-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-30 18:13 | カテゴリ:好きなもの
P1040141_convert_20090504101701sibazakura1.jpg

昨年から見てみたかった「芝桜」を見に行ってきました。

「芝桜」といえば、埼玉県の羊山公園が有名だしスケールも大きいですが、富士山とともに芝桜が楽しめるってのがいいなぁと思い、山梨県の本栖湖近くにしました。

お天気も良くて、本当に気持ちのよい時間でしたぁ~

まずは、中央道で河口湖ICに向かっていると

P1040114_convert_20090504102655sabazakura2.jpg
今、話題の可愛い豚さんが
高速ではうまく撮れないですね^^;あっという間でシャッターを切るだけで精一杯でした

P1040120_convert_20090504102824sibazakura3.jpg
おっ、見えてきた見えてきたぁ~

P1040122_convert_20090504102917sibazakura4.jpg
やっぱり美しいこのお姿

P1040125_convert_20090504102959sibazakura5.jpg
こんな雄大な富士山の麓で農作業されているのに、ちょっと憧れ~

なぁーんて楽しんでいたら無事到着。
って言ってもね、駐車場にたどり着くまでがめちゃくちゃ渋滞><う~ん、までそういう面の整備がきちんとシステム化されていないようですね。
駐車場代(500円)もおじさんに手渡しでした^^
ま、それくらいローカルなかんじがいいのかもしれませんね。あせっちゃいけないってことですね^^;

P1040129_convert_20090504121033sibazakura7.jpg
これが最初に見える景色
お~~~!!ピンクの絨毯になってるぅ♪
なんと、まだ桜の木にも花が残っていました。

P1040128_convert_20090504103114sibazakura6.jpg
芝桜ってこんなお花です^^可愛いでしょ☆

P1040139_convert_20090504121333sibazakura8.jpg
いたるところにベンチがあるので、芝桜と富士山を見ながらランチタイム

目の前をおばさん方がゾロゾロ歩きます。
「あら~、美味しそうなお弁当だこと」
「ま、若いのに、あんたが作ったの!?」とかいろいろ言われながら気にせず食べちゃいました。
(あー、若いころには恥ずかしくてこの図々しくができなかったな・・・)

どうでもいいけど、どうしておば様って見ず知らずの人にも「あんた」って言えちゃうんですかね~
個人的に、「あんた」とか「お前」って言葉は好きじゃありません^^;

P1040144_convert_20090504121443sibazakura9.jpg
竜神池という小さな池のまわりにも芝桜が

P1040147_convert_20090504121527sibazakura10.jpg
まだ、6~7部咲きってところでしょうか。芝桜の植え付けをされています。

P1040161_convert_20090504121750sibazakura13.jpg
十分に堪能し、入園口に戻ったところ
どうだー!!ってかんじで富士山がそびえてました^^

芝桜って、甘くて芳醇な香りがします。
青い空に雄大な富士山、そして一面を彩り鮮やかに咲き誇る芝桜。
なんか本当に贅沢な気分でした。

会場もこじんまりとしたかんじで、疲れない程度に見て回れるのがいいなと思いました。
食事はうまいものフェスタ会場があり、富士宮やきそばや、ほうとう、鹿カレーなんかもありましたよ^^
面倒なら、ここで十分お腹いっぱいになれそうです。

あ、そういえば会場で面白いおじさんを見つけました^^
P1040148_convert_20090504121620sibazakura11.jpg
なにやら竿のようなものを持っているようですが・・・

P1040149_convert_20090504121658sibazakura12.jpg
その先端にはカメラが!
え~~~!そこまでするんだぁ~カメラ小僧って!!
でも、ちゃんと撮れるんですかね!?
アハハハハ^^
本当に色々と楽しめます。

本栖湖に向かう途中に青木ヶ原の樹海や道の駅なるざわ、山菜を売っている個人商店などもあり途中下車するのも楽しいですよ^^
道の駅では取れたて野菜を袋いっぱい買っちゃいました。こういうの大好き!

あ~、楽しかった。
芝桜は5月いっぱい楽しめそうですから、ぜひ、70万株の美しい春と日本の誇り富士山を堪能してみてください。
スポンサーサイト
2009-04-30 08:00 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1040107_convert_20090502204020obento1.jpg

とっても清々しいお天気です。風も気持ちいいですね~~~♪
今日は、朝からお弁当を持って彼ちゃんとお出かけしまぁ~す^^

まずは
P1040109_convert_20090502204102obento2.jpg
昨夜の中華風炊き込みご飯をおにぎりに

P1040110_convert_20090502204141obento3.jpg
みんな大好き卵焼き(甘い版)

P1040111_convert_20090502204218obento4.jpg
彼ちゃんの大好きなソーセージとサーモンの網焼き

P1040112_convert_20090502204255obento5.jpg
きゅうりとカニのサラダ

P1040113_convert_20090502204334obento6.jpg
いちご(あまおう)とオレンジのデザート

どこに行くのでしょう~!?
それは、のちほど^^

「イッテキマ~~~ス」

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-29 23:56 | カテゴリ:アジアン系
P1040098_convert_20090502203837takikomi3.jpg

冷蔵庫のザーサイの残りを早く使い切りたくて・・・
炊き込みご飯にすることにしましたぁ~♪
ちょうど、野菜室にはまいたけ、エリンギ、にんじん、しょうがもあったので何とか作れそう!

最近、炊き込みご飯が多い気がしますよね。
私、大好きなんです^^
よく、白いご飯じゃないと食べたくないとか、味付けご飯は邪道だっておっしゃる方もいらっしゃいますが・・・なんででしょうね。
個人の趣向の問題なので自由だと思うのですが、邪道ってなんだよ、おい!って言いたくなります^^;
何でも楽しめる心の余裕を私は常に持ち続けていられるように心がけてます・・・そうそうできないですけどね^^;まだまだ未熟

【豚肉とザーサイときのこの中華風炊き込みご飯】
・お米・・・2カップ
・お水・・・2カップ
・豚肉(バラor肩ロースorもも)・・・80~100g(1cmくらいの棒状に刻んでお酒とおしょうゆで下味をつけておきます(別量))
・ザーサイ・・・お好みの量(粗めに刻んでおきます)
・まいたけ・・・1パック(食べやすく)
・エリンギ・・・1~2本(食べやすく)
・しょうが・・・1片(千切り)
・にんじん・・・1/2本(短冊切りに)
○炒め用調味料
・オイスターソース・・・大1
・XO醤・・・大1
・ウエイパー・・・少々
・塩、コショウ・・・少々
・おしょうゆ・・・大1
・みりん・・・大1弱
・お酒・・・大1
・ごま油・・・大1

・あさつき・・・飾り用に
(作り方)
1.お米は洗ってザルにあげておきます(30分以上)
2.フライパンに少量のオイルとごま油を熱し、しょうがで香りを出してから、豚肉、にんじん、きのこを炒め、火が通ったら調味料でで味付けしっかりします。
3.炊飯器にお米と同量のお水を入れ、2.を入れ、普通に炊きます。
P1040094_convert_20090502203721takikomi1.jpg
4.炊き上がったら軽く混ぜ合わせて蒸らします。
P1040096_convert_20090502203803takikomi2.jpg
5.お茶碗に盛り付けあさつきを散らします。
はい、できあがり!
P1040101_convert_20090502203923takikomi4.jpg

はぁ~~~美味しい☆
豚肉とごま油とオイスターソースで濃厚なかんじもしますが、しょうがとザーサイ、きのこがいいバランスをとってくれています。
にんじんは、地味になりがちな色合いを華やかにしてくれてますしね^^

これにゴボウや大根、百合根やクワイ、レンコンなんかを入れて食感を楽しむのもいいですね~

話は変わりますが、今日は「昭和の日」でしたね。
昭和天皇がお亡くなりになった数年は「みどりの日」って言っていましたよね。
個人的には、昭和天皇のお人柄をうかがえる「みどりの日」の方が親しみが持てますけど、
5月4日を休日にするにはいた仕方ないですね。
休みが増えることは大賛成!!
9月のシルバーウィークも大型連休になるんですよ^^
楽しみですね☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-28 23:55 | カテゴリ:パスタ
P1040087_convert_20090502203457pasta1.jpg

今日は、一人パスタ^^
急に「お蕎麦屋さんで飲んでくるね」とメールがきたため、準備しかけてた料理は中断し明日へ延期。
慌てて(慌てる必要もないけれど)、何か一人でしか食べれないようなメニューを考え・・・

ひらめきました^^v
さてさて、どんなパスタになるかなぁ~とルンルン♪

ビールのおつまみは、冷凍してたさつま揚げをチンしてから軽く網焼きにしからし醤油で^^
う~ん、楽しくなってきた^^

【あおさと明太子のクリームパスタ】
・あおさ・・・ひとつまみ(ぬるま湯で戻します)
・明太子・・・1/2腹(1本ってことですね。薄皮からほぐしておきます)
・たまねぎ・・・1/4個(薄~くスライス)
・生クリーム・・・50cc
・牛乳・・・50cc
・白ワイン・・・少々
・バター・・・10g
・鶏がらスープ顆粒・・・少々
・塩、コショウ・・・少々
・白だしもしくはおしょうゆ・・・お好みで
・刻みのり

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンに少量のオイルとバターを熱し、たまねぎを炒めます。
3.あおさを入れて軽く混ぜ、白ワイン、生クリーム、牛乳を入れて一煮立ちさせます。
4.茹で上がったパスタを入れて、塩、コショウ、白だしで味を調え、明太子(飾り用に少量は取っておきますを入れて軽く絡ませ火を止めます。
5.お皿に盛り付け、刻みのり、明太子をトッピングします。
はい、できあがり!
P1040090_convert_20090502203604pasta2.jpg

うんうん、イケます^^
あおさと明太子には火を通しすぎないように注意してください。
クリームも煮詰めないほうがいいです。さらっとしたかんじがあおさには合いますね。

あおさって明太子とクリームに合わすと甘みを感じます。面白いですね~~
ほんとに美味しい!

今日はたまねぎを入れたかったので火を使いましたが、たまねぎ未使用、もしくは別で炒めておくかすれば、ボール内で調理できます。
その方が、安心して作れるかもしれません^^

これはすごい発見!なぁーんて思って後でネットを調べてみましたら・・・
あ、結構皆さん食べていらっしゃいますね^^;
しかも、その多くの方が
イタリアンのお店で食べる→その味に感激→おうちでチャレンジ
ってパターンでしたね~

個人的には、「ゆずコショウとあおさのクリームパスタ」ってのに惹かれました・・・次回試すかな♪

あ~~~、今日の私の気づきは
まだまだ、外ごはんが足りないってことです!(誰に向けて言ってるかは、個々のご判断で^^)

パスタ1品で、こんなに楽しめる私ってシ・ア・ワ・セ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-27 23:54 | カテゴリ:和風
P1040079_convert_20090502201223takiawase1.jpg

昨日のお夕飯はすき焼きにしちゃったので、今日はあっさり目で優しいお味がいいなぁ~
あ、この前実家で食べた炊き合わせにしよう~^^

実家から帰ってから、野菜不足の彼ちゃんの補給に努めるようにしています。

そういえば、料理の腕前とお野菜料理のレパートリーって比例するような気がします。
初心者のころって、お野菜を活かしたお料理ってなかなか作れなかったですもの。
そう考えると、生野菜、炒め野菜、煮野菜、と調理法を変えながらうまくお野菜を摂取するようになりましたね~。えらいぞ、自分!^^v

【たけのこと厚揚げ、根、豚バラの炊き合わせ】
・茹でたけのこ・・・1/2~1/3本
・厚揚げ・・・1枚
・豚ばら肉・・・100g
・にんじん・・・1本
・大根・・・1/3本
・だし汁・・・500cc
・出し昆布・・・2枚
・お酒・・・50cc
・みりん・・・大2くらい
・白だし・・・30ccくらい
・薄口しょうゆorおしょうゆ・・・適量
・木の芽もしくは青じそ・・・少々
(作り方)
1.厚揚げはさっと熱湯をかけて油抜きし、材料をそれぞれ食べやすい大きさに切っておきます。※大根は面取りをしましょう。
2.お鍋に出し昆布とお水、ダシを入れて一煮立ちさせたら昆布を出し、お酒、みりん、白だし、おしょうゆを入れて煮立たせます。筍・厚揚げを入れ5分くらい煮る。(その間に大根とにんじんは、電子レンジで軽くチン(3~5分)しておくと煮えるのが早くなります)
3.たけのこ、大根、にんじん、昆布(出し昆布を食べやすく切ったもの)、を入れてしばらく煮ます。(大体7~10分くらい)
4.そこに豚肉、厚揚げを加えてさらに煮ます。その際、アクをきれいに取り除いてください。(大体10~15分)
5.全体に火が通り、味が染みたところで火を止めて、ふたをしたまま一旦、冷まします。
6.食べる直前に温め直し、味を見て足りないようなら、味を調整します。
7.深めのお皿に食材ごとに盛り付けて木の芽もしくは青じそをトッピングします。
はい、できあがり!
P1040083_convert_20090502201435takiawase2.jpg

味が染みてて美味しいぃ~~~
これにサトイモもあったなら・・・最高の至福タイムだったろうな><

わが家には山椒の木がないため、こういう炊き合わせなどした際におしゃれにできないのが残念。
実家では、摘みたてを洗ってすぐに飾るので、すごくいい香りが優しい湯気とともに伝わってくるんですけどねぇ~
いつか、山椒の木も育てられるようになりたいな~

今夜はこの炊き合わせにもう一品。

P1040086_convert_20090502201549ikuragohan.jpg
いくらの漬けごはんつき

彼ちゃんの大好物づくしで、月曜日から幸せものだなぁ~☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-26 00:19 | カテゴリ:洋風
P1040074_convert_20090426190821potofu1.jpg

春キャベツ、大好きなんでつい買っちゃいます。
春キャベツって、葉の巻きがゆるく、柔らかくて瑞々しいですよね~
だから、豪快に芯ごと切って使えます。
水分を多く含んでるんで、千切りにしてムシャムシャ食べるのが一番美味しいですが、今日は、ポトフにしちゃいました。

【塩豚のポトフ】
塩豚・・・100gくらい(食べたいだけ^^)
・きゃべつ・・・1/2個くらい
・にんじん・・・1本
・じゃがいも・・・2個
・エリンギ・・・2本
・ローリエ・・・1枚
・コンソメ・・・1個
・塩、コショウ・・・少々
・白だし・・・少々
・白ワイン(料理酒でもOK)・・・少々

(作り方)
1.塩豚は食べやすい大きさにぶつ切りにし、キャベツはたて4等分に豪快にくし切り、ニンジンは皮をむいて1.5cmくらいのななめ切り、ジャガイモは4等分、エリンギは2等分してたて4等分くらいに切ります。
2.お鍋に食材を入れ、食材がかぶるくらいにお水を入れ、コンソメとローリエ、白ワイン、少量のオイル(エキストラバージンオリーブオイル)を入れて火にかけます。
3.食材に火が通ったら、塩、コショウ、白だしで味付けします。
はい、できあがり!
P1040076_convert_20090426190851potofu2.jpg

春きゃべつの甘みとじゃがいもが優しい~~~ポトフに仕上げてくれました^^
ほんと、これを大きなお皿いっぱい食べるとそれだけでお腹いっぱい^^;今日はそれにトルティージャもあるからヘルシーだけど、ボリューム満点です^^

ここには載せてないけど、昨日買っておいた鯛のお刺身(これはビールのおつまみにしました)もあったので、チグハグなメニューでいろいろいただいちゃいましたぁ。

はぁ~、満足なサタデーディナーだったわ♪
たまには、こういうお夕飯もいいですよ~お野菜をたっぷりいただけますし、カロリーもそれほどではないので、ヘルシーなのに、満足度はかな~~り高いです^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-25 20:34 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1040071_convert_20090426190711spainomuretsu1.jpg

冷蔵庫に卵がたくさん・・・ついでに野菜も中途半端に残ってる、どうしよう・・;
こんなことってありますよね~
そんなときは、トルティージャ(スペイン風オムレツ)がおすすめ!
たっぷりのお野菜にお好みで魚介類やベーコン、ソーセージなどを入れれば、立派な一品になりますよ^^
今日は、そら豆を使ってみましたぁ~

【そら豆ときのこたっぷりのミックストルティージャ】
・卵・・・5個
・たまねぎ・・・1/2個
・しゃがいも・・・1個
・そら豆・・・15~20個
・マッシュルーム・・・5個
・エリンギ・・・1本(大きめ)
・まいたけ・・・1/2パック
・ソーセージ・・・3本
・ベーコン・・・3枚
・塩、コショウ・・・少々
・コンソメ・・・少々
・白だし・・・少々
・オイル(エキストラバージンオリーブオイル)・・・大1弱
<ソース>
・ケチャップ・・・適量
・スイートチリソース・・・適量
・タバスコ・・・適量
・ウスターソース・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
(作り方)
1.じゃがいもは皮をむいて電子レンジでチンします。じゃがいも、たまねぎ、ベーコンは1.5cmくらいの角切りに、マッシュルームはたて5等分、エリンギは2等分してから薄切り、まいたけは食べやすく割いて、ソーセージは2mmくらいに輪切り、そら豆は硬めに(1分弱)茹でて皮をむいておきます。
2.フライパンオイル熱し、たまねぎ→ソーセージ、ベーコン→そのほかのお野菜を炒めます。軽く塩、コショウ、白だしで味付けします。
3.ボールに卵を割りほぐし、2.とオイルをその中に入れてよくかき混ぜます。
4.20cmくらいの小さめのフライパンにオイルを入れ、その中に3.を入れ、ふちが固まりそうになったら、ざっとかきまわすこと2~3回しながらムラなく焼けるようにします。(弱火)
5.全体が半熟状態になり、ひっくり返せるかなと判断できそうなら、お皿を利用してひっくりかえし、裏面をじっくりと弱火で焼きます。
6.ソースの材料を混ぜてソースを作っておきます。
7.焼きあがったら12等分に切り分けお皿に盛り付けます。
はい、できあがり!
P1040073_convert_20090426190743spainomuretsu2.jpg

ビールはもちろん、ワインにももちろんグゥ~~☆
卵好きの彼ちゃんは大喜びでたくさん食べてました^^;コレステロールが・・・なんてたまのことだから言いません^^

トルティージャは温かい焼き立てでも美味しいですが、冷えたのもまた格別です^^
私は、冷えた方が好きかもしれません。

じっくり焼き上げるので時間はかかりますが、その分本当に美味しいし、次の日もいただけますから、ぜひぜひ、トライしてみてくださいね☆

難関は、ひっくり返すときだけ。コツは、ダイナミックに思い切ってやっちゃうことです!
ためらったり、不安になっちゃーダメ。
それだけです^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-25 18:21 | カテゴリ:和風
P1040067_convert_20090426190609ajidon1.jpg

昨夜、いただいた鹿児島産天然尾赤アジのお刺身を半分残し、摩り下ろしたショウガたっぷりのタレに一晩漬け込みました。
今日のお昼ご飯です^^

まぐろもいいし、かつおも美味しいけど、アジ、マジでいいッス!程よく脂が乗っているし、アジ自体に美味しい甘さがあるので、ショウガダレに漬かってさらにパワーアップ!

あ~~~、フラメンコのレッスン前じゃなかったらビール、絶対に飲んだのに><

残念ながら我慢し、ガッツリ喰らってレッスンに行きましたT_T

P1040070_convert_20090426190637ajidon2.jpg

見た目は地味ですが、かなりご満足な私たち。
今度こそは、日曜のランチか、平日のお夕飯にして、ビール飲んじゃうぜ!あ、焼酎とか泡盛でもいいわね^^(彼ちゃん焼酎、私は泡盛なんです^^)

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-24 23:58 | カテゴリ:洋風
P1040062_convert_20090426190428hanbagu1.jpg

今日は姪っ子ちゃんの5歳のお誕生日。
実家では、ハンバーグを母が姪っ子ちゃんと一緒に作るとの情報を得たのでわが家でも同じメニューでお祝い^^
途中で電話をしてみると、プレゼントにあげたエプロンをして一生懸命にタネをこねているところでした。
「お姉ちゃま、お肉もたまねぎもいっぱい入れてね。」とか
「ちゃんと白だしも入れるのよ」など、
母が入れた調味料をすべて教えてくれご指導いただきました^^;

妹は、お料理上手なんですが、自分へのハードルを高く設定しているのであんまり楽しむところまでいかないようですが、姪っ子ちゃんは大の料理好き。
自分のお誕生日のお料理をお手伝いするのにかなり張り切っていました^^

もちろん、ひき肉を使わずわが家はフープロで、実家は二刀流でミンチ作りから行いました。

【ハンバーグ 赤ワインとマッシュルームソース】
・牛肩ロース・・・200g(ひき肉でOK)
・豚肩ロース・・・100g(ひき肉でOK)
・たまねぎ・・・2個(みじん切りに)
・卵・・・1個
・パン粉・・・適量(牛乳に浸しておきます)
・バター・・・10g
・塩、コショウ・・・少々
・ナツメグ、オールスパイスなどのスパイス・・・少々
・白だし、生クリーム・・・少々(これはお好みです)

○赤ワインソース
・赤ワイン・・・200cc
・マッシュルーム・・・3~4個
・ホールトマト・・・トマト1個分とジュースを少々(つぶしておきます)
・バター・・・10g
・お味噌・・・小1
・塩、コショウ・・・少々
・ソース、おしょうゆ・・・お好みで

(作り方)
1. フライパンにオイルとバターを熱し、たまねぎを中火であめ色になるまで炒めます。そして冷ましておきます。
2.ボウルに牛と豚のひき肉、炒めたタマネギ、牛乳で浸したパン粉、卵、塩、コショウ、ナツメグ等のスパイスを入れて良く練り合わせます。生地を半分に分け、手でたたくようにして空気を抜き、小判型に形を整えまん中を少しくぼませます。
3.フライパンにオイルを熱し、ハンバーグを成形して真ん中をくぼめて入れます。
4.中火強で約1分ほど焦げ目が付いたら裏返し、弱火で蓋をしてゆっくりと焼きます。
5.フライパンにバターを入れてを熱し、マッシュルームを炒めます。
6.赤ワインとホールトマトを加え中火にして少し煮詰めます。
7.お味噌、バターを加え軽く煮詰め、塩、コショウ、ソース、おしょうゆで味を調えます。
8.お皿にクレソンなどを添え、ハンバーグを盛り付け、そこにソースをかけます。
はい、できあがり!
P1040066_convert_20090426190536hanbagu2.jpg

美味しいぃ~~~
以前は、牛肉オンリーで作っていたハンバーグ。最近は豚肉を混ぜたほうがジューシーさが増すし、旨みが増す気がします。

お肉は、真ん中を菜ばしや竹串を通してみて、透明の肉汁が出てきたら焼き上がりです^^

もちろん、お弁当用にミニハンバーグも8個作って冷凍しておきました。

わが家は中くらいのサイズを2つずついただきましたが、実家では、ビックサイズを1人1つずつ豪快にいただいたようです。

あとで、出来上がった画像をメールしたんですが、姪っ子ちゃんに
「うちの方が美味しかったよ」
と言われちゃいましたT_T

5歳にもなると、女の負けず嫌いが芽生えてくるんですね~

そうそう、今日は一時期人気のあった(今でも?)ものも添えました。

P1040064_convert_20090426190505yasai1.jpg
バラフ
佐賀大学農学部での研究開発から南アフリカ原産の植物「アイスプラント」を野菜化した佐賀大学のブランド商品なんです。
葉や茎の表面に宝石のようにキラキラと光る水滴のような細胞がついているのが、大きな特徴でその外観から、アフリカのスワヒリ語で「水晶」や「氷」を意味する「バラフ」と名付けました。
水滴の部分は、塩味がするんですよ~^^天然ミネラルってやつですね。
食感も程よいシャキシャキ感があります。

私はこのままフレッシュでいただくのが好きですが、炒め物とかにもできるようです。
なんか、この水滴のみずみずしさを目で楽しみたくて、まだ炒める勇気が出ません><

この野菜は実家の鹿児島ではそうそう売ってないと思うので、こんなとこで張り合っておきましたv(^^)v
・・・大人気ないですかぁ!?

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-24 00:58 | カテゴリ:パスタ
P1040057_convert_20090426190315pasta1.jpg

今日はひとりパスタ^^
彼ちゃんは歓送迎会らしく、夕飯はパスとのことで、普段食べにくいものにしなきゃ~

うにのパスタ、最近食べてないからすごく食べたかったのですが、いつも行くスーパーに売ってなかったT_T
なんだよぉ~~~><

仕方なく、第2候補のポルチーニ茸のパスタorリゾットにすることにしました。
ってことで、それならおうちにある食材でOKなので何も買わずにスーパーを出ました。
そう、これって大事ですよね^^

こんなとき
「せっかく来たんだから何か安くなってるものでも買おうかしら」
↑これ、絶対にダメですよ^^

そーいうときに買ったものに限って、あんまり使う機会がなかったりで結局ダメにするパターンがありますから。

結局、リゾットはずっと火のそばでブイヨンを足しながらお米の具合を見てなきゃいけないので・・・今日はパス^^;
3日連チャンのパスタにしちゃいましたぁ。

【ポルチーニ茸ときのこと塩豚のクリームパスタ】
・乾燥ポルチーニ・・・ひとつかみ(ぬるま湯で戻してお好みの大きさに刻みます。戻し汁は使用)
・きのこ・・・適量(マッシュールーム、エリンギ、まいたけ)
塩豚・・・適量(1cmくらいに細切りにします)
・玉ねぎ・・・1/4個(薄切り)
・にんにく・・・1片(包丁でつぶしておきます)
・生クリーム・・・50cc
・白ワイン・・・大2
・塩、こしょう・・・少々
・白だし・・・少々
・ドライパセリ

(作り方)
1..フライパンにオイルとつぶしたにんにくを入れて熱し、たまねぎを炒めます。
2..塩豚を入れて炒め、火が通ったらきのこも入れて炒めます。
3.パスタを茹で始めます。
4.白ワインを入れてアルコールを飛ばし、 ポルチーニ茸の戻し汁、生クリームを入れて軽く煮詰めます。
5.にんにくを取り出し、塩、コショウ、白だしで味を調え、茹で上がったパスタを入れて絡めます。
6.お皿に盛り付けドライパセリをトッピングします。
はい、できあがり!

P1040060_convert_20090426190349pasta2.jpg

あ~~~、幸せ☆
ポルチーニ茸と塩豚最高!
こういうパスタはやっぱりフィットチーネがいいですね~

見た目ってあんまりよくないんですが、なんか素朴な味がして、私はこういうクリーム系が大好きです。
きのこも3種類くらい入れると、いろいろ違った歯ごたえを味わえるのでいいですよね。

私はきのこ好きなので、野菜室には最低3種類は常備するようにしています。
きのこって、どんなお料理にも合うのでちょっともう1種くらい材料に追加したいなってときの大きな存在になってくれます^^

ちょうど食べているときに彼ちゃんがご帰宅。
「あ、パスタ食べてるの~~~♪」と言いつつお皿を覗き込み・・・

「食べる?」って訊いたら、
「あ、いいや・・・」だって><
ほんと、正直と言うか、早くクリーム系を大好きになれ!!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-23 20:32 | カテゴリ:好きなもの
今日、待望のYOSAを体験しに行ってきました!
みっちちゃん行きつけのサロン「enishing

なんと、オーナーはプロレスラーの永田さん。
プロレスオンチの私なので、詳しくは存じないのですが私でも一応は知っている方^^
その奥様がサロンを切り盛りされています。とてもキレイな奥様でした^^

いやいや、YOSA最高です!!!
本当にすごい汗が出ますし、体の芯から温まります。
そして、メチャクチャ癒されます。

何なんだろう~、心からスッキリするし、心まで温まるような穏やかな気持ちになれます。
私、かなりの感動でした。

サロンの方も皆さん優しい方でしたし、とても親しみやすい空間でした。
ほかにも、YOGAネイルフラワーアレンジメントの教室、スピリチャルもあるようです。
みっちちゃんは、ここでスピリチャルセラピストとして活躍されてもいるんです。すごいよな~

あ、フラワーアレンジメントの先生を拝見しましたが、超~~~~イケメンです^^
イケメンでセンスがよくて、穏やかな方でした。いつか、習おう!!

おっと、YOSAの話。

おうちに帰っても体は温かく、時間が経つごとに体が軽くなったこと、デトックスされたことを実感しました。
私は幼い頃からひどい冷え性と肩こりなのですが、その肩こりがスッキリ!

そして、夜に気づいたのですが、骨の髄がほんわり温かいかんじになりました。
これってすごいでしょ!?

YOSAのチェアーが欲しい!って思うほどいいです^^・・・ネットでとりあえずはリサーチしましたけどね。
でも、たまに奥沢のサロンに通うのもいいなーと思いました。

このサロン、1軒家をサロンにした隠れ家的なプライベートサロン的な空間になっているので落ち着きますし、とてもキレイなサロンです(これって重要ですよね)

また、何か岐路に立たれている方なんかはみっちちゃんのセラピーなどもおすすめです。彼女は等身大で気取らず優しいハートの持ち主なので、一緒にいるだけで落ち着きます^^
彼女と出会えて、いろいろ学べるし、心も穏やかになれるし、そして、そして、このYOSAに出会えてよかった!

アハッハハハ^^
あ~~~幸せで贅沢な1日だったぁ☆
みっちちゃん、また行こうね~~~
2009-04-23 00:04 | カテゴリ:パスタ
P1040050_convert_20090426171159tomatopasta1.jpg

「今日はトマト系のパスタがいい~」とのリクエスト。
あ、そういえば、帰ったらコッテリのトマトソースパスタを作ってあげるって約束してたね^^;
野菜室にはなすが。
うーん、なすとえびのパスタもなんだし・・・塩豚でアマトリチャーナもピンとこないし。

あ!オイルサーディンとナスにブラックオリーブとかいいんじゃなぁ~い^^とひらめきました。
うんうん、これはきっとイケるはず!

【オイルサーディンとなすのトマトソースパスタ】
・オイルサーディン・・・1缶(オイルは捨てておきます)
・なす・・・1~2本(ゼブラ柄に皮をむき、たて半分に切ってから薄めの斜め切りに)
・ブラックオリーブ・・・15粒(3等分くらいの輪切り)
・たまねぎ・・・1/4(薄切り・・・かなり)
・にんにく・・・1片
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・ホールトマト・・・1缶(前もってつぶしておきます)
・コンソメ・・・1個
・ローリエ・・・1枚
・白ワイン・・・大3
・塩、コショウ・・・少々
・粉末昆布・・・少々
・白だし・・・少々
・ドライバジルorドライオレガノ

(作り方)
1.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を熱し、香りが出てきたらたまねぎを炒めます。
2.たまねぎが透明になってきたらなすを炒め、火が通ってきたらオイルサーディンを入れます。このとき、あんまりかき混ぜるとオイルサーデインの原型はなくなっちゃうので注意。焼くってかんじ。でもほかの材料が焦げないように、テキトーにしてください。
3.白ワインを回し入れ、ホールトマトとブラックオリーブ、コンソメ、ローリエを入れて煮詰めます。
4.パスタを茹で始めます。
5.3.を塩、コショウ、粉末昆布、白だし等で味を調え、茹で上がったパスタを入れて絡めます。ソースが少ないようなら茹で汁を入れると絡ませやすいです。
6.お皿に盛り付け、ドライハーブをトッピングします。
はい、できあがり!
P1040053_convert_20090426171302tomatopasta2.jpg

うんうんうん!美味しいですぅ~~~♪
オイル系で作るバジョンもかなり気に入ってますが、トマト系もなかなかどうして、コレ、いいねぇ~
いわしって、本当に素晴らしい!!

アンチョビって、苦手な方もいたりしますけど、オイルサーディンなら大丈夫そうですよね。

私って、美味しい!って思うと続けて何度も作って食べたいタイプなので、このパスタ、これからもちょくちょく登場しそうです^^;

彼ちゃんも最近お疲れなのか、味の濃いものを食べたがるので今日はかなり大喜びでした。
あ、でもね、思ってるほどコッテリではありません。
なすとブラックオリーブ、そしてたまねぎのおかげで程よく出来上がっています。

あ~~~、今日も美味しかった^^幸せ☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-21 00:35 | カテゴリ:パスタ
P1040050_convert_20090422200905pasta1.jpg

春ならではのパスタ。
1週間ぶりに作ってあげるパスタとして、たけのことそら豆をチョイスしました。
ま、白状すると家にあったもので作ったパスタってことです^^;

でもね、コレなかなかイケます^^
たけのこのシャキシャキ感とそら豆のホクッ(表現が難しいけど)としたかんじ、素材を活かすならオイル系ってことで簡単スピーディーに作っちゃいました。

【たけのことそら豆のペペロンティーノ】
・茹でたけのこ・・・お好み(わが家は1本の1/6を使用)
・そら豆・・・30~40粒
・えび・・・お好み(わが家は1人8尾)
・いか・・・お好み(テキトー)
・アンチョビフィレ・・・3~4枚(粗みじん切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・白ワイン・・・大2~3
・塩、コショウ・・・少々
・白だし・・・少々

(作り方)
1.たけのこは2~3mmに薄切りし、そら豆は沸騰したお湯に塩を入れ1分強茹でて皮をむいていきます。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を入れて熱し、アンチョビを入れてオイルに味をつけます。
4.えびといかを入れて炒め、火が通ったらワインを回しいれてアルコールを飛ばし、たけのこも入れてさらに炒めます。
5.茹で上がったパスタと茹で汁を入れて混ぜ合わせオイルを乳化させます。
6.そら豆を入れ、塩、コショウ、白だしで味を調えます。
はい、できあがり!
P1040054_convert_20090422201036pasta2.jpg

予想通りの美味しさでした^^
えびといかをベーコンや塩豚にしてもいいでしょうし、入れなくても全然OKだと思います。
あ、桜海老とかしらすなんかでもいいですね~~~

実家で過ごした疲れが今日は出たのか、1日ダラダラしちゃいました^^;
にぎやかなだんらんから、静かな彼ちゃんとの生活はギャップがあります。どちらがいいってわけではないのですが・・・どちらも私の生活なんですよね。
しばらくは時差ぼけじゃなく、実家ぼけしてそーです。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-21 00:29 | カテゴリ:和風
P1040037_convert_20090422200634gote.jpg

鹿児島ネタをもうひとつ^^
なんで、ゴテ焼きというのかよくわからないのですが、私の小さいころより鹿児島の人はこれを「ゴテ」と呼んでます。

鹿児島のデパート、「山形屋」さんの地下にある行列のできる鶏関係の臨時売り場があります。
毎日、焼き上がりの時間近くになると、すごい行列ができて皆さん、大量に買っていきます。
並んでも買えないことだってもちろんあります。
残念ついでに言うと、パート風の店員さんの態度が横柄なところがマイナスです。もし、並んでお買いになる場合は、その辺をご注意ください。(誰もデパート側にクレームを入れないのでしょうかね。そういうところものんびりとした鹿児島の良き風土なのかしら)

でもね、それ以上に価値があるんです。

若鶏のローストなのですが、とにかくジューシィ~☆
お味はしょうゆベースで上品なんだけどしっかりとした味付け。しかも安い!!!(税込294円/本)

今回は、妹がわざわざ並んで買ってきてくれました。私が東京のわが家へ持って帰るためにT_T(いー妹ちゃんに育って姉は嬉しい)

ってことで、今夜は、若鶏のゴテ焼きとなすとピーマンとしめじの味噌炒め、春キャベツたっぷり入った具沢山野菜スープを作りました。

このゴテがあると、超~~~楽^^しかも、彼ちゃん大喜び。

ほんとに、このゴテを食べちゃうと、東京のデパ地下のローストチキンは・・・食べられない><
・・・と言いつつ、仕方ないので食べてますが、これを取り寄せられるなら取り寄せたいってくらいのシロモノです^^
鹿児島に行かれる方、転勤で行かれる方、ぜひぜひ、お試しを!!

余談ですが、この山形屋の現社長は、私の幼稚園と小学校の幼なじみ&初恋の人です^^)v

幼いころはお目が高かったけど(==)・・・い、いまはどうかしら!?

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-20 17:30 | カテゴリ:好きなもの
P1040047_convert_20090422200713boushi1.jpg

鹿児島より、無事に帰ってきました^^
あっという間の一週間で、ブログの更新をする時間もないくらい、充実していました。

姪っ子ちゃんの初の晴れ舞台、かわいい5人の幼い天使たちが小さな一歩、価値ある大きな成長をする瞬間に立ち会え、ある意味、私が学びました。

金曜の夜には、家族がお世話になっているご夫婦をお招きしての食事会。慣れない実家のキッチンで色々作らせていただきました。
私の家族はもちろん、お客様にも大変喜んでいただき、ワインもガンガンすすんで、本当に楽しいひとときでした。
また、お会いできたらいいなと思える方々との出会いでした^^

日曜日は、親戚のおば様の50日祭という仏教で言う49日法要に出席したり、夜は粉なしお好み焼きを作って家族だんらんを楽しみました。

そして、帰ったら
待ちに待った、お帽子が届きました!!
可愛いでしょ^^

お友だちのお姉さまの作品で、ヤフオクでゲットしました。
私の大好きな紫色。しかもつばが広いのがまたまた気にいてます。

これをかぶって、お日さまの下をお散歩したい気分です♪

本当に、充実した日々を送ることができ、心が豊かになったような気分です。

・・・ま、帰ったらそうもいかずに現実的な日々を送るのでしょーが^^;
今日からは彼ちゃんとの日々を、豊かにできるようにがんばらないとね。
ってか、がんばってくれ!!(該当者、わかってるよね)

2009-04-19 00:09 | カテゴリ:外ごはん
P1040015_convert_20090422195036jyukai1.jpg

毎回、実家に帰省するたびに家族で必ず食事に伺うお店、「珠海」です。

ここの中華は、本当に美味しい!鹿児島一だと思います。いえ、東京でも十分に上位に入れると思うくらいに美味しい^^

しかも、中華なのにまったく胃もたれしないんです!
素材も良い物を厳選していらっしゃいますし、調味料にも気を遣われているんだと思います。

母は、体が丈夫ではないため、外でのお食事は胃腸を壊す恐れがあり、いつでもどこのお店でもいいわけではないのですが、このお店でお食事をすると、体の中から元気になるようです!すごいでしょ!?
私だってそうですもの^^

だから、帰省してこのお店のお料理をいただくのは、本当に楽しみなことなんです^^
お店自体は、普通のこじんまりしたお店なんですけどね。でも、いつもいっぱいです。

特に美味しいとお替りまでしちゃうのが
P1040016_convert_20090422200125jyukai5.jpg
ピータン
これ、最高です!!まったく臭みがなくいくらでもいけちゃいます^^

P1040009_convert_20090422200010jyukai3.jpg
餃子
お~~~パリパリの羽もいいかんじ!

P1040011_convert_20090422200050jyukai4.jpg
五目そば
姪っ子ちゃんの大好物。このスープがまた美味しくて優しいんですぅ~

P1040018_convert_20090422200210jyukai6.jpg
油淋鶏
サクッサクの中はジュ~シィ~~~♪これは妹の大好物

P1040021_convert_20090422200339jyukai7.jpg
イカとほたての炒め物
これも家族みんなの大好物。とろみのソースなんか、なめちゃいたいくらい美味しい

P1040025_convert_20090422200509jyukai9.jpg
あわびの炒め物
もうね、これは言葉になりません^^あわびからも干ししいたけからも美味しいダシがでてます。
戻し方もいいんだと思います(あわびや干ししいたけの)
このソースも「持って帰って何かの炒め物に使いたいよね~」と母と話すくらい美味しい^^

P1040023_convert_20090422200422jyukai8.jpg
特製杏仁豆腐
姪っ子ちゃん特製の杏仁豆腐で、フルーツいっぱいで彩りがいいですよね。アッサリ味です。

P1040028_convert_20090422200552jyukai10.jpg
坦々麺
辛さはマイルドですが、スープがめちゃくちゃ美味しい。麺もちょうどいい細さです。
ちなみに、我が家では2杯も頼んじゃいます^^;

美味しいものをいただいているときって、本当に至福のときですね~
この記事を書きながら・・・もう食べに行きたいと思いますもの☆

もしも、鹿児島に行かれることがあれば、ぜひ、お試しください!

P1040008_convert_20090422195934jyukai2.jpg

「珠海」
鹿児島県鹿児島市大竜町2−2−1F福石ビル
TEL:099-224-9716(予約をおすすめします)

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-16 20:53 | カテゴリ:好きなもの
P1030897_convert_20090416201951harebutai1.jpg

天使たちの入場です^^

私の帰省の目的のひとつであった、姪っ子ちゃんのクラシックバレエのお披露目の模様です。
彼女たちは、幼稚園でクラシックバレエを習っています。
白鳥バレエ団の野村五十鈴先生からご指導いただいています。

今日は、保護者会でバレエレッスンの宣伝を踏まえて今までのレッスンの成果を礼拝堂で披露させていただきました^^

保護者の皆様からも「かわいい~」というありがたい声援をいただき、4~5歳の彼女たちは初舞台を立派に踊りきりました。

カンドウ!!

達成感を得て、一回り大きく成長した彼女たち。
P1030909_convert_20090416202237senseito.jpg

先生とこれからの目標をお約束しながら、踊る喜びをかみしめ、幸せに満ちてました。

ふふ、本当の天使のよう・・・って伯母バカ!?

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-15 20:02 | カテゴリ:好きなもの
P1030843_convert_20090416200322komorebi1.jpg

の~んびりとお庭のもみじを眺めていました。
鹿児島の時間はゆっくりと流れています。

若い頃は、こののんびりとした時間の流れが嫌いでした。背伸びしながら、社会の荒波と戦っている時だったからでしょうか。
まぁ、そういう頃も大事です。それで得たもの、失って気づかされたもの、色々ありますから。

だからこそ、今、この時を愛おしいと思えるのでしょうね~

ボ~~~~と眺めてたら
P1030848_convert_20090416201647tori.jpg

1羽の鳥が遊びに来ました。
しばらく、木漏れ日の下で彼もの~~んびり羽を休めていました。

あー、こういうのもいいわねー。

ピ~ンポ~~~ン。

お知り合いから、今朝採れたてという巨大筍が・・・

P1030856_convert_20090416201847takenoko.jpg
(母の手初登場!)

びっくりしちゃいました!!!
しかも2本も^^

1本は茹でたものを冷凍して東京に持って帰ることにしました。ラッキー!!
筍とそら豆のぺペロンティーノを作りたかったのよねん♪
彼ちゃん、お楽しみに^^)v

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-15 09:46 | カテゴリ:好きなもの
P1030823_convert_20090415090209oniwa.jpg

お庭の一角が苔庭になっています。
もう少し早い時間だと、朝露でしっとりと潤った苔が見れるのですが・・・

苔庭と手水鉢の雰囲気が大好きなです。
中央にある木はもみじなのですが、これが青々として木漏れ日が差し込む時がまた美しい☆
ご隠居さんのようにボ~~っとお庭を眺めているのって癒されます。

あ、妹と姪っ子ちゃんの出勤&通園の時間。

P1030824_convert_20090415090253hair.jpg
私の母が毎日ヘアースタイルとスタイリストを担当しているんです。可愛いかったのでパシャ

P1030826_convert_20090415090332oyako1.jpg
いってきま~す!と元気に玄関を出て行きました。

P1030827-2_convert_20090415091539oyako2.jpg
ママと一緒に通園できる喜びが思わず出てしまう一瞬をパシャ

親子っていいなぁと思いました^^
こんなに娘に愛されている妹がうらやましい&微笑ましく、姉として妹の成長&幸せにジ~~~ンときました。

しかし、子供は元気でタフだわ。。。
2009-04-15 00:20 | カテゴリ:和風
P1030812_convert_20090415085814sashimi1.jpg

久しぶりの母の手料理。
やっぱり、この味が一番美味しいですね~

P1030815_convert_20090415085853sashimi2.jpg
これ、とびうおのお刺身です!
鯵ほど脂はありませんが、さよりよりも濃厚なかんじかな!?
新鮮だからこそ味わえるお刺身でした

P1030816_convert_20090415085932takiawsase.jpg
炊き合わせ
筍、サトイモ、厚揚げ、地鶏、干ししいたけの炊き合わせです。
おだしが利いてるぅ~~!
あーこういうの、うちの彼ちゃんが大好きな一品なのよね。木の芽はお庭からプチップチと取って添えました。香りが違います!びっくりするくらいでした^^

P1030821_convert_20090415090006soup.jpg
毎日飲む、野菜スープ。
きゃべつ、にんじん、じゃがいもを干ししいたけ、だし昆布、かつお、干し貝柱で優しいお味に仕上げています。体がホォ~~~って癒されるんです^^
ガスレンジで撮ったからめちゃくちゃ暗くて美味しそうじゃないですね^^;

P1030822_convert_20090415090049wine.jpg
そして、今夜のワイン。
父が私が帰るときには必ずいろいろなワインを買っておいてくれます。
今回は、イタリアとスペインがメインらしいです。
父はラベルで選ぶらしいのですが、ハズレがないんです!まさに、ラベルソムリエ!!

久しぶりに家族団らんをしながら楽しい夕飯を楽しみました。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-14 14:49 | カテゴリ:etc
P1030811_convert_20090415085032sky.jpg

東京はあいにくの雨に・・・日ごろの行いはいいはずなのですがT_T
しかし!空の上は晴天!しかも、ふっかふかの雲のじゅうたんがやわらかそうにず~~~っと続いていました。

そろそろ、鹿児島も近いかな^^
2009-04-14 07:58 | カテゴリ:etc
P1000458_convert_20090414075621sky.jpg
↑あ、これはケアンズから帰る飛行機の中の夕日^^飛行機のイメージ画像として・・・

今日から来週の月曜日まで、鹿児島に帰省してきま~すぅ。
あちらでも更新する予定ですが・・・なんせ毎日スケジュールが詰まっていたり、姪っ子がどれくらい私に絡んでくるかで、状況はみえません^^;

せっかくだから、鹿児島ののんびりとした風景や桜島をアップできるといいのですが・・・。

とりあえず、しばし実家でリフレッシュしてきます。
2009-04-14 07:37 | カテゴリ:パスタ
P1030805_convert_20090414072053pasta1.jpg

私がいない間にダメになりそうなもの、彼ちゃんではアレンジできない食材を今日は片付けなくては・・・
あ、生クリームの小パックがある。ぐふふふふ(^m^)
これはトマトクリームにしなくっちゃね☆

【いんげんとスモークサーモンのトマトクリームパスタ】
・スモークサーモン・・・1パック(半分くらいに切る)
・インゲン・・・10~15本(3~5cmに切る)
・たまねぎ・・・1/2個(薄切り)
・しめじ・・・1房(小分け)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本
・ホールトマト・・・1/2缶(つぶしておく)
・生クリーム・・・100cc
・牛乳・・・50cc
・コンソメ・・・1個
・ローリエ・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々
・白だし・・・少々
・パルメジャーノチーズ・・・適量
・ドライバジル・・・少々
・オイル・・・少々
・コショウ・・・少々

(作り方)
1.フライパンにオイルとにんにく、鷹の爪を熱し、香りが出てきたらたまねぎを炒めます。
2.透明になってきたら、しめじとインゲンを入れて炒めます。
3.火が通ったら白ワインを回し入れてアルコールを飛ばし、ホールトマトとコンソメ、ローリエを入れて少し煮詰めます。
4.パスタを茹で始めます。
5.3.に生クリームと牛乳を入れてゆっくりと煮詰めとろみをつけ、塩、コショウ、白だしなどで味を調えます。
6.茹で上がったパスタを入れて絡め、最後にスモースサーモンを入れて軽く混ぜ合わせ、オイルを回しかけ火を止めます。
お好みでパルメジャーノチーズ、ドライバジルをふりかけます。
はい、できあがり!
P1030808_convert_20090414072132pasta2.jpg

トマト味より、クリームの味の方が利いてるパスタ。
あ~~~まったりしてて美味しかった^^

スモークサーモンの塩気と新たまねぎの甘み、いんげんのシャキシャキとした食感が本当によくマッチしています。

普通のサーモンで作る場合は、生臭くならないよう、たまねぎを炒めた後にフライパンに入れて炒めるというか火を通してください。別のフライパンで焼いてほぐしてから白ワインを入れる前にフライパンに入れてもいいですね。そちらの方が洗い物は増えるけど、味はいいと思います。

本当はフィットチーネで作りたかったんですけど、ストックを切らしていたようで・・・T_T
帰ってきたら買わなくっちゃです。

さて、1週間パスタお預け状態になる彼ちゃん。
帰ったら、コテコテのトマト系パスタを作ってあげようと思います^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-13 19:41 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1030803_convert_20090413192220nagetto.jpg

明日から実家に帰るため、その間の彼ちゃんの保存食を作ったり、冷凍したりしています。
冷凍庫に鶏のむね肉ともも肉が1枚ずつあったので、この前作ったチキンナゲットの改良版に挑戦してみました。
もちろん、お弁当用に冷凍しますが、彼ちゃんのおつまみにもいいかなと。

私はジューシーなお肉が好きなので、やっぱりもも肉を入れないとね^^;

【ジューシーチキンナゲット】
・鶏むね肉・・・1枚
・鶏もも肉・・・1枚
・卵・・・1個
・ナツメグ・・・小1
・オールスパイス・・・少々
・塩、コショウ・・・少々
・片栗粉・・・大1~2
・白だし・・・小1~2
・お酒・・・大1~2
・マヨネーズ・・・大1~2
・生クリーム・・・少々
衣用
・天ぷら粉・・・適量
・卵・・・1個
・お水・・・適量

(作り方)
1.鶏肉は皮を剥き、適当に切り分けます。
2.むね肉ともも肉の半分をフードプロセッサーに入れてガ~~~~っとミンチにします。次に残りのもも肉を食感が残る程度にガ~~~~とします。
3.ボールにお肉を入れ、卵、スパイス、塩、コショウ、マヨネーズ、白だし、お酒、片栗粉を入れてこねます。タネがやわらかいようなら片栗粉で調整してください。下味はしっかりした方が美味しいし臭みも残りません。
4.3.を半量ずつラップに包んで棒状にし、冷凍庫で3時間ほど凍らせます。
3.天ぷら鍋を用意し170℃くらいにオイルを熱します。
4.凍ったタネを1cmくらいずるにカットし、衣をにくぐらせます。
5.両面を色よく揚げます。
はい、できあがり!

これ!私が求めていたチキンナゲットはこれです!!
ジューシーで、揚げたてだったら何にもつけずに食べれます^^

端っこの小さいのをつまんでみましたが、自分を律しないと止まらないくらい美味しいです☆

いやいや、もも肉はやっぱりすごいですね!

本当は、ブログに載せるつもりじゃなかったんだけど、あんまりにもジューシーで美味しかったんで急遽、揚げたてをアップしちゃいました^^;
ぜひ、皆さんもお試しください☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-13 09:50 | カテゴリ:和風
P1030796_convert_20090413091514takomeshi3.jpg

炊き込み系、続いてます^^
ま、なんで炊き込み系になったかと申しますと・・・

私「今夜、何食べようか~。お昼が坦々麺だからサッパリ系がいいよね」
彼「うーん、じゃひつまぶしがいいかな」
私「えーひつまぶしするならさ、「鯛めし」がいいな」
彼「あ、「たこ飯」がいい。それと筑前煮!!」

たこ飯はわかった。筑前煮ってさ、簡単に言うなよぉT_T
どっちも手間かかるんだぞぉ。今日は、あさってから帰省するための荷造りして実家に送らなきゃいけないんだぞ・・・でも、帰る前にまともなもの食べさせておかなきゃね。

ってことで、がんばりました^^あ、たこ飯は茹だこオンリーを使用するなら手間はかかりません。
以前、彼ちゃんのご実家に伺った際に、お母様より「干しだこ」を買っていただいていた残りがあったので、わが家はそれと茹でだこをW使いで作ったので一手間かかりました。
でもね、このW使いがめちゃくちゃ美味しいでしたぁ~

【たこ飯】
・茹でだこ・・・足4~5本
・干しだこ・・・足3本(戻し汁使用)
・干ししいたけ・・・2枚(薄切り、戻し汁使用)
・にんじん・・・1/2本(太目の千切り)
・油あげ・・・1/2枚(細切り)
・しょうが・・・1片(千切り)
・米・・・3カップ
・だし汁・・・2カップくらい (各戻し汁の兼ね合いで調整してくださいtotal3カップに)
・白だし・・・大2
・塩・・・小1/2くらい
・お酒・・・大2~3
・みりん・・・大1
・おしょうゆ・・・少々
・出し昆布・・・1枚
・青じそ・・・2枚

(作り方)
1.お米は炊く30分前に洗ってざるにあげておきます。干しだこは、半日前くらいから水に少量のお酒、みりん、白だしを入れたもので戻しておくといいです。
2.各食材を切ります。油あげは油抜きしてから切ってください。
3.炊飯器にお米を入れ、だし汁+戻し汁(干ししいたけ、干だこ)で3合になるようにします。白だし、塩、酒、みりん、おしょうゆを入れて味を調えます。
4.出し昆布と食材ををのせて炊きます。
P1030791_convert_20090413091238takomeshi1.jpg
5.炊き上がったら、充分に蒸らしてよく混ぜ合わせます。
P1030793_convert_20090413091352takomeshi2.jpg

6.お茶碗に盛り、青じその千切りをトッピングします。
はい、できあがり!
P1030800_convert_20090413091635takomeshi4.jpg

たこちゃん、ギュ~~~~って小さくなってますね^^
でもね、たこから出た旨みと風味、めちゃくちゃ美味しいです。
しょうがの風味が全体をまとめてくれているかんじで、絶対に欠かせない食材ですね^^

たこって硬くなることがありますが、このたこ飯は柔らかいです。もし、気になる方は、炊き上がった後に混ぜてもいいですね。
その場合は、たこをだし汁とおしょうゆ、みりんで煮詰めておく必要がありますね。
それはそれでしっかりとした味を楽しめるでしょうが、最初から入れて炊き上げた方が優しい風味がでるので、私はこちらがおすすめです。

生だこで作ると、きれいな桜色になるらしいです!もし、生だこが手に入る方は、お試しください^^

はぁ~、しかし、和食は美味しいし、体にもいいってすごくわかるけど・・・手間がかかりますね^^;
筑前煮は、ル・クルーゼで3時間ほどかけて煮込み、味を染み込ませました。

私が下ごしらえやら荷造りをしている間、彼ちゃんはぐっすりとお昼寝していました><
ほんと、いくらでも寝れる人です。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-12 17:48 | カテゴリ:アジアン系
P1030784_convert_20090412201304tantan1.jpg

今日のお昼は久々に黒ゴマ坦々麺を作りました。

前日から「日曜のランチは黒ゴマ坦々麺ね」って話しておいたので、午前中には1週間分の買い物ツアーに出かけ、14時には家へ到着。

もう、お腹ペコペコなので気合と集中力で15~20分で作りました^^;
ちゃんとその間に、ビールを冷凍庫でキンキンに冷やす作業も行う気の利きよう^^)v

【黒ゴマ坦々麺】
・合挽きミンチ・・・小1パック
・青梗菜・・・1束(茹でて、たて6等分に切ります)
・長ネギ・・・5cm(みじん切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・しょうが・・・1片(みじん切り)
・ザーサイ・・・適量(みじん切り)
・豆板醤・・・小2
・テンメンジャン・・・小2
・紹興酒・・・大2
・スープ・・・600cc(ウエイパー小2を溶かしたもの)
・おしょうゆ・・・少々
・粉山椒・・・少々
・黒ゴマペースト・・・大4
・水溶き片栗粉・・・少々
・ラー油・・・お好みで

1.中華鍋にオイルとごま油を入れて熱し、長ネギ、にんにく、しょうがを入れ、香りが出てきたら豆板醤とテンメンジャンを入れてさらに香りが出るまで炒めます。
2.合挽きミンチと粉山椒を加え炒めます。火が通ったらザーサイを入れ紹興酒をふりかけます。
3.スープを加えておしょうゆなど(塩を入れてもOK)で味を調え5分ほど煮詰めます。
4.2つの丼に黒ゴマペーストを半量ずつ入れます。
5.麺を茹でます。その間に丼にスープを注いで黒ゴマペーストをよく溶いておきます。
6.茹で上がった麺を入れ、さらにスープだけを足します。
7.中華鍋に残した具材(ミンチやみじん切りの香味野菜)入りのスープを水溶き片栗粉でほんの少しとろみをつけます。
8.丼にかけ、茹でた青梗菜をトッピングします。
お好みでラー油を追加してください。
はい、できあがり!
P1030785_convert_20090412201733tantan2.jpg

やっぱり、黒ゴマ坦々麺は美味しい!!

今回はザーサイを使っていますが、たけのこや干ししいたけを刻んで入れても美味しいです^^
また、肉みそとスープを別に作っておく作り方もありますが、時短と洗い物軽減のため、わが家は大体この作り方です^^;
余裕のあったときに、別々の作り方もご紹介しますね^^

もともと、四川風の坦々麺は汁なしなんですよね。それを、日本人用にアレンジされ、汁あり坦々麺を考案なさったのが四川料理の神様、陳建民さん(陳健一さんのお父様)らしいですね~

私は汁あり坦々麺派なので、よくぞ考案してくださった!と敬意を表したいですm(_ _)mサンキュー

P1030790_convert_20090412202127tantan3.jpg
ふぅ~完食!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-11 23:30 | カテゴリ:洋風
P1030777_convert_20090412194119kamo1.jpg

「今夜、何食べたい?」
「ん~~、あるもんでえーけど」
土曜日は夕方までフラメンコのレッスンなんで、それからあれこれ考えるパワーがありません^^;
冷凍庫をゴソゴソ・・・
あ、シャラン鴨ちゃん発見!いやん♪買っててよかった^^

ってことで、なんかリッチにみえちゃうメニューになりました。彼ちゃん、大喜び。

シャラン鴨は塩、コショウをして、両面をソテーし、バルサミコ酢を煮詰めたソースをかけました。
P1030779_convert_20090412194607kamo2.jpg

添えには、新たまねぎにオイルと軽く塩をふってオーブンで20分くらい焼きました。
P1030780_convert_20090412195846onion1.jpg

まったく手間はかかっていませんけど、美味しかったですね~
バルサミコソースは、小鍋にバルサミコ酢を入れて中火で煮詰めるだけ。とろみがとけば出来上がりです。なのにね、美味しいソースになるんです!
鴨から出る脂の旨みはそのまま味わえて脂っこさはさっぱりと分解してくれるかんじ!?
たまねぎの甘みもしっかりと引き出してもくれています。

私はこれにラデッシュ(西洋わさび)をつけていただきました。

今夜も美味しかったね~^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-11 10:48 | カテゴリ:パスタ
P1030771_convert_20090411101539pasta1.jpg

今週、一気に桜の木から緑の葉が出てきましたね~
ひらひらと散りゆく桜の花びらが美しくて、情緒を感じます。舞台などで桜を散らすシーンとかありますが、やっぱり自然の散り方には負けますね。
何でもない、ただの道沿いがひとつの舞台のようなキャンバスのような特別な空間に感じちゃいました。私だけでしょうか~^^;でもね、なんか感動しちゃったんです。

マンション前のお稲荷さんも桜の絨毯になっていて、美しかったです。まるで初雪がうっすら積もった朝のようなかんじ。お散歩に来ていた犬が嬉しそうにはしゃいでいました。

さて、今夜はトマトソースのパスタというリクエストがあり・・・そろそろ言うなと思っていたのですが^^;
冷蔵庫にあった塩豚と野菜室のなすでアラビアータにすることにしました。

【塩豚となすのアラビアータ風パスタ】
・なす・・・2本
塩豚・・・適量
・にんにく・・・1片
・たまねぎ・・・1/2個
・ホールトマト・・・1缶
・ローリエ・・・1枚
・コンソメ・・・1個
・鷹の爪・・・1~2本(激辛がいい方は何本でも^^)
・白ワイン・・・大2
・塩、コショウ・・・少々
・粉末昆布・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
・フレッシュバジル(なければドライでも)

(作り方)
1.たまねぎは薄~く薄切りにし、にんにくはみじん切りに、なすは皮をしゼブラになるように剥き、たて半分に切ってから斜め切りにします塩豚は7mmくらいの厚みに切ります。
2.フライパンににんにくと鷹の爪、オイルを入れて熱し香りが出てきたらたまねぎを炒めます。
3.透明になってきたら塩豚を入れてじっくり炒めます。
4.なすを入れてオイルを吸わせるようにしっかり炒めます。
5.白ワインを入れアルコール分を飛ばしたら、つぶしておいたホールトマト、コンソメ、ローリエを入れてしばらく煮詰めます。
6.パスタをゆで始めます。
7.5.を塩、コショウ、粉末昆布、おしょうゆで味を調えます
8.茹で上がったパスタを7.に入れてソースとよ~く絡ませます。
9.お皿に盛り付け、フレッシュバジルをトッピングします。
はい、できあがり!
P1030774_convert_20090411101642pasta2.jpg

私は、食べるときに自家製の唐辛子オイル(オイルに鷹の爪、粉末の一味唐辛子を入れて漬けたもの)をかけました。
トマト系のパスタを食べると、ほんとに疲れが取れますね~
塩豚がやわらかくてなすとたまねぎの甘くトロリとした食感が加わって、はぁ~幸せ☆

ブログを見てくれる人に「ほんとよくパスタ食べるよね」とよく言われます^^;
そうですね~ブログを始めて意識するとそうかな~と思いますが、以前よりは減った気もします。

パスタは本当に飽きないんですよね。同じものを作ってもその日の食材の鮮度によって味は変わりますし、私たちの体調によっても変わりますしね。

色々な食材を組み合わせてその日の気分でアレンジも楽しめるし簡単に手早く作れるのも、私にとってはポイントが高いです。

とはいえ、パスタブログをされている方々には負けちゃいますけどね^^;

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-10 00:13 | カテゴリ:和風
P1030767_convert_20090410122047takikomi1.jpg

今日は、整体に行ってきました。そこは、気功を取り入れた整体で、口コミだけでお客様が増えています。看板もないようなところで場所も遠いのですが、予約がなかなか取れません><
治療の後に、次の予約を取ると、大体2ヵ月後になっちゃうくらいです。

日々の生活や寝相、フラメンコなどでやはり骨がずれたり、疲労などでも筋肉が硬くなってしまうので定期的にメンテナンスしてスッキリさせています。

この整体に通うようになって偏頭痛が減りましたし、自然治癒力が高まった気がします。
ま、年齢と共にメンテナンスは必要になってきますからね^^;

リフレッシュしたので、ちょっとがんばって、炊き込みご飯を作ってみました。

【たけのことほたてとそら豆の炊き込みご飯】
・米・・・3カップ
・ゆでたけのこ・・・1/2本
・油あげ・・・1枚
・にんじん・・・1本
・干ししいたけ・・・4枚(戻し汁も使用)
・ホタテの水煮缶・・・1缶(煮汁も使用)
・干しホタテ貝柱・・・7~8個(戻し汁使用)
・だし汁・・・2・1/2カップくらい
・白だし・・・大2
・塩・・・小1/2くらい
・お酒・・・大2~3
・みりん・・・大1
・おしょうゆ・・・少々
・出し昆布・・・1枚

(作り方)
1.お米は炊く30分前に洗ってざるにあげておきます。干しホタテは、半日前くらいから水で戻しておくといいです。
2.たけのこ、にんじんは2~3mmくらいの厚みの薄切りにします。
3.油あげは油抜きをして、3cmの長さの細切りにします。
4.炊飯器にお米を入れ、だし汁+ほたての煮汁+戻し汁(干ししいたけ、干ほたて)で3合になるようにします。白だし、塩、酒、みりん、おしょうゆを入れて味を調えます。
5.食材をを加え、出し昆布をのせて炊きます。
6.炊き上がったら、あらかじめ固茹でして皮をむいたそら豆を炊飯器に入れ、充分に蒸らしてよく混ぜ合わせます。
はい、できあがり!
P1030769_convert_20090410122125takikomi2.jpg

とにかく、美味しいです!
ホタテは水煮と干しを使用しましたが、どちらからも美味しいエキスが出ますし、干ししいたけもいい香りと旨みが出てくれます。
ほたての煮汁自体に味がついているので、味付けは濃すぎないほうがいいですね。
そうそう、忘れちゃいけない昆布からの旨みもありますから^^
さほど、調味料を使用しないでも十分なお味になります。

色合いをよくしたかったので、そら豆は別茹でしておきました。面倒でしたら、一緒に炊き込んでいいと思いますよ^^

春らしい炊き込みご飯になりました^^もう少し早く作ってお花見用のお弁当にしたらよかったでしょうね~
ま、来年ってことで。

あ~~、今日も幸せなごはんだったなぁ♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-04-08 23:52 | カテゴリ:パスタ
P1030762_convert_20090410121919soramamepasta1.jpg

種子島のKちゃんより、またまたそら豆が届きました!
もう嬉しくて嬉しくて^^毎日食べれるんだと思うと、ニヤけちゃいます☆

今日で、セミナーも終了し、ドッと疲れが出てしまったので、もちろんパスタにしました。
そら豆を使って彩りよく、そして手早くをテーマにしました。
これもね、10~15分でできちゃうお手軽メニューです。

【えびとそら豆のパスタ】
・そら豆・・・好きなだけ
・えび・・・好きなだけ(今回は1人7尾ずつ)
・しめじ・・・1房(小分けにしておく)
・にんにく・・・1片
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
・白ワイン・・・大2
・アンチョビペースト・・・少々
・塩、コショウ・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
1.そら豆は固茹でして皮をむいておきます。にんにくはみじん切りににします。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンにオイルとにんにくと鷹の爪、アンチョビペーストを熱し、香りが出てきたらエビを入れて炒め、しめじも入れてさらに炒めま白ワインを回し入れてアルコール分を飛ばします。
4.茹で上がったパスタとそら豆、パスタの茹で汁を入れて混ぜます。塩、コショウ、おしゅゆで味を調えます。
はい、できあがり!
P1030764_convert_20090410122000soramameoasta2.jpg
ちょっとオリエンタルなかんじのパスタです。
この食材だとクリーム系でもかなり美味しいと思います。
ほんとは、クリーム系で頭を癒してあげたかったのですが、生クリームがちょっとしかなかったので、断念T_T
ま、彼ちゃんはラッキーだったでしょうけどね(クリーム系、苦手なんで)

しかし、なんでこんなにそら豆って美味しいんだろう~~~
ついつい、つまみ食いしちゃいます^^;

さて、明日は何にしよっかな^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。