-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-30 20:32 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1030644_convert_20090330071216paeria3.jpg

最近、スーパーでは中サイズのアサリしかお目見えしていないので、なかなか買う機会がなかったのですが、昨日は大サイズのアサリが2パックだけ売ってるではありませんか!!

お~~~~っ、買わなきゃね^^
ごはんも食べなきゃね^^
じゃ、パエジャね^^

ってことで、久しぶりに!お米をたべます!!

【シーフードパエジャ】
・アサリ・・・ 1パック
・殻つきエビ(大)・・・10尾くらい
・冷凍イカ・・・お好きなだけ
・あら挽きソーセージ・・・3本
・マッシュルーム・・・ 5個
・玉ねぎ・・・ 1/2個
・ピーマン・・・ 1個
・赤パプリカ ・・・1個
・なす・・・1本(皮をゼブラにむき、たて半分、それを斜め切りにします)
・ホールトマト(フレッシュトマト)・・・2~3個分(つぶして入れます)
・お米・・・1 カップと1/3 くらい

・水 380CC くらい(そのうち80~100CCはサフランを戻す用、残りはコンソメ用)
・コンソメ・・・1個
・サフラン 小1くらい(ケチっちゃダメ)
・にんにく・・・ 1片
・塩 コショウ・・・適量
・おしょうゆ・・・少々
・白ワイン ・・・30~50ccくらい
・ローリエ・・・1枚
・レモン ・・・1個

(作り方)
1.ボウルにぬるま湯とサフランを入れ、色だしをします。
2.マッシュルームは4~5等分に切り、玉ねぎはみじん切りに、ピーマン、赤パプリカはそれぞれ輪切りに、にんにくはみじん切りにします。
3.アサリは互いをこすり洗いをして砂抜きをしておきます。
4.パエリアパンにたっぷりのオイルを熱し、にんにく・玉ねぎを炒めます。
5.玉ねぎが少し茶色になるまで炒めたら、ソーセージ、エビ、イカを加え、さらに炒めます。
6.お米を研がずに加え半透明になるまで炒め、アサリを入れ、ワインを振り掛け、1のサフラン入りの水とコンソメ(水に溶かしたもの)、ホールトマト、塩・コショウで味を調え、いつものようにちょっとだけおしょうゆを入れます。(レモンを後からかけるのでそれを考慮の上)
7.輪切りにしたピーマン、パプリカ、なす、マッシュルームを彩りよく散らします。
8.パエリアパンにアルミホイルを蓋代わりに軽く張り、弱火~中火のあいだで約15~20分、水分がある程度なくなるまで煮込みます。
9.最後に中火~強火のあいだで一気に水分を飛ばし、ちょっとだけおこげができるようにします。
10.火を止めて、さっきのアルミホイルを被せ、少々蒸らします。
11.くし型切りにしたレモンを添えます。(食べるときにギュ~っと絞って食べてください)
はい、できあがり!
P1030642_convert_20090330071140paeria2.jpg

アサリとエビの殻からも旨みがぎゅ~~~~っと出ていて、さらに香りも最高!
エビの殻はそのまま火を通すと食べにくいので、背中にバッサリ切り込みを尻尾まで入れておくと殻をむくのが楽で食べやすく、手を汚さずに・・・少し汚すかな^^そのへんは舐めながら^^;

ムール貝の方がスペインっぽいですが、味は断然アサリの方が美味しいし、ダシもよく出ます。
本当にアサリって、すごいですよね~

ハマグリもアサリとは違った優しいいいおだしが出るのですが、大体スーパーで売っているのは中国産なので、買う気になれません><

そうそう、アサリの砂抜きしてたら、アサリが水の飛ばし合いをしていて、大会のようでした。こんなとこまでってところまで水を飛ばしていましたからね~~ほんと、砂抜きは楽しくてしょうがありません。

暗い部屋で、目を慣らしジ~~~っとアサリを見ている私をちょっと呆れ気味に放置してくれる彼ちゃん。
なんで、この楽しさがわからないんだろー

皆さんは、アサリの砂抜きを見るの楽しくありませんか!?
P1030639_convert_20090330071103paeria1.jpg
アサリちゃん!パカッ!!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

スポンサーサイト
2009-03-29 19:01 | カテゴリ:パスタ
P1030633_convert_20090329181726pasta1.jpg

アハハハハハハ^^
またまたパスタなわが家です。あきれないでくださいね~~~^^;

お昼、おうどんにしようかーと話してたのですが、
「うどんとパスタはどっちが楽?」
「そりゃーパスタの方が全然楽だよー」
「んじゃ、パスタでいいよぉ」
ってことで、パスタにしました。
この前作ったオイルサーディンのパスタが結構簡単で美味しかったのでそれを。
本当に10~15分以内で作れるので便利ですよ^^

【オイルサーディンとドライトマトのパスタ】
・オイルサーディン・・・1缶
・にんにく・・・1片(今日は薄くスライス)
・パセリ・・・1本くらい(みじん切り)
・鷹の爪・・・1~2本(輪切り)
・バター・・・20g
・白ワイン・・・大1~2
ドライトマトのオイル漬け・・・大2くらい
・コショウ・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
・松の実・・・1つかみ

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにバターとにんにく、鷹の爪を熱し、漬けてあったオイルをしっかり切ったオイルサーディンを焼きます。
3.両面焼いたら白ワインを回し入れます。
4.軽くおしょうゆで下味をつけ、茹で上がったパスタと茹で汁、ドライトマトのオイル漬けを入れて絡めます。
5.コショウで味を調え、パセリを2/3と松の実入れて軽く混ぜて火を止めます。
6.お皿に盛り付け、パセリをトッピングします。
はい、できあがり!
P1030635_convert_20090329181800pasta2.jpg

前回作ったときは、パセリの代わりに万能ねぎを使用し、しめじも使ったので少し和風というかアジアテイストなかんじでしたが、今日も、前回同様、美味しいでした^^

キンキンに冷えた白ワインが合いますが、白ワインが冷えていなかったため・・・ビールと一緒にいただきました。

いやいや、昼間のビールって美味しいですよね~~~
風はあるものの、だいぶ春らしい陽気になってきましたね。これで、足踏み状態だった桜も、あっという間に満開の時期を迎えそうですね!!
あ~~~楽しみ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-29 00:14 | カテゴリ:パスタ
P1030627_convert_20090329181605pasta1.jpg

「トマトソースのパスタが食べたい」とのリクエストをいただき・・・
家にある塩豚とたまねぎでアマトリチャーナにしよっかなーとも思ったのですが、最近、豚さんばっかり食べてるような・・・。

なんか魚介類が食べたかったので、ペスカトーレをしようとフラメンコのレッスン帰りにスーパーに行ったのですが、あさりもイカもあんまりいいのがなく・・・結局、目玉品だった茹でタコを買ってきました。

さて、タコは硬くなることがあるので、パスタソースにするにはラグーがおすすめ。
ってことで、フープロは後片付けが面倒臭いので、タコだけ使用はいたしません^^適当にまな板の上でトントンしちゃいました^^
いいんです^^ホームメイドですから!

【タコのラグートマトソースパスタ】
・茹でダコ・・・1/2パック(粗みじん切り)
・ブラックオリーブ・・・10~15個(粗みじん切り)
・マッシュルーム・・・4個(粗みじん切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1~2本(輪切り)
・たまねぎ・・・1/4個(みじん切り)
・セロリ・・・1/2本(みじん切り)
・ホールトマト・・・1缶(つぶしておきます)
・コンソメ・・・1個
・ロールエ・・・1枚
・白ワイン・・・大2
・粉末昆布・・・少々
・塩、コショウ・・・少々

(作り方)
1.フライパンににんにく、鷹の爪、オイルを熱し香りが出てきたらたまねぎ、セロリを炒めます。
2.たまねぎが透明になってきたらタコを入れて炒めます。
3.マッシュルームとブラックオリーブを入れて軽く炒め、白ワインを回し入れます。
4.ホールトマトとコンソメ、ローリエを入れてしばらく煮つめます。
5.パスタを茹で始めます。
6.4.を少し味見し、塩、コショウ、粉末昆布で味を調えます。
7.茹で上がったパスタを入れてよく絡めます。
はい、できあがり!
P1030631_convert_20090329181640pasta2.jpg

タコの旨みとブラックオリーブの酸味があるので、味付けはさほど必要ではありません。セロリの風味がタコの臭みを取り除いてくれて、いいお味です^^

冷蔵庫にあると思っていたパセリがなかったので、ドライパセリを仕方なくトッピングしています。
あーぁ、残念><
この歯ごたえを楽しめるソースの時は、フレッシュに限ります。
ま、もう一度お買い物に行くって気合はないので、今回はあきらめました^^;

二日続けてパスタを食べました。
ここをご覧の皆さんも飽きちゃわないかなーって少し心配になりますが・・・わが家にはまったくその気配がないようです。

ここには写っていませんが、付け合せにスナップエンドウを軽く茹でたのですが、これがまた美味しいこと!パスタがアラビアータ風で少し辛目だったため、ポリッポリっと甘い歯ごたえがくせになるかんじで、パスタもスナップエンドウもあっという間に食べてしまいました^^;

私、絹さやとグリンピースは苦手なのですが、スナップエンドウは食べれます。
シャキシャキしてるし、青臭さも少ないし!
もしかしたら、絹さやもすきになっているかしら・・・

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-28 09:38 | カテゴリ:パスタ
pasta1-1.jpg

今夜は彼ちゃんが送別会のため、ひとりパスタが楽しめます^^)v
うにのパスタにするか、きのこたっぷりのコテコテのクリーム系にするか・・・
しかし、今日はお買い物にわざわざ出たくなかったのでうには泣く泣く却下。じゃ、きのこにしようかと野菜室を見たら・・・ありえなーい!わが家にきのこがまったくないなんて!!

あービックリした。多分、初めてに近いかもしれません。旅行前とかには早めに使っておいたりするんですが、普段は必ずあるのに~~~。

うーん、、、でも、クリーム系は食べないといつ食べれるかわからないので・・・
ってことで強引に作ったのがこのパスタ^^;

【塩豚とポルチーニ茸とほうれん草のクリームパスタ】
・塩豚・・・適量
・ポルチーニ茸・・・ひとつかみ弱(ぬるま湯で戻しておきます)
・ほうれん草・・・1/4束
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・白ワイン・・・大1
・粒マスタード・・・大1弱
・マヨネーズ・・・大1弱
・生クリーム・牛乳・・・50ccずつ(混ぜ合わせておきます)
・コショウ・・・少々

(作り方)
1.塩豚とほうれん草、ポルチーニ茸を1cmくらいの幅に切ります。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンににんにくとオイルを熱し香りが出てきたら塩豚を炒めます。
4.ポルチーニ茸→ほうれん草の順に入れてさらに炒め、白ワイン、生クリーム+牛乳、ポルチーニ茸の戻し汁を入れて少し煮つめます。中火~弱火で。
5.とろみがついてきたら、マヨネーズ、粒マスタードを入れて混ぜ合わせ、茹で上がったパスタを入れて絡めます。
6.コショウをふって火を止めます。
はい、できあがり!
pasta2-2.jpg

塩豚の塩分と、ポルチーニ茸の旨みが十分に味付け代わりになりますから、マヨネーズはいらないくらいですが・・・入れちゃいました^^;
今回は、少しサラッとしたかったのと生クリームが100ccもなかったので、生クリームと牛乳を半々で混ぜて使いましたが、もちろん、生クリームオンリーでOKです^^生クリームオンリーの場合は、マヨネーズはなしがいいと思う。
これにパルメジャーノチーズを削りかけていただきました。

ちょっと心残りなのは、パンを添えてソースをつけていただきたかった・・・。
ま、その分ワインがすすみましたけどね~~~^^

もうひとつ言えば・・・ここにマッシュルームが入っていたら最高だったなぁ。
でも、でも、満足なクリームパスタでした^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-27 19:05 | カテゴリ:外ごはん
kiyomatsu1.jpg

以前、仕事関係で一緒だったNちゃんからお誘いメールが。
「突然なんですが、今、大ブームを巻き起こしている悶々ホルモンで紹介されている幻のホルモンを食べに浅草に行こうって話になっています。一緒にいかがですか?」
悶々ホルモン悶々ホルモン
(2008/12/18)
佐藤和歌子

商品詳細を見る


行って来ました!!私、ホルモンとか大好きですから^^あ、彼ちゃんはいいもの食べたことないのか食べず嫌いなのかでホルモンはダメなんです。あーカワイソ。

浅草から少し離れたところだったので、女性陣はタクシー(ワンメーター)で。
kiyomatsu2.jpg
たぬきさんがお出迎え~

中に入ると、左がカウンター、正面がテーブル席、右側に小上がりといったかんじ。
kiyomatsu3.jpg
私たちは、もちろん座敷。

予約しないと入れないって書いてあったけど、なんか6時半くらいだからか空いてるね~と思いましたが、いやいや、あっという間に満員御礼状態で、後は皆さんお断りされてました><あ~よかった。

まずはお通し。
kiyomatsu4.jpg
わさび菜のおひたし・・・お替りプリ~ズって言いたいくらいオイチー

kiyomatsu5.jpg
ポテトサラダ・・・昔懐かしい素朴なかんじ

kiyomatsu6.jpg
レバーたたき・・・これがまた美味!

kiyomatsu7.jpg
モツ煮込み・・・白味噌風味。これはとにかくその後にも追加で3鉢しちゃいました^^

そして、幻のホルモンのお刺身登場!!
ジャ~~~~ン
kiyomatsu8.jpg
奥がタン、手前がレバー、左がコブクロ(子宮)、右がきゃん玉(金玉・・・キャ)

タンはもちろんめちゃくちゃ美味しい!!
しか~~~~し、皆さん、おわかりでしょーが、

kiyomatsu9.jpg
みんな大好ききゃん玉ちゃん・・・レバーみたいに血の臭いがなく、脂が乗っているけど後味はさっぱり、男性陣も「共食い~~~」って美味しそうに食べてました^^

kiyomatsu10.jpg
カシラ・・・ほほ肉というかコメカミあたりだそうです。柔らかくてオイチー

kiyomatsu11.jpg
ナンコツ・・・コリコリあっさり目なので、なんかお酒がすすみます

kiyomatsu12.jpg
第二弾のお刺身・・・奥がシロ(大腸)、手前がハツ(心臓)、真ん中が生とボイルしたガツ(胃)
ガツ、すごく美味しい。柔らかくて繊細なかんじ。ホルモンだめな人もこれは大丈夫な気がします。

そして、大人気商品!
kiyomatsu13.jpg
おやじだんご・・・おやじの大好きな枝豆入りのつくね焼きだから「おやじだんご」
これ、深いッス!
食べたくて、あせって撮ったら・・・ピンボケしちゃいました><

このほか、揚げなすとか色々頼んだのですが・・・撮るの忘れちゃいました><

ここ、最高にいいお店です!
味よし、鮮度よし、接客めちゃくちゃよし!
お店の若い男の子も女の子もみんな笑顔でとても丁寧です。今時、ここまでいい接客できるお店って少ないですよ。本当に気持ちいいです。お客側もマナーよくなっちゃいます^^

あ、最後に〆で頼もうとしていたおにぎりや焼きおにぎりですが・・・ご飯がなくなってしまい、食べれませんでしたT_T
なんかそう言われると無性に食べたくなるのって・・・イヤシイですね^^;
次回、リベンジ!

大満足なホルモンづくし。
いや~、感動しました!!本物って感動しちゃいますね。
「このお店がご近所だったら」・・・と話ながら家路へと。そんなかんじのお店です。リーズナブルですし^^次回は絶対に彼ちゃんも連れて行っちゃうぞぉ~~~

ぜひ、ホルモン好きな方は予約して堪能してきてください!損はさせませんよぉ~^^)v

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-27 11:45 | カテゴリ:etc
sensu1.jpg

3月23日夜、私の友がこの世から去りました。
彼は、中学校の同級生であり、母親同士も中・高と同級生だったため、幼なじみのような存在でした。
そんな彼が、急性心筋梗塞で亡くなるなんて・・・。

京都大学法学部を卒業し、司法試験に合格した彼は弁護士になり、誠実で志高く、熱意を持って活動していました。
私は、そんな彼が誇りでした。
色々な社会的問題の原告団の一員として、日々多忙を極めていたため、なかなか連絡を取れずにいました。

久しぶりにうちで飲みながら、同級生同士、うちの彼ちゃんも交えて仲良く色々語りたいなと思っていた矢先の出来事で、私自身、ポッカリと穴が空いたようです。。

まだ、私たちの年齢では「死」というものが近くにあるという自覚はありません。
だから、「そのうち・・・」と思っていたことが、とりかえしのつかないこととなり、二度と彼に会うことができないんだと思ったら、悔やんでも悔やみきれない思いです。
久しぶりに大声で泣きました。

この扇子は、彼が京都土産にくれたものです。
もう10年ほど前なのにいまだにこれを使っています。

sensu2.jpg
sensu3.jpg
表はカトレアみたいな花が咲き、裏には可愛らしい蝶々が飛んでいます。
とても使いやすい大きさとこの柄がとても気に入っていて、ボロボロになった今でも夏には大活躍しています。
sensu4.jpg
折り目もこんなにくたびれるほど^^;

今日、11時から郷里の鹿児島でお葬式が執り行われています。
私は、彼が誕生日にくれた綾戸智恵の2枚のCDを聴きながら彼を思い、静かにご冥福を祈っています。

いつかまた、お酒を酌み交わしながら、あーでもない、こーでもないと私が熱弁している姿をニコニコと穏やかに・・・でも、妥協せず、自分の考えを述べ合い、有意義な時間を過ごせたらと思います。

ありがとう、左近允寛久。
あなたは、素晴らしい弁護士であり、マイペースでのんびり屋で流行に無頓着で、穏やかな味のあるいい奴だった。
ゆっくり休んでのんびりしてて。いつか会えるその日まで。

sensu5.jpg
2009-03-26 15:30 | カテゴリ:バラとベランダ菜園
rose1.jpg

冬剪定で、バッサリと枝等を剪定しチョンチョコリンだった、わが家のバラちゃんたち。
今は、こんなに葉っぱも増えて茂っているって感じです^^;

最近、バラ友ができました。
仕事関係で知り合ったみっち
彼女は、面白い経歴の人で、ラジオのパーソナリティから、司会、この前は只野仁のドラマにも出演したりしているマルチな才能の持ち主。
しかも、スピリチュアルセラピストでもあります。

ちょうど知り合ってすぐの頃に、彼女がバラを育てたいという思いがあったらしいんです。
そんな時、私がバラを育てている話をしたら・・・すごく食いついてきて、最初はビックリしましたけどね^^;
私の浅い知識でチョコチョコっとアドバイスして、彼女も2鉢のバラを育てています。

こういう出会いもいいものですね。色々共有できるし楽しさも嬉しさも倍増します。

最近の花冷えでなかなかつぼみが膨らまないですが、来週には春を知らせる第一号が咲いてくれそうです。

rose2.jpg
ダイアナプリンセスオブウェールズ

これからが楽しみです^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-26 12:11 | カテゴリ:パスタ
P1030589_convert_20090328190323pasta1.jpg

この記事、2回目を書いてますT_T
1回目を書き終わる頃、フッと油断したら・・・消えちゃいました。
あ~~~、やっぱり本調子じゃないようです。かなりのショック><
2.3日前くらいから寒気と頭痛がしてて、低体温が続いています。季節の変わり目だからでしょうか。
元気になりたいときには、やっぱりリコピン料理。
ってことで今日もパスタです^^;

【牛肉とポルチーニ茸のトマトクリームパスタ】
・牛肉・・・100~150g
・ポルチーニ茸・・・1つかみ(ぬるま湯で戻しておきます)
・しめじ・・・1房(食べやすく分けておきます)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本
・たまねぎ・・・1/2個(薄切り)
・ホールトマト・・・1缶(つぶしてきます)
・ブランデー・・・大1~2
・コンソメ・・・1個
・ロールエ・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々
・粉末昆布・・・少々
・生クリーム・・・70~100cc

(作り方)
1.牛肉はパスタに絡めやすいくらいに細切りし、ポルチーニ茸も軽く刻みます。
2.フライパンににんにくと鷹の爪、オイルを熱し、香りが出てきたらたまねぎを炒めます。
3.たまねぎが透明になってきたら牛肉を入れて炒め、しめじ、ポルチーニ茸も入れて炒めます。
4.ブランデーを回し入れてアルコールを飛ばし、ポルチーニ茸の戻し汁とホールトマト、コンソメ、ローリエを入れて煮詰めます。
5.パスタを茹で始めます。
6.4.を塩、コショウ、粉末昆布で味を調えます。(ソースを隠し味程度に入れても味がしまります)
7.茹で上がったパスタを入れて絡め生クリームを入れて軽く混ぜ合わせます。
はい、できあがり!
P1030591_convert_20090328190404pasta2.jpg

今日は、オレガノを上にトッピングしています。
あ~~~、ポルチーニ茸って本当に美味しい!大好きです^^
牛肉もブランデーで臭みを取って柔らかくなっていますからトマトクリームの邪魔になりません。ブランデーがない場合は、赤ワインでもOKですけどね^^
私はブランデーを豪快に入れてフランベするのが好きなのですが・・・換気扇のシートが燃えちゃうんですよね><
換気扇掃除を取るか、フランベで炎を上げてスッキリするか・・・最近はフランベを封印中です。

やっぱり、トマトソースのパスタを食べると体が活性化する気がします。
しばらくはトマト系のパスタを食べたい気分^^
リコピンパワーで体の中から元気にならなきゃってかんじです^^

季節の変わり目&花冷え、体調を崩しやすいですから、皆さんも十分ご自愛ください♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-25 17:22 | カテゴリ:パスタ
P1030585_convert_20090325171546pasta1.jpg

WBC、世界一おめでとう!!そしてありがとう~~~☆
もう、何度観ても泣けます^^感動でしたよね。
イチローは本当に最高の侍だと思います。彼こそ、本物ですね。
最後のセンター前のまっすぐな美しいヒット、忘れません^^
岩隈投手のさわやかな笑顔、あれは仲間を信じているからこその素晴らしい笑顔だったんだと思います。
侍JAPAN、最高!!
できれば私も一緒にシャンパンファイトしたかったぁぁぁぁあ

ホタルイカ、今が旬なんですねぇ~
実は、うちにあるそら豆を使ったパスタに何を合わせようかな~と思いついたのがホタルイカ。
で、スーパーをのぞいたら「旬」って書いてあるじゃないですか~^^
旬ものってやっぱり食べたくなりますよね。
このパスタ、めちゃくちゃアリアリでしたよぉ^^

【ホタルイカとそら豆のオイルパスタ】
・ホタルイカ・・・1パック
・そら豆・・・20粒くらい
・にんにく・・・1片
・鷹の爪・・・1~2本(輪切り)
ドライトマトのオイル漬け・・・大1~2
ドライトマトのオイル漬けがなければ、アンチョビを1~2枚、ブラックオリーブ、あればドライトマトで代用してください。
・白ワイン・・・大2
・コショウ・・・少々
・白だし・・・少々

(作り方)
1.ホタルイカは、目とくちばしを取ってサッと水洗いします。
2.そら豆は固茹でして皮をむいておき、にんにくはみじん切りにします。
3.パスタを茹で始めます。
4.フライパンににんにくと鷹の爪、オイルを熱し香りが出てきたらドライトマトのオイル漬けとホタルイカを炒めます。
5.白ワインを回し入れてアルコール分を飛ばし、茹で上がったパスタと茹で汁を入れて絡めます。
6.そら豆を入れ、コショウ、白だしもしくはおしょうゆ少々で味を調えて火を止めます。
はい、できあがり!
P1030588_convert_20090325171619pasta2.jpg

ホタルイカからもだしが出るし、ドライトマトのオイル漬けがいい調味料となっているのでしっかりとした味付けです。
しかも、ホタルイカが柔らかくて美味しい!そら豆の茹で具合もバッチリでした^^)v

目とくちばしを取るのがちょっと手間ですが、私には面白い作業でした^^;
こういうもくもくとした作業ってなんか、好きなんです。オンオフの切り替えにもなるし、ストレス発散にもなりますし。穏やかに落ち着けるようになります。でも、これって人によるので、かえってイライラしちゃう人もいるんでしょうね。
人間の心理って面白いなぁと思います。

話は戻りますが、本当にドライトマトのオイル漬け、大活躍です。これを作り始めて何年にもなりますが、この先もずっと切らすことなく作り続けると思う調味オイルですね^^
だって、これさえあれば料理の手間は省けるし、ほかの調味料はほとんど使わないし、美味しいんですもの。

このパスタ、気に入ったので近いうちにもう一度作っちゃおうっと^^
皆さんも、ぜひ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-24 19:50 | カテゴリ:和風
P1030581_convert_20090324191305butahasami1.jpg

ふっくらごはんが食べたくて、それには豚のしょうが焼きにしようか・・・と思ったりもしたのですが、
ふっと「ゴマ味噌」が頭に浮かんだの即、メニュー変更。
最近、豚肉ばっかりな気がします^^;でも、美味しいんだから仕方ないですよね~
このメニューもゴマ味噌さえ作っちゃえば後はなぁーんにもいらないお手軽メニューです。

【豚肉のねぎとゴマ味噌はさみ焼き】
・豚のしょうが焼き用(厚切り)もしくはとんかつ用(切り込みを入れてはさめるようにします)
・長ネギ・・・15cmくらい(白髪ねぎに)
・しょうが・・・1片弱(千切り)
・おみそ・・・大3~4
・すりごま・・・大2~3
・みりん・・・大1
・ごま油・・・適量
・お酒・・・大1/1セット

(作り方)
1.豚肉は、しょうが焼き用なら2枚を1セットにします。とんかつ用なら1枚にギリギリのとこまで切れ込みを入れます。お味噌とすりごま、みりんを合わせてゴマ味噌を作ります。
2.豚肉の片側にゴマ味噌を塗り、白髪ねぎとしょうがの千切りを乗せ、もう一枚の豚肉を乗せます。
P1030579_convert_20090324191351butahasami2.jpg
3.4箇所くらいを爪楊枝で止めます。
4.両面に軽く小麦粉をまぶします。
5.フライパンにごま油を熱し、豚肉を焼きます。
6.片面にいい焼き色がついたら、裏返してお酒を回し入れ、蓋をして蒸し焼きにします。
7.火が通ったら、蓋を取って一瞬強火で水分を飛ばします。爪楊枝を取り食べやすい大きさに切ります。
はい、できあがり!
P1030582_convert_20090324191421butahasami3.jpg

ごまはたっぷりが美味しいです!
ねぎとしょうがの食感と、豚肉のジューシーさにやられちゃいますよぉ^^
とんかつ用のお肉だと、切り込みを入れなきゃいけないのが面倒臭いので、はさみ焼きを作る時には、しょうが焼き用に厚切りしたお肉を使っています。5mm弱はありそうですから、まぁ、そこそこのボリュームです。

クレソンは牛肉に合うのですが、そろそろダメになりそうなんで添えちゃいました。あ、ちなみにえのきのバターソテーも色合い的には悪いですけど、これも早めに使いたかったので^^;
お野菜ってこの日!っていう消費期限がありますよね~
「うーん、ちょっと微妙だけど・・・明日でいっか」って思った次の日は、大体後悔することになります。

あ、ゴマ味噌は鶏肉や牛肉にも使えますし、野菜炒めの時に使っても美味しいですから少し多めに作っておいてもいいですね。その場合は、密閉容器で冷蔵庫保存し早めに使ってくださいね。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-23 17:44 | カテゴリ:和風
roulpork.jpg

昨日のホームパーティーに持って行った一品です。
豚もも肉とかってこんな風に巻いて焼くと、少しパサパサしたりしませんか?
私はお肉はジューシ~な方が好きなのでロースか肩ロース肉を使うのですが、それでも少しジューシ~さに欠けるときがあります。
そこで!必殺「W豚肉巻き巻き」手法を使います^^
W豚肉?そうです!ベーコンを使うんです。そうするとね、中からジューシ~~なベーコンの旨みが出て数段美味しくなります。

【W豚肉のインゲン巻き】
・豚肉スライス(ももorロースor肩ロース)
・ベーコン・・・豚肉スライスの半分の枚数(半分に切っておきます)
・インゲン(塩茹でして長ければ半分に切ります)
・にんじん(塩茹でし、インゲンと太さ、長さを合わせて切ります)
・粒マスタード
・塩、コショウ
・小麦粉
・お酒・・・大2(カリッと仕上げたい場合は、お酒は入れない)
・大葉にんにくしょうゆ

(作り方)
1.豚肉を広げて塩、コショウをします。
2.豚肉の上にベーコンを乗せ、そこに粒マスタードを小1くらいずつ塗ります。
P1030561_convert_20090322093527roulpork1.jpg
3.粒マスタードの上にインゲンとにんじんを乗せて手前から巻きつけます。
P1030562_convert_20090322093606roulpork2.jpg
巻き終わりのところには、ベーコンや粒マスタードがないようにしてください。
P1030564_convert_20090322093645roulpork3.jpg
↑巻き終わりはこんなかんじ~
4.巻いたお肉に小麦粉をまぶします。
5.フライパンにオイルを熱し焼きます。
roulpork1.jpg
※最初は巻き終わり部分も下にして焼きます。前面焼き色をつけたらお酒をふり、蓋をしてしばらく蒸し焼きにします。カリッと仕上げたい場合はお酒を入れずに軽く蒸し焼きにしてください。
6.最後に、全体に軽く大葉にんにくしょうゆを回し入れて火を止めます。
はい、できあがり!

巻く食材は、いろいろな組み合わせを楽しめます。
ベーコンを一緒に巻き上げて焼くことで、ジューシーさを保つことができますから、冷めても美味しいです^^
お弁当なんかにもってこいですね~
今週末は桜の見ごろになりそうですから、ぜひ、作ってお花見をしてください。

あ、粒マスタードは、たっぷりつけたほうが美味しいですよぉ~^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-23 09:30 | カテゴリ:好きなもの
party2.jpg

春の嵐と言われた東京マラソンの日。朝から健康的なのか不健康なのかわかりませんが、マラソンをされる方々とは対照的に、おつまみの準備。

今日は、Mッキーのダーリン、Iッチのお宅でホームパーティ。今回のテーマは「アジア」。
各自持ち寄りということで少し早めに起きて準備し、マラソンの方々が着々とゴールする時間におうちを出発。もちろん、彼ちゃんも一緒です^^

14時に野方に到着。初めて来ました。めちゃくちゃ栄えているわけではないけど、住むには十分なかんじの商店街。へぇ~、なんかこういうこともいいね^^

駅にはMッキーがややスッピンで登場。
マンションは駅から1分という超~~~便利なとこでした!線路に面してないから全くうるさくない。
いいな、いいな><私も駅から3分以内に住みたいよぉ~~~

「あ、いらっしゃい」
「どもども^^おじゃましまーす」
みたいな、まずは大体どこのお宅でも交わされる玄関あいさつをして中へ。
「広い~~~!!」
思ったより広々していていい空間。

すでにテーブルの上にはご馳走が山積み^^
生春巻きをセルフで好きな具材を好きなだけとって巻き巻きスタイル。これ、ケッコー楽しい^^
party3.jpg
トッピング用のえびやにらもお店みたいに盛り付けられ

party5.jpg
揚げ春巻きもあったり

party4.jpg
にんにくチップのかかったサラダ

あ!!!!豚の角煮を撮るの忘れた・・・T_T

とにかく、みんなしゃべりつつもガムシャラに食べてましたね~
あ、飲んでもいたけど^^;

Iッチのおうちは、すごく彼らしくコーディネートされており、キョロキョロしてるだけでも楽しい^^
party6.jpg
オレンジのタペストリーの中は本棚。
その左の棚には、キャラクターグッズのコレクションがぎっしり。おばけのQちゃんとか懐かしい^^

party1.jpg
私のお気に入りのストーブ。
これぞ、ストーブってかんじ。懐かしいなー
あ、その後ろにはお名前は存じないけどボンカレーのCMのおばさま^^これとオロナミンCの看板ってどこでも貼ってありましたよね~特に田舎に行くと、木造の建物の外壁に打ちつけてあったりとか。

party8.jpg
私たちをイメージして飾ってくれてたガーベラたち。
ピンクはHッシー(ここではaikoちゃん)
赤は私。
黄色が彼ちゃん。
こういう心遣いって嬉しい^^

そして!Iッチの一番お気に入り
party7.jpg
普段はテーブルの前の壁に置かれスポットライトで照らしてあるくらい、彼はIッチのお気に入り。今日は、私たちのためにしばし隅っこの方へ・・・ゴメンね^^

あーでもないこーでもないと、たわいもないおしゃべりをしながら気づけば・・・ワイン、全部飲んじゃった。
キャー、ごめんね^^;いやいや私が一人で飲んだんじゃないですけどね。お土産に持っていったキャンテイーまで飲んじゃうなんて・・・楽しかったからだよね^^

気づけば・・・
party9.jpg
ほろ酔いでお寝んねしちゃったMッキー。

気兼ねなく楽しめたホームパーティーでした。
帰る頃は小雨も降っていたけど、大雨にならずによかった。きっと、日ごろの行いがいいからね^^

心地よい音楽に美味しい食事、そしてみんなの笑顔・・・それとワイン。(やっぱりそれもかっ)
贅沢なご馳走でした。

Mッキー、Iッチ、お招きいただいてどうもありがとう!!
また、みんなで集まりましょうねん。
そのうち、Hッシーのダーリンも加わって、賑やかになりそうだね☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-22 10:01 | カテゴリ:アジアン系
P1030555_convert_20090322093401don1.jpg

以前、島田紳介さんの番組「行列のできる法律相談所」でごはんの友として紹介された田崎さんのオススメ。
ほかのお友もめちゃくちゃ美味しそうで、ネットでは予約殺到していました。
が、これはかつおやキムチが売り切れちゃうこともない、自宅で作れるお友。

先日、鹿児島産のかつおが2割引だったので、「あ!」と思い出し作ってみました。

【かつおキムチの丼】
・かつおのお刺身・・・適量(1/2~2/3柵くらいがいいかな)
・キムチ・・・かつおと同量くらい
・ごま油・・・大1
・マヨネーズ・・・大2
・白ごま
・万能ねぎ
・青じそ
・白髪ねぎ
・大葉にんにくしょうゆ
・温泉卵(これはなくてもOKですが、あったほうが美味しい)

(作り方)
1.キムチを5mm程度に刻み、刺身用カツオを1cm強の角切りにします。
2.ボールにかつお、キムチを入れます。
3.ゴマ油、マヨネーズを入れて混ぜ合わせます。
4.大葉にんにくしょうゆの青じそを2-3枚刻んで、にんにくしょうゆ小1とともに2.に入れます。
5.白ゴマ、万能ねぎも加えて混ぜ合わせます。
6.丼にご飯を盛り、かつおキムチを乗せ、白髪ねぎ、青じそを刻んだもの、温泉卵を割り落とします。
はい、できあがり!
P1030558_convert_20090322093439don2.jpg

美味しいです!
温泉卵、絶対あったほうがいい!!!ちょっと今回はゆる~い出来上がりになっちゃいましたが・・・。
マヨネーズは少し多めに入れた方が私は好きですが、お味噌を入れたりといろいろアレンジできそうな一品です。

あ、皆さんは大葉にんにくしょうゆをご存知ですか?
これも調味だれなのですが、作り方はいたってカンタン^^
メモしておきますね。

・青じそ・・・5~10枚
・にんにく・・・1片(スライスします)
・おしょうゆ
(作り方)
密閉できる容器に青じそをそのまま入れ、スライスしたにんにくを入れます。
そこに、材料が十分にかぶる程度のおしょうゆを入れてふたをします。
冷蔵庫に入れて1晩以上経てばできあがり!

この調味だれもいろいろ使えます。焼きおにぎりは有名ですが、私は和え物や炒め物の隠し味にも使います。
ぜひ、お試しくださいね~☆

今夜も、彼ちゃんは満足げにモグモグと食べていました^^
男性って丼物が本当に好きですね^^;

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-21 09:43 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1030550_convert_20090321092530aji1.jpg

夕方、スーパーの鮮魚コーナーに立ち寄ると、天然のアジがあるじゃないですか!
しかも、鹿児島産の尾赤アジ。
その名のとおり、尾びれのところが赤いんです。真アジより大きいでしょうか。30cmくらいありそうです^^
久しぶりに尾赤アジがあったので、即ゲット!!
わが家はアジ好きなんですぅ~(あ、でもね、関アジだけは、買うときに少し悩みます^^;)

あ~~~、甘くて脂が乗っててオイチー!!
おろししょうがと万能ねぎをたっぷり入れていただくと、もう~ビールがすすんじゃってすすんじゃって・・・アハッハハハハ
P1030553_convert_20090321092602aji2.jpg

あまりスーパーで見かけることはないですが、もし、見つけたら買ってみてください。
お値段もリーズナブルなので、悩まずに買えちゃいます^^


↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-20 21:25 | カテゴリ:ラーメン
200903201423000_convert_20090320210453ramen2.jpg

やっと、行ってきました!ラーメンゼロ
目黒雅叙園で、平山郁夫展が百段階段のところで開催されているということでそのついでで^^

ラーメンゼロのゼロは、調味料ゼロのゼロなんです。素材の旨みだけでどこまで味わえるんだろうとワクワクで行きました。

店員の女の子も明るく、お店もきれいでゴチャゴチャしてないのがいいですねぇ~

あ、メインの味ですが・・・
うーん、さっぱりです。悪くはない。うん。調味料ゼロでこんなに味って出るのね~~~ってかんじ。
穂先メンマも美味しいし、とても丁寧なお仕事されてます。
味玉だってこんなにトロ~リ
200903201423001_convert_20090320210514ramen3.jpg
味はなかったけどね・・・

そして、必ず、丼ものも頼みます^^
今日は焼き豚丼!350円!!
200903201424000_convert_20090320210537yakibutadon.jpg
これは味がします!でもなぁーもう少し焼き豚少なくてもいいかなーご飯が少なくてゴトゴトの焼き豚がなんか食べにくいような・・・。ま、でも美味しいです。250円ならってかんじもするけど。

結局、my塩とブラックペッパーを振って食べちゃいました。やっぱり、味が落ち着いてオイチー^^

何度か通ってみないとこの素晴らしさはわからないんだろうねと彼ちゃんと感想を述べ合いました。
しかし、余韻がないなぁ~としばらく経ってからも彼ちゃんが言ってました。
それくらい、さっぱりしててモタれないラーメンです。

もしかしたら、また行くかもしれないけど、わからない^^
しかし、せたが屋の前島司さんってがんばってるな~と感心する。
今度は、せたが屋本店を責めてみるか^^

200903201412000_convert_20090320210427ramen1.jpg

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-19 12:30 | カテゴリ:和風
P1030546_convert_20090319074207renkon3.jpg

彼ちゃんが「今夜もパスタがいい~」というので、家にあるスモークサーモンを使おうと思い、「スモークサーモンとマッシュルームのクリームパスタはどう?」とメールを返したら・・・
「別にパスタじゃなくていいよー」だって><黙って作ればよかった・・・どうも積極的にはクリーム系は食べたがりませんね^^;しかも、和風パスタは苦手なんですよ、ほんとに困ったチャンです。
ってことで、何にしようかなーと野菜室をのぞいたら、れんこんちゃんがいらっしゃったのでこれをチョイス!

【えびとれんこんのはさみ焼き】
・れんこん・・・1節
・青じそ・・・5~10枚(お好みで)
・しょうが・・・1片(すりおろした絞り汁を使用)
・えび・・・10尾
・片栗粉・・・大2くらい
・白だし・・・大1
・お塩・・・少々
・酢水・・・適量

・片栗粉・・・適量

(作り方)
1.れんこんは3~5mmくらいのに輪切りにし、酢水に漬けておきます。
2.えびは背わたをとり、粗みじん切りにします(少し歯ごたえがあるほうが好きなので)。
3.ボールに、2.のえびとしょうがの絞り汁、片栗粉、青じそ(千切り)、白だし、塩を入れてよく混ぜます。
4.まな板に軽く水気を切ったれんこんを並べ、3.をのせてもう1枚のれんこんでサンドします。これを枚数分作ります。
5.両面に軽く、片栗粉をまぶします。
P1030542_convert_20090319074049renkon1.jpg
6.フライパンに少し多めのオイルを熱し、中火で両面を焼きます。(中のえびにもちゃんと火が通るようにきをつけて)
P1030544_convert_20090319074130renkon2.jpg
はい、できあがり!
P1030549_convert_20090319074303renkon4.jpg

とろみをつけたタレを作ろうかなと思ったのですが、ランチのチキンソテーが夜まで胃もたれしていたので、さっぱりとポン酢につけていただきました。
れんこんのシャキシャキ感、たまりませ~~~ん♪
しょうがと青じそでえびの臭みもまったくなく、歯ごたえよくあっという間にペロリ。
大満足な彼ちゃんと胃もスッキリの私^^

つけ合わせの青菜は、「花チンゲンサイ」です。
P1030541_convert_20090319074007hana1.jpg

菜の花のようですが、甘みのある優しいお味です。
これを、軽く茹でて冷水でしめ、オリーブオイルと塩、コショウ、粒マスタードに少量のマヨネーズとおしょうゆで味付けしてあります。
P1030548_convert_20090319074237hana2.jpg

さっぱりとしたいいお味^^
もちろん、菜の花やブロッコリーなどでも美味しいと思います。
ぜひ、お試しを!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-18 10:00 | カテゴリ:パスタ
P1030535_convert_20090318075522pasta1.jpg

今夜もパスタのリクエストがあったので・・・(私ももちろん、食べたかったし^^)
おうちに買ってあったオイルサーディンを使ったパスタを作ってみました。
オイルサーディンは、いわしを油漬けしたもの。アンチョビよりもあっさりとしているので、隠し味というよりは表舞台にデーンと登場するかんじでしょうか。

なんか、トマトソースな気分ではなかったので、オイル系で、食材はもちろん!冷蔵庫で待機中のものを使って作ってみたのがコレ。

【オイルサーディンとドライトマトのパスタ】
・オイルサーディン・・・2缶
・しめじ・・・1房
・にんにく・・・1片(今日は薄くスライス)
・万能ネギ・・・5本くらい
・鷹の爪・・・1~2本(そのままでも輪切りでも)
・バター・・・20g
・白ワイン・・・大1~2
ドライトマトのオイル漬け・・・大2くらい
・コショウ・・・少々
・おしょうゆ・・・少々

(作り方)
1.パスタを茹で始めます。
2.フライパンにバターとにんにく、鷹の爪を熱し、漬けてあったオイルをしっかり切ったオイルサーディンを焼きます。
3.両面焼いたらそこにしめじを入れて炒め、白ワインを回し入れます。
4.軽くおしょうゆで下味をつけ、茹で上がったパスタと茹で汁、ドライトマトのオイル漬けを入れて絡めます。
5.コショウで味を調え、万能ネギを2/3入れて軽く混ぜて火を止めます。
6.お皿に盛り付け、万能ネギをトッピングします。
はい、できあがり!
P1030537_convert_20090318075556pasta2.jpg

美味しい!!
これ、定番パスタメニューにエントリー決定!!
いわしの臭みも全くなく、万能ネギがいいアクセントになってますね~
バターを入れたのがよかったんだなぁ~きっと。

本当は、ここに松の実を入れる予定だったのに・・・食べてから気づきましたT_Tま、次回があるさ。

いわしがふわっと柔らかく、しめじのシャキシャキ感と、ドライトマトとブラックオリーブの酸味が絶妙です。

我ながら、よく思いついた簡単パスタ。久々のヒットです^^)v
ドライトマトのオイル漬けがおうちにある方、もしくはスーパーでドライトマトのオイル漬けを買ってある方、ぜひぜひ、試してみてくださいね~~~

あー、いわしって美味しいね☆
これ食べてたら、彼ちゃんが前から食べたがっていた中目黒にあるオーガニック食材を使ったイタリアンのお店の「いわしとフェンネルのピザ」を食べに行きたくなったらしいです。
そうなんです、彼ちゃんはパスタと同じくらいにピザが好き。
そういえば、最近わが家のピザ釜、使われてないなぁ~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-17 00:37 | カテゴリ:和風
P1030530_convert_20090317072058hitumabusi5.jpg

最近、おうちでうなぎを食べていなかったわが家。二人とも大好きなのに・・・ほら、うなぎも産地偽装があってから、なぜか国産のお値段が上がりましたでしょ?
あー、国産と思って食べてたうなちゃんたちは・・・ニーハオ産だったりもしてたのねT_T

ほんとはガッツリとうな丼にしようかと思ったのですが、うなぎが少し小ぶりだったので「ひつまぶし」でいただくことにしました。

うなぎの時って、料理らしいこと全くしないで済むので・・・土鍋でご飯くらい炊いてみよう!
これが大正解^^
本当に美味しいふっくらご飯が30分くらいでできちゃいますよ!!

【土鍋で炊いたひつまぶし】
・うなぎ・・・1匹
・うなぎのタレ・・・1袋
・お米・・・2合
・お水・・・2カップと少々
・万能ネギ・・・5本くらい
・ごま
・のり
・わざび
・お酒
・おしょうゆ
・みりん

・だし昆布・・・2枚
・白だし・・・大1
・おしょうゆ・・・少々

(作り方)
1.お米はといで、30分くらいザルに上げておきます。
2.土鍋にお米とお水(分量より少し多めに水を入れます)入れ、火にかけます。
P1030525_convert_20090317071814hitsumabushi1.jpg
3.最初は強火で、湯気が上がったら弱火で10~15分炊きます。
4.フライパンにオイルを熱し、適当な大きさに切ったうなぎを軽く焼きます。
5.タレとお酒、みりん、おしょうゆで味を調えで少しタレを増量させておきます。
6.土鍋の火を止めたら、5.のうなぎとタレを入れてすぐに蓋をして、10~15分蒸らします。
P1030527_convert_20090317071903hitumabusi2.jpg
7.その間にだし汁を作ります。お鍋にお水と昆布を入れて火にかけ、沸騰したら昆布を出し、白だしとおしょうゆで薄めに味を調えます。(粉末昆布を入れて風味を強くしてもいいです)
P1030529_convert_20090317072022hitumabusi4.jpg
8.薬味を準備します。万能ネギ、ごま、のりなど
P1030528_convert_20090317071944hitumabusi3.jpg
9.蒸らし終わったら、軽くかき混ぜます。
P1030531_convert_20090317072141hitumabusi6.jpg
はい、できあがり!↑全く美味しそうに写ってないのがショックT_T

1杯目は、うなぎとご飯を楽しみ
2杯目は、薬味を入れて楽しみ
3杯目は、だし汁を入れてお茶漬けを楽しみ

あ~~~幸せですが、お腹がハチキレソウデス><
土鍋のごはんは、おこげも程よくできてて、美味しい!!
久しぶりにおこげを食べました~
私の小さいころは、炊飯器で炊いてもおこげが出来ていました。なんで出来なくなったんだろう・・・
土鍋で炊くと洗うのが大変←(夕飯後のお茶碗洗いは彼ちゃんの担当なので彼ちゃんのお言葉ですが)美味しさはもちろん、時間的にも土鍋で炊いてもいいんじゃない!?

ぜひ、土鍋でごはんを炊いてみてください!多分、おかずいらないと思うくらい美味しいです^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-16 21:05 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1030518_convert_20090316205710nimono1.jpg

この煮物、お弁当専用に作っています。
お昼に煮物をいただくと、ホッとします。
でも、じっくりお米のとぎ汁から煮ている時間はないので・・・
私は電子レンジで大根とにんじんをチンしてから昆布とかつおでしっかりとダシをとった白だしベースの煮汁で煮込みます。
これは、20分くらい煮たもの。
P1030524_convert_20090316205828nimono3.jpg

透き通ったお大根に染みているのがわかりますか?^^

P1030522_convert_20090316205754nimono2.jpg

あ~~、明日のお弁当が待ちきれない><

ふふふ、結構お昼は「和」な我が家です。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-15 17:07 | カテゴリ:ラーメン
200903151633000_convert_20090316190836makotoya1.jpg

近所にある、誠屋。醤油豚骨のガツンとくるラーメンです。大好き☆
ヘタな行列のできるラーメン屋さんに行くよりココで食べたほうが絶対に美味しいよね、と行列ができるお店に行くたびに彼ちゃんと話しているくらい、美味しい^^(ホメてるってわかってもらえるかな)

麺は細麺と太麺があり、私は太麺、彼ちゃんは細麺をいつも食べてます。・・・やっぱり女性が細麺的なのか、いつも私のとこに細麺を置こうとされちゃいますが><

ここは世田谷で有名な百麺の出身の方の経営。でもね、百麺より美味しいです^^

私は、いつも太麺+野菜3点盛(ネギ・ほうれん草・もやし)を食べます。だから、麺が全く見えませんよね^^;野菜だけでもボリューム満点!

・・・ってことで、麺をチラりとご紹介!
200903151633001_convert_20090316190905makotoya2.jpg

麺をツルツルしてて美味しいですよ~~~

醤油豚骨のお好きな貴方、ぜひ!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-13 23:59 | カテゴリ:パスタ
P1030514_convert_20090315204420arabiata1.jpg

13日の金曜日。
なんだかこの日って不穏な空気を感じちゃいますよね。
もともとは、イエス・キリストが十字架にかけられた日だからとされていますが・・・なんだかそれって正しくないようです。
wikipediaによると、キリスト教の影響が強い国であっても、イタリアで不吉な日は 17 日の金曜日であり、スペイン語圏では 13 日の火曜日が不吉だとされており、13 日の金曜日を不吉とするのは、英語圏とドイツ、フランスなどに限られているそうです。
ただしフランスでは宝くじの売り上げが急上昇する、幸運な日でもあるというのですが・・・
他国の影響を受けやすい日本では、暗黙の中で気をつける日になっていますね。
まぁ、大半の方は映画「13日の金曜日」のジェイソンくんに恐怖を感じちゃったんじゃないでしょうか。(私も小さい頃、それで怖くなった口です^^;)

まぁ、そんなことはさておき・・・
13日であろうと、金曜日は大半がパスタの日なわが家です、はい。
今夜は、お友だちからいただいた片岡物産さんのパスタソース「Sacla」のアラビアータを使ってチャチャっと手抜きだけど本格的なパスタをいただきました^^
P1030513_convert_20090315204344arabiata2.jpg


【なすとマッシュルームのトマトクリームパスタ ルッコラ添えアラビアータ風】(長っ)
・パンチェスタ・・・適量
・なす・・・1本
・マッシュルーム・・・5個
・たまねぎ・・・1/2個
・白ワイン・・・大1
・ルッコラ・・・1束
Saclaのアラビアータ・・・1/2瓶
・生クリーム・・・70cc

(作り方)
1.なすはゼブラに皮を剥き、たて半分に切り薄めの斜め切りに、マッシュルームは4~5等分に、たまねぎは薄切りにします。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンにオイルを熱し、バンチェスタ→たまねぎ→なす→マッシュルームの順に炒め、白ワインを回し入れます。
4.アラビアータのソースを入れて少し煮つめ、茹で上がったパスタと茹で汁を少々入れて絡めます。
5.生クリームを入れて軽く混ぜ合わせてお皿に盛り付けます。
6.2~3等分に切ったルッコラを盛り付けます。
はい、できあがり!
P1030516_convert_20090315204451arabiata3.jpg


うん、トマトの旨みが凝縮したしっかりとしたソースです。素材本来の旨みが美味しい!!
これはオススメですね~^^
なんか、ルッコラの中にかくれんぼ状態になってしましましたが・・・こんなのもたまにはありあり!!
しかし、ソースがあると楽ですね~。
いつもトマトソースを作り置きして冷凍しとこうと思うんですが・・・やっぱり、面倒臭がらずに大量に作っておいたほうがいいですね^^;

今夜から明日にかけて春の嵐になるようですね。
新芽が出てきたバラちゃんたちが心配です。嵐なんかに負けるな!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。


2009-03-12 00:43 | カテゴリ:パスタ
P1030509_convert_20090315204233takoragupasta1.jpg

今日は満月。すごく楽しみにしていたのですが、霞がかかってなかなか見えそうにありません><
あ~ショックT_Tま、こんなこともありますよね。
気分を切り替えて!

なんか、今日は魚介のラグーをパスタにして食べたい気分。
ラグーとは、煮込みという意味があるようです。お肉の代表ではミートソースでしょうかね^^
今日はさっぱりと・・・でも、いいだしが出るたこで作ってみました。

【たこのラグーパスタ】
・茹だこ・・・1パック
・マッシュルーム・・・4~5個
・ブラックオリーブ・・・10個
・パセリ・・・1本(みじん切りに)
ドライトマトのオイル漬け・・・適量
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・鷹の爪・・・1本(輪切り)
味が足りなかったら
・塩、コショウ
・おしょうゆ
・アンチョビ などなど

(作り方)
1.茹だこは細かく刻みます(その方がパスタと絡みやすい)、マッシュルーム、ブラックオリーブもたこと同じくらいに刻みます。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンに、にんにく、鷹の爪とオイルを熱し、香りが出てきたらたこ→マッシュルーム→オリーブと炒めます。
4.茹で上がったパスタとドライトマトのオイル漬け、パスタの茹で汁を入れて味を馴染ませます。
5.味をみて、足りないようなら塩、コショウ・・・などで味を調えてください。
6.パセリを入れて軽く混ぜ合わせ、お皿に盛り付けます。
はい、できあがり!
P1030512_convert_20090315204305takoragupasta2.jpg

ドライトマトのオイル漬けを使っていますので、そこで味はバッチリついちゃいます。オイル漬けのない方は、アンチョビやドライトマトのみじん切り、塩コショウで味を調整してください。

これね、見た目よりず~~っと美味しいです^^たこの代わりにイカやえびでもいけますよ。
わが家の冷蔵庫には普通のパセリしかありませんでしたが、イタリアンパセリがあればそちらをぜひ、お使いください。
オリーブと魚介(特にたこやイカ)、そこにパセリの風味が加わるだけで、グッとイタリアが近づいてきます^^
さらにアンチョビやドライトマトが加わると・・・「Buono!」と自然に口が言っちゃいそうです。

残ったラグーはサラダ菜で巻いていただきました。チコリーがあれば、そこにラグーと乗せたらちょっとしたオードブルになりそう!
ぜひ、試して欲しい一品です。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-11 21:37 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1030508_convert_20090315204155basashi.jpg

お友だちがダ~リンとの旅行のお土産に馬刺しの燻製をくれました^^
これがしっとりしていて美味しい!ラブラブないい気も入ってるからなおさら美味しいんでしょうね^^
馬刺しもクセはないですが、燻製にしてあると、しっとりとした風味も加わってビールが進みます☆
皆さんも、熊本に行くことがあったら、ぜひ、買ってみてくださいね♪

Aちゃん、ありがとう~~~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-10 23:58 | カテゴリ:洋風
P1030504_convert_20090315204039porksote1.jpg

冷蔵庫にあるなすとしいたけを今夜のメニューで使いたいな~と思い、なぜかポークソテーに^^;
ま、お肉も冷凍庫にあったものなんですが、彼ちゃんにパスタとポークソテーどっちがいい?って聞いたら、めずらしく「ポークソテー」というお返事があったので、それじゃーってことで作りました。
そして、なすとしいたけをソースに絡めたかったので、大好きなバルサミコソースベースに!

【ポークソテー バルサミコソース】
・豚肩ロース厚切り・・・2枚
・なす・・・1本
・しいたけ・・・4つ
・にんにく・・・1片
・バター・・・10g
・バルサミコ酢・・・大2くらい
・塩、コショウ・・・少々
・白ワイン・・・大1

(作り方)
1.豚肉は、筋切りをして塩、コショウをしておきます。
2.なすは皮をゼブラに剥き、たて半分にしてから斜め切りに、しいたけも5等分くらいにスライスします。
3.フライパンにオイルを熱して豚肉を焼き、裏返したら白ワインをまわし入れて蓋をして蒸し焼きします。
4.違うフライパンにオイルを熱し、なす→しいたけの順に炒め、そこにバター、摩り下ろしたにんにくとバルサミコ酢を入れて煮詰めます。
5.お肉に火が通ったら、お皿に盛り付け、4.のソースをかけます。
はい、できあがり!
P1030506_convert_20090315204112porksote2.jpg

バルサミコ酢ってほんとにさっぱりとなります。平日の夜にこんな脂っこいものをって思われがちですが、豚肉の脂分をバルサミコ酢がさっぱりと包んでくれ、まったく胃にもたれません^^(プラスでクレソン効果もありますけどね)
なすとしいたけがなかなか相性がよく、満足。
私はこれにホースラディッシュもつけていただきました。
彼ちゃんはもちろん、もくもくとフォークとナイフを使って「一心に」という言葉そのもののように食べていましたよ^^

ワインにもピッタリで幸せ~~~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-10 00:42 | カテゴリ:和風
P1030500_convert_20090310070928takikomi1.jpg

炊き込みごはん、無性に食べたくなります。
本当は中華ちまきが食べたかったのですが、それはまた時間のあるときにしよーと思い、家にある食材でギリギリ5目炊き込みご飯にしました^^
私は具沢山が好きなんです。いつもは7.8目入れてにぎやかなんですが、今日は落ち着いた大人っぽい炊き込みです。

【豚ばらときのこの炊き込みご飯】
・お米・・・ 3カップ
・豚ばら肉・・・100gくらい?
・まいたけ・・・1パック
・エリンギ・・・1パック
・にんじん・・・1本
・油あげ・・・1枚
・あさつき・・・3本
A
・お酒・・・大1
・めんつゆ・・・大1~2
B
・お水・・・3カップ
・お酒・・・大1
・白だし・・・大1
・みりん・・・大1
・おしょうゆ・・・大1
・お塩・・・小1弱(味をみてから)
・だし(うまかだし)・・・2パック
・だし昆布・・・1枚

(作り方)
1.お米は炊く30分前にとぎ、ザルにあげて水気を切っておきます。
2.豚肉、まいたけ、エリンギは食べやすく切り分け、にんじんと油あげは拍子切りに、あさつきは小口切りにします。
3.フライパンにオイルを熱し、2.を順に炒め、Aのお酒とめんつゆで少し濃い目に味付けします。
4.炊飯器にお米とお水、とBを入れて混ぜ、2.をのせて平らにします。(私はここで煮汁を少し舐めて味の確認をします)
5.炊きあがったら全体をざっくり混ぜ、お茶碗に盛り付けあさつき(青じそでもOK)をトッピングします。
はい、できあがり!
P1030502_convert_20090310070958takikomi2.jpg

豚ばらときのこ、特にまいたけの相性はバッチぐぅ~。少し味は濃い目にした方が美味しい組み合わせですね。
これにあさつきがまた合うんです^^たっぷりかけてムシャムシャいっちゃいました。やっぱり、和食育ちの彼ちゃんは嬉しそうにもくもくと食べて、黙っていい子にお替りしに行ってました。

そういえば、炊き込みご飯とか、混ぜごはんとか嫌いな方ってたまにいらっしゃいますよね。
あれって何でなんでしょう?そりゃー炊き立ての真っ白いふっくらごはんが一番美味しいですが、味付けされたごはんも美味しいですよね。
色?香り?味??
うちの姪っ子ちゃんも白いごはんじゃないとダメらしいです。・・・もったいない><何でも楽しめる方が得よ!ってもう少し大きくなったら教えてあげようと思います^^

とは言いつつ、炊き立ての真っ白いごはん・・・食べたい。
ル・クルーゼで炊くと美味しいんですが、わが家にある2つともサイズが大きいのでお相撲さんでも来ない限り炊けそうにありません^^;
お鍋用の土鍋でも美味しく炊けるんですかね?
ちょっと調べてみようっと^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-09 22:49 | カテゴリ:和風
P1030494_convert_20090310070822daikonsarada1.jpg

以前・・・15~16年くらい昔ですが^^;、デパ地下で買って食べた大根サラダがあまりに美味しくて、「これを作りたい!」と思ったんですね。
その頃はたいした料理を作れなかったのもありますが、どうしても同じような味にならないんです。悩んだ挙句、その頃仲良くしていただいてたおば様に聞いたんですね。大根サラダを買って行って。
私「どうしてもこのコクと香りが出ないの」
おば様(こばちゃん)「あら、これ、ごま油じゃない」
ごま油ってこんな味なんだ!!!と感動したのを覚えてます。
私の実家では、母がごま油が苦手で料理に使うことがなかったんです。だから、ごま油自体の味を知らなかったんですね~
すぐに、スーパーでごま油を買い、再チャレンジ!
お~~~、これこれ!
それがこのサラダってなわけです^^
しかし、あの頃は・・・若かったなぁ~==(遠い目)

【大根サラダ】
・大根・・・10cmくらい
・大根の葉&茎・・・適量
・しらす・・・適量(お好みの量)
・塩・・・適量
・ごま油・・・大1強
・おしょうゆ
・コショウ・・・少々
・ごま・・・適量
・乾燥バジル・・・少々(青じそでもOK)

(作り方)
1.大根は皮をむき、幅広めの短冊切りにして塩もみします。大根の葉は、サッと湯通し水気を切って、小口切りにします。しらすもサッと湯通しします。
2.ボールに1.の大根としらすを入れ、ごま油と塩(塩もみもしているので少しずつ入れて調整してください)おしょうゆ、コショウで味を調えます。
3.ごまと乾燥バジルを入れて軽く混ぜます。
はい、できあがり!
P1030497_convert_20090310070852daikonnsarada2.jpg

ごま油とお塩って相性いいですよね~とまらなくなります^^;
バジルは、入れなくてもいいのですが、入れたほうが断然味がしまります。ごま油のまったり感というか、しつこさを爽やかにしてくれます^^
冷やした大根サラダを彼ちゃんとポリポリ・・・ポリポリ。家の中で大根を噛む音だけが響いていました^^;それくらい美味しいです^^
簡単であっという間にできるので、ぜひ、もう一品という時に!
ポイントは、塩加減です。試食しながら味を決めてください。一度作れば、つかめるはず!ぜひ、わが家の味をみつけてくださいね~♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-07 00:30 | カテゴリ:パスタ
P1030486_convert_20090309072005pasta1.jpg

今夜もパスタです^^
彼ちゃんからのリクエストでトマト系です。トマトソースのパスタは金曜の夜食べると本当に美味しい。
金曜って1週間の疲れがドッと出ますよね。そこにリコピンパワーが効くんだと思うんです。理にかなってる気がしません!?
ってことで、今日もおうちにあったものパスタ^^;

【きのことパンチェスタのトマトクリームパスタ】
・まいたけ・・・1パック
・しいたけ・・・6枚
・たまねぎ・・・1/2個
・にんにく・・・1片
・鷹の爪・・・1本
・ホールトマト・・・1缶
・白ワイン・・・大1強
・コンソメ・・・1個
・ローリエ・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々
・粉末昆布・・・少々
・生クリーム・・・70ccくらい

(作り方)
1.きのこは食べやすい大きさに切るわけておきます。玉ねぎは薄切り、にんにくはみじん切りにします。
2.フライパンににんにくと鷹の爪、オイルを入れて熱し、香りが出てきたらたまねぎをゆっくり炒めます。
3.パンチェスタもゆっくりじっくり炒めます。
4.きのこを入れて炒め、白ワインをまわし入れます。
5.潰したホールトマトを入れ、ローリエとコンソメを入れてしばらく煮込みます。
6.パスタを茹で始めます。
7.5.のソースに、粉末昆布、塩、コショウで味を調えます。
8.茹で上がったパスタを入れて絡め、生クリームを入れて軽く混ぜ火をとめます。
はい、できあがり!
P1030489_convert_20090309072039pasta2.jpg


生クリームを入れるか入れないか、悩んだのですが、金曜のお疲れな心と体に、まったりと優しい感が欲しかったので入れちゃいました^^
パンチェスタときのこの風味を楽しみたいときは、生クリームは入れない方がいいですね。

なんか、3月に入ってからというもの寒いし天気も悪いしで、なんとなく体がダルい気がします。
1週間くらい、の~んびりしながら自分を見つめ直し、英気を養いたいって気分なんです。でも、これって体からの信号なんだと思います。
春に向けて、心も体も切り替えてイキイキ過ごすために、必要なことですよね。
皆さんはいかがでしょう?自分のケア、できてますか?

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-06 21:56 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1030484_convert_20090306213951hashpotato.jpg

揚げたてのハッシュポテトです。
これって、朝マックでしか食べれませんよね~。だからと言ってマックに朝これだけ買いに行くわけにもいかないし・・・油が悪そうだし(スミマセン)
今日はなんだか食べたい気分。家のじゃがいもの芽が出てきちゃったのも早く片付けないと・・・
よし!作っちゃおう!
意外と簡単でした^^
これで、美味しいビールが飲めるぅ~

【ハッシュポテト】
・じゃがいも・・・中5個
・片栗粉・・・大3~4
・塩、コショウ・・・少々
・ドライパセリ・・・適量(お好みで)

(作り方)
1.じゃがいもは、半分は2~3mmの角切りに、もう半分は電子レンジでチンしてマッシュしてください。
2.ボールにじゃがいもと片栗粉、塩、コショウし、お好みでドライパセリも入れて混ぜ合わせます。
3.かなりボソボソしますが、4等分し、それをギュ~~~っと握って俵型のようにし、それから手でつぶすようにして楕円っぽく成形します。
4.フライパンに油を多めに熱し、3.を両面色よく揚げます。
はい、できあがり!
P1030483_convert_20090306214034hashpotato2.jpg

うん!いい感じです^^
小さめに作ったほうが作りやすいんですが、どうしてもマック風にしてみたかったので、ちょっと不恰好ですが楕円っぽく見えません!?^^
これを食べながらビールを飲み、彼ちゃんのお帰りを待ちます。
その後、夕飯^^;

あー、食べる頃は曜日が変わるかもなぉ~~~T_T

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-06 19:00 | カテゴリ:和風
P1030479_convert_20090306070203tatakidon.jpg

ちょっと彩りが悪いですが・・・めちゃくちゃ美味しいでした^^
昨日、卵が切れちゃったので夜、スーパーに行ったら、目の前でお刺身の値段が・・・なんと5割引に^^これはやっぱり買いですよね~
1柵498円のかつおのたたきの5割引って・・・いやん♪
半分は昨日そのまま切ってしょうが醤油でいただきましたが、残り半分は漬け丼用にチルド室へ。
すごい!私ってやりくり上手!!と自画自賛してあげました^^

【かつおのたたきの漬け丼】
・かつおのたたき・・・適量
・ねぎ・・・4本くらい
・しょうが・・・1片
・お酒・・・大2
・みりん・・・大2
・おしょうゆ・・・大2.5
・海苔・・・適量

(作り方)
1.しょうがはすり、ねぎは小口切りにします。かつおのたたきは1~1.5cmの厚さに切ります。
2.ボールにしょうが、お酒、みりん、おしょうゆ、粉末昆布を入れてそこにかつおを漬けます。最低30分くらいは漬けた方がいいです。
3.丼にごはんをつぎ、そこにかつおの漬けを盛り付けます。
4.ねぎと海苔をトッピングします。
はい、できあがり!
P1030480_convert_20090306070238dadakidon2.jpg

トロかつおかっ!ていうくらい美味しいかつおでした。脂が乗っていたんですね~
これに小松菜と油あげとしいたけのお味噌汁してあげたら・・・彼ちゃんがめちゃくちゃ喜んでいました。
「久しぶりに」って言いながらお味噌汁にごはんをよそって食べてました。めずらしい^^
私はこのお味噌汁ごはん(実家では犬ごはんと呼んでました)が小さい頃から大好き。これだけでいい!ってくらいだったんですからすごいですよね^^;
さすがに丼食べた後には犬ごはんはいただけませんでしたが・・・かなり彼ちゃんの食べている姿が羨ましかったです><

あ、この犬ごはん、世間ではよく猫まんまって言いますよね~。なんでだろ?

私の作法では、お味噌汁の中にごはんを入れていただきます。皆さんはどうしてます??

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2009-03-06 08:36 | カテゴリ:スィーツ
P1030478_convert_20090306070114osatsugakkari.jpg

安納芋を使ってカルビーさんが発売している「おさつほっこり」(九州限定)。
あまりに美味しかったので、同じ安納芋を使ってチップスを作ってみました。通信販売で大絶賛されてて・・・つい、買っちゃったコチラで。
結果は・・・「おさつがっかり」でしたぁ~~~~T_T
見た目はね、少しは似てたんです。でも、やっぱりダメですね~。
っというより、このチップス作るキット自体があまり美味しくできないんですよね。なんかスカスカというかカスカスというか・・・旨みが全部逃げちゃった味なんです。
ま、ノンオイルなのでその点はヘルシーでしょうけどね。
私の作り方が悪いのかな・・・どこをみても、皆さん絶賛してるんですよねー。
どなたか、美味しい作り方教えてください^^;

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。