-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-26 01:24 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1120084_convert_20101010065702paejya1.jpg

秋らしいパエジャといえば・・・やっぱりきのこ^^
炊き込みご飯もいいんですが、パエリアパンで作った方が簡単楽チンなんですよね~

最近、パエジャを作ることが増えた気が^^;
なんかね、1品で色々な具材を入れて完成してくれるのがとってもいいんです。
時間がないときや、色々作るのが面倒な日はオススメです♪

【手羽先ときのこのパエジャ】
・鶏肉の手羽先・・・4本くらい
・しめじ・・・ 1パック
・舞茸 ・・・1パック
・エリンギ・・・2本
・玉ねぎ・・・ 1/2個 (みじん切り)
・にんにく・・・ 1片(みじん切り)
・お米・・・1 カップと1/3 くらい

・水 380CC くらい(そのうち80~100CCはサフランを戻す用、残りはコンソメ用)
・コンソメ・・・1個
・サフラン 小1くらい(ケチっちゃダメ)
・塩 コショウ・・・適量
・おしょうゆ・・・少々
・白ワイン ・・・大2~3
・レモン ・・・1個

(作り方)
1.ボウルに水とサフランを入れ、色だしをします。
2.しめじ、舞茸は石突をのぞいて小房に分け、エリンギも食べやすくスライス。
3.パエリアパンにオイルとにんにくを入れて熱し、手羽先を入れて焼き目をつけるように焼きます。
4.焼き目がついたら裏返し、玉ねぎを入れて炒めます。
5.玉ねぎに透明感が出てきたら、きのこを加えさらに炒めます。
6.お米を研がずに加え、1のサフラン入り水とコンソメ、塩、コショウを加え、ワインを振り掛け、塩・コショウで味を調え、ちょっとだけおしょうゆを入れます。(レモンを後からかけるのでそれを考慮の上)
7.パエリアパンにアルミホイルを蓋代わりに軽く張り、弱火~中火のあいだで約15~20分、水分がある程度なくなるまで煮込みます。
8.最後に中火~強火のあいだで一気に水分を飛ばし、ちょっとだけおこげができるようにします。
9.火を止めて、さっきのアルミホイルを被せ、少々蒸らします。
10.くし型切りにしたレモンを添えます。(食べるときにギュ~っと絞って食べてください)
はい、できあがり!

P1120087_convert_20101010065731paejya2.jpg

シンプルだけど美味しい^^
きのこからも旨みがジュワ~~~っと出ているし、手羽先からもダシが出てますからねん!

ピーマンを入れるか迷ったんだけど、このシンプルさがなんだかとってもホッとするかんじだったので入れなくてよかった^^;
見た目は地味ですが、みんないい仕事してますよん♪

もう少ししたらカキでも作ろうっと。
カキも旨みがギュ~~~っと出てこれまた美味しいんですよね。
あ~、カキの季節が待ち遠しいです><

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



スポンサーサイト
2010-04-21 01:30 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1100100_convert_20100511193542nikudango3.jpg

今日は久しぶりにスペインのお料理を^^
といっても、肉団子なんですけどね。
スペイン料理は、普段私たち日本人が食べているお料理と似ている気がします。

少し前から、食べたいなーって思っていたのですが、作る気合がなかなか入らず・・・
今日はヨシッ!って気分になったのでやっと作ることが出来ました。
そんなに大変なことじゃないんですけど、肉団子って揚げますよね?
なんかね、揚げ物って気合がないとできないんです、、、
そういうのってありませんか?

スペイン風の肉団子には木の実を入れたり、生ハムを刻んで入れたりするのですが、今日は木の実だけ。
本当は松の実で作る方が好きなのですが、ナッツ系がくるみとアーモンド、ピスタチオしかなかったので今回はくるみで。
まぁ、アーモンドとピスタチオは完璧におつまみですけど^^;

【アルボンディガス(スペイン風肉団子)】
・挽き肉(牛:豚=7:3)・・・150~200g
・卵・・・1個
・パン粉・・・大1~2(牛乳大1に浸しておきます)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・パセリ・・・2枝くらい(みじん切り)
・くるみ(松の実でも・・・大1~2(乾煎りしてクラッシュしておきます)
・塩、コショウ・・・少々
・ナツメグ・・・少々
・パン粉・・・適量※パン粉は細かい方がいいので粗めの場合は手で細かくするかミキサーなどで細かくしてください。
○ソース
・玉ねぎ・・・1個(みじん切り)
・にんにく・・・1片(みじん切り)
・ホールトマト(完熟トマトでも)・・・1/3缶(1~2個)
・白ワイン・・・大2
・パセリ・・・1枝(みじん切り)
・コンソメ・・・1個
・お水・・・1カップ
・ローリエ・・・1枚
・塩、コショウ・・・少々

(作り方)
1.ソースを作り始めます。
1)フライパンにオイルとにんにくを熱し、たまねぎをじっくりと炒めます。
2)たまねぎが透明になりあめ色に近くなったら、ホールトマトを加えて、白ワインとコンソメ、お水、ローリエを加えてしばらく煮ます。
2.その間に肉だんごを作ります。
1)ボールに挽き肉、溶き卵、牛乳に浸したパン粉、パセリ、にんにく、クラッシュしたくるみ、塩、コショウ、ナツメグを加えてよくこねます。
2)粘りが出てきたら、ゴルフボールくらいの大きさに丸め、細かなパン粉を全体にまぶします。
P1100092_convert_20100511193451nikudango1.jpg
3)フライパンに肉団子が半分くらい浸る程度にオイルを入れ転がすように揚げます。
P1100093_convert_20100511193516nikudango2.jpg
4)1.のソースの中に肉団子とパセリのみじん切りを入れて煮詰め、塩、コショウで味を調えます。※少量のおしょうゆやウスターソースを入れても味に深みが出ます。
はい、できあがり!
P1100102_convert_20100511193602nikudango4.jpg

うん^^美味しい~~
コレ、この食感ですよ!私が食べたかったのは♪
パセリとにんにくがお肉の旨みを引き出してくれてるし、くるみの香ばしい食感がなんともいいです。

こりゃ~ワインがすすむぅ~

彼ちゃんも肉団子とかハンバークとかが大好きなので、モクモクと食べていました^^
明日のお弁当にも入れてあげるからねっ!

あー、満足した♪
幸せ~~~っ。

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-04-05 01:29 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1090835_convert_20100419114701paejya1.jpg

今日はぜ~~~ったいに桜の見頃でしたよね!
毎年欠かさず見に行く九段下の千鳥ヶ淵もさぞかしきれいだっただろーな。
今年も見に行けるかな・・・今日は、うちのマンションの目の前にあるお稲荷さんの桜とご近所の桜を眺めただけでしたT_T

ったくぅ~、「ちゃんと明日は早く起きるぞぉ~」と言いながらグーグー寝ていた彼ちゃん。
気合が足りないんですよね><
小学生が遠足の日には早朝から目が覚めちゃうみたいな・・・そんな純さがないっ。
もっとメリハリのある人物になってほしいなぁー。

ま、文句はさせおき^^;
今夜は久しぶりにカキのパエジャ(パエリア)を。
そろそろカキもおしまいの頃ですものねー今のうちに味わっておかないと!

【舞茸とカキのパエジャ】
・カキ・・・ 1パック
・ベーコン・・・4枚(2~3cm幅に切ります)
・舞茸 ・・・1パック
・玉ねぎ・・・ 1/2個
・ピーマン・・・ 1個
・赤パプリカ ・・・1個
・お米・・・1 カップと1/3 くらい

・水 380ccくらい(そのうち80~100CCはサフランを戻す用、残りはコンソメ用)
・コンソメ・・・1個
・サフラン 小1くらい(ケチっちゃダメ)
・ホワイトペッパー 少々
・にんにく・・・ 1片
・オリーブオイル 大3
・塩 コショウ・・・適量
・おしょうゆ・・・少々
・白ワイン ・・・30~50ccくらい
・レモン ・・・1/2個

(作り方)
1.ボウルに水とサフランを入れ、色だしをします。
2.舞茸は石突をのぞいて小房に分け、玉ねぎはみじん切りに、ピーマン、赤パプリカはそれぞれ輪切りに、にんにくはみじん切りにします。
3.カキは洗って水気を切り、塩とコショウー各少々を振っておきます。
4.パエリアパンにオリーブ油大さじ2を加え、にんにく・玉ねぎを炒めます。
5.玉ねぎが少し茶色になるまで炒めたら、そこにベーコンを加え、さらに炒めます。
6.お米を研がずに加えて半透明になるまで炒め、1.のサフラン入りの水とコンソメ、塩、コショウを加え、カキを入れ、ワインを振り掛け、塩・コショウで味を調え、ちょっとだけおしょうゆを入れます。(レモンを後からかけるのでそれを考慮の上)
7.舞茸、輪切りにしたピーマン、パプリカを彩りよく散らします。
8.パエリアパンにアルミホイルを蓋代わりに軽く張り、弱火~中火のあいだで約15~20分、水分がある程度なくなるまで煮込みます。
9.最後に中火~強火のあいだで一気に水分を飛ばし、ちょっとだけおこげができるようにします。
10.火を止めて、さっきのアルミホイルを被せ、少々蒸らします。
11.くし型切りにしたレモンを添えます。(食べるときにギュ~っと絞って食べてください)
はい、できあがり!

P1090836_convert_20100419114725paejya2.jpg

プクンとしたカキが美味しい~^^
カキやベーコン、トマトの旨みをギュ~っと吸い込んだライスも最高です!

カキは、ソテーしたら一旦取り出して、最後の蒸らす時にパエリアパンに戻すやり方もありますが、私は、カキの旨みをダシとしてお米に吸わせたいのでそのまま炊き込んじゃいます。

今日は外出(お買い物以外)をしなかったせいか、おうちでのんびりと過ごせました。
まったりと休日を過ごすのって最高な気分ですよね^^
私の理想は、日曜のブランチは軽めにして、5時ぐらいからゆっくりとオードブル~メインを会話と共に楽しみながら贅沢な時間を過ごしたいのですが・・・
なかなか無理ですね~。いつも20時過ぎちゃいます><

あ、ついでを言うと、広いルーフバルコニーに木製のパラソルを置いてランチしたりティータイムを楽しんむのとかも憧れなんだけどなーーーっ^^

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2010-01-24 02:39 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1080612_convert_20100125124239paejya1.jpg

今日は朝からめまいっぽく・・・
ま、それでもフラメンコのレッスンには当然行きました^^

1レッスン休んじゃうと、その日の振り付けをリアルタイムで習えないために、ついていけなくなったり、その箇所が苦手な振りとなってしまうんですよね~

そのストレスと比べても体調が悪いようなら休む、これが私の測りです。
こういうとまじめそうですけど、単に気が小さいのかも^^;

レッスン中は、気も張っているのでなんとか2レッスンこなせましたが、やっぱり帰りは少しお疲れモード、、、
ってことで、今夜はあるものでパエジャに^^;

いわゆる、大皿一品料理ってやつですね!
アハッハハハ^^デカすぎますか~

【ミックスパエジャ】
・アサリ・・・ 1パック
・エビ(大)・・・10尾くらい
・ホタテ・・・5個(横半分にスライスします)
・鶏のスペアリブ・・・10本(塩、コショウしておきます)
・あら挽きソーセージ・・・3本(斜め切り)
・自家製ベーコン・・・4枚(3cm幅くらいに切り分けます)
・エリンギ・・・ 2本(長いようなら横半分に切ってから5mmくらいにスライス)
・玉ねぎ・・・ 1/2個 (みじん切り)
・ピーマン・・・ 1個 (輪切り)
・赤パプリカ ・・・1個 輪切り)
・じゃがいも・・・1個(7~8mmの半月切りに)
・ホールトマト(フレッシュトマト)・・・2~3個分(つぶして入れます)
・お米・・・1 カップと1/3 くらい
・水 380CC くらい(そのうち80~100CCはサフランを戻す用、残りはコンソメ用)
・コンソメ・・・1個
・サフラン 小1くらい(ケチっちゃダメ)
・にんにく・・・ 1片(みじん切り)
・塩 コショウ・・・適量
・おしょうゆ・・・少々
・白ワイン ・・・30~50ccくらい
・ローリエ・・・1枚
・レモン ・・・1個

(作り方)
1.ボウルにぬるま湯とサフランを入れ、色だしをします。
2.アサリは互いをこすり洗いをして砂抜きをしておきます。(私は砂抜き済みのアサリを冷凍しそれをそのまま使いました)
3.パエリアパンにたっぷりのオイルを熱し、にんにく・玉ねぎを炒めます。
4.玉ねぎが少し茶色になるまで炒めたら、鶏のスペアリブを加え、さらに炒めます。
5.お米を研がずに加え半透明になるまで炒め、ソーセージ、ベーコン、エビを入れて軽く炒めたらアサリを入れ、ワインを振り掛けます。
6.1のサフラン入りの水とコンソメ(水に溶かしたもの)、ホールトマト、塩・コショウで味を調え、いつものようにちょっとだけおしょうゆを入れます。(レモンを後からかけるのでそれを考慮の上)
7.ホタテ、ピーマン、パプリカ、エリンギを彩りよく散らします。
8.パエリアパンにアルミホイルを蓋代わりに軽く張り、弱火~中火のあいだで約15~20分、水分がある程度なくなるまで煮込みます。
9.最後に中火~強火のあいだで一気に水分を飛ばし、ちょっとだけおこげができるようにします。
10.火を止めて、さっきのアルミホイルを被せ、少々蒸らします。
11.くし型切りにしたレモンを添えます。(食べるときにギュ~っと絞って食べてください)
はい、できあがり!

P1080614_convert_20100125124312paejya2.jpg

アサリの旨みがよく出てるぅ~~~
なにげに、じゃがいもがいいんです^^
もちろん、旨みも出していますが、魚介や燻製肉類から出た旨みを吸い込んでてほっこりとした食感。
いいかんじです。

おこげもイイカンジに出来ていて、美味しくいただいて・・・そのままホットカーペットにダウン☆
よくがんばりました。

なんか、ダルダルなかんじになったので、気分を換えましょう!

P1080630_convert_20100125124510rosemarry1.jpg
ベランダで今日も元気に咲き乱れるローズマリーちゃん。

寒い中、彼女はほんとに元気です^^

P1080633_convert_20100125124542rosemarry2.jpg
お日さまに向かってグングン伸びてます^^

このお花、生でも食べれるんです。
味はやっぱりローズマリーの香りいっぱいですけどね。

カルパッチョなどにふりかけたら可愛いだろうな~と思うのですが、独特の香りが邪魔したら・・・と勇気が出ないんです^^;
ブリとかカツオとか、あじなんかのカルパッチョだったらイケそうかな~
今度、やってみるかっ!
牛肉のカルパッチョなら絶対に合うと思うのですが・・・なかなかそんなにいいお肉は手に入りませんからね。

ちなみに、ローズマリーの花言葉は
「温順・光輝・飛翔・情にあつい」
「思い出・記憶・追憶・私を思って・静かな力強さ」などがあります。

また、
殺菌、防腐、防臭作用があり風邪、頭痛、消化不良に効果があると言われています。
記憶力を高める働きから、「若さを保つハーブ」として知られております。
あ、最近の私には必要かも^^;

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



2009-10-12 02:00 | カテゴリ:洋風(スペイン系)
P1070003_convert_20091014183928paejya2.jpg

今日は007の新ジェームス・ボンド主演「カジノロワイヤル」が地上波初で放送ということで、彼ちゃんと楽しみに観たのですが・・・

あまりの激しさにあっさり撃沈の私T_T (大半は目をつぶったりチャンネル変えたりしてました)
私は、暴力シーンとか血が出るのとか、ホラー映画とか一切ダメなんです。
エンターテイメントとして楽しめないんですね。

「はぁ~、全シーン観れなかった」と彼ちゃんは言います。
「それで具合悪くなったり機嫌が悪くなって後々まで引きずってトバッチリがくるよりはいいでしょ」
と言ってやります。

もっと、007のスマートさを楽しめるストーリーにして欲しい><
個人的には、初代のショーン・コネリーと5代目代目ボンド役のピアース・ブロスナンが好き♪

今夜はさんまか鮭かきのこの炊き込みご飯でも作ろうかな~と思ったのですが、
なぜかパエリアに^^;

サフランライスって、たまにムショーに食べたくなります^^
彼ちゃんも「パエリアでいいよん♪」と言うことなので、お言葉に甘えまして。

【ミックスパエリア】
・鶏肉のスペアリブ・・・10本くらい
・えび・・・好きなだけ
・いか・・・好きなだけ
・燻製ベーコン(厚切り)・・・2枚
・ソーセージ・・・3本
・なす・・・2本
・しめじ・・・ 1/2パック
・マッシュルーム・・・5個(スライス)
・玉ねぎ・・・ 1/2個
・ピーマン・・・ 1個
・パプリカ ・・・1個(今回は赤と黄を1/2ずつ)
ホールトマト・・・1/2缶強
・お米・・・1 カップと1/3 くらい

・水 380CC くらい(そのうち80~100CCはサフランを戻す用、残りはコンソメ用)
・コンソメ・・・1個
・サフラン 小1くらい(ケチっちゃダメ)
・にんにく・・・ 1片
・オリーブオイル 大3
・塩 コショウ・・・適量
・おしょうゆ・・・少々
・白ワイン ・・・30~50mCCくらい
・レモン ・・・1個

(作り方)
1.ボウルに水とサフランを入れ、色だしをします。
2.しめじ、舞石突をのぞいて小房に分け、玉ねぎはみじん切りに、ピーマン、パプリカはそれぞれ輪切りに、なすはたて半分に切ったのをななめ切りに、にんにくはみじん切りにします。
3.鶏のスペアリブに塩とコショウー各少々を振っておきます。
4.パエリアパンにオリーブ油大さじ2を加え、にんにく・玉ねぎ、鶏肉のスペアリブを炒めます。
5.玉ねぎが少し茶色になるまで炒めたら、そこにしめじを加え、さらに炒めます。
6.お米を研がずに加え、1のサフラン入りの水とコンソメ、塩、コショウを加え、えび、イカを入れ、なす
ベーコン、ソーセージを入れます。ホールトマトをつぶして入れ、ワインを振り掛け、塩・コショウで味を調え、いつものようにちょっとだけおしょうゆを入れます。(レモンを後からかけるのでそれを考慮の上)
7.輪切りにしたピーマン、パプリカを彩りよく散らします。
P1070002_convert_20091014183900paejya1.jpg
8.パエリアパンにアルミホイルを蓋代わりに軽く張り、弱火~中火のあいだで約15~20分、水分がある程度なくなるまで煮込みます。
9.アルミホイルを外し中火~強火のあいだで一気に水分を飛ばし、ちょっとだけおこげができるようにします。
10.火を止めて、さっきのアルミホイルを被せ、少々蒸らします。
11.くし型切りにしたレモンを添えます。(食べるときにギュ~っと絞って食べてください)
はい、できあがり!

P1070008_convert_20091014184006paejya4.jpg

P1070007_convert_20091014183949paejya3.jpg
このふちのあたりのおこげなりかけが美味しい^^

いつもの味です^^
やっぱり、ミックスパエジャは美味しい☆

あさりが入ったらもっとお出汁が出て深みのあるお味になるんですけどね~
なかなか最近、大きめのあさりが売っていなくて残念なことです。

007のおかげで今夜のディナーはゆったりした気持ちでいただけなかったけど、
夢に出てきたらヤダだぁ~~~

↓こちらへ参加しています。ポチりってお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。