!

P1040420_convert_20090518104650wine.jpg
バラホンダ モナステル2007
スペイン産
ぶどうの品種:モナステル
ミディアムボディー

ミディアムボディーでしたが、しっかりとしたバランスの取れた美味しさでしたぁ~
ベリーのようなプラムのような香りと甘さ、でも後味はちょっとスパイシーなかんじだったような^^
ハウスワインで飲むには十分な美味しさでした。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。