-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-31 15:17 | カテゴリ:和風
P1020889_convert_20081231150253omochi.jpg

丸餅です^^
毎年、年末になると彼ちゃんのお母様から自家製の丸餅が贈られてきます。ふっくらまあるいお餅はとっても美味しくて、この時期になると楽しみに待っています。(催促はしませんが、黙ってじぃ~~~と待ってます^^)
彼ちゃんの実家は関西なんで丸餅が主流なんですね。私は九州なのに四角いお餅でした。
なんか、丸餅の方がおめでたい感じがしませんか?
これで、元旦はお雑煮をいただきます。

その前に・・・今、大鍋2つ使っての筑前煮を作っています><毎年、ル・クルーゼの24cmココットとそれと同じくらいのお鍋いっぱいに作ってます。二人なのに、結構すぐに食べちゃうんですよね^^
筑前煮さえ作っていれば、なんかあとは安心な気がして・・・。ま、私の唯一のおせち料理的なものです。
今から買ってきた鯛と平目のお刺身を、小分けにして、半分を昆布〆にします。
そのあと、買い物に行って・・・
こーして、年賀状は年越し後の作業になっちゃうんですよねー毎年。ぁははっはーT_T

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

スポンサーサイト
2008-12-30 09:05 | カテゴリ:洋風
P1020879_convert_20081230005353hanbarg2.jpg

ほんとは、ちりめんキャベツの残りでロールキャベツを作ろうと朝は思っていて、
「でもひき肉買いに行かないとないなぁ」
「あ、フードプロセッサーで冷凍してあるお肉を使ってひき肉作ってみようかな」
「でも、それだったら、せっかくだからハンバーグの方がいいかな」
と思考がめぐり・・・ハンバーグにすることにしました。
年の瀬に、やることいっぱいなんだけど、そういうときに限って手間のかかりそうなことをしちゃうのって、学生時代から変わらない^^;
試験前になると、部屋の模様替え始めたり、机の中を整理したり・・・それに疲れて勉強せずにベッドに倒れこんでそのまま朝を迎えたものでした^^
人間、そうは変わらないものですね^^

【ハンバーグ】
・牛肉(すき焼き用の肩ロース)・・・180~200g
・豚肉(肩ローススライス)・・・100g
・タマネギ1と3/4個(ドレッシングの残りを使ったので半端)
・フランスパンの端っこorパン粉・・・大2(昨日の夕飯のフランスパンの残り)
・ 牛乳・・・大2
・ 卵・・・1個
・ ナツメグ、塩、コショウ・・・少々
・バター・・・20g
・オイル
【即席ソース】
・ケチャップ・・・大2
・ソース・・・大2
・粒マスタード・・・大1
・おしょうゆ・・・少々
・粉末タイム・・・少々
(お好みで生クリームを入れるとマイルドになります)

(作り方)
1. たまねぎをみじん切りにし、フライパンにオイル大1とバター10gを熱し、中火弱であめ色になるまで炒めます。そして冷ましておきます。
2.お肉をフードプロセッサーに入れてガーッとします。
P1020873_convert_20081229185417hikiniku.jpg
3.フランスパンをフードプロセッサーに入れてガーッとします。ご自宅にパサつき始めたパンや冷凍のパンがあったらぜひ、自家製パン粉を作ってください。冷凍パンの場合は、おろし金で削れば出来上がります。
P1020874_convert_20081229185504panko.jpg
4.ボウルに牛と豚のミンチ肉、炒めたタマネギ、牛乳で浸したパン粉、卵、塩、コショウ、ナツメグを合わせ良く練り合わせます。
5.生地を分け、手でたたくようにして空気を抜き、小判型に形を整えまん中を少しくぼませます。
6.フライパンにオイルとバターを熱しハンバーグを入れます。中火強で約1分ほど焦げ目が付いたら裏返し、弱火で蓋をして焼きます。弱火でゆっくりと焼くことで中まで火が通り、ふっくらと焼き上がります。焼いている間にソースを作ります。ソースの材料を全部混ぜれば出来上がります。
P1020878_convert_20081230005256hanbarg1.jpg
はい、できあがり!
P1020883_convert_20081230005438hanbarg3.jpg

お肉が本当に甘くて美味しかったぁ!!
フードプロセッサーをお持ちの皆さん、ひき肉は買う必要ありません!ぜひ、ガーッと作ってください^^
手入れは少しだけ面倒臭いかもしれませんが、味も安全性も何倍も違いますよぉ~~
肉汁も本当に澄んだ色でまったく臭みもなく、ビックリしました。
ここまで違うんだなと実感すると、よっぽどのことがない限り、ひき肉は自家製にしようと思います。
あんまり饒舌じゃない彼ちゃんのお墨付きなんで、大丈夫です^^(何の保障も根拠もないですけどね^^;)
温野菜は、今日作ったドレッシングをつけていただきました。

はぁ~、今日はよく作ったなぁ~
ドレッシング
ひき肉
パン粉
当たり前のことなのかもしれないけど、この飽食の時代、自家製って贅沢なのかもしれない。
でも、とても健全な行為なんだと思う。

ぜひ、お試しあれーー^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-29 19:18 | カテゴリ:わが家のお助け調味料
P1020870_convert_20081229185049doreshing.jpg

先日、大好きなキャンティに行ったときに大大大好きなドレッシングが売り切れで買えずT_T
ドレッシングだけ後日買いに来ようと彼ちゃんと話してたんだけど・・・それだけ買いに行くのもなんだし、年末は何かとバタバタしてるし、年賀状まだだし・・・(うげっ)
ってことで、おうちで作ることにしました^^
調べてみると、あるじゃな~~~い☆力作を提供してくださってる方のレシピを参考にちょっとだけアレンジして作ってみました。

【キャンティ風激うまドレッシング】
・にんじん・・・1/3本
・りんご・・・1/3個
・たまねぎ・・・1/4個
・にんにく・・・ 1片
・卵黄・・・1個
・すりごま・・・大2
・アンチョビペースト・・・大1~2
・塩・・・小1/2
・コショウ・・・少々
・オイル(エキストラバージン)・・・150cc
・おしょうゆ・・・70cc
・昆布粉末・・・少々

(作り方)
1.にんにくはラップして電子レンジで15秒ほどチンします。たまねぎは1/3はそのままで2/3を塩もみしてお水にさらして水気をよく切りミキサーの中に入れます。
P1020867_convert_20081229185156doreshing2.jpg
2.お野菜を全てミキサーに入れ、オイルを半分入れ、ガーッとします。
P1020869_convert_20081229185252doreshing3.jpg
3.なめらかになったら、他の材料も入れ、再びガーッとします。
はい、できあがり!
P1020872_convert_20081229185333doreshing4.jpg

美味しいです!ちょっとごまが強かったかなと思うけど、これはイケます!!!
ただ、キャンティと同じと思ってはいけません。それとはやっぱり違います。でも、これだったら簡単におうちで作れるし、新鮮で安全なものだから、キャンティドレッシングがないときはこれを作ることに決めました!!
この味だったら、サラダ以外にもパスタやお肉、お魚料理などにもアレンジできそうです。

キャンティドレッシングを食べたことある方も、そうでない方もぜひ、お試しください!!

薄味がお好みの方は、お醤油を50ccくらいで作り、ガーッとした後に、なめながら調整してください。
私は、たまねぎとにんにくの辛味を抑えた作り方にしましたが、辛味が好きな方は、チンしたり塩もみしたりせず、フレッシュのままガーッとしてください^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-29 13:37 | カテゴリ:バラとベランダ菜園
P1020866_convert_20081229113557cyurippu.jpg

ベランダのプランターからお日様の光を浴びて顔を出したチューリップの芽。
春に向かってスクスクと伸びようとする力を感じますよね^^色は赤と紫とピンクだったかな・・・^^;

春になったら、今は大きく見えるプランターを所狭しと成長した彼女たちが、堂々と咲き誇るのに出会えそうです。

そのときは、またご紹介しますね^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-29 10:39 | カテゴリ:洋風
P1020862_convert_20081229102216guratan.jpg

ちぢみほうれん草とカキで週末恒例のお鍋にしようかなとも思ったんだけど、たまにゃそれ以外もいいわよね。寒いし、心も温まるもの・・・グラタン♪
結構簡単にできちゃいます^^
冬って寒いから嫌いだけど、美味しいものが食べられるのだけはホントに嬉しい☆

【カキとちぢみほうれん草のグラタン】
・カキ(加熱用)・・・1パック
・ちぢみほうれん草・・・1束
・たまねぎ・・・2個
・マッシュルーム・・・4~5個
・牛乳 300~400cc(ホワイトソースのお好みのかたさに合わせてください)
・生クリーム・・・50~100cc
・白ワイン・・・大2
・バター・・・10~20g
・コンソメ・・・1個
・小麦粉 大2弱
・塩、コショウ・・・少々
・とろけるチーズ・・・適量
・パン粉・・・大1くらい

(作り方)
1.カキは塩を振ってから水洗いします。たまねぎは薄めにスライスし、ちぢみほうれん草は洗って5cmくらいに切ります。マッシュルームはたてに4~5等分に切ります。
2.フライパンにオイルを入れて熱し、たまねぎを炒めます。透明になったら、ほうれん草を入れます。
3.火が通ったら茶こしで小麦粉を振りいれ絡めます。
4.バター、砕いたコンソメ、白ワイン、牛乳を入れて全体を混ぜます。均一に混ざったら生クリームを入れます。
5.煮だったらカキを加えて、さらに一煮立ちさせます。
P1020859_convert_20081229102319guratan2.jpg
6.塩、コショウで味を調えます。
7.耐熱皿に具を入れてチーズを散らし、パン粉を振ります。
P1020860_convert_20081229102357guratan3.jpg
8.オーブンで300℃で15-20分くらいかな(我が家はオートメニューにしちゃうので大体コレくらいでできたような)焼きます。
はいできあがり!
P1020864_convert_20081229102441guratan4.jpg

熱々とろ~りでも、重くないグラタンです。たまねぎを多めに入れることで甘みも加わりますが、サラサラ感が出るので、ホワイトソースの重ったるさで飽きることもありません^^
私はゆるめのソースの方が好きなのでスープ皿に取り分けながらフランスパンとともにいただきました。冷めても美味しいグラタンで・・・少し残ったのを食後に食べちゃった><
しかし、カキのエキスも出てて美味しいのに生臭くないってのがすごいよな~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-28 15:15 | カテゴリ:外ごはん
200812271844000_convert_20081228123857redcurry.jpg
↑タイ風レッドカレー

27日、今日はフラメンコのレッスン納め&エルフラメンコへドミンゴオルテガの見納めへ。
レッスンが終わってヘトヘトになりながら池袋から新都心線で新宿三丁目へ。便利になったもんだ。大江戸線の開通当時と一緒で新都心線も空いてました。
ライヴまで1時間強しかないので、伊勢丹会館にあるタイ料理チャンパーへ。
ここで、生ビール1杯と食べたいものをとにかく頼んで腹ごしらえ。
200812271821000_convert_20081228123935ebisurimi.jpg
えびのすり身揚げ
甘いソース付き。これははずれのない美味しさ。

200812271822000_convert_20081228124002harusame.jpg
春雨炒め
さっぱりしてて食べやすい。

200812271827000_convert_20081228124033satumaage.jpg
タイ風さつま揚げ
レモングラスが効いてて美味しい^^

200812271837000_convert_20081228124107torikasyunat.jpg
鶏肉とカシュナッツの炒め物
鶏肉は揚げてあるものをあんかけ風にしてあるから酢豚の鶏版って感じ。

200812271838000_convert_20081228124150yakisoba.jpg
タイ風焼きそば
ちょっとベチャっとしてたかなー。
ピーナッツのクラッシュがいいアクセントになっていたのに・・・ちょっと残念。

これらを女3人で完食。さすがにお腹いっぱい><
このお店は、あまり辛くないので食べやすいタイ料理だと思います。私は、大好きなSiAMの方が好きだけど、リーズナブルで食べやすい味なので、初めての人とかにはおすすめかもしれませんね^^

この後、エルフラメンコでは、ワインとオリーブで乾杯&ライヴを堪能しました。

あ~、年末はよくお外でたべちゃったなぁ~~~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-28 12:19 | カテゴリ:外ごはん
200812261908000_convert_20081227111046yakei.jpg

ディナーは中華とイタリアンで悩んだ挙句・・・彼ちゃんがまだ行ったことないCHIANTIへ。
帰りが近いし楽だし、六本木ヒルズのイタリアンに行くよりはCHIANTIの方がいいかなっと^^;
結局、私がお店に電話して、予約。・・・いつもこうだ。私がリード役。フンだ。

20:30に笹塚到着。CHIANTI QUATTRO SHELL CLUBは、お客様でいっぱいでした。2階の奥のテーブルに案内され、とりあえずビールで乾杯。
200812262118000_convert_20081227111207takokara.jpg
タコのイタリア風から揚げ
バルサミコ酢がきいてて美味しかったぁ~まさにビールにピッタリ☆

200812262104000_convert_20081227111130hirame.jpg
本日の鮮魚 ひらめのカルパッチョ
見た目にはまったくわからない^^;底の方に隠れてました・・・ヒラメだけに。

200812262131000_convert_20081227111242pizza.jpg
海辺のピザ
温玉も美味しかったけど・・・キャビアがめちゃくちゃ美味しかったぁ!!やっぱり、私は珍味好き☆

200812262206001_convert_20081227111339kanburi.jpg
寒鰤のグリル
これは・・・まあまあだったかな^^;

200812262225000_convert_20081227111409wine.jpg
2本目のワイン。
ハーフにしました。フルボトルと悩んだけど、お腹いっぱいだったのでハーフで。
まろやかな甘さで飲みやすかったなぁ。1本目のキャンティが酸味があるからなおさらそう感じるのかもしれませんが・・・。

この後、カフェラテとミルクレープ(これは1皿でちょっとつまんだだけ)いただきました。
画像を取り忘れたのですが、CHIANTIのミルクレープもイケます!甘すぎず食後でもイケちゃうかんじでした。甘いものがそんなに得意じゃない私が言うからホントです^^

帰りは、タクシーで帰りたかったのに、彼ちゃんに腕を引っ張られて電車に押し込まれました><
でも、家の近くで一瞬おんぶしてもらったので頑張って寒空の中、ちゃんと帰りました。エラかったぞ、aco!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-27 11:35 | カテゴリ:外ごはん
200812261908000_convert_20081227111046yakei.jpg

今日で仕事納め。彼ちゃんも早く仕事が終わるらしく、めずらしくデートのお誘いが!!
「六本木ヒルズでも行こうか、ちょっと寒いけどね」と。

6時すぎに六本木で待ち合わせをして、ディナーへ・・・ではない^^;
彼ちゃんは展望台とスカイデッキがお目当て。前のお誘い文句を読んでほしい。"ちょっと寒いけどね”コレです!ここにつながる。
混んでるだろうけど、たまには付き合ってあげようという私の優しさT_T寒い中、決死の覚悟でいざ、展望台へ・・・。
が、強風のためスカイデッキは閉鎖!かなり凹んだ顔の彼ちゃん。
「せっかくきたんだし、展望台行こうよ。夜の展望台は来たことないしさ」ってことで52階の展望台へ。
やっぱりキレイ!!!
あいにく、今日こんなところに来るなんて思わないからデジカメも持っておらず、急遽携帯のカメラでとりあえず写してみました。
ま、なんとなくきれいかも~ってわかってもらえますか?^^;
いや~、寒いし風も強いからなおさら夜景がきれいでした。
東京タワーも「2008」とライトアップされてて美しい。ほんと、東京タワーのボディーは電波塔とは思えない美しさ。ましてや御年50歳とも思えない^^;

そうそう、展望台は、結構空いてましたぁ~。クリスマスが終わったら、「はい、おしまい」ってかんじなのでしょうか^^;みんなゲンキンね♪
平日の夜、オススメですよ^^寒い夜に、パートナーと一緒に出かけてみてはいかがでしょう。
今度こそは、事前に確認してスカイデッキに来ようということになりました・・・。(高所恐怖症の私、デッキに出れるのかよ><)

53階の森美術館では「チャロー!インディア」展を開催していました。インド美術の新時代というサブタイトルで、絵画やデザイン、オブジェなど様々なものが展示されていました。
まず最初に、横たわったインド象がデ~~~~ンっていたのにはビックリしたぁ^^

オブジェとか見ていたら、前に仕事でデザインをお願いしていた和田昌宏くんを思い出しました。
彼は、私の芸術に対する垣根を取っ払ってくれた人で、とてもユニークな作品を展開し、各方面で活躍し評価を受けています。元気かな、和田くん^^とても穏やかで飾りのない、ステキな青年です。もし、機会があれば、彼の展覧会に足をお運びください。ほんと、面白いから!

・・・そして、ディナーへ。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-27 10:58 | カテゴリ:パスタ
P1020847_convert_20081226070509pasta1.jpg

なんか久しくパスタを食べていない気が・・・。
野菜室にパスタ向けになりそうな野菜を見つけると・・・ちぢみほうれん草がデ~ンっとしてたので、それを使用。先日作ったイカスミのパエリアで使ったホールトマトが半分残っていたので、それも使って、オイル系とトマト系のハーフ&ハーフパスタにしてみました。

【ちぢみほうれん草とえびのパスタ】
・ちぢみほうれん草・・・1束
・えび・・・一人7~8尾
・ホールトマト・・・1/2缶
・粒マスタード・・・大1
・にんにく・・・1片
・鷹の爪・・・1本(輪切りに)
・白ワイン・・・大1
・塩、コショウ・・・少々
・昆布の粉末・・・少々
・オイル

(作り方)
1.ほうれん草は食べやすい大きさに切ります。にんにくはみじん切りに、ホールトマトは事前に潰しておきます。
2.パスタを茹で始めます。
3.フライパンにオイルを入れ、にんにくと鷹の爪を入れてから熱し、香りが出てきたらえびを炒めます。
4.えびが赤くなってきたらほうれん草を入れ炒めます。
5.ホールトマトを入れ、白ワインを入れアルコールを飛ばします。
6.茹で汁をおたま1杯分くらい5.に入れなじませ、パスタとオイルを入れて絡ませます。(このとき、とろみがついてパスタと食材が十分に混ざり合えるように茹で汁は調整してください)
7.塩、コショウ、粉末昆布で味を調え、最後に粒マスタードを入れて混ぜます。
はい、できあがり!
P1020849_convert_20081226070543pasta2.jpg

ちぢみほうれん草の肉厚だけど甘みとえびのプリプリ感、そして最後に入れた粒マスタードが効いてて美味しいです。
オイル系やホワイト系のときにも、アクセントに粒マスタードを使うと、ぼやけてた感がキリッとしまります。使えますよ^^
特に、今日みたいなハーフ&ハーフは、パスタ麺の臭さが出やすくなるので、香りの強いものを合わせるか、粒マスタードなどのような調味料、香辛料を使うと防げます。

これを食べながら、今年のクリスマスは過ぎていきました。
サンタさんは無事に帰れたでしょうか?急に寒くなったり、強風が吹いたから空路を間違えたり、風邪を引いたりしてませんかね^^
来年こそは、私の枕元にもプレゼントをお願いします☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-26 09:07 | カテゴリ:アジアン系
P1020852_convert_20081226070625soup1.jpg

コーンポタージュもいいんだけど、中華風コーンスープの方が好きです。
しかも、めちゃくちゃ簡単に短時間で作れるのも嬉しい、定番スープ。
中華料理以外との組み合わせでもまったく問題なしなので、食べたいときに作ります^^

【中華風コーンスープ】
冷凍コーン・・・半袋くらい
長ねぎ・・・10cmくらい
鶏がらスープ・・・適量
お酒・・・少々
塩、コショウ・・・少々
おしょうゆ・・・少々
卵・・・1~2個
片栗粉・・・大1/2弱
しょうが・・・少々(これはお好みで)

(作り方)
1.冷凍コーンは、2/3くらいをみじん切りにし1/3はそのまま。面倒臭い人は、クリームコーンの缶詰1缶でOK。私はつぶつぶ感があるほうが好きだし、買い置きしないので・・・自分でみじん切りしちゃいます。
2.長ねぎは斜め切りにします。
3.お鍋に1.2.を入れ、お水と鶏がらスープ、お酒を入れて火が通るまで煮ます。
4.塩、コショウ、おしょうゆで味を調えます。
5.片栗粉は倍の量のお水で溶いて4.に入れとろみをつけます。
6.割りほぐした卵を少しずつ5.に入れながら、菜ばしでかき混ぜます。
7.お椀に盛り付け、お好みでしょうがの千切りをトッピングします。
はい、できあがり!
P1020855_convert_20081226070720soup2.jpg

片栗粉は必ず卵の前に入れたほうが、卵がほぁ~~~っと仕上がります。とろみがあるので体も温まるし早くて美味しいので今の季節にいいですね^^

ただ、食べるときに油断してやけどしないように注意しましょう!・・・何気にけっこう、キケンです。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-25 15:05 | カテゴリ:etc
200812250906000_convert_20081225095250presunt2.jpg

今朝、出勤したら、会社のHさんとTさんからそれぞれクリスマスプレゼントをいただきました。
クリスマスバージョンのLUPICIA のフレーバーティと手作りポルボロン。
すごく嬉しかったから、仕事前ににパシャっと携帯のカメラで撮りました。

その後には、マネージャーのNさんからも手作りのパウンドケーキをいただいたりと、朝からなんか嬉しい気分♪(あ、画像取り忘れてしまった><)
こーいうのっていいですよね。

ポルボロンは週末くらいが食べごろらしい。待ちきれるだろうか・・・
ちなみに、ポルボロン(Polvoron)は、スペイン・アンダルシア地方のお祝い用のお菓子で、クリスマスシーズンには欠かせないものらしいんです(知らなかったぁ)
口の中に入れると、ほろって崩れる食感が好きなんですが、溶けないうちに「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」と3回唱えると、幸せが訪れるらしいとどこかで聞いたことがあるので・・・コレで試してみるかな^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-25 13:03 | カテゴリ:洋風
P1020843_convert_20081225072559main.jpg
↑シャラン鴨のグリル バルサミコソースかけ

私は、とにかくイベント好きです。どこかに行くとか参加するとかではなく、何かつけてはそれをお祝いついでにおうちで楽しむってかんじです。

特にクリスマスは大好き!!
私の幼稚園は、プロテスタントの幼稚園で、卒園してからも中学1年生までは教会にも通っていました。幼稚園の年長組(ゆり組さん)のクリスマスのときには、女の子の憧れのマリア様役もしたんですよ~^^
でも、あるとき、ふと宗教というものに疑問を感じて行くのをやめましたけどね^^;(ただ単に、日曜の朝早く起きるのが辛かっただけかもしれないけど)

平日なのでターキーを1羽丸ごとってことはできませんでしたが、シャラン鴨のもも肉でイヴをお祝いしました。

メインの前にまぐろのカルパッチョで乾杯
P1020837_convert_20081225072408karupaccyo1.jpg
まぐろを使うときは、シンプルにさっぱりと和テイストを取り入れたカルパッチョにしています。

もちろん、乾杯はシャンパン「CAVA」で^^
P1020846_convert_20081225072635cava.jpg
大好きです!色といい味といい、辛口の方だけど、ふくよかさを感じます。

これらにオニオンスープをつけて・・・・・夜中の12時頃にディナーってすごいでしょ><
「絶対に早く帰ってきてね」って私が言って早く帰って来たためしのない彼ちゃん。ま、いつも終電ギリギリなのでそれよりは早いけど・・・。
ほんと、二人とも疲れ切ったかんじで、フランクシナトラのクリスマスCDをかけながら食べたクリスマスディナーは眠気を誘うものでした^^;
ま、いつもこんなもんです^^老夫婦のように静かに過ごした夜、クリスマスツリーだけは、元気にチカチカきらきら輝いていました。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-24 15:11 | カテゴリ:好きなもの
P1020835_convert_20081224071054asanotsuki.jpg

朝、起きてカーテンを開けたら・・・まだ日の出前の静かな空。
目の前には可愛いお月さま。
ちょこんと横たわりながら「おはよう」って言ってくれました。
きれいに撮れないのは分かっているけれど、あわててカメラでそのお月さまを収めました。

私って、まだ日も昇らない時間に起きてるなんて・・・いいこちゃんだなとしみじみ自分を褒めてあげたくなっちゃった。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-24 13:00 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1020832_convert_20081224070439paeria.jpg

前回、彼ちゃんの体調不良により延期されていたカキのイカスミパエリア。
本日、実行に踏み切りました!^^
生臭いから嫌いって人もいるけれど、私は大好き。濃厚なんだけど胃もたれせず、"海の旨み”を味わっているなって実感できるんですもん♪

【カキのイカスミパエリア】
・お米・・・ 1.2 合
・イカ ・・・1パイ分くらい
・カキ・・・1パック
・玉ねぎ ・・・1/2 個
・にんにく・・・ 1 片
・ピーマン ・・・2 個
・パプリカ・・・ 1 個
・エリンギ・・・1本
・マッシュルーム・・・4~5個
・ホールトマト・・・1/2缶
・イカスミペースト・・・1袋(もしくはパスタソースを1袋)
・白ワイン ・・・大2
・ブイヨン・・・1個
・お水 ・・・200 ~250ml(ブイヨンとともに温めてスープにしておきます)
・塩、コショウ・・・少々
・ローリエ・・・1枚
・レモン・・・ 1 個
お好みで
オリーブを最後にトッピングするとアクセントになります。
(作り方)
1.カキはよく水洗いして水気をふきとります。 玉ねぎ、にんにくはみじん切り、 ピーマン、パプリカは輪切り、もしくはたて半分に切って半輪切りにします。エリンギもたて半分にしてスライスし、マッシュルームもたてに4~5等分に切ります。
2.パエリアパン又はフライパンにオイルを大1強入れて強火にかけにんにくと玉ねぎを炒めます。
3.玉ねぎが透明になったらお米を加えて炒め合わせます。
P1020825_convert_20081224070607paeria1.jpg
4.お米が透き通ってきたら、ブイヨンのスープを入れ、ホールトマトをつぶし入れます。
P1020826_convert_20081224070655paeria2.jpg
5. イカスミソースを加え全体に混ざったら白ワインを加え、全体によく混ぜ合わせます。
P1020827_convert_20081224070736paeria3.jpg
6.カキ、イカ、ピーマン、赤ピーマン、エリンギ、マッシュルームを加え全体に混ぜ合わせます。
7.煮立ったら少しスープを飲んで味をみて、塩、コショウで味を調え、ローリエを入れます。
P1020829_convert_20081224070931paeria5.jpg
8.アルミホイルをかぶせて弱火で15分くらい煮ます。
9.全体に火が通ったら、アルミホイルをとって火を強くして1分~2分加熱し余分な水分を飛ばします。
10.レモンをふりかけます。
はい、できあがり!
P1020833_convert_20081224071013paeria6.jpg

今日は、家にあるもので作っちゃったので、白身のお魚はなし。ここにタラなどのお魚を入れるとまた美味しいですよ~^^
イカスミは焦げやすいので火加減だけ注意すれば、後はなんの心配もなく美味しいパエリアに出来上がってくれます。
あ、それとトマトも重要ですね^^オリーブオイルとにんにくとトマトが混ざり合って食材の旨みをスープになじませている気がします。だから、その3本柱は重要ですね☆

お野菜の摂取が少ないので具沢山のスープを作れば、栄養バランスもOK!
パエリアはパエリアパンがなくてもフライパンで十分美味しいのが作れます。どちらかというとフライパンの方が作りやすいくらい。私は形から入るタイプなのでパエリアパンを使っていますが、フライパンでぜひ、試してみてください。深めのホットプレートのあるおうちならホットプレートでも作れますが、なんか火を使いたいですよね^^スペイン料理の場合は(意味はないですけど、イメージで)

あ・・・オリーブをトッピングし忘れちゃって、ちょっとショックでしたけど、いつもながらに美味しいイカスミパエリアでした^^イ~~~ってしたら、いいかんじにお歯黒ちゃんになってました。アハハハハ

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-23 17:23 | カテゴリ:好きなもの
P1020824_convert_20081223171303fuji.jpg

我が家のマンションの共有スペースから、ちょこんと富士山が見えます。
なんでしょうね~富士山が見えるとすごく嬉しい気持ちになるのは。澄んだ晴れの日の朝とか、うっすら雪化粧の富士山が見えると、いいことあるような気もします。
まさに、富士山は私たち日本人の誇りなのでしょうね^^

逕サ蜒・005_convert_20081223171541ichibannboshi
もう1枚は一番星。
もっといいカメラなら、夕焼けの空のグラデーションというかコントラストがきれいに写るのでしょうが・・・気持ちだけね^^
私は、一番星の輝きも大好き。希望を持てる気がします。
子供のころによく、バレエのみんなとレッスン帰りに歌いながら探した一番星。あの時の希望に満ちた純粋な心に戻れる瞬間です。

一番ぼ~~し、み~つけた♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-23 15:00 | カテゴリ:外ごはん
P1020817_convert_20081223120027gyuniku.jpg
↑ヌアー ヤン(牛肉のステーキ)

今日がとりあえず最後となる忘年会。
もつ鍋行ってカラオケって話もあったんだけど、大好きなSiAMを予約してもらいました。
メンバーは、国際協力関係のお仕事をしていた時の隣の課のメンバー。でも、すごく仲良くしてくれて、こうしてたまにお食事会しています。今回は女性4名、男性2名。もちろん、女性パワーに押されまくりの男性陣でした^^
このお店、本当に美味しいんです。辛いのが好きな方、必見!!あ、でもそんなに辛くしないでって言えば調整してくれますから、少し苦手な人もタイ料理が大好きになると思いますよ☆

P1020815_convert_20081223120117kushinsai.jpg
パッ パップン(空心菜の炒め物)

P1020816_convert_20081223120207tamagoyaki.jpg
カイチョェムサッ(玉子焼き)

P1020818_convert_20081223120251ikadanngo.jpg
イカ団子揚げ

P1020819_convert_20081223120332yakisoba.jpg
パッタイ(焼きそば)

P1020820_convert_20081223120611ebisatumaage.jpg
クン トオトゥマン(えび入りさつま揚げ)

P1020821_convert_20081223120703mushidori.jpg
ガイ ヌン(蒸し鶏肉)

P1020822_convert_20081223121011cyoumiryou.jpg
調味料 お砂糖とか唐辛子入りのお酢とかで、自分で好みの味に調整できるんです

P1020823_convert_20081223120738tare.jpg
唐辛子やしょうが、にんにくなどが入ったタレ 揚げ物とか蒸し鶏にかけていただきます。

ほかにも、クェイティオトムヤム(トムヤムラーメン)とか頼んだんだけど、食べるのが先になっちゃって画像なしT_Tレモングラスとパクチーにえびの旨みが効いててめちゃくちゃ私の好みなんです!

あ~美味しかった!!牛肉ステーキには甘めのタレがついていて、それに蒸したもち米をつけて食べるのがこれまた美味しいんです。もち米は植物を編んで作った小さな籠に入って蒸されるんですが、これが可愛いんだけど・・・これも画像取り忘れました。
ぜひ、皆さんの目と舌で確認してください。

今夜もよく食べ、よく飲み、よくしゃべり・・・しゃべりすぎが正しい!?のひとときでした。
このお店では、タイのシンハービールはもちろん、ラオスのビアラオって軽めの飲みやすいビールも置いてありますが・・私は国産生ビール→ワインです。アハハどこ行ってもワインだな~~~
みんなはもちろんシンハービール飲んでました。なんかね、私ってそういう楽しみ方ができないところがあるんですよね~まだまだお子ちゃまってことかな^^

さて、次回の新年会はどんな楽しいとこかな^^また、飲みましょうね~~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-23 11:52 | カテゴリ:おつまみ&お弁当
P1020811_convert_20081222013846torihamu8.jpg

これ、なんでしょう^^「鶏ハム」です。
この前、レシピを色々見ていてみつけました。
最近の食肉偽装とかでハムとかソーセージとか、うかつに買えなくなってきました。おまけに食品添加物がてんこ盛りって知ると・・・なおさらですよね^^;
でもこの鶏ハム、本当に手軽に作れるんです!ってことで即、作ることにしましたぁ~

【鶏ハム】
鶏むね肉・・・1枚
砂糖(もしくははちみつ)・・・大1
塩・・・大1
コショウ・・・適量
以下はなくてもOKです^^
お酒・・・少々
コンソメ・・・少々
乾燥バジル・・・少々
粉末タイム・・・少々
白だし・・・少々

(作り方)
1.鶏むね肉は皮をとり、砂糖をまぶします。次に塩をまぶしてサランラップもしくはビニール袋などで密封して1~2日間冷蔵庫のチルド室で寝かします。
P1020764_convert_20081222013221torihamu1.jpg
2.砂糖、塩を流水で洗い流して、ボールに水を張り、鶏肉を入れて最低30分くらい塩抜きします。
P1020795_convert_20081222013314torihamu2.jpg
3.水分をふき取り、皮がついていたツルツルの面を外側にし、白だし、粉末タイム、乾燥バジルを気持ち程度ふります。
P1020797_convert_20081222013406torihamu3.jpg
4.鶏肉をロール状にしてサランラップでキャンディーのように形を整えます。両端を絞って結びます。
P1020799_convert_20081222013449torihamu4.jpg
5.お鍋にお肉が漬かるくらい(ちょっと多めに)お湯を沸騰させ、お酒とコンソメを入れ鶏肉を投入します。
P1020800_convert_20081222013629torihamu5.jpg
もう一度沸騰したら火を止め、蓋をして冷めるまで5~7時間置きます。
P1020801_convert_20081222013717torihamu6.jpg
6.鶏肉は取り出してお好みの厚さに切り、お鍋の煮汁はダシが出てるのでそのままスープに活用しましょう。
はい、できあがり!
P1020809_convert_20081222014029torihamu9.jpg

きれいなピンク色のハムでしょう~^^
むね肉とは思えないほどしっとりしていて、お味も美味!!
コショウを減らして、洗い流すときに取り除いてあげればお子さんも美味しく食べれると思います。コショウを洗い流すならやはり、白だしかおしょうゆをロールする際に少しでもふりかけた方が臭みなく美味しくできると思います。しかも、添加物一切なしの手作りですから、安心して食べさせてあげられますよね。

おつまみはもちろん、お客様を招いた際のオードブルなどにもってこいの1品だと思います。
2日くらいかかりますが、誰でも失敗なく作れるので、ぜひぜひ試してください☆

次は、もも肉を試して、そのうち豚の肩ロースでロースハムにもチャレンジしちゃおっかな♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-22 13:53 | カテゴリ:好きなもの
P1020803_convert_20081222014112sting1.jpg
12月21日(日)17:00~ パシフィコ横浜でスティングの追加公演がありました。
本当はBunkamuraオーチャードホールの公演がよかったんだけど、プレリザーブで落選T_T
どーしても彼の声が聴きたくて横浜まで行ってきました^^

今回は、2部編成。
第1部に混成合唱隊スティレ・アンティコ(男4人女4人。2部ではコーラス担当)が20分ほどあり、15分間の休憩後に第2部がスティング&エディン(古楽器弾いてたギタリストさん)でした。
クラシックベースだったので、あの声で歌われたら・・・うっとりしちゃってウトウトしちゃう瞬間もありました^^;でもね、心洗われるってかんじでしたよ。クリスマス前になんかすごく神聖な気持ちになれました。
アンコールでは、Linden LeaやFields of Goldなどが歌われ、会場から歓声と拍手が起こるほど、みんなが喜びましたね。私も、「キャ~~~~」って体温が上がりましたもん♪

ギターは「リュート」という古楽器を使っていて、ステキな音色でした。そのリュートで、「桜」を弾いてくれるというサービスもあり、なんかグッと近く感じました。なんでしょうね、やっぱり日本人なんですかね~お琴とか琵琶みたいでなかなかいいものでした。

あ~、また会える日がくるのかしら。
本当に、ステキな人です。LOVE☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-21 12:30 | カテゴリ:和風
P1020790_convert_20081220204121chirimennkyabetu.jpg

ちりめんキャベツです。別名サボイキャベツって言うそうです。
Oisixで売っていたので即、注文してみました。だって、スーパー売っていないんだもん。
ちりめんキャベツは、煮くずれしにくく、加熱するほど甘みが出るので、ロールキャベツとかに向いています。
でも、今夜も豚しゃぶの我が家。白菜の代わりにちりめんキャベツを入れることにしました。

P1020793_convert_20081221115757nabe.jpg
今日のお鍋の食材です。
これは二人で食べる量ではないですよね^^;次の日のお昼におうどんにしようと思うので、なんとか食べきれそうかな。。。

もちろん、今回もちぢみほうれん草入りです。出回らなくなるまでは、ずっとちぢみ命でいきます!

ちりめんキャベツは、お鍋でもとっても美味しいです。白菜みたいにすぐにトロトロにはならないので、お肉を巻いて食べたりできて便利です。即席ロールキャベツって感じですね。

元気があったら、ちゃんとロールキャベツを作ってみようかな~絶対に美味しいはず!!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-21 12:08 | カテゴリ:外ごはん
P1020784_convert_20081220203926watariganipasta.jpg

19日金曜日はフラメンコ仲間数名での忘年会。
フラメンコの仲間はみんな仲がいい。何かの度に集まって飲んでます^^我が家でも3、4度ほどクリスマス会や発表会の打ち上げをしたりしたけれど、今日はイルキャンティ池袋店で19時よりスタート!
キャンティは、笹塚の本店など、いろいろなところにお店も出していて、私のお気に入り。なんと言ってもここのドレッシングが最高!!マネして作ろうとしたけれど・・・やっぱり違うんですよね><
そのドレッシングがこれ
P1020781_convert_20081220203708doressing.jpg
サラダを注文すると、1瓶出てきて、好きなだけかけられます。

まず、前菜に
P1020782_convert_20081220203755torosamon.jpg
トロサーモンのマリネ
P1020783_convert_20081220203839tako.jpg
タコのから揚げのワイン煮みたいなの
P1020785_convert_20081220204002iberiko.jpg
イベリコ豚のグリル
P1020787_convert_20081220204041beef.jpg
牛肉の網焼き

そのほかに
・渡りがにのパスタかにみそ風味(一番上の画像)
・のりとイカのパスタ
・鶏肉の煮込み
・きのこリゾット
・ミックスサラダ

・ビールピッチャー
・白ワイン
・赤ワイン 2本
・コーヒー

よく食べてよく飲んで、よく笑って^^ほんと、忘年会らしい忘年会でした。
特に、仲間の一人に新しい彼ができたので、それでおおいに盛り上がり、私たちまで幸せな初々しい気持ちになれました。Tちゃん、おめでと^^お幸せにね☆

19時スタートでもちろんラスト23時まで。
翌土曜日は14時から3時間のフラメンコレッスンがあるから・・・そこでアルコールと余分なカロリーを消費したらいいよね^^;

「次は新年会だね。いつにしようか」と次の宴を楽しみにしながら、お互いの電車に乗り、家路へと。

翌日は、一人の二日酔いもいなくスッキリ顔でレッスンを受けました。ほんと、豪快な女たちだぁ~~

ぜひ、皆さんもキャンティのドレッシングを試してみてくださいね!!絶対にハマるから^^
そして、美味しいのに安いのもここの魅力!書いてるそばからすでに行きたくなった私でした^^


↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2008-12-20 20:56 | カテゴリ:スィーツ
P1020776_convert_20081220203427syu1.jpg

外出先から戻ってきたHさんがお土産を買ってきてくれました。疲れたときの甘いものって本当に嬉しい^^
広尾のパティスリー『アレグレス』(Patisserie Francaise Allegresse)のシューアラクレームでした。
持ったらずっしりとしてて、ビックリ。女の子はみんなニコニコ顔でちょっとはしゃぎ気味。
ナッツのまざったシューは香ばしくてクッキーみたい。中のクリームは甘すぎないけど、ほんとにたっぷり入ってましたぁ~
P1020778_convert_20081220204449syu2.jpg
ほんと、おなかいっぱいになれるシュークリームってかんじ。
さて、この後はフラメンコの仲間との忘年会。よーし、飲むぞ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-19 15:15 | カテゴリ:洋風
P1020768_convert_20081219071433eggmacmafine.jpg

たま~に食べたくなりますマックの「エッグマックマフィン」。
朝限定らしいので、もちろん買って帰ることも出来ないし(って売ってても今は買わないかな^^;)
これが簡単で美味しくできるんです!今は、スーパーにパスコの超熟イングリッシュマフィンがあるので、手軽に作ることができます。

【エッグマックマフィン】←マックって入れたほうが言いやすい^^
(一人分)
・マフィン・・・1個
・卵・・・1個
・ロースハム・・・1~2枚
・とろけるチーズ・・・1枚
・サラダ菜orレタス・・・1~2枚
・マヨネーズ・・・適量
・ケチャップ・・・適量
・粒マスタード・・・適量

(作り方)
1.マフィンは半分に割ってトースターで焼きます。
2.卵は、セルクルがあればそれを使いますが、わが家にはないので、アルミホイルで丸い目玉焼きを作るための輪っかを作ります。
3.フライパンにオイルを入れ、セルクル(輪っか)を置いて火をつけ、そ~~っと卵を割り入れます。(輪っかの内側にオイルを塗ってください。くっついちゃうから)
4.黄身をフォークで少しつぶした方がマックっぽいです。フライパンにお水を少量入れ蓋をして蒸し焼きにします。
5.マヨネーズとケチャップと粒マスタードを混ぜてソースを作ります。(私は少しだけタイムの粉末を入れます)
6.マフィン→レタス→目玉焼き→チーズ→ロースハム→マフィンの順でサンドします。ソースは目玉焼きの上かチーズの上あたりがいいですが、自分の好きなところに塗ってください。
はい、できあがり!

ほんとにあっという間に作れます。普通は休日の遅めの朝食なんかにいいと思いますが・・・食べたくなっちゃったんだもん。スーパーにもマフィン1袋だけ売ってたし^^
ま、土曜の朝にでもまた作りたいと思います。

あ~~、食べたいもの食べれて、余は満足じゃ~~~~♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-19 13:04 | カテゴリ:洋風
P1020770_convert_20081219071229potofu1.jpg

いただいたお野菜や買い置きしているお野菜を一挙に使うなら・・・やっぱりスープが1番!
今週は飲みに行くことが多いので、家ごはんは胃腸に優しくしなきゃねん♪

【鶏肉とかぶのポトフ】
・手羽先・・・8本
・かぶ・・・2個
・にんじん・・・1本
・じゃがいも・・・2個
・オレンジカリフラワー・・・1/2房
・たまねぎ・・・1個
・セロリ・・・1/2本
・パセリ・・・少々
・ブイヨン・・・1個
・白ワイン・・・大1~2
・塩、コショウ
・白だし

(作り方)
1.じゃがいもとかぶは4等分、にんじんは1cmくらいの斜め切りにし、たまねぎはざく切り、セロリはうすめにスライスします。カリフラワーは食べやすく分けてください。
2.手羽先は、関節のあたりで切り分けます。
3.1.2.お鍋に入れ水を被るぐらいに入れて、ブイヨンと白ワイン、お塩を入れ、蓋をして弱火で煮ます。
P1020765_convert_20081219071317potofu2.jpg
4.火が通ってきたら、コショウと白だしを少々入れます。しばらくして美味しそうに煮えたら、塩加減を調整してください。※薄味が美味しいです。
5.器に豪快に盛り付け、パセリのみじん切りをトッピング。
はい、できあがり!
P1020771_convert_20081219071354potofu3.jpg

↑この黄色がかったカリフラワーが先日いただいたオレンジカリフラワー。(ありがとね☆)
手羽先は、関節のところで切っておくと食べやすくなります。先っぽの方はダシのみで食べなくてもいいですが、私はもちろん食べてます^^(彼ちゃんは決して食べない)
骨があると、ダシが良く出て美味しいですから、ぜひ骨付きの手羽先や手羽元を使ってみてください。
さて、ポトフと何を食べたのか・・・は、またあとで^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-18 13:22 | カテゴリ:外ごはん
200812172003000_convert_20081217235716hinabe1.jpg

女の子4人で六本木のココで忘年会。
あいにくの雨だったけど、お鍋で温まるから大丈夫さ^^
今回は火鍋。
お店の情報によると、火鍋はモンゴルの英雄チンギスハーンが考案したといわれ、60数種もの天然の植物エキスを抽出したスープで食する鍋です。
そのスープは素材の味すべてを引き出したもので、タレを必要とせず、食材を入れて煮るだけでそのまま食べられます。天然成分が体に吸収され、滋養強壮や美容にも効果もあるステキなお鍋らしい。
スープが本当に美味しいです!!スープだけで何杯飲んだことか・・・^^;(心配したけど、マメに注ぎ足してくれますからご安心あれ)

200812172005000_convert_20081217235904hinabe2.jpg
「うぁ、アク!」と思ったら、
お店の方に
「これは漢方食材から出たアクだから、取っちゃダメですよ」と一言。
みんな素直なので
「ふ~ん、じゃ、これはこのままいこう!!」
「でもさ、食材のアクか、漢方のありがたいアクか、、、お肉入れたらわかんないな」
ウーーーーン。ってことで1度もアクは取らず^^;

200812172007000_convert_20081218000031kinoko2.jpg
火鍋の具材以外に唯一あった一品もの。ショーロンポウ。もちろん中にスープが入っててジューシー。
お肉も美味しいと思ったら米沢豚を使用。へぇ~、牛肉だけじゃなかったのねん。

メニューは、お鍋の大きいのか(3人以上)小さいのか(2人くらい)のどちらかを選び、あとは好きな食材を単品で選んで注文するスタイル。これ、すごくいいです!!
その中に、「タモギ茸」って聞いたことないきのこ発見!

200812172006000_convert_20081217235943kinoko.jpg
しめじっぽいけど、色が黄色くてきれいでした(煮ちゃったら白くなってたけどね)味もまったくクセなし。
(今回、デジカメ忘れちゃって携帯のカメラで撮ったので・・・全体的に黄色いです><きれいな画像はお店のHPみてください~~)

〆は、クロレラ麺とほんの一瞬迷ったけど、讃岐うどんとごはんで。讃岐うどんがまたいい!すぐに味がしみてツルツルいっちゃいました。
一人の子は、おじやが密かにヒットしたらしく、もくもくと味わってましたね~

お店の店員の方もみんな笑顔のいい方々でいいですよ~
疲れたなと思ったら、ぜひ食べに行ってください!!

私たちも帰りは、ツヤツヤ顔で勇ましく、家路へと。



薬膳火鍋専門店
天香回味 六本木店
〒106-0032 東京都港区六本木3-13-6 ウインドロッポンギ4F
03-5413-4567
http://r.gnavi.co.jp/g959905/

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-17 13:15 | カテゴリ:洋風(イタリアン系)
P1020756_convert_20081217072129kinoko1.jpg

今夜は一人ごはん。
彼ちゃんはギターのレッスン仲間の方々との忘年会。上海蟹を食べに行くんだって><いいなぁ!
久しぶりにリゾットでも作っちゃおう~ってことで大好きなポルチーニ茸ときのこのリゾットにしました。

【ポルチーニ茸ときのこのリゾット】
・米・・・30~50g
・乾燥ポルチーニ茸・・・ひとつかみ
・舞茸・・・1/2パック
・しめじ・・・1/2パック
・エリンギ・・・1本
・マッシュルーム・・・3~4個
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・玉ねぎ(みじん切り)・・・小さいの1/4
・スープ(ブイヨンを溶かしたもの)・・・1.5~2カップ
・白ワイン...大1
・生クリーム・・・大1
・パルメザンチーズ(すりおろす)・・・たっぷり
・バター・・・10g
・塩、コショウ・・・少々
・パセリ・・・適量

(作り方)
1.ポルチーニ茸はひたひたのぬるま湯に浸けてもどし、石づきについたゴミを取り除いて食べやすい大きさに切ります。※もどし汁は捨てないで残しておきます。
2.舞茸やしめじは食べやすい大きさに分け、エリンギは3~4cmの長さに、マッシュルームはたてに4等分くらいに切ります。
3.ブイヨンとお湯でスープを作り、沸かした状態を保たせます。
4.フライパンオイルを熱し玉ねぎとにんにくを焦さないように炒め、お米をとがずに入れて全体にバターが回るように炒めます。
5.4.にバターときのこを加えてさらに炒め合わせ、白ワインを注ぎ、アルコール分を飛ばします。スープを具材がかぶるくらいに加えポルチーニ茸ともどし汁を加えて弱火で煮ます。
6.時々混ぜながら、汁気がなくなってきたらスープを足して煮つめていきます。お米が少し芯の残る歯ごたえのある柔らかさまで煮ます。
7.塩、コショウで味を調え、パルメザンチーズ(私は白トリュフバターも入れちゃいました)、生クリームを加えて軽く混ぜ合わせて火からおろします。
8.器に盛り付けパセリをふりかけます。
はい、できあがり!
P1020760_convert_20081217072306kinoko2.jpg

う~ん、美味しかった☆ポルチーニ茸の香りとチーズと生クリームのとろみに色々なきのこの歯ごたえがとてもバランスよくて食べ飽きません。
ほんと、ワインが美味しい!!

彼ちゃんもご機嫌にご帰宅。
私「どうだった?」
彼「うん、美味しかった!みんな揃ったしよかったよ」
私「上海蟹は!?」
彼「なんか、小さかったわぁ。でもアレ、美味しいね!」
・・・多分彼ちゃんは毛蟹くらいのものを想像してたんだろーなー==;
私も初めて食べたときに「なんだ、結構小さいのね」と思った記憶が^^;

うちの彼ちゃんは受身タイプなので、普段は幹事なんてしない(させてもらえない?)んだけど、ギターの時だけは幹事やってるんです。彼ちゃんよりももっと受身の人が集まるなんてある意味スゴイ^^
でも、人はこうやって成長していくもんなんだろうなと、母のような気持ちで彼ちゃんのガンバリをほほえましく思った午前1時前でした。お店のチョイスもなかなかいいから、まんざらでもないのかな!?

さて、明日は私の忘年会だぁ!

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-16 15:35 | カテゴリ:和風
P1020749_convert_20081216065512siratakimentai1.jpg

最近、生芋こんにゃくにハマってます^^歯ごたえが全然違っててたまりません。最近は毎週2パックくらい買って常備しています。
お鍋に入れたり、すき焼きにしたり、定番の明太子和え作ったり~~~ってことで

【しらたきの明太子和え】
・しらたき・・・1袋
・明太子・・・1腹
・白だし・・・少々
・おしょうゆ・・・少々
・お酒・・・大1
・青じそ・・・3枚くらい

(作り方)
1.しらたきは食べやすい長さに切り、塩茹でします。
2.フライパンにオイルを熱し、しらたきを軽く炒めます。
3.火を弱めてから明太子(薄い皮はとってね)を入れ軽く混ぜ合わせます。(強火だとプチプチはねちゃうんで)
4.お酒をふり、白だし、おしょうゆで味を調えて火を止めます。
5.器に盛り付け、青じその千切りをのせます。
はい、できあがり!
P1020752_convert_20081216065557shiratakimentai2.jpg

しらたきに明太子(たらこ)の組み合わせを誰が考えたんだろう~~
本当に美味しいですよね^^それでいて調味料もほんの少しですむのでダイエットによく食べられますよね。
ちょっと1品足りないわ!って時のために、冷蔵庫にしらたきを常備しとくことをオススメします。
明太子は1腹ずつ冷凍保存しておくと便利ですよん♪

でもね、これはやっぱり・・・お酒が合うよね~~~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-16 14:51 | カテゴリ:洋風
P1020745_convert_20081216065343ebikariburo1.jpg

ブロッコリーとカリフラワーがそれぞれ1/2房ずつあまっていたのを早く使いたいな・・・
彩りよくて簡単で美味しい、お得な1品です^^
ビールにもワインにも合うのでおつまみとしてもgood!です。

【えびとカリッコリー(略しすぎ?)のソテー 粒マスタード風】
・えび・・・10~15尾
・カリフラワー・・・1/2房
・ブロッコリー・・・1/2房
・白ワイン・・・大1
・粒マスタード・・・適量
・マヨネーズ・・・適量
・塩、コショウ・・・少々
・生クリーム・・・少々(これはお好みで)

(作り方)
1.カリフラワーとブロッコリーは食べやすく分けて電子レンジでチンorコンソメを少々入れたお湯で茹でます。
2.フライパンにオイルを入れて熱し、えびを炒めます。赤くなっておきたら、白ワインを回し入れてます。
3.茹でたカリフラワーとブロッコリーを入れ軽く炒めます。
4.塩コショウで味を調えます。
5.粒マスタードとマヨネーズをお好みのかんじに入れて混ぜ合わせます。(お好みで生クリームも。入れるとまろやかになります)私はさらにここでおしょうゆ数滴入れます^^
はい、できあがり!

P1020748_convert_20081216065426ebikariburo2.jpg

栄養価のことを考えないで美味しさだけを追求すると、コンソメ入りのお湯で茹でたほうがだんぜん美味しいです。なので、茹でたコンソメ入りのお湯でスープを作ります。そうすれば、逃げた栄養もちょっとは取り返せますからね^^
これは、ソテーですが、ここにパスタを入れれても美味しいですよ^^その際には、少々の茹で汁とオイルを足してとろみをつけてください。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-15 15:30 | カテゴリ:洋風(イタリアン系)
P1020740_convert_20081215022036aquapattua.jpg

日曜日に、以前一緒に働いていた女の子2名とそのパートナー、4名を招いて食事会をしました。
メニューは、
・水菜とりんごとくるみのサラダ
・カリフラワーとブロッコリーのソテー(ドライトマトのオイル漬け&ジェノベーゼ味)
金目鯛のアクアパッツア
・イベリコ豚のほほ肉のワイン煮 フィットチーネ添え
・大根と白菜、にんじんの干ホタテ入りスープ
そして、前日釣りに行かれ、我が家でさばいてくださった
・甘鯛のお刺身
・パン
・お土産のカマンベールチーズ
いやいや、よく食べて飲みました^^
写真を撮るタイミングがなく、やっと撮れた1枚がなんだかわかんないぐらいに金目鯛2尾の上にアサリやオリーブの乗ったアクアパッツァ。
皆さんに大好評で、骨と貝殻しか残りませんでした^^特に、スープが美味しいとみんなで代わる代わるスプーンですくっては飲んでいました^^気に入っていただけて本当に良かったし、とっても嬉しかったです☆
あまりに美味しそうに飲んでたので、大根のスープは出しませんでした。

お土産も色々いただき、なんか得した気分♪
ご実家は青果屋さんの女の子からは、オレンジ色のカリフラワーと京芋、関西の方のダシ、昆布の粉末、大きなラ・フランス、そして大きないちごちゃん!
P1020741_convert_20081215022129ichigo1.jpg
これが甘くて美味しかったぁ!
P1020742_convert_20081215022208ichigo2.jpg

イベリコ豚のほほ肉も、柔らかくお箸でちゃんと切れるくらいだったし・・・(撮れなかったのが残念)
まだ残りが冷凍庫にあるので、次回作ったら必ずアップしますね^^

ほんと、休日にわざわざ来てくれてありがとう~~~!!!
また、集まってワイワイしましょうね☆

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-15 12:49 | カテゴリ:和風
P1020723_convert_20081215021950horenso.jpg

これ、ちぢみほうれん草です^^冬限定なので、この時期から春先までしか食べることが出来ません。
見たとおり、ちぢれてて肉厚なので、普通のほうれん草からは想像つきませんよね^^;
これが本当に甘くて美味しいんです!
お鍋はもちろん、ソテーなどにしてもほうれん草特有のエグみがないので料理の和を乱しません。
嬉しくなったので、またまたお鍋にしちゃいましたぁ~
おすすめは、ちぢみほうれん草とカキのグラタン。もうぅ~トロけちゃいますよ^^
そのうち、作ったらここにもアップしますね。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

2008-12-14 10:00 | カテゴリ:常備菜
P1020720_convert_20081213122351drytomatooil.jpg

私が常備してて重宝しているもの。
ドライトマトのオイル漬け。本当にこれはオススメです!!
パスタはもちろん、お魚のソテーやアクアパッツァなどにも使えます。私のレシピにも何度か出ているので、今日はこれをご紹介。
本当に便利で美味しいので是非ぜひ、作ってくださいね^^
ちなみにコレとかコレとか。

【ドライトマトのオイル漬け】
・ドライトマト
・お酢・・・大1
・ドライオレガノorバジリコ
・ケッパー(塩漬のケッパーは水に浸し塩分を抜いておきます)
・ブラックオリーブ
・アンチョビフィレ
・エクストラヴァージンオリーブオイル
※材料は全部適量です。保存用ガラス容器の大きさに合わせ、ご自分の好きなものを好きな割合で作るのがポイントです。
ちなみに私はドライトマトは1袋、ブラックオリーブとアンチョビは大好きなのでたっぷり使います。

(作り方)
1.ドライトマトをお酢を加えた熱湯に浸して15分くらい戻します。(お酢には殺菌・滅菌の効果があるのだそうです)
2.ザルにあげてお湯を切り、キッチンペーパーの上に並べてそのまま自然乾燥します。でも拭かないでね。旨みをふき取ってしまうんで・・・。
3.戻したドライトマト、ブラックオリーブ、アンチョビ、ケイパーを細かく刻みます。
4.保存容器に3.と乾燥オレガノorバジリコを入れてエクストラヴァージンオリーブオイルを注ぎます。※具材が空気に触れないようオイルに隠れるまで注ぐのがポイントです。 
はい、できあがり!
最低一晩寝かせ、全体をよ~~く混ぜ合わせてから使ってください。
スライスしたバゲットに載せたり、サラダに加えたり、パスタソースに加えてコクを出したりと、作っておくと大変便利な万能調味料です。
私は、このオイル漬けにジェノベーゼを一緒に使います。これがまたまた相性が良くて美味しいんです。
冷蔵庫に保存して2ヶ月くらい持ちますから便利ですよ~

使用後、保存する際にもドライトマトなどが空気に触れないよう、オイルを注ぎ足してくださいねん♪

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。